お陰様で蔦屋書店様のイベントは昨夜無事に終了致しました。会場へ足を運んで頂いた皆様に心からお礼申し上げます。そしてガラスジャーにメッセージを頂いたまだお会いできていない皆様!次回は春に外での個展を致します。どうぞお会い出来ますように。ありがとうござました。2 acco oimatsu

2016年12月11日

年末はお仕立ての仕事



年末はお仕立てのお仕事でノンストップです。
これは家業の仕事ですが、私が小さい頃の母と同じスケジュールを自分も送るようになっているなーと最近よく考えます。
大晦日の紅白歌合戦まで縫製をしていた母。おせち料理は深夜まで手伝って作っていました。

お客様が遊ぶ時は私達は遊べない。という家でした。


さて、そんな年末。
「2」は、毎年、
個展は10月迄に終え、11月12月はお仕立ての仕事に入ります。

そして今期もウエディングのお仕事を頂き、
先日、そのご報告のお写真を頂きました。













オーダーの時にほぼデザイン画は描きません。
お話をしながら用意した生地をお顔に掛け乍ら、

IMG_6493.JPG

お顔移りの華やかさなどを確認しながら、一緒に確認して頂きます。

IMG_6482.JPG

この時、お客さまのご意向を汲み乍ら、
ラフなスケッチを起こします。

IMG_6489.JPG












このあと、ご本人のヌード原型というパターンを起こし、
デザインに添ってパターンを作って行き、シーチングという生地で、両身のトワル縫製をし、
再びお越し頂き、仮縫いをします。

IMG_6922.JPG

IMG_6921.JPG

想像上のゆとりや膨らみでその方に合うフォルムになっているかどうか、
お体の特徴によって不具合の出るしわなどがないか、
お顔や体系にそったデザインであるかどうか、
オートクチュールはその全ての作業を数分で見立てなければなりません。

IMG_7203.JPG

この方の場合は、私の個展で友人から贈られたこのネックレスからの始まりでした。
このネックレスをして式に出たいので、ピアスもドレスも、髪飾りもと、
オーダーを頂きました。
この時から、約半年前から、私の構築が始まります。












IMG_7169.JPG

これは本縫製が仕上がった時の写真。
自分が思い描いたデザインでもこの時点では未完成。
お仕立ての場合、マネキンが着るよりもその方の体が入った方が綺麗になるので、
本人を待つ事数日、、。

IMG_7174.JPG

IMG_7172.JPG

IMG_7177.JPG

そして、無事に納品が終わると私のお役目はおしまい。
「お幸せに!」と送り出し、二度とお会い出来ない方もいらっしゃいます。
近しい人の場合は、その後、衣装担当で伺う事もありますが、
今回は私のスケジュール上それが叶わず、
ご丁寧にお写真のご報告を頂きました。













IMG_7748.JPG

こんな幸せな事はありません。
ご主人様と、衣装の色を併せて下さり、素敵高価も倍増です。

IMG_7749.JPG

上品で控えめでいらっしゃるクライアント様が大変綺麗に華やぐ姿に、胸を撫で下ろします。
母が、この仕事を20歳から始め66年もの間、今も現役で続けている理由が解る瞬間です。
これがスカートであっても同じ事。
本当にパーソナルな仕事は私のココロの栄養であり創る意味のある大切な修業でもあります。

このご縁にまた感謝した数か月でした。
おめでとうございます。とても素敵です。
末永くお幸せに!

IMG_7750.JPG













posted by 2 at 08:59| Comment(0) | 衣ーfashion

久々の音楽活動。といろいろ。

https://www.facebook.com/pages/SHIME-fan-site/294245690600730

皆様、ご無沙汰致しました。
インスタではいつも交流をありがとうございます。

上に張り付けたのはギター弾き語りの師匠でありミュージシャンSHIMEのfacebookです。
先週、その門下生による定期ライブが下北沢ラウンで行なわれました。

IMG_7860.JPG

一つ前の日記で、音楽活動もがんばる!と書いたものですから、
久々の日記もこの話題からとさせて頂きました。笑。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、師匠は只今病気療養中です。
この日は始まって以来の師匠不在の弟子が進行する会となりました。
ゲストミュージシャンも既にお呼びしており、、来客もおられますので、
其々の弟子たちには、緊張の大切な役割が暗黙の了解の上、あったように思います。

ところが、、、

そんな緊張は会が始まるや否や消えました。

何故なら、そこに集まった人たち全員が同じ思いで居た事が解ったからでした。
お客様も、ゲストミュージシャンも、それはそれは温かく会を見守り、
私達弟子の演奏や進行を労い後押しして下さいました。

そんな気遣いもそのうち忘れ、
演奏者のMCは師匠との思い出話になったり、
いつもは歌わない、、あるいは習っていない、、師匠の曲を一曲演ったりと、、。
会場が一つの温かい思い遣りに包まれた夜が更けていきました。

何より、
会の間じゅう、師匠と弟子たちが、
ラインや動画配信で中継が繋がっていた事でした。

ベッドの上で、
きっと私達よりもっと温かい気持ちになられたのではないかと思います。
いえ、、そうであったらいいなと。みんなが思っていました。

https://www.facebook.com/SHIME六弦道場-136581466443305/
こちらには今回私が歌った2曲の画像もございます。

Jackson Brown の Jamaica say you will
イギリスの民謡 The Water is wide を歌いました。

オープンマイクタイムの最後には、画像にはありませんが、
師匠のオリジナル「いつもこの胸に」を歌いました。


一番上に貼った画像は、師匠のオリジナル「がんばれよ」です。
みんなの気持ちは「頑張らないで休んで欲しい」ですが、
想い余ってついこの歌を選んでしまいました。

来場された皆様からメッセージやお見舞いを募りたくて、
お返しに自分が出来る事はと考え「がんばれよ」を歌おうと一念発起。
ところが、このコード進行が難しく、習っていないので、ライブ画像から拾うしかなく私にはとても仕上がらず断念。
そして歌詞だけを準備して、当日ゲストミュージシャンに「最後でみんなで歌いたい」と伝えたところ、ミュージシャンにとっても初めての曲だったようで、、嗚呼。申し訳ない事を、、。
私が聞かせた一回のYou-tubeでさっとコードを拾い、のちに本番へ。

私もこんな形でステージに上がるとは思ってなかったのですが、
お願いした手前、グズグズは一番よくないと日頃から教わっているので、、出しゃばった次第。

この画像の中で、ひろしさんやロビンがキーを間違えるのはそんな経緯がありました。
そしてマイクを通して歌うつもりがなかったので、
歌う私の声が超低音なのは、原曲キーのままだから、、というオチ付き。笑。
客席で歌う先輩方の大きな声が胸につまり何度もごっくんしておりました。笑笑。

今思うと、至らない事や、出しゃばってばかりで、
何とも自分が嫌になりますが、この日はみんなが温かくいい会だった。
そんな印象の中、終わった事だけは嘘ではないかなと。

Facebookにログインできない方には申し訳ない記事ですが、
久しぶりの音楽活動もまた私らしく終えたような、、
そんなご報告でした。

師匠SHIMEは、この翌日退院が叶い、順調に回復しております。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

IMG_7863.JPG



posted by 2 at 08:07| Comment(0) | 音ーmusic

2016年11月03日

「2」設立記念日。

http://youtu.be/m0xVAYdvJdg


IMG_7003.JPG

気持ちの良い気候に恵まれた山梨に来ています。
11月3日は2の設立記念日。
皆さまの愛情に支えられこの日を重ねる事が出来ています。

この想い入れのある日は、
毎年休暇を頂き小淵沢の定宿で、
馬と触れ合うお休みを取るようになりました。

沢山の仕事を少しの間、
信頼できるブレーンにお任せして、、、。

来春は、3月から個展をスタート致します。

今期の残りは、大切な家業のオーダーの仕事を納め、
1月の撮影オファー分の作品制作に入る予定です。
大切な卸先様で待っていて下さる新しく出逢えたお客様への新作も、
クリスマスにはお届けしたいなと思っています。

今期も沢山の方々との出会いがありました。
9月の蔦屋書店さまでの公の個展では、
素敵な方々にmatoiを見つけて頂いて感激。
何より、顧客さまに何度も足を運んで頂いた事は胸が熱くなる想い出となりました。

来年も新しいテーマや環境を生みながら、
制作に於いては自分のココロの中から湧き出る何かを、
カタチに置き換えたいと想っています。

新しい期を想い、
今期までのお礼を皆様にお話し致しました。

インスタグラムでは、毎日の暮らしを写真で綴っています。

今後とも、小さな幸せが沢山訪れる品々を生んで行きます。
皆様とまたお会い出来る日を楽しみにしています。

ありがとうございます。


追伸
今日の一曲は、私の歌。笑
10年習ってきたギター弾き語り。
師匠はミュージシャンSHIME。

先月、熊本で行われた、
カントリーミュージックの大イベントである、
「country gold」では、
日本のミュージシャンとして、一組だけ出演できる枠に、
招待を受け演奏をしました。
長年の相棒ギターリスト西海孝との集大成とも言える栄誉だったと。

http://youtu.be/CmefDPVrTRE

師匠とのお付き合いもかれこれ27年になりました。
大切に紡いできた音楽活動のご縁もまた、貪欲に継続したいと思っています。
次回は12月に歌う予定です。
冷やかしに来て下さいね。

私の乗馬ライフもウエスタンスタイルで、
この馬の町、小淵沢にもAmerican musicが流れています。
プライベートでは、
この馬と音楽の環境に自分を置く事が一番の放心に。
リフレッシュしてまた東京に戻ります。


いろんなaccoさんを、
これからも笑いながら見守って下さいませ。


2 acco oimatsu
posted by 2 at 11:09| Comment(0) | 記録ーdiary