2014年12月15日

九州窯元へ。



IMG_4531.JPG

IMG_4532.JPG

久しぶりの外。
来年の日本橋三越様での2の器展「JAZZ」の打合せに長崎へ。

IMG_4533.JPG

もう20年近くお世話になっている先様へ。

IMG_4534.JPG

打合せの器とは別に、ショールームを見ていると、
2のアトリエ展への意欲も沸いてきた。

IMG_4535.JPG

いろいろとサンプリング。

IMG_4537.JPG

来年は5周年。
オリジナルも依頼してきました。
お花のクロスの側に壺の小皿を置くと面白いです。
いろいろな楽しいタクラミ?2の個展が懐かしいです。
タイミングが合えば、クリスマス、迎春用の器も、
BLOGでご紹介出来るかもです。
限定数ですが、とびきりいい!銀彩を見つけました。
また近々、ご紹介いたします。

IMG_4594.JPG

中尾山の窯元へ上がる坂道の景色。
モニュメントも磁器の壺、橋の欄干にもタイル。
懐かしい光景です。
もっともっとこの辺りの写真を撮りたいといつも思うのですが、
車から降りると会いたいと急ぎ、降りると終わったーと急いで…。
今回は、作家さんや現場をきちんと取材する予定だったのに、
これまた叶わずで名残惜しく帰って参りました。

また品物が上がる頃に伺えたらいいな。









打合せは滞りなく終わり、
墨黒のJAZZはきっと染付に勝るモノに仕上がってくるに違いないと確信!
2の墨黒JAZZをどうぞお楽しみに!
大きな鉢もJAZZの絵付けで初お目見えします!
限定数量での発表。自分が買いそうです。笑。













IMG_4621.JPG

こちらは窯元からの帰り道、
「有田にサンタが来ているので見ながら帰りましょう」と案内して下さり、何だろうと車内からのご案内にビックリ。

IMG_4622.JPG

こんな感じで、窯元各社の煙突に、
サンタがプレゼントをもって暖炉から入ろうとしていました。

いや…この下は1300度の窯ですけどね?笑。












すーーと力が抜ける道中。更に…。












「ここ素通りしていいの?」とメーカーの優しいO様。
なんと、なんと。この通り。















IMG_4596.JPG

田んぼに、ヤギさん。













IMG_4595.JPG

終始カメラ目線を頂戴し、撮影会の巻。
信じられない光景でした。寒いけれど草は一杯あるね…。













美味しい食事も、
東京では信じられない環境下。

IMG_4597.JPG

IMG_4598.JPG

床下が海というありえない寿司店。

私が、かつて披露宴をして頂いた、
長崎・茂木の「二見」に環境がよく似ていて、
このお店は大好き。
二見では、確か…初々しい花嫁だったので、
何も喉を通らず、珍しご馳走を殆ど頂けなかったけれど…。
既に25年も前の話…ははは。
皆様、機会があれば、二見はおススメです。
私も、いつかもう一度…。
http://futami23.com/heya/index.html













そしてこちらも…。

IMG_4625.JPG

IMG_4626.JPG

ホテル内とは思えない綺麗なしつらい。
連日、ありがたい時間とご馳走を頂きました。













今回の滞在先は、佐世保港の側。

IMG_4603.JPG

IMG_4602.JPG

予定が狂い、空時間を一人ぼんやり港で過ごしました。

IMG_4601.JPG

これもまた、
企業に属さない出張の醍醐味のひとつ。












次の打合せが待つ東京へ急ぐ車中、
ハウステンボスの木々を観ながら一瞬で窯元への旅も終了。

IMG_4627.JPG

IMG_4628.JPG












羽田の赤坂離宮で一服したのは21時。

IMG_4629.JPG

ん…中国の簡素な赤絵でも、ピューターと合わせると、
いいなあ…と器を見ていたら、
えーーっとここはどこだっけ?と一瞬迷う。





東京砂漠にただいま。です。




























posted by 2 at 17:42| Comment(0) | 旅ーrest
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。