2015年01月12日

旅の記録。外川漁港〜岬のカフェへ。



外川漁港が視野に入って来た。

IMG_5256.JPG

兎に角、漁村と漁港に萌えてしまう私は、
ここでも並ぶ船を被写体に歩く歩く…。

IMG_5266.JPG

大漁旗は祝日にも掲げられるけれど、
その船の数や、集まる角度、空の色によっては、
感じ方が違う。
この日の空と外川漁船の旗の色は最高。

IMG_5273.JPG

IMG_5274.JPG

蛍光のフューシャーピンク。

IMG_5283.JPG

風がちゃんとハタメカセル。

IMG_5285.JPG

どこを切り取ってもいい色が現れる。

IMG_5267.JPG


そして数分歩くと、カーブになって砂浜が現れる。

IMG_5294.JPG

小さな砂浜の湾に乗り上げた漁船。
光に照らされて静かで綺麗な景色だった。












冷え切って、車に乗り込み外川駅に向かう途中。
スーパーマンに出会った。

















IMG_5255.JPG

小学生のマントはいつの時代も風呂敷。
蛍光の旗はどこまでもいい役を果たす。笑。

















IMG_5214.JPG

そして外川駅。

IMG_5217.JPG

無人改札の向こうには廃車車両があり、いい景色に。
撮り鉄さんのお邪魔にならないよう、
私は私の好きな景色を。

IMG_5224.JPG
朽ちていくモノ。

IMG_5225.JPG

揃う形。

IMG_5226.JPG

昭和の蛍光ピンク。


やはり。これですね。













外川漁港の景色が良すぎてぼんやり助手席でいたら、
九十九里に到着。
綺麗すぎる浜にシラケていたら「休憩」と。

IMG_5308.JPG

ここでは違う意味でいい景色。笑。
チョイと海鮮を冷かしてすぐに移動。












サンセットまでに行きたいところがあり車を飛ばす。

IMG_5313.JPG

映画「不思議な岬の物語」
http://www.misaki-cafe.jp/index.html
のロケ地であり、その主人公?であるカフェに。

「珈琲と音楽の店・岬」

テラスに座りしばし、サンセットに富士山を拝む。

IMG_5341.JPG

IMG_5337.JPG

ずっとプレスリーが鳴っていた。
旅先のカフェで音楽に恵まれる事は少ないですが、
70歳近い感じのママやお仲間さん達は、きっと、
70年代ヒッピー世代の音楽通。
本当に居心地の良い場所でした。

IMG_5353.JPG

主人公のママさんは、押しかける観光客の注文のお茶を、
全てご自分で淹れておられ、コーヒー2杯を待つ事1時間でしたが、
お会計の時もお手伝いスタッフの背後から、
背伸びして「ありがとうございました」と、
優しい表情で、穏やかな日常の接客を。

IMG_5365.JPG

貼られた映画のポスターや写真を見ながら、
数時間いましたが、まるで映画の中のようでした。













IMG_5355.JPG

IMG_5356.JPG









日が暮れてゆき、
温かく癒えるまで長居いたしました。

「不思議な岬の物語」は、
本当にあるこのカフェが数年前に全焼したそうで、
再建をあきらめていたママを助けようと、
地元民の集う場所であったここを、皆で立て直したというお話。



音楽はやっぱりいいですね。
年の初めの気紛れ旅は、気分よく終演。













6日には終盤に入った打合せに。

IMG_5386.JPG

新年に大暖簾をくぐらせて頂き、
また気持ちが引き締まった日でした。

さあ。今年は凄い事になりそうだ。
沢山の人達との出会いを丁寧に紡いでいこう。
























posted by 2 at 00:20| Comment(0) | 旅ーrest
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。