2015年03月28日

2 Terrace Lunch







IMG_6751.JPG





晴天の朝、2のテラスランチを企画。

IMG_6757.JPG













いつもお世話になっている近隣友人に、
クレマチスを見て貰うという勝手なお誘い。
殆どの方が、タイミング合わずでしたが、
短命のクレマチステラスを共有して下さった皆様、
お忙しい中、ご足労下さり、ありがとうございました。













この日も花々は胸を張って水を一杯に吸い上げていました。

IMG_6761.JPG

IMG_6771.JPG

IMG_6773.JPG

どこを切り取っても花とストーリーがあるよう創ってきました。












それぞれに特等席があります。

IMG_6767.JPG

IMG_6776.JPG















IMG_6783.JPG

大きなテーブルを出しました。












IMG_6788.JPG

一枚のターフでは日陰にならず、

IMG_6794.JPG

二枚重ねて影を創るのに一時間もかかりました。
















IMG_6800.JPG

前のアトリエは見上げると大木と空でしたが、
今のアトリエは静かな住宅街ですが建物が近く、
ターフの張り方でやっと孤立できます。

IMG_6801.JPG

切花も日陰に入って一安心。














IMG_6810.JPG

いらっしゃいませ。2のテラスです。















IMG_6811.JPG

週の前半にご用意したのは、
杏とレーズンの鶏カレー。

IMG_6812.JPG

気持ちは花々にあり、クロスも器も整わないままで。

IMG_6813.JPG

麹で揉んで甘酢に漬けた大根のピクルス。
(有田の形状が可愛らしい色絵に)






IMG_6866.JPG

サラダには新玉ねぎと柑橘を合わせたドレッシングを。
(イギリスのインディゴプレートをベースに岡本修さんの7寸に)

お写真を撮って愉しんでおられる来客にどんどん出す私、

IMG_6865.JPG

冷めないように工夫した出し方もいつか学びたい。
この日のカレースタイル。

来客時のカレーの付け合わせは、煮込まないお芋。
ジャガイモやサツマイモ、小芋などをフライに。












IMG_6818.JPG

リクエストしたお手土産。

そして初期の作品を持って来て下さった2のfukuroとの再会。
春の鳥と蜂、陰で花も共演となりニンマリショットを。
会う方々が、2のワンピースやmatoiを身に付けていて下さり、
エールを頂いております。いつもありがとうございます。












IMG_6846.JPG

そして、お食事中になんと花束の贈り物が。

届けて下さったフローリストさんにもシークレットガーデンをご紹介。
花のお庭に団子をリクエストしたのに、お花も頂くなんて恐縮です。







勿論、お気に入りの窓辺に飾りました。

IMG_6844.JPG

頂くお花は、庭の草花と違って、
凛としていて素敵です。
また、お客様を呼びたくなっちゃいますが…。
今日からはベッドサイドのお気に入りのチェストの上に。










そしてリクエストしたどら焼きは、
桜バージョンでした。桜餡に求肥が入った美味しい春を、
JAZZの器、初使いでセットアップ。

IMG_6833.JPG

ソーサーはモノクロのスリップウエア―を。
一枚ずつ表情が大きく異なる珍しいシリーズを見つけお気に入り。

貴重なJAZZの墨色の在庫を沢山気に入って下さり、
お嫁に出しました。
大切にして下さいね。
その土は既に終了したらしく、墨は2の企画ですので、
本当にそれはもう創れません…。
私の手持ちもう歯抜けになってしまいました。ああ、、。笑。



















そしてこれはまた違う日。

IMG_6883.JPG







後半はクラブサンドイッチのプレートをお出していました。

IMG_6856.JPG

サンドイッチは時間が読めないと、アツアツを出すのが難しかった。
皆様、一時間で帰られるので、何もかもお出ししたいとなると、
ワンプレートで「冷めてごめん」と言ってしまう。
プロでは許されないですね。

サンドイッチも、カレーも、お重に入れて出せる、
Japanese Styleを開発しようかな?笑。

この日の一押しはカリフォルニアの
「いいとこ採り」という柑橘系のフルーツ。

IMG_6857.JPG

グレープフルーツのような実ですがザボンぐらい大きくて、
一切苦味がなく、甘い甘い。美味しい粒々。
皆様、見つけたら是非お試しください。

我が家の側には、果物屋さんの問屋があり、
千疋屋さんや紀伊国屋さんと同じセリで仕入れている店で、
品質は勿論、珍しいものが沢山並んでいて……。
お土産や来客時には楽しみに訪ねています。

出店は自由が丘(旧)東急ストアーの横に。
水、土、日は違う果物屋さんが出ているのでお気をつけて!
全く品物が違います。














IMG_6859.JPG

この日はとっておきのデメルの洋菓子を添えて。
催事にご褒美で差し入れて下さった品。
ピスタチオの香りが豊潤で絶品でした。
デメルは箱やパッケージに夢があって大好きです。

そしてJAZZのマグ。おろしちゃいまいました!

使いやすい!!手に滑らかで薄くて軽いのに熱さが伝わりにくい。
誰にでも出来ない、さりげなくて凄い技術。
創って良かった―。と思う瞬間です。
沢山の子供たちが見知らぬ方々に旅立ちました。
其々の食卓で、今頃、微笑みを誘っていますように…。

実は、この柄。
一番気に入っていた柄で、
沢山創ったので、まだ少しだけあります。
青もとても綺麗。

IMG_6596.JPG










そしてこちらは珍しいお手土産。

IMG_6860.JPG

私の大大好物のフルーツ。
3食フルーツでもいい。お風呂もフルーツに入りたい。
フルーツ貧乏するほどの私。
最近は食べきれなかった熟れ過ぎたフルーツを、
ドライにしようかなと計画しているほど。

そんな私に、ドバイのとっておきを持って来て下さった。
ソフトドライフルーツで、
マンゴー、メロン、アンズ、キーウイ…
そしてココナッツまでソフトなのでジューシー。
これは大変に珍しかった。

そして、手に持ちきれない程の紅茶も。
毎年、ドバイから持ち帰って貰いたいとリクエストしている。
日本に入っていないロンネフェルト社の紅茶に加え、
また珍しい「VIVEL」の品々を届けて頂きました。
http://www.vivel.com/


愉しい旅の話に花が咲き、
スライドで写真も沢山見せて頂き、
クレマチスのテラスからドバイのテラスにワープできました。
お忙しい中ありがとうございました!














クレマチスが運んでくれた皆様との愉しい時間。
お呼びしたい方は沢山いましたが、
お料理が行き届かない事もあり諦めました。









そして、クレマチスは既に終盤を迎えております。

IMG_6884.JPG

お花がひっくり返り始め満開時期終了。

春は香りを届けに、

そして、この後は、
夏の終わりまで日を遮る役に変わり、
蔓をどこまでも伸ばし続けてくれます。

IMG_6885.JPG



そんな呑気な時間は、
私も来客と同じランチタイムの1時間だけ。

催事先様から届いた返却の大荷物の整理と、
夜は(まだ終わっていなかった)確定申告を。
仕事はエンドレスで追い付きませんね。

そして、催事が終わったら暇と言う空想の方程式に基図いて、
主婦業も再開しなくてはならず…。
ははははは。もっと忙しくなっている…。
















今日から暫く来客を拒み、来期のプランニングに入ります。

そして、庭仕事も、
日差しを避け、さらに早起きをして捗らせたい時期に。
今日は、綺麗に咲き誇っているバンジーや花壇の花々を切戻しました。

IMG_6871.JPG



こちらは、満開を超えた花がら摘みの山。
ありがとうねー。

IMG_6872.JPG


こちらは、2番花が順番待ちしているので、
切ってあげた花々。同じ環境に置いて庭で共存。

IMG_6874.JPG


そしてパンジー君。

IMG_6887.JPG

切ったパンジーの足元の葉の整理をして、

IMG_6889.JPG









IMG_6891.JPG

またお気に入りの窓辺へセット。

IMG_6893.JPG

お花を変える度に布や器を変えられる幸せな季節。












今日も発見がありました。

一つは、水仙。
花壇で春を待っていた黄色の水仙の蕾。

IMG_6876.JPG

あれ?開き始めると白に。

IMG_6877.JPG

植物は本当に不思議。この黄色い色素はどこに行ったのでしょう?












二つ目はムスカリ、露地モノのムスカリが自力で咲き始めましたが、
なんと、二本ずつペアーで出てくる事を発見。

IMG_6878.JPG

IMG_6879.JPG

ついつい、小さい方を大切にしてしまう私。
日が当たるように側の葉っぱを開いてあげました。
弱肉強食な自然界、、、発見の報告。
















IMG_6880.JPG

こちらは紫陽花の新芽。

昨年、なんとか花を付けてくれた4年目の紫陽花。
花後の剪定を、専門書や画像資料で一生懸命勉強して、
「ここ!」という場所で枝をカット。

本当はその後にもう一度「強剪定」というのを、
しなくてはいけないのですが、
その花芽を読み違えるとまた咲かないので、
それをせずに過ごしてしまった。
結果どうなるかと言うと、この先、50cmほど伸びた先に、
大きな花を咲かせる事に。笑。

でも塀の外から見えるし、確実に咲く方を選んだ。

今年こそ、花後には、バッサリと切って形を整えよう。



この家に引っ越してきたのは7月。
まだ経験していない月が3か月あります。
まだまだ、二階はダンボールも積み上がったままで、
アトリエの縫製部屋も手つかずですが、
4月10日から新規と決めて、
やっと自分らしく準備が出来る日々を過ごしています。

また気持ちいい日記を書きます。
時々、覗いて下さいね。

いつもありがとうございます。
年に一度の、桜な週末をお楽しみくださいーー。
posted by 2 at 13:34| Comment(0) | 庭ーseason
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。