2015年05月13日

銀座松屋様で催事スタート!



IMG_1099.JPG


本日より銀座松屋様、7階デザインセレクトにて、
anbyのPOP UP SHOPがスタートしました。
今回は2からはご案内状は出しておりませんのでこちらでお知らせ致します。


日本橋三越様での魅せ方とは異なり、ファッションよりのセレクトにて、
涼しげな夏のコーディネーションをご提案。
そしてビックリするほど高級生地を贅沢に使って正角布(ストールに!)を松屋様だけに制作!
希少数の限定販売です。
ベース素材は高級海島綿に贅沢なコード刺繍加工を施しanbyの特徴でもある、オダマキタッセルを付けました。上品で軽やかな布は、ワンピースにカジュアルに是非!
2でmatoiにしたら5万クラス。
本当にいい生地です!!是非お試しください。

●正角布(大)綿レース(W110×L110cm)¥28,000+税

 11193332_886196628103792_8965505642997535627_n[1].jpg












今回は会場には常駐しておりませんが、昨日は夜からディスプレイに出向きました。

銀座松屋様を代表する7階のデザインコレクションの並びに、anbyを呼んで頂いた事はデザイナー冥利に尽きる事です。
松屋様ファンの皆様にとってお役に立てる品々である事を願って飾りました。

IMG_1108.JPG

同じ商品でも、構成や打ち出しのコンセプトを変えると違った表情が生まれます。

IMG_1091.JPG

IMG_1107.JPG







表現の難しい日本での色の集合体も自分らしく仕上がったつもりです。

IMG_1101.JPG

IMG_1088.JPG



やんちゃなディスプレイに見えて、驚かれる事もありますが、私の創る売り場は、とにかく、商品説明に徹しているだけです。よけいな装飾や遊びも実はしてないのです。
その商品の特徴を接客しなくても一目で解って貰えるには?そればかりを考えて創ります。

IMG_1090.JPG

このポーチは前後内側の素材が全て違う贅沢なものです。
ファスナーの色も全て変えて配色にしています。
更にお愉しみで取り外し可能な、組紐タッセルが付いています。
勿論、全て同じ生地のほうが裁断、加工がしやすい為、安価に出来ます。
なので、そのデザインを魅せるには口を大きく開いて前後も中も解る集合体である必要があるのです。
使っている時のイメージで色のオブジェを代わりに配します。
化粧品や雑貨、アクセなどを入れたらこのようなムードそのままのシーンを日常で味わえるという無言の説明を。

クラスカではその事をこのようなパフォーマンスで魅せました。
 
_DSS2595.jpg

_DSS2561.jpg

最安値のポーチにこんなにいい場所を取り紹介しました。
商品群の中では最安値ですが、中国製の800円のポーチもある市場から見ると、anbyポーチは高価なのでその理由説明も込めて。

_DSS2439.jpg

裏表内側ファスナー全て異素材。anbyポーチ。









そして、印象的な写真がありました。

_DSS2578.jpg

_DSS2562.jpg

_DSS2566.jpg

沢山の人がこれどうしたんだろう?と興味を持って下さる図。眺めて手にして、デザインに気づいて下さいます。一つポツンと重ねていては解らない事です。





_DSS2545.jpg

そして気付いたのは、この写真が沢山あったという事は、カメラマンもまたそれに気づき愉しんでこのシーンを撮っていたのかな?と、私のデザインの原点はこのように始まっています。
始めワタシ → → → 最後ミンナ。
いたずらなデザインをまじめ創り、一生懸命紹介する事が、買手に良い品を伝え届ける天職。
その暮らしに微笑みを誘ってくれたら本望です。

あ、また一つのポーチごときに熱く語ってしまった…。汗。















こちらは虹色に染めたぼかし染め技法の正角布です。

IMG_1104.JPG

日本橋三越様では白黒中心に人気でしたが、初夏の今になって綺麗な色が新鮮。





大小の正角布を丸く包み重ねた姿が、旅先やクローゼットで目に触れたらいいなと、
このディスプレイを創りこの商品がとっても好きになりました。

IMG_1089.JPG

売り切れ御免なので、沢山買いたいと思います。












同じ商品でも、魅せ方一つで様々な表情を持つ商品が活きます。
どうぞ銀座松屋様で胸を張る商品達を見てやって下さい。




京都発 確かな技術と創造の精神
anby Life start !

京都洛中にある宇野株式会社は、永年に渡り、麻暖簾創りに力を尽くしてきました。その上質な、京都の技術者ブレーンと、日本各地の生産者の知恵を活かし、新たなカテゴリーを生み出し、この春、デビューいたしました。                
この夏に涼しげな、麻のバッグや日傘、窓辺の花飾り。組紐技法を使った軽いアクセサリーなども添えて、いいアンバイに暮らしを愉しむご提案をいたします。


5月13日(水)〜5月26日(火) 最終日 午後6時閉場
7階 リビングセレクト


























posted by 2 at 19:43| Comment(0) | お知らせーnews
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。