2015年06月28日

そして初夏へ




今年は空梅雨ですが、夏は史上最高の猛暑だとNASAが発表したとか?
冷夏らしいとか?様々なうわさが飛び交っていますが、
ただただ梅雨に雨が少なくて夕方涼しい事はちょっと嬉しい。

IMG_1948.JPG

お庭のメインの紫陽花は先週お終わり。
まだ、部屋中には切り花が咲いていますが、

IMG_1949.JPG

大きな鉢に根がびっしり回っていそうなので、
あまり成長させないように今回は思い切ってバッサリ強剪定。
盛夏にもう一度枝ぶりを決めて強剪定し来年を迎える準備へ。










そして、日当たりと、
意外にも風通し抜群だったこの家で始めたキッチンハーブ。

IMG_2061.JPG

お向かいのお庭友達のお母さんに頂いた、
山椒、紫蘇、三つ葉も順調なうえ、
自分で買い足したバジルも毎日の食事に助かっています。



そして、初めて育てているトマトの「アイコ」

IMG_2064.JPG

ちょっと楕円の糖度の高いトマト。
「トマトは水が嫌いだから実が成ったら糖度を上げる為に控えなさい」と父。
小さな鉢なので、その話も半分だけ聞いて、土とにらめっこ。
ここまで育てました。

今日の昼食はトマトのカッペリーニを創ったのに、
トマトを買い忘れ…、これが欲しかったけれど、
ちょっと手でおしても固い…がまんがまんの一瞬がありました。
来週ぐらい、初収穫が楽しみです。

父の畑では既に、大玉小玉と鈴なりになっています…。
野菜も面白いなと思い始めました。
都内を離れる時は、家庭菜園を始める時かな?












そんな私を木陰から顔を出し、見守ってくれるトカゲ君。

IMG_1957.JPG

綺麗な顔をした子供のようです。














IMG_2034.JPG

そして、初夏のアトリエで、
anby(塩梅)の次回企画のファーストコーディネイトも済みました。

IMG_1934.JPG

素材創りから、始めるanbyにとって、
素材のバリエーションは重要。
社長とたった二人で進める企画ですが、
安易なバリエーションと惰性なしの商品構成なので、
毎回、遣り甲斐は充分です。
企業デザインは、個性的な商品を活かす為に、
それらを引きたてるバリエーション企画の無駄が出ますが、
anbyはメーカーブランドなので、
市場にない必要なものしか発表しないと決めています。

なので、展示会はとても濃くて面白いギャラリーのよう。
ありえないー。と思って貰える常識では偏った企画こそ、
新たに取り組む有意義な仕事と思っています。

「既に市場にあるものを創るのは、市場への過剰なゴミ生産。」
これは、25歳の時に企業デザイナーとして働いていた時に、
やってはいけない事と、実感し肝に銘じた事です。












お昼なのに、難しい話をしている事に気が付きました…。ははは。









という訳で、6月のもてなしのお菓子その2は、

IMG_1943.JPG

菓匠が創る素晴らしい紫陽花の上生菓子。
仕事の合間に素敵なお茶の時間が繰り返されています。










posted by 2 at 14:55| Comment(2) | 庭ーseason
この記事へのコメント
「既に市場にあるものを創るのは、市場への過剰なゴミ生産。」

そ〜〜〜〜だよね〜〜。
50になって、さらに想う。
強く想う。

みんなそんなことばっかしてるから、
商品過剰になって、
ゴミだらけになって、
自分で自分の首締めてるんだよね。

わたしも、肝に銘じて、精進し続けます☆

響くコトバをありがとう☆
Posted by hiroko at 2015年07月03日 09:45
hiroko-chan

まあー。忙しいのにBLOGに立ち寄って下さり、
コメントまでありがとうございます!

頭でっかちにならないように頑張らないといけませんが、大切に学んだ事は、時々思い切ってここに書いて自分を律しています。

hiroko-chanは既に十分ですー。
恥じないように私も頑張ります。
逢いたいね――。
Posted by 2 acco oimatsu at 2015年07月08日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。