2015年11月24日

休暇 旅の記録 清里定宿での時間。 



ここ数年、一年の仕事を終え、来期への切り替えの為に11月初旬に飛び出す清里への一人旅。
自分の原点であって欲しい現代美術に触れる事を目的にその旅の主軸であった「清里現代美術館」。惜しまれつつついに閉館となり、昨年は行く理由がなく今年も戸惑っていました。

一昨年の帰り道、ふらっと立ち寄った小淵沢の牧場での馬「サクラ」や乗馬との出会いがあり、何かに惹かれるその時間が懐かしく出掛ける決心を。
でも行く理由のなくなった「清里」へ、やはり初日は慣れた常宿を取る事に。

IMG_4415.JPG

暖かい秋。最小限の荷物を持っていざ。












IMG_4421.JPG

平日の一人旅。この日の為に一年過ごしていた。
誰もいない田舎の列車。何も約束がない。何もしなくて良い。

10時に乗りたかった電車を乗り過ごし今年最後であろう急な依頼を大切に繋いで飛び出したのは2時。
あー。到着には日が沈んでしまう。そんな気ぜわしさを引きずったイヤホンからはCat PowerやNicoが、、。
東京での生活では毎日心地よい曲だった。












IMG_4544.JPG

日が山に暮れかける中、素晴らしい景色に迎えられ、手動で開け閉めする電車のドアを開け、八ヶ岳の懐に降りた。












IMG_4543.JPG

温和な支配人が迎える常宿。

IMG_4542.JPG

森の生活が始まる。

IMG_4541.JPG

IMG_4530.JPG

IMG_4529.JPG

IMG_4528.JPG

「お帰りなさい。現代美術館は残念でございました」と支配人。心の緊張が一瞬で解けた瞬間でした。





これは翌朝の写真。笑。
こんなイメージでスタートの筈が本当の到着時は真っ暗ね。笑。













いつもどのように滞在したいかを伝え部屋は決めて頂くようにしているのでチェックインまでドキドキのワクワク。今回通された部屋は突き当りの角部屋。


IMG_4423.JPG

閉所恐怖症なのでシングルには泊まれない私、、。
広くてテラスがあって今回も素敵なお部屋に辿りついた(みたい・・朝まで見えないね・・笑)












IMG_4462.JPG

面白かったのはこのバスルームの造り。
ルームとは言えない。バスタブと窓。

IMG_4474.JPG

お部屋の中のベッドの裏に洗面があり、

IMG_4441.JPG

その前に隔たりなくバスタブが出現する。

IMG_4427.JPG

これを伝えきれなくてインスタでは動画で紹介しましたね。笑。
もう随分前の事、、。













IMG_4448.JPG

ゆっくり本を読みたい想いに添う書籍の数々。

IMG_4449.JPG

一呼吸してただいま〜の一服。









間もなく支配人の配慮で車で温泉へ。
日中は東京と変わらない気候も夜には4度まで下がる山里。
温まった体が覚めぬうちに暖炉のあるレストランで一献。

IMG_4451.JPG

受賞した地ビール・ピルスナーと。
毎回楽しみにしている白麗茸のソテーを頂きました。













IMG_4452.JPG

健康に、安全に、この旅でココロ一新しますように。








良かったら、
とぎれとぎれの記録日記に暫くお付き合い下さいませ。

posted by 2 at 12:33| Comment(0) | 旅ーrest
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。