2016年02月05日

2オリジナル Stationery 「SHOWCASE」

数十年前、
ベニスで購入したアンティークカードの質感が忘れられず、
日本の市場には珍しい厚みとサイズで創った念願の企画が実現。

被写体は、
1994年以来、一つのガラスケースの中に、
白、銀、透明、そして2、の付くものだけを
デコレーションし重ねてきたオブジェ作品、
「SHOWCASE」。
The showcase which continues decorating memory from 1994

フォトグラファー撫井健一と、
アートデレクター佐藤嘉高、両氏により、
そのショーケースの中身が一つの軽やかな物体となり外に出ていく事に。

アトリエではガラス越しの光に佇む品々を見て頂いてきましたが、
この作品は背景を黒に。
新しい空気を持って生まれ変わりました。




IMG_7641.JPG

IMG_7646.JPG

IMG_7645.JPG


ポストカードは、
横型3種、縦型3種の全6種。













そして同じ写真を用いて、
ノートも創りました。

IMG_7637.JPG

IMG_7642.JPG

ハードカバーの保存型のノートではなく、
手帳やファイルに挟んで気軽に使える
薄くて簡易的なデザイン。

紙の厚みと艶消しの印刷により、
隅々が朽ちていく姿が一番のチャームポイント。

ポストカードは高くても珍しいものを。
でもノートは、
まとめて買って可愛がって頂けるように、
只今、可愛らしい価格にしたいと吟味中。

IMG_7644.JPG













皆様、ステーショナリーコーナーのデスクを
どうぞお楽しみに〜。
地方発送もしますね――。


IMG_7640.JPG









posted by 2 at 23:33| Comment(0) | 作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。