2016年05月26日

2016 Garden Show



毎年5月に開催されるガーデンショーに今年も。

IMG_2950.JPG

IMG_2951.JPG

行き始めた頃はお庭にもまったく興味がなかった。
まさか薔薇なんて自分が育てるとは、、。

当時、国立の広大な敷地に、薔薇のお庭とお屋敷を持つ知人宅に招かれ、5月の庭で過ごす素晴らしさを身をもって体感したのがきっかけ。
その日は100種ほどの薔薇の庭で美味しいお料理や音楽会を愉しんだ。
私が思っている「ファンシーな薔薇」のイメージから、「育てるのが難しく、科学と手入れの愛情の末にしか花を咲かせてくれない大変な花。そして多種!」という興味深い植物への研究材料となった。

その種類の多さや性質の違いなど幅広く世界各国の品種が。
そしてそのお庭での時間は、気温が数度低く感じる程、植物達のピュアーな息で覆われる不思議な環境に魅せられ、その時、私の中に何かが芽生えたのは違いない。

それでも薔薇は難しく、前のアトリエで初めて育てた、高貴な「バロンドゥジロードラン」を直ぐに病気にしてしまう。
その後もイギリス苗を買い続けた「レディーエマハミルトン」や「グラハムトーマス」も夢に消えた。














IMG_2841.JPG

あれから数年。
EST GRDENさまにアトリエの庭をプロヂュースして頂くようになって分かった事は、庭は環境にあった植物を迎える事が一番大切。

IMG_3247.JPG

IMG_3241.JPG

IMG_3239.JPG

IMG_3218.JPG

そして植物が一番好きなのは、水よりも意外に太陽と風だった。
毎日3時間は庭仕事をしている日が多いけれど、今では時間を忘れてそこにずっと居たい程の空間に。
そしていつの間にかそれは、亡くなった父の一番の趣味だった園芸好きの血を引いていた事にも気づく。

IMG_3240.JPG










実はこの休暇中に父の庭の整理にも行き、、
部屋の遺品整理と同じように、人生の半分を過ごしていたであろう庭での父の時間と仕事が手に取るように見えた。
小屋一杯ある庭の道具を整理し引き継ぐ日がとても楽しみ。

IMG_3217.JPG














ガーデンショーには植物以外のディスプレイを見る目的があります。

IMG_2973.JPG

設営会場とは言え、プロのガーデナーが何日もかけ、生きた植物とガーデンデザインとをチームで完成させるのですから、大変な作品です。

IMG_2975.JPG

空間ディスプレイから、鉢の中までヒントが一杯。

IMG_2976.JPG

シックな色の使い方にはいつも勉強させられます。













IMG_2955.JPG

そしてこちらの作品は今回のメインガーデン。

IMG_2959.JPG

もう25年来の知人となる、当時はデザイナーの大先輩であり、今では大人気のガーデンデザイナーになられた事は有名な吉谷桂子さま。
毎回テーマに添ったガーデンをデッサンと模型からここまで完成なさる。
そして美術家のご主人が創られたオブジェも共存。

この日は偶然にも桂子さんにバッタリお会い出来て昔話に花を咲かせて頂きました。お忙しい最中、とても嬉しい再会でした。
これもまた植物が繋いでくれた縁かも知れませんね。

一番人気のガーデン。
正面から見れるのはほんの数秒。
お客様の頭なしでバッチリ撮れるのは珍しい事。笑。
何処を切り取っても画にする事はデザインの基本。毎回勉強になります。

IMG_2957.JPG












そしてこちらもまた、私の好きな色合わせをなさるアーティストのブース。

IMG_3010.JPG

IMG_3007.JPG

ブーケやディスプレイの参考になります。

IMG_2984.JPG

IMG_2985.JPG

いつも即興でブーケを創られるののですが、葉の整理をしたり水揚げをしたりの作業は勿論のこと、
その出した葉ゴミを自然な手なりで処理していく所作に毎回やられちゃいます。ショーだから後で片付ければいいのにいつもの習慣で、、、って感じが好き。

IMG_3006.JPG

クリスマスローズだってこんな素敵なガラス器に。

そして我が家と同じピエールドゥロンサールもこの通り。

IMG_3014.JPG





他のお庭でも

IMG_3030.JPG

あー。ブルーバックねーー。

IMG_3031.JPG

あー。ピンクバックもねー。

なるほどー。ロンサールは家の背景にいいんだねー。と。









そして戻ってから我が家の一年目のロンサール。

IMG_3111.JPG

IMG_3194.JPG

壁一面のロンサールを見る為に毎日庭で食事をしていた頃。

IMG_3115.JPG

よく頑張ってるねー。と過保護な愛情を注いだ事は言うまでもない、、。笑。












IMG_3019.JPG

珍しい品種を見つけては欲しくなる薔薇ですが、

IMG_3021.JPG

これ以上、庭仕事を増やすと、本業に差し支え始めるのでがまんがまん。。。

レディーオブシャーロット、
ホットココア、
グラハムトーマス、
たまかずら、、、、
















そんなこんなの5月の庭日記。
お庭はHarb Gardenのグリーンが真っ盛り。

第二段のバジル収穫を終え、食卓と直結の日々。

IMG_3222.JPG

IMG_3223.JPG

ブレンダーでせっせとバジルペースト作り。

IMG_3226.JPG

一回目はパルメジャーノも松の実も入れずに作って気に入っていました。
二回目もチーズのみで。

IMG_3231.JPG

EVオリーブオイル、
ニンニク、
塩、
パルメジャーノ

IMG_2211.JPG

IMG_3232.JPG

色よく保存するには灰汁が出ないうちに作る事と、EVオリーブオイルを沢山入れて酸化させない事ですねー。
何度も作っていると自分なりの味が見えて来て楽しいです。

始めはペンネジェノベーゼばかり作っていましたが、

IMG_3250.JPG

IMG_2208.JPG
(これは主人作の大盛り..汗)

ガーリックを抜いて日中も食べられるように、
トーストや餅ピザも作るようになりました。

IMG_3238.JPG

採れたてを少量ずつ作るので、
フレッシュな香りと色が何よりのご馳走です。















最後に花より団子にならないように、今満開のクレマチスの花壇の写真を。

IMG_2865.JPG

IMG_2864.JPG

IMG_3148.JPG

2の扉まで脱走を繰り広げております。
このクレマチスは満開になるとダリアのように花びらで真ん丸になります。

IMG_2842.JPG

ユーカリもオリーブの木に追いつきました。

IMG_3149.JPG

東の楓はいつも間にかお隣にもお邪魔しているようですが、、。

IMG_3133.JPG




















5月の庭はもうすぐ終わり。
花々に癒された一ヶ月を過ごしています。

皆様、お元気ですか?




PS
レッスンのお問合せ沢山ありがとうございまーす。
今しばらくお待ちくださいませー。

IMG_2880.JPG

posted by 2 at 21:31| Comment(0) | 庭ーseason
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。