2016年12月11日

納品続々。





そしてこちらもお仕立て仕事のお話し。

スカートやワンピースのタウンウエア―の場合。
このように、数着分の生地をご用意しご提案致します。

IMG_7265.JPG

IMG_7268.JPG

半年から2年も待って頂く事もあるほど、その方に合う一着を探し続けます。

私もそうでしたが、この生地提案の日が一番楽しいですね。
何を創ろうか何着創れるか、どんなデザインにしようかなど、、
夢膨らむ時間です。

モデルちゃんや永年の顧客様は、
デザインが同じで生地だけ一年分選ぶという方もおられます。

そしてこの日に用意する生地は仕入の中でも最高級の生地ばかり。
母と共通で大きな仕入れをする時なので、ハイブランドの舶来品ばかりです。
そして皆様のお目にとまらなかった生地がありがたい事に、贅沢にも2のmatoiに移行されて行くわけです。
なので、手放した生地でもmatoiで見つけて後から個展で買われる方もおられ、お仕立てのお客様と2の関係はとても温かく繋がっているのです。













そして近年、ずっと2を応援して下さっている、
この方のオーダーは、
「蔦屋さんで購入したmatoiに合うワンピースを」というリクエストでした。

IMG_7254.JPG

実はこのmatoiはこの方を想って創っていたものでした。
一昨年、matoiの別注としてご用意していた生地合わせでした。
その時の個展では別のものを気に入って下さったので、
別注はせずに個展作品へと移行しました。
ですが、次の蔦屋書店様での展示で見初めて下さり主へと嫁ぎました。


これは仕上がった姿のワンピースと「2」のmatoiです。

IMG_7778.JPG

IMG_7779.JPG


形は今冬の2の定番ワンピなので、正式にはプレタポルテです。
プレタとは、先の記事に書いたような採寸、原型制作、仮縫いなどをせず、既成のパターンで創る事です。
(とは言え、実はいろいろ配慮をしてお創りするのですが、、。)
プレタの良さは、早く仕上がる事。採寸なしでOKな事。若干低価格である。
という事でしょうか、、。
とは言え、2のプレタは高価な生地を使用するので、
決して安価ではありません。ある意味、信頼関係から成り立つアイテムでもあります。




素敵なコーディネイトをして下さり、
後姿を見送る時に、毎回ですが、
バッグもワンピもmatoiも「2」のお姿に胸が熱くなります。
お手土産に添えられた優しいお手紙はいつもデスクの前に貼って次への勇気になっております。

本年も2とacco oimatsuを支えて下さりありがとうございました。

そして、
この方には、後日、追加でベルトのオーダーを頂きお創りしました。

IMG_7950.JPG

お洋服と同じように、採寸をしてサイズ感を決めます。
簡単に自分なりに仮縫いシュミレーションをします。

今回はアンティーク(時を経たデッドストック)スワロフスキーのバックルでお創りする事に。
小物アクセサリーの場合は予算を伺ってからパーツ刺繍を始めます。

IMG_7960.JPG

そうしないと、私のこの作業はどんどん高価なパーツを付けてしまうので、、笑。

IMG_7961.JPG

結局、採算度外視なんて目に見えていますが、、一応、我慢がまん。。。
気に入るまで手は止まりませんでしたが、、適度なところで納めました。


IMG_7962.JPG

お洋服の腰元に添う、アクセントが出来たかなと。思います。







そんなこんなの、私の近況は、
まだまだクリスマスも師走という言葉にも気づかないふりをして邁進中でございます。

皆様、風邪だけには襲われないよう、
楽しく忙しいこの時期を駈け抜けて下さいませー。




今日は、母の退院に合わせて遅らせた父の一周忌に行ってきまーす。
posted by 2 at 09:41| Comment(0) | 衣ーfashion
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。