個展のお知らせ【Festival of colors in the memory】先行予約開始 2017.3.16(fri)-20(mon)  Open:12:00/Close:18:00                                       *既に初日は予約が混み合っておりますご了承下さいませ。早々の沢山のご予約に感謝致します

2017年01月29日

続・新作。赤とマゼンダの襲撃。



Viktor & RolfのHaute Coutureは今期も素晴らしかったですね。








メゾンの今シーズンの春夏コレクションも店頭に出揃い、
目が覚めるような技法に触れ自分の制作にも触発されます。
日本のブランドには素晴らしい生地や技法が乏しく、
安かろう悪かろうの流行がとても残念でなりませんが、
私は頑固に良い素材との出会いを求め、
小さな長方形の中に夢のような肌触りとワクワクを併せ、
皆様に気さくなmatoiを届けたいと日々想っています。

いい素材だからドレスに。という考えの母の時代を経て、
いい素材でもいつでも側に置いて着こなせるmatoiやfukuroを創ります。
何でもないワンピースにmatoiを肩に乗せるだけで、
ワンマイルウエア―からフォーマルに変身。
これこそ、現代の贅沢です。

その探求は私も楽しく継続しています。















IMG_9009.JPG

3月の個展はお庭のミモザとクレマチスが満開の3月に予定しています。
【2 snacks】からは新作のフードも登場。
春の器は口がポカーンと開くほど素晴らしい品々が上がってきています。













IMG_9022.JPG

そして、こちらは続新作。

金華山ではなくヨーロッパのもの。
デザイナーズギルドの素晴らしい生地との出会いで、
創作意欲に力が入りました。
相棒はオーガンジーを5重に合わせて仕立てました。

毛足の薄いカットしベルベットはしなやかで珍しく、
地のジャガード部分には銀糸も織り込まれています。

IMG_9025.JPG

エレガントにならないようにコットンフリンジを併せたり、、
更にビーズタッセルでアクセントにパープルを。

IMG_9023.JPG






ネズの大島紬や、
檸檬色の麻のワンピースにも合いそうな美しいモノが出来たと思います。

洋でも和でもないmatoi。
どなたの肩に寄り添うでしょうか、、。
私も楽しみです!!

ですが、カットベルベットの縫製はとても大変で、
この1着に丸2日もかかり、仕上がった頃には、首が回らない程左肩にダメージ。
明日は1日中マッサージに助けて頂く予定です。泣。
















そんな中、インスタを見たり、ブログからのメッセージで、
沢山の作品へのお問合せやご予約メールをありがとうございます。
まだまだ創りますのでご予約はお受けできませんが、、。
でも本当に嬉しいです!
首もグルグル回りそうです!!

皆様、いつも本当にありがとうございます。

posted by 2 at 19:12| Comment(0) | 記録ーdiary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。