2017年02月26日

【先行予約開始】個展のお知らせ「Festival of colors in the memory」








IMG_9578.JPG

春の庭を皆様と過ごしたくて、
花いっぱいの空間で個展の開催を致します。

IMG_9579.JPG

3月中にはクレマチスの白い空間が広がっている事と思います。
オレガノもまた今年も可愛く揺れる事でしょう。
ハーブたちも光を待っていたかのように伸びています。

IMG_9583.JPG

IMG_9581.JPG

空の蒼も日に日に春になってきました。

IMG_9516.JPG


一年ぶりのアトリエ展。
2の扉を何回も開けて下さいね。

ミモザの黄色、チューリップの檸檬色。
まだまだ日本では展開の少ない黄色や萌黄を探して、
皆様にファッションでもテーブルでもお届けいたします。

IMG_9340.JPG

この黄色の楕円の器は素晴らしい檸檬色。
この「黄」は交趾技法での発色。
今回の黄、萌黄、紫、の器の色の美しさは全て交趾で創られています。
発色の良さは勿論の事、釉薬に秘めた貫入が透明感となって深みを魅せます。

IMG_9593.JPG

この萌黄のシリーズは毎日の食卓に使いたいと購入を決めたもの。
高価ずぎてきっと皆様に買って頂けないかも知れませんが、
だから市場には出てこない。窯元で眠っていた素晴らしいものをリスクを背負って仕入れました。
それが私の目的。日本の良いものが全く市場に出ない。
もっともっと素晴らしい器を使って欲しい。
食卓に、インテリアに!眺める道具がこんなに美しく、それに食材をのせて毎日使えるのは日本ならでは。
日本の食卓で器が素晴らしいのをもっと感じて欲しい。

器の事になると相変わらず、、、熱い熱い愛情が溢れます。
皆様、どうぞカジュアルダウンしていいものを使って下さいね。
早く見て欲しい!




そして、その同じ目が創った檸檬と萌黄の布製品。

IMG_9339.JPG

敷いても、掛けても。のコンセプト。

そして、、、
















IMG_9625.JPG

この場所で撮るしかないっ!!
という一コマ。

ミモザイエローと萌黄のマッチングで創ったファッションアイテム。
matoiに使用したイギリスのカットベルベットはデザイナーズギルドのもの。
今回の素材はとても薄くてしなやか。春matoiにはぴったりでした。
1m、3万も6万もするこのブランド。
いつも仕入には躊躇しますが、毎回、皆様が受け止めて下さるので、
今回もかなりの数量限定ですが、いろいろなアイテムにギルドを使いました。












こちらはマゼンダとターコイズのシリーズ。

IMG_9594.JPG

あー。気持ちがスーッとしますね。
歌舞伎の着物と帯の組合せでも一番日本を感じる色併せです。
日本製の生地染めではなかなか手に入らないので、
ヨーロッパの生地でマゼンダを、そして素晴らしいターコイズは、
釉薬にありました。日本の器は素晴らしいの!でも市場にはない。
もっともっと使って下さい。こうやって飾るだけでもスーッと、、します。あははー。
(語りが熱すぎますね、、、、)

IMG_9627.JPG

ギルドの生地でマットやティーコジーも創りました。
あー勿体ない。。でも器の価値と合わせるとこうなってもいい!
今回は小物も熱いです。笑。










こちらのアンティークは長崎の「馬場古美術店」で仕入れたもの。

IMG_9628.JPG

先代のおじいちゃんがご存命の25歳から30年近く通っている先様ですが、
もう珍しいものが少なく、それでもあの店の目利きが好きで毎回1時間以上物色します。
この器は韓国のモノと聞いています。
金物ホーローに彩色した酒器。

外側にお湯をはって内側の注器に紹興酒などを入れると燗付け出来る逸品。

内外をバラバラにして其々に花を飾っても素敵ですね。
あちこちに金具の取っ手が付いていて、それはそれは愛らしい品です。

IMG_9629.JPG

初日にはなくなるでしょうけれど、、どうぞ一点モノの2ですから、、、お許し下さいませ。それぞれのお好みに品物が間に合いますように。












そして同じカラーテーマのファッションは、

IMG_9623.JPG

以前ご紹介しましたら、ご予約を数名から頂く人気者。
勿論、ご予約は受けておらず、こちらも個展販売の一点モノ。
銀糸ベースのジャガードが素晴らしい上に、しなやかなカットベルベット技法は本当に圧巻。
これに負けないように、オーガンジーの赤を10枚重なった姿に仕立てました。
春秋に華やかで首元が温かい品です。帯になさっても素敵かと。












IMG_9509.JPG

それに合わせて創った今回デビューアイテムの、
「matoi-fukuro」

matoiと同じようにマッチングをして、切り替えとブレード、
そしてmatoiよりやんちゃに仕上げる為に持ち手に異素材を用いている事が特徴です。
この後もこのアイテムを作る予定。
matoiにある着心地の制約も、fukuroにある容量の制約も、
すべて忘れてこのアイテムをトゥーマッチにデコラティブに創っていたいのです。
私のテンションに付き合って下さる方がいまから楽しみです!

ヨーロッパのコレクションのお披露目が揃いましたが、
こんなものじゃないですよね。
このトゥーマッチトレンドが日本に入って来ないのはとても残念です。















そしてもう一つのトレンドは黒と赤。

2では華やかな色がとても人気ですが「黒しか買わない方」も数人。
実は黒だけのマッチングってとても贅沢。
黒という共通点で数種の素材を集めるので、かなり時間が掛かっています。
質感の違いを楽しめるので黒matoiはシックなようで、実は艶やかでアバンギャルです。
今回はそれに赤を併せました。

IMG_9621.JPG


シルク、ウール、コットン、様々なバージョンがあります。
どうぞ、特殊な織をお愉しみ下さい。

IMG_9622.JPG

そして黒のコーナーにもテーブルアイテムが。
2のオリジナル、銀彩ヌガーを使って下さる方々へ。
いい感じです。小物はまだまだ作ります。

IMG_9620.JPG





皆様をお迎えする準備がやっと出来ました。
どうぞ春の日のお庭にお出掛け下さいませ。












スクリーンショット (5).png

2 acco oimatsu new collection
Festival of colors in the memory
記憶の中の色達の饗宴

2017.3.16(thu)-20(mon)
Open:12:00/Close:18:00

2は小さなアトリの為、完全予約制となっております。
お手数ですが下記までご予約下さいますようお願い致します。
全日18時クローズとなっておりますのでご了承下さい。
アトリエ展には知人、紹介者様のみのご招待とさせて頂いております。
作品は全て一点モノの手創りです。


スクリーンショット (6).png

ご予約受付】
2accotaro@gmail.com



皆様とお逢いできる日をいまから楽しみにしております。
ご予約の際、ご希望の日時をお知らせ頂く場合、
ご希望時間を最優先致しておりますが、
もし、空いた時間の方をご希望の方は、第二希望までお知らせ下さいませ。
また、近隣への配慮で18時には終了致しますが、
夜をご希望の方はご一報下さい。調整可能な日を設けてみたいと思っております。

いつも混み合ってご迷惑をお掛け致しますので配慮したいと思っております。

DMは水曜日には到着いたしますが、
いつもブログを見て下さる方へ先行予約スタートとさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 12:23| Comment(0) | お知らせーnews
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。