2017年03月06日

皆様に行き届きますように、、




皆様にご予約を頂き、
初日から皆様のお顔と作品と照らし合わせてみました。

いつもながら、やはり布製品が全く足りず、、、
前回までは沢山オーダーを頂き、後納致しておりましたが、
今期は沢山個展を開催する予定なので、次の仕込みも始まっておりまして、今この時に、ご期待に応えたいと、お好みが重なる事を創造して、
トレンドの檸檬と

IMG_9828.JPG


マゼンダを少し増やしました。

IMG_9826.JPG












マゼンダはさすがに6年以上流行色である為、
日本にも沢山いい生地が入っておりますが、
檸檬はなかなかいい生地がありません。
私の作品の場合は、その檸檬をトーン違いで縫い合わせる為、
一種類だけでは足りず、何種類もの相性の良い檸檬を何年も集めて待っていました。
ヨーロッパの生地染めの発色は素晴らしく、
全てのマッチングが整った時には気持ちがスーッとします。









そしてこちらが檸檬の追加分。

IMG_9820.JPG

庭のミモザを見ながらどうしても檸檬色の作品を深めたかった。


今期の素晴らしいCHANELツイードが手に入りました。

IMG_9821.JPG
メタル糸を使ったツイードは初めて見る素晴らしいものです。

1mの価格で高級ホテルに2泊できますよ。笑。

私の本望である「上質を普段着に」のプランでもありますが、
matoiはその生地を少ししか使わず構成しますので価格は洋服のようにならず、
それでいて大判のストールなので身に纏える洋服のようになります。

軽やかで美しいLINTON社製のシャネルツイードに、
イギリスからの麻、タックベロアブレードなどを併せ、
mimoza gardenと名付けました。

IMG_9832.JPG










そして、もっと檸檬色だけ。という方にはこちらを。
たまには、シンプルなものも作ろうかなと。
イタリアの肌触りの良いコットンストライプに、
様々なリネンを併せました。

IMG_9834.JPG













そしてマゼンダシリーズはプリントに。

IMG_9846.JPG

発色の良いキミドリが入ったプリントはとても珍しい。
手描きの様に筆が躍る花の画に、特殊な麻を併せました。
深みを生むむら染めの後にフィニッシュ加工で張りを持たせた上質生地。
薄いmatoiなのに、首から離れてふんわりします。
夏には涼しくて良さそうです。












そしてこちらは、

IMG_9842.JPG

究極に薄い麻の黒とグッチのカットリネンを併せてみました。
なかなかのムードです。マゼンダと黒。いいです。
真っ白なワンピースや、デニムのコート、
ひざ丈の真っ黒のワンピースにブーツ。いいなー。












最後はこれ。

IMG_9847.JPG

顧客様は「えーーーー?まじですかー」といいましたよね?
ナチュラルなもの好きですよね?笑。
ナチュラル嫌いの私ですが、この洗いざらしの麻に魅せられた。
耳もそのまま使ってブレードでアクセントを。

でもこれ。このままではありません。
matoiの端にガツン!!!とチャームを付ける予定。

カーキ、チャコール、写真のグレーの3色。
一人に一枚。になりそな予感。
オーダーも可能品。としておきますね。笑。いつできるかな。。
でもこれ、なかなか使えそうです。
クルクルッとメンズでも!メンズは別注でブレードを変えましょう!
あ、、いつ創るかな、、。汗













そんなこんなの制作ピ―ク。

来週からはいよいよ、
今回はアクセが創れなかったので、
5個限定で、黒缶入りのアクセを創ります。

中は秘密の福袋。
matoiの端切れやパーツの中に、
最新アクセを真空で忍ばせる予定。

間に合うかなー。

つづく、、、。
posted by 2 at 23:04| Comment(0) | 記録ーdiary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。