2017年03月30日

Festival of colors in the memory 記録―3日目



晴天が続く3日目の朝。

IMG_0286.JPG

IMG_0233.JPG

夜通しディスプレイ替えをし朝を迎えました。

二日目もまた、ありがたい事に象徴的な大作から売約済みとなり、
大幅にレイアウトを変えるしかありませんでした。

器を並べていた白い什器を壁面へ。

IMG_0237.JPG

そして窓辺には少数民族ムードのmatoiやアンティークを寄せました。

IMG_0283.JPG

IMG_0242.JPG

韓国のアンティーク。
金物に七宝焼きの彩色をしています。
内側は独立し紹興酒の燗などに使えるのでしょうか、
花を挿したり、シロップを入れてテーブルに置いたり、
夢の広がるデザインに一目惚れしたのです。



こちらも韓国のアンティーク。
金物ホーローに彩色していて、中がブルーというところが洒落ています。

IMG_0243.JPG

其々に布の折敷を合わせて創りました。

IMG_0245.JPG

紫釉薬には白で一珍を描き、黄色で彩色。
お茶入れの形ですが小さな蓋部分を開口にせず、その下を切るという絶品。
お料理をなさる創り手だからこその品。
蒸し物やボンボンポットとして用途が広がります。
シュガーポットに、香炉にと、沢山の方がイメージを広げ購入なさいました。
創り手の工夫⇒見つける⇒目利きと、品物を介して想いが流れる時は嬉しい限りです。













IMG_0248.JPG

そして黒のコーナーには水色の器達を。

手前のブルーシリーズはとても人気で、お一人がプレートと角鉢をセットにしていくつも購入なさいました。
角鉢はスタッキング出来るので重宝します。
長角のサイズは言うまでもなく出番多しの顔。
2のお客様は器に携わるプロばかりなので、
皆様、ありそうでないモノを良くご存知で、、
薄くて軽いも外せない条件ですね。嬉しかったです。







そしてこちらのマニアックな鉢。

IMG_0249.JPG

器好きの方に大人気でした。

「裏にも施釉してあるので、塩を敷いて裏返しても使える」という方、
「オブジェのように見えたからインテリアとして」という方。
私もこの日は「目」のような形をオブジェとして飾りました。
ありそうでないマットなブルーも上質ならではのコックリとした濃さ。
存在そのものが好きです。






大きなティーコジーは、前回出品した銀製の土瓶に合わせたサイズでした。

IMG_0250.JPG


















そんなアトリエへ、、、

忙しくてどうしてるかなと、
心配していた人が笑顔で来てくれました。
愛しの古巣の本店はこの笑顔の持ち主が創っています。
繊細で可愛らしい外見ですが、信念と愛のある素敵な女性です。

真っ先にレモンへ。

IMG_0633.JPG

表情が華やかになり良くお似合い。




IMG_0272.JPG

そして黒へ。これもお似合い。
しっくりきます。



IMG_0636.JPG

しかし彼女は今回の個展で別格のデザイナーズギルドの品を。
イギリスから遥々やって来たカットベルベットの緑を。

IMG_9318.JPG

毛足が短く薄くてしなやかなものは珍しく、
matoiに仕立てても軽やかです。

IMG_9317.JPG

この春から秋冬に掛けて、ヨーロッパのトレンドには「深い緑」が来ています。

そして緑は様々な花達を引き立てる葉っぱの色なので、
どんな洋服にも合う事が特徴。

IMG_9630.JPG

一着毎に上質へと目利きする彼女のコレクションは、
既に4着目となりました。
身に付けてその質を実感して頂ける事が私の本望。
特にカジュアルな洋服を好まれる若い方にそれを解って頂ける事が、
とても嬉しい。



高価な品をありがとう。
とても良くお似合いでした。
大きく、小さく、いろいろにお楽しみください。













そして、、、

IMG_0274.JPG

私達夫婦のブレーンも赤ちゃんと一緒に家族で来てくれました。
主人も登場。一気に場が和みます。

奥様には作品を丁寧に見て頂き、
良くお似合いのひと品を気に入って下さり感謝。

IMG_9621.JPG

IMG_0252.JPG









私は可愛いKyo-chanと遊んでいました。

IMG_0637.JPG

ガン見。
イケメンにこんなに見つめられたのは久しぶりです。笑。

イケメンの子は父もイケメン。

IMG_0640.JPG

可愛かったなー。
お忙しい中、ご足労下さりありがとうございました。

IMG_0279.JPG

美味しいお土産はみんなで頂きました。














宴もたけなわな午後。

IMG_0278.JPG

古巣の相棒、Y-kun夫妻登場。(、、ってこれは帰るとこだけど、、)
当時は後輩でしたが、今は2の経営コンサルな話で盛り上がる上司の様です。笑。
私の弱い所を良く知っていて簡潔にアドバイスを重ねてくれます。
独立当初からのサポートへの感謝は今でも忘れた事はありません。

IMG_0255.JPG

IMG_0256.JPG

黄交趾の素晴らしい器をお料理をイメージしながら、
沢山買って頂き嬉しい限り。

IMG_0254.JPG

この色のカフェオレボウル。
いつか実現すように頑張ります。

IMG_0577.JPG

IMG_0579.JPG






IMG_0281.JPG

京都のオツな和菓子をありがとう。
まだ冷蔵庫で順番を待っています。
また会える日を楽しみにしています。


























IMG_0646.JPG

同郷のよしみで主人も一緒に記念写真。
珍しく個展に主人が居た日でした。
部屋着で初登場。笑。
私は、皆様が付けて来て下さる作品にニンマリ中。

楽しく和んだ一日でしたー。














そんなこんなの三日目は、なんと夕方で終了。

IMG_0580.JPG














IMG_0316.JPG

翌日への手直しも早めに終え、
4日ぶりにベッドに埋まるように眠りました。


皆様、たくさーんのアクセスをありがとうございます。
明日も書けるかなー。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。