2017年05月31日

haute couture Wedding



「7月にロスの大聖堂で式をあげます。
3000人収容で世界一のパイプオルガンがあります。」

大切なブレーンからの紹介で、
素敵なお二人とお会いしたのはつい先日。
私にとっては本式の白のドレスは気を遣うけれど、大切な幸せのお手伝いをするありがたいお仕事。
しかしながら、大聖堂とあってはデザインも大変。
ご本人たちのご希望を加味し、
なんとか想い出に残りその場に添ぐう姿に仕立てたい想いが募ります。


日本中を探した最高級のchemical race。
幾重にも重なるchemicalは入手困難で随分時間が掛かりました。

IMG_1312.JPG

そしてトレーン用のチュールレースはコード刺繍のものを。

IMG_1313.JPG

想い描いた素材を揃える事が叶い、
ご提案の日を迎えました。







IMG_1322.JPG

私の生地とデザインのご提案は、
ご本人が安心できるように、ボディーに立体をピンワークし、見て頂きます。
その後、お顔の側に生地をのせて顔写りを確認します。

IMG_1323.JPG

不思議に思われるかも知れませんが、
デザイン画はその後、縫製者への職出しの為に書き、
クライアントに見せる事はあまりありません。

IMG_1629.JPG

ウエディングはアンダードレス、
レース、トレーン、ベールと、
沢山のパーツで構成する為、デザイン画も沢山になります。

個展と同じ時期に制作が重なってしまいましたが、
幸せのお裾分けを頂き、個展仕事も不思議と捗っています。

ヘッドアクセサリーやピアスもオーダー頂き、
まだまだ眠れぬ日が続きそうですー。













次は個展作品と詳細のご案内、
そしていよいよ先行予約開始となります。

日程は6月24日(土曜日)が初日となり、
27日が最終日の予定です。

初めての6月の個展。
皆様に喜んで頂ける夏の軽やかな個展を創っていまーす。
どうぞお楽しみに―。

2 acco oimatsu

IMG_1194.JPG





posted by 2 at 22:50| Comment(0) | 衣ーfashion
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。