2010年10月05日

新月に庭を造る。

次の新月は10月7日。

知人のカリスマガーデナーが
「新月に植物を植えると良く育つ」と話していたのを聞き、
私もそろそろ庭を綺麗にしなくてはとエンジンがかかりました。

今年のような夏がこの先も続くのであれば、
夏に育てる植物を改めて考えなおさなければいけませんね。
ガーデナーでさえも、
「植物には過酷な夏だった」と話していましたから。
私も大切にしていた薔薇を、
この夏に数本枯らしてしまい、この問題は深刻。

でも今は秋の庭造りについて考える幸せな時…
ちょっと…この問題は棚上げして…ね。


そして今日までに調達した植物を、
新月の10月7日に植えようと只今レイアウト中です。

この場所は、私の仕事デスクがあるすぐ横、
毎日見る景色なので、飽きないように、
季節が変わる毎に新入りの寄せ植えを配します。
ここは同系色でまとめるルールも決めています。
1005-14.jpg

寒さに強いビーズベリー。
食べられないので鳥にも見つからない!
先日頂いた花束に添えてあった青林檎をアレンジ。
1005-6.jpg

四季咲きのプーリンダエクスタシーは定番の庭からの参加。
1005-9.jpg

秋風に揺れながらどんどん成長する千日小坊。
21世紀のラッキーカラーですよ。
1005-7.jpg

そして可愛い猫のシッポ、キャッツテールメメ。
日の当たる場所でも色褪せず、寄せ植えすると楽しい表情に。
1005-10.jpg

RIMG2879.JPG


通路のような小さな庭では、
植物を絵のように配するようにしています。
切り取ったコーナーが家具や道具も含めて絵になるように、
植物をレイアウトし育てます。
ここに住んでまだ4年ですが、
鳥が運ぶ偶然の産物も含め、
自然の絵が増えてくれる事を願ってがんばっています。

ここは"長崎の小道"
主人の実家の野草を持ち帰り、
野にあるように育てている場所。
しっかり根付いて増え始めました。
1005-15.jpg

ここはラインを楽しむ"グリーン"のピクチャー。
春にはユーカリがいい形を出してきます。
6月には足元にブルーと白の額紫陽花が咲きます。
1005-16.jpg

いつか大〜きなフラワーピクチャーを持てる場所に、
出逢いがありますように。
その時は、一日中ハンモックに揺られてサボれるように、
今のうちにもっとがんばっておかなくては!

1005-12.jpg


さあ、朝の庭仕事は終わり〜。
今日は午後から深夜までに3件の来客!
もう早、冬物の提案が始まりました。
忙しくしないように早めに準備しなくては…。

皆さま、良い一日をお過ごし下さい!
posted by 2 at 12:39| 庭ーseason