2010年10月12日

長崎くんち

写真は籠町からの出し物"龍踊り"の庭先廻りの様子。
諏訪神社等の決められた場所での披露が終わると、
このように街中を練り歩く。
お花という名前の言わば寄付を集めるお礼に、
その商店や施設の前で演目を披露する。
龍が玄関先にお頭を入れるシーン等は、
縁起がいいらしく迎える側の喜びは感動もの。
1007-14.jpg 1007-10.jpg

1007-13.jpg 1007-11.jpg  



変わってこちらは、
八坂町からの出し物"川船"。
船を曵き回す前に、
少年が魚を網で漁をする見せ場。
1007-4.jpg 1007-9.jpg

1007-7.jpg

 
そして曵き回しの場面。指揮者がここまで来いと合図。
1007-3.jpg
真剣勝負で船を鼻先まで曵く姿やスピード感は圧巻です。
1007-8.jpg

1007-5.jpg
力がかかる地下足袋には、いっそう踏ん張れるようにと、
黄色い布切れが結ばれているが、演技の途中でその布さえも、
切れてアチコチに散らばる景色もまた凄い。
その後、たった数人で大きな船をグルグルと回す。
ここで「よいやー!」の声がかかる。
(意味は、先日の日記を参照下さい(笑))
1007-6.jpg

1007-2.jpg
そして止めた瞬間のキメのポーズ!「よいやー!」(です。)
1007-1.jpg
この日も雨で、滑る地面の条件を克服しながら、
素晴らしい演技を披露し拍手喝采だった。
そしてこの演目は特に、着流しの男前が絵になる!!

その他の演目は、長崎新聞の画像でご覧頂けます。
今年は6町だけで船の出し物が多かったのですが、
来年は11町が参加。
そして7年に一回の"コッコデショ"という演目も出ます。
コッコデショはもともと大阪の"布団太鼓"を用いたもの。
来年は更に盛り上がりそうです。

【長崎新聞/長崎くんち2010年の映像】
http://www.nagasaki-np.co.jp/kankou/douga/11/index.html
posted by 2 at 10:32| 旅ーrest