2010年12月21日

晴れ着

今でも、晴れ着という言葉はありますか?

私の年代では、
お正月には晴れ着(新たな洋服)を新調して、
初詣や親戚などへご挨拶に出掛ける。というのが一般的でした。
勿論、それが着物や、お座布団、器などにも及び…、
迎春の準備にはいろいろな"新調"があって愉しみでした。

今では芸能人でさえ、
テレビの中でボロの"普段着"で出る時代ですから…。
もう死語なのでしょうね…。



そんな中、
昨日は久しぶりに"晴れ着"と呼びたいお洋服を納品しました。
この顧客様はもう8年来お仕立てして下さっています。
お仕立てにおいて、デザインモノというは究極の贅沢ですが、
シンプルなものは30着近く作られたので、
今期はデザインものをお勧めしています。

RIMG0001.JPG

2種類のウールにモール刺繍の入ったシルクを合わせたワンピース。

RIMG0004.JPG

襟元にはウールのブレードをアクセントに挟み込みました。
ポイントは袖山。ヨーロッパで流行中のとんがり袖!
肩幅をググ〜ッと中に入れてこの袖をつけます。
なで肩の方には独特のニュアンスが出せる手法です。

ボディーには似合っていませんが、
ご本人が着られるとピッタリ!とてもいいスタイルでした。

久々の大物で、納品までかなり緊張していましたが、
よくお似合いで、喜んで頂き、
仕立て屋冥利に尽きました。感無量のひとときです。


そして、この上に羽織って頂くように、
2の新作"MATOI"を創り、ご提案したところ、
身悶えして気に入って頂きまして…(笑)
2の作品として後日、この場で販売する事にあいなりました(笑×2)

RIMG0026.JPG



まずは昨日の作品をご覧ください→

…"作品"のカテゴリー"MATOI"に書きます…つづく…
posted by 2 at 16:03| 衣ーfashion