2012年12月04日

冬支度。

皆様こんにちは。

毎日寒い日が続きますね。

即効力のある体の温め方知ってますか?
足湯や半身浴ができない時は、
手首から先をちょっと熱めのお湯で温めると、
全身に血がめぐるのが体感できますよ。
冷え切った体で辛い時はお試しください。
立ち湯呑みを両手で包み込む、
あの格好も効果があったのですね!


RIMG0006.JPG

飲み物もすっかり冬のお茶に変わりました。
冷える季節は出来るだけカフェインを控え、
体を温めるHARBを主に。

RIMG0007.JPG

そして紅茶などカフェインを取る時は、
アップルタイザーのシロップや生姜を入れて。






そんなこんなの寒い毎日、
制作はノンストップ。お仕立て納品記録の近況です。

九州から戻ってすぐ、
ふんわり温かいワンピースを納めました。

これは先日の個展、mixed-voiceの時にオーダー頂いた品。
オリジナルデザインはこれ。

RIMG0858.JPG

RIMG0864.JPG

サーモンピンクの本体に、
後スカート部分のみ、
ミラショーンのチェックのワインカラーに切替えています。

RIMG0861.JPG

襟元には100年前のフランスの釦と、
華やかなブレードをあしらったデザインです。






そしてこちらが色違いの提案。

RIMG0808.JPG

ハンガーに掛けていた姿のまま創って下さいと素敵なリクエスト。

RIMG1087.JPG

ボートネックのデザインで、
ブレードは別ネックレスに仕立てる事に。

RIMG0867.JPG














そして完成。

RIMG0021.JPG

重ね着や、お帽子がお好きなお客様なので、
丈を膝まで短くして、カジュアルに創りました。

RIMG0014.JPG

後ろスカートも生地違いのヘリンボーンウールを。

ベルトも同じ個展で出品していたものを。
フランスのアンティークボタンやブレードで創りました。

RIMG0628.JPG

同じ個展出品作品の中で、
コーディネイトを楽しんで頂き、
更にご自分に逢うデザインに替え、オーダーなさるのは、
2の仕組みを上手に生かして下さる、上級者です。

この方もファッションデザイナー。
今も前線を走るご活躍ぶりですが、
ホット一息、2の作品がお役に立てるかと思うと幸せです。






RIMG0025.JPG

RIMG0026.JPG

照明は暗いまま撮りましたが、
とてもお似合いでした。

RIMG0017.JPG

ふんわりしたボートネックを見返し続きで仕上げるのは、
パターン、縫製共に、苦肉の策でしたが、
首元にふんわり温かい素材感を着せたくて、
時間を掛けて仕上げました。

開口一番、「この衿、素敵!」と一言頂いた時は、
私と母の工夫が実り一安心。
お似合いの一着を納める事が出来ました。

手から離れる前、最後に撮る写真がいつも愛おしいですが、
新しいオーナーの体が入った時、
創って良かった!と毎回思う瞬間です。



今年の冬も2人のオーダーをお受けできず、
ご提案が出来ませんでした。

最近、オーダーのお問い合わせも多く頂いております。

基本的に、
3ヶ月程の納期を見て頂ければお創り致します。
「春用の華やかなプリントのワンピースを」
「秋冬のカシミヤ混のスーツを」などとお伝え下されば、
何点か生地をご提案致します。
気に入って頂いた生地を見ながら、
体型とお好みに、暮らしぶりに合うデザインを相談しながら決めます。
その日に採寸。その後(最短で)1ヵ月後〜最長で(2ヶ月)にトワルにて仮縫い。
仮縫いから(最長)1ヵ月で納品致します。
価格は生地やデザインによって異なります。

個展の制作と重なる時はお待ち頂く事が多くなりました。
一番良いタイミングは個展の時にイメージをお聞かせ頂けると早いです。
また、縫製を担当する母に大物のドレスが入っている時は、
少しお時間を頂きますのでご了承下さい。














matoiやbag、matoi-isuのオーダーも、
お問い合わせが多くなってきました。
大変ありがたい事ですが、
こちらは全てお任せとなります。
季節感、色のイメージ、サイズなどをお伝え下されば、
数点お創りしてご提案致します。

個展時にお聞かせ頂ければ、
(最短で)2ヶ月ほどでお創り出来ると思います。

今日は、matoiのオーダーを頂いたお客様へのご提案の日です。

ちょうど、
中目黒のMen's Shop goroutaへの
otoko-matoiの提案をするタイミングと重なったので、
数点お創りしてみました。

goroutaからの希望は巻きやすい幅の薄いもの。
メンズなので上質の生地という鉄則と華やかさも加えます。

そして女性のオーダーのお客様からのキーワードは「赤」。
秋冬のシックな装いに赤を挿したいとのお話から、
数点のご提案です。

RIMG0057.JPG

RIMG0058.JPG

RIMG0055.JPG

RIMG0056.JPG

RIMG0052.JPG

RIMG0054.JPG

RIMG0049.JPG

RIMG0051.JPG

RIMG0046.JPG

RIMG0048.JPG

(ほかに数点創っていましたが写真も撮らずに販売してしまった…)
このようにオーダーの仕事はお受けしています。
皆様、どうぞお気軽に、
納期は気長にお待ち頂けると大変助かります。
また、受注、ご来社は、変わらず、
知人、紹介者のみとさせて頂いております。





作品を通してのご縁、
今後も楽しみにしております。

RIMG0060.JPG

posted by 2 at 11:17| Comment(0) | 衣ーfashion
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。