2013年02月09日

Iwata Hiroshiの事。

RIMG1578.JPG

岩田浩史兄貴は、
私の義理の兄のミュージシャン仲間であり親友でもある事で、
今日まで親しくして頂き、想い入れのある方です。

以前、私と同じ大病を克服され、変な仲間意識もあり、
ライブで会うたびに、
「お前、酒吞んで大丈夫か?」「薄めてるから平気です」
「兄貴、タバコ吸っていいの?」「ポケットに薬入れてある」
等とお互いに言い訳しながら音楽談義する日が何度もありました。


そんな兄貴が、2年前にまた病におかされてしまい、
闘病復帰から1年後に昨年のバースデーライブ開催となり、
それはそれは多くのミュージシャンたちが応援に駆けつけ、
素晴らしいステージだった記憶も新しく。
そして快復を祈る日々の中、また今年もバースデーライブを
重ねる事ができ、生きる力の強さや意味を考えさせられる日でした。


現在も尚、厳しい闘病中ですが、確実に熱くて有意義な人生を、
踏みしめて歩いている人です。

そして音楽の意味とか、
音楽家が人の為にどれだけ素晴らしい事をしているのかを、
実感し、目に見えない芸術って凄いなあと。
ぼんやり暖かくなりました。
何より、私は浩史兄貴のお洒落に関する執着が大好きで、
具合が悪くても素晴らしくスタイリッシュで、
ファッションっていう活力の永遠さも感じて止まないのです。



あたりまえに来年の今日が来ない事。

ちゃんと空を見て地を踏みしめて、
自分の人生を優しく生きたいと思うばかりです。

岩田浩史のユニットのHPの中に、
その日の記録があり、2曲聴けます。
是非、ご覧下さい。

http://www.brush-picks.com/blog/archives/000205.php

RIMG1597.JPG
posted by 2 at 14:03| Comment(0) | 音ーmusic
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。