2013年07月14日

盛夏ワンピース受注会




盛夏物のお仕立て受注会が始まりました。

RIMG6054.JPG

私へのオーダーは、
お客様から「黒が欲しい」「黄色が欲しい」「プリントの…」「なんか楽しい感じの…」
「そろそろ夏物を…」等の、なんとなくを伺い、いろいろと準備します。

既製品を買う時の出会いのような事を、誂えでも味わって頂く為に、初めから型に嵌めずに、聞き過ぎないようにしています。
それは、仕立て屋家業の家に育ち、素材が持つ、限りない可能性や魅力を知っているからかも知れません。

特に無地のオーダーはとても難しい。
一生ものになるであろうオートクチュールは、つまらない無地を着せたくないという信念があります。
かといって、解りやすい華美なものを仕立てると間違いなく老けます。

それでいて、さりげない生地は、提案時の説得力が弱いけれど、高級。笑。

思い描いたイメージと模索の連日を経て、お顔に映えるオンリーワンがマッチした時は、両者何故か幸せに。ありがたい天職だなあと実感の時。




勿論、プリントやジャガードの、ぶっ飛んだ生地にも脱帽する事しきりではありますが、今日は無地のお話を。














この日は「黒」のオーダーに、5セット程、ご提案し楽しんで頂きました。
オンリーワンには、ニットに穴を開けた加工のパネルの珍しい生地を。
写真には写せませんでしたが仕上がりの時にでも。

そしてこちらも。

RIMG6092.JPG

オパール加工で、あちこち抜いたグレイッシュなプリントに、
シャリ感のある黒のリネンを切り替えてデザインを。
仕上がりが楽しみな一品です。











こちらは、水彩画がご趣味のお客様の為に提案したコーナー。

RIMG6061.JPG

RIMG6069.JPG

個展に出品した定番も含め、絵画のような生地を集めました。

RIMG6071.JPG

生地って本当に凄い。
世界中で素晴らしい生地が、日々続々と創られている。

RIMG6060.JPG








そしてこちらは、
今、相当に嵌っている薄手の生地。

RIMG6078.JPG

長年、面を出す生地ばかり好みで使っていましたが、
このところ何故か繊細な生地に魅せられています。
最近、資料館で見た、古い時代の映画や、
NICOが生きた時代の写真集の中にそれを見つけた事に
影響を受けたのだと思いますが、
パンキッシュなボディーにエレガントな布を纏うギャップに
人間味が見え隠れする瞬間に、興味を持っています。

薄地は縫製技術や裏側の工夫も要するので、
時間が掛かりますが、新しい試みに興奮する毎日です。

RIMG6058.JPG

RIMG6059.JPG

こんなに繊細で美しい生地を、
どうやったらカジュアルダウンできるのか、
そこを、生まれて初めて楽しんでおります。
秋からの個展に、乞うご期待。
(な〜んて♪♪自分でハ−ルドあげてど−すんの♪♪)













生地のご提案と仮縫いの時は、ほぼ食事の用意が出来ません。

セッティングが終わって残り1時間。

RIMG6097.JPG

HOME PARTYの時と同じように、盛り付けの絵と、
買い物リストを書き込んで前日にスタンバイしておきます。
これが、私のドキドキ回避法です。
この後、食材を買いに走りましたが、
勿論、お料理などできず、酷い手抜きのもてなし。

RIMG6112.JPG

RIMG6111.JPG

RIMG6109.JPG

酷すぎて写真も落ち込んでいます。はい。





それに引き換え、丁寧なお客様からのお土産。

RIMG6100.JPG

新潟の越乃寒梅は珍しい金無垢ラベル。
そして自家製の虹色トマトを竹篭に入れて!
大きなホールのタルトポワ−ルも。


ああ、反省。
前日まではELLE DECOのようなテーブルを妄想していたのですが…。
穴があったら入りたかった。
なかなか行き届きません〜。ううう。









でも、そんな私の反省はよそに、
本業のほうでは、大盛り上がり!!!!
お食事どころではなく、ワンピースのご提案で、
皆さんと、てんやわんやの試着、妄想の豊かな時間に。

RIMG6072.JPG

大人気だったこのワンピース。

例えばそのままのシルエットだと、

RIMG6105.JPG

2のスタイルに。

そしてお好みに修正すると

RIMG6106.JPG

その方の表情に。











そして、

RIMG6073.JPG

こちらも、大人気だったワンピース。


それぞれのオンリーワンを、
私まで興奮するほど楽しい時間で、何着も見初めて下さいました。

RIMG6103.JPG

私物と合わせてコーディネイトなさるニットデザイナーの
TK-sama。さすがの上級者♪♪着て来られたみたいでした。
お会いするたび、新調なさるお帽子も私の楽しみに。

この後、matoiのコーディネイトまで提案させて頂き、
ワンピースに合ったmatoiのオーダーを始めてさせて頂く事に。
新しいオーダーの姿と発展。



そして「だんだん2のカラーに染まっていくわ♪」と、
華やかなプリントにチャレンジして下さったKK-sama。
主を待っていたかのように、
素敵に着こなされ、洋服が活きました。

とても嬉しかったです。



お仕立て上がりが、とても楽しみな受注となりました。
さあ……?! 9月の個展…できるのかな…なーんて。ね。汗。






受注会はまだまだ続きます。

連日の猛暑、皆様、お体をご自愛下さいませ。

私は暫く、涼しい母のアトリエで仕事をしま〜す。
植物が全部死んでしまうかも!!!!!

そして、今日はこの週末から立ち上がった、
TRADING MUSEUM comme des garconsでのイベントへ。
iggy popとのインスタレーションなど見に行きます。

上のcollecthiom画像は、
枯山水を模した構図だそうで、
3.11.以来、ミュージシャンに限らず、
世界のデザイナーまでもが、日本の考えてくれているような気がします。

私もがんばらなくちゃ。
9月の個展に力が入ります。

いつも沢山のアクセスを励みにしております。
皆様、ありがとう!ありがとうございます。



posted by 2 at 13:29| Comment(0) | 衣ーfashion
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。