2013年10月25日

SHIME&NISHIUMI



久しぶりに師匠の事を書きます。

昨日は下北沢のLOWNへ、弾き語りの師匠SHIMEと永年の相棒である西海孝さんとのライブを聴きに行きました。

制作の緊張から解かれ、心を開いて音楽を聴くのは久しぶりでした。

どうして行ったのかというと、
上に貼ったyoutubeの曲をここ数か月ずっと聴いていて、
子守唄にしているからで、この曲は師匠だけでは歌えないらしく。
相棒のたーくんがいないと成り立たないそうで、この日楽しみに。
前日、リクエストをして楽しみに出かけて行きました。
素晴らしいたーくんのソロで終わる曲も珍しく。
原曲、ザ・バンドの歌う曲より今は聴きなれてしまった。

そして、この一週間、様々なライブに行こうと決めて動き始めたのは、
もう一つ理由が。

このところ、訳あって、制作を休んでいるので、昼間に呑気にテレビを見ていたら放送大学という番組で
音楽は聴くと脳に影響がある事を科学で証明したというような内容の授業を偶然見た。
しかも、クラシックのような五線紙に用いられた規則正しい音階の音楽を好む人と、ビートルズのような音楽を好む人とでは脳の感覚が違う。などという興味のある講義内容を。

もっと深く話が進むと、譜面になるような音楽を好む人の性格や、
そうでない人の性格などまで分析し、更に、そうでなければ、その上でいい演奏もあり得ないと、
性格(脳の構造)ありきで音楽の才能や取り組む姿勢などを紐解く内容だったので嵌った。

私は、知り合ったばかりの人に「どんな音楽を聴きますか?」と聞く癖がありますが、
ファッションしかり、食べるものしかりですが、
中でも、音楽の好みが近い人とは、無条件に仲良くなってしまいます。
ただの共通の話題が増えるからかと思っていましたが、この講義によると、同じ脳の構造を持ち、同じ様な思考の持ち主とも言えるそうで、あながち私の判断もそんな背景があったと納得したのでした。



そして、講義は更に深まり、好みの音楽でない環境に身を置くと、イライラし、
好みの音楽を聴くと、心が落ち着き、自分のコントロールではないところで感情が沸き立つらしい。

ここまで知ると、ライブに行くしかないなあと、ふと、また水を得た魚になってしまったというわで。

とても楽しい夜となりました。









暫く生地を裁断しなくていいので、またギターを毎日5時間近く弾き始めました。

この曲を今練習しています。来年春の発表会もまた、下北沢のLOWNでありますが、
昨日、マスターから、「11月枠でお店で歌ってみませんか?」と言われ、口から心臓がでました。
「師匠にOKを貰ってからいつか是非。」と言ったら師匠が「歌いなさい」と…。
勿論、謹んでお断り致しましたが、 笑。
いつかそんな夢を叶える日も来るように、来年は歌わせて頂けるように、音楽もまた頑張りたいと思います。






師匠と西海たーくんに挟まれての帰り道。
大切な音楽の話をいろいろと伺ったり、三者酔っ払いで笑い転げたの楽しい時間を、感謝して夜が更けました。

折り返し地点の歳が迫っては来ましたが、
まだまだ叶えたい夢に向かって、健康でいられるように活き活きと暮らして行きたいと思います。

こんな話を改めてする事もきっと、
音楽に動かされ、幸せになった脳の仕業なのだと思います。笑。





皆様も音楽を聴いて下さいね。

これは、携帯でも、パソコンでも使えるアプリです。

http://musicovery.com/

i-phonからは、アプリ検索でmusicoveryをインストールすると早いです。

私も、知人に教わってから気に入っているものですが、
好きなモードの位置にカーソルを合わせると、
ずっと静かな曲を聴きたい時にもテンションが変わらずいいですよ。

そして、ジャンルをRock、Fork、などと選ぶと勝手にアレンジして鳴らしてくれ、
更にジェネレーションのところで、70’や現代などをセレクトすれば、もっと好きな曲に絞り込めます。
JANGO RADIOのように、アーティスト選択も勿論できます。

マイフェイバレットは、
モードセレクトは、時計でいうと8時の方向、短針の先あたりをクリック。
ジェネレーションは70’オンリー。
ジャンルはROCK。時々プラスFORKかな。

お試しくださいね。







久しぶりに音楽の話をしました。おやすみなさい。
posted by 2 at 02:48| Comment(0) | 音ーmusic
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。