2014年02月04日

沖縄・カチャーシー。躍りました。



そして、一気に書き上げております沖縄の記録。
これで最終です。

この旅で、一番楽しかった二日目の夜。
レストラン、北谷ダイニングでのカチャーシー。

「沖縄行って、踊れる機会があったら絶対踊れよ」と、
行く前に、主人から強く言われていましたが。
まさかそんなテンション上がる事もないと思っていました。

この北谷ダイニングでの夜。

お店の半分は観光客10人。

そしてもう半分には、昨日結婚式を挙げたという、
島人の本人カップルと親族20人ほどの宴席。


RIMG0192.JPG

この店は、夜にライブが入るのですが、
その島人の人々の盛り上がり方が半端なく、

どの曲にも合いの手を打つ場所があると、
子供も大人も、話の途中に「アーヨイサー」
「ヨイヤーサッサー♪」と大きな声が出ます。

音楽は、私も姉も大好物。
いい感じだねえとお酒も進みます。
他の観光客の方は大変大人しくしておられたので、
この親族がいなければ、こんな経験も出来なった事でしょう。



そしてテンポの速い曲になった時、
花嫁さんが急に踊り初めたと思ったら、

おじいも、おばあも、みんな立ち上がり、
舞うわ、歌うわの多大騒ぎ!!!

RIMG0191.JPG

朗らかに、普通に、皆さんの自然体にビックリ。

大好きです!この文化!!
なんと、幸せな宴席なんだと思っていたら、
花嫁さんに、手招きされて…。

気のためらいもなく、すううっと立ち上がって、
幸せな舞に参加しちゃいました。

RIMG0193.JPG

同じ阿保なら…ですね。

カチャーシーの説明は初めにあり、
天高い窓を、開けたり閉めたりするとの事。
皆さん、本当にお上手で、それぞれのかたちもあり、
特に、おばあの踊りには見入りましたあ。

楽しい楽しい、呑気な旅の記録。
観光もせず、ただ、ホテルと温泉で、
引っ越し第一弾の疲れを取った姉妹でした。

この後戻ったら、今度は親の引っ越しに10日間。
(まあ、この後、とうとう力尽きて体を壊すわけですが…笑。)


お土産も、隣接のイオンモールで、
地元の食材や調味料など買って…。
東京で、今もいい出汁をとって、心、沖縄に。





お兄ちゃんからの贈り物の今回の旅。
いろいろな経験が出来ました。

沖縄の印象は、美味しい。この一言です。
ホテルと、北谷ダイニングの味付けが素晴らしく、
只今、思い出料理の研究中です。

RIMG0184.JPG

ミミガ―は、
豚の耳。

RIMG0185.JPG

ジーマーミーは
ピーナッツ豆腐の事。

RIMG0187.JPG

フーチャンプルーは、
ゴーヤちゃんぷるのゴーヤを車麩に変えたもの。
最高に嵌りました!

RIMG0190.JPG

そして、チビテー?だっけ?
豚足の煮つけ。
翌朝、お顔、ぴかぴか。



楽しかった沖縄。
学んだ事は、車なしでは動けないという事。
そして、縦に動く事は遠くて無理。笑。
次は、読谷、ゴザなどへも行ってみたい。
そしてやはり、宮古、石垣を訪れて、
あの平屋の暮らしぶりと、牛さんに揺られる姿も夢見ております。

そして、とても残念だったのは、
器をどうやっても変えなかった事。おちょこ一つでもと努力したのですが、
気に入るものがありませんでした。
伝統技法を用いた、
現代の暮らしあうものをもっとモダンな作品に会いたかったです。
先にも書きましたが、産地を変えて、また勉強したと思います。



唯一、感激したものは、
琉球漆です。

東京では見かける事も少ないものですが、
棗や、お重等、素晴らしい技法と色でした。

忘れないように、精一杯のお小遣いで、
記憶に残すよう、サンプル買いしました。

RIMG0301.JPG

RIMG0302.JPG

RIMG0305.JPG

RIMG0306.JPG







駆け足で書き上げましたので、
誤字脱字を追いかけて訂正します。

長々と、読んで下さり、ありがとうございました。





次からは、やっと、仕事ブログに戻ります。
体は本調子ではありませんが、
12日から、暫く、いよいよ京都の産地へ入ります。
posted by 2 at 14:34| Comment(0) | 旅ーrest
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。