2017年04月25日

もうすぐメトロポリタン。Rei Kawakubo/Comme des Garçons:Art of the In-Between

Rei Kawakubo/Comme des Garçons:Art of the In-Between
http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2017/rei-kawakubo



Rei Kawakubo: A Punk’s Pain

Rei Kawakubo | Photo: Paolo Roversi コピーライトマークComme des Garcons 2016
On the eve of a major retrospective at the Metropolitan Museum of Art, the radical and reclusive Comme des Garçons designer talks to BoF’s Tim Blanks about the pain of constant creation and the impossibility of stopping.

PARIS, France − “In a way I do feel like I’ve got myself into a trap.” Rei Kawakubo hesitates, absorbed in thought, troubled. “But I can’t stop.”

Troubled? Maybe tortured is closer to the truth. Talking about her work has never come easily to Kawakubo. Her notorious reticence now seems like the truest complement to the difficulty of the work itself, the business, Comme des Garçons, which she started in Tokyo nearly half a century ago.

It was initially a pragmatic means to an end. Kawakubo was supporting herself by working as a stylist, but she couldn’t find any clothes she wanted to use on her shoots. So she decided to design her own. “I established the company on the premise of trying to always find something that didn’t exist, something new.” That has been the kachikan − the underlying value system or soul − of Comme des Garçons, for 48 years. And it has been Kawakubo’s struggle for almost as long. “Because I’m the kind of person who decides something and sticks to it, I started with that premise and carried on, and through the doing of it, without wavering from the kachikan, it became more difficult. The more I did it, the more people expected it, and the more experience I had, the harder it was to find something. But I could never change that thing, because then it wouldn’t be Comme des Garçons. I had no idea it was going to be like that. I didn’t say, ‘I’m going to have a career that gives me lots of suffering and pain.’”

Rei Kawakubo loves punk. Scan her career and the punk spirit of DIY defiance crops up over and over again. So it’s a part of the essential paradox of Comme des Garçons that she has stuck so hard and fast to the rules of the fashion industry. Season after season, decade after decade, she has shown a collection for spring, a collection for autumn; womenswear and menswear. And it just gets harder. She of all people could break the mould, like her peer Azzedine Alaïa. Show when she wanted, maybe even drop a season if she so desired. But Kawakubo is convinced that if she stops, she’ll never be able to start again. “I’ve never see a person who took time off and came back even stronger than they were,” she says. “That’s definitely true with fashion.” Besides, she insists, the diktat of the fashion calendar is a necessary discipline for her. “Next time, next time… if I don’t keep asking myself when I have to do the next one, then I won’t be able to do it.”










On this particular morning, in the Paris offices of Comme des Garçons, Kawakubo is attended, as always, by Adrian Joffe, her husband of 26 years and president of the company. Clearly sensitised to her hesitant, muted mode of speech, he is her translator. And, like all those who are close to Kawakubo, he can confirm that the creative process is acutely painful for her. The pain only subsides when she is actually making something. “That seems to be the way it is,” she agrees. “I’m never sure, even up to the minute before the show, how it all hangs together. There’s never a moment when I say, ‘OK, I’ve done it.’”

Maybe it could never have been any different. Quick, choose three words that define Comme des Garçons. Mine would be: zero, new, freedom. Zero is where Kawakubo always starts in her pursuit of something new, something that doesn’t already exist, and freedom is obviously necessary for her quest. But freedom has two faces − freedom from and freedom to, the burdens attached to both defined for the ages by the influential psychoanalyst Erich Fromm, whose masterwork “Escape from Freedom” rings as true now as it did in 1941 when he wrote it under the stormclouds of Nazism. For Fromm, freedom was identical with doubt, and genuine free thinking provoked anxiety. Obviously, he never met Rei Kawakubo, the most free-thinking of all fashion designers, but she certainly embodies his theory.

Kawakubo’s most immediate source of anxiety is “Art of In-Between,” the exhibition which opens at the Metropolitan Museum of Art in New York on May 4. It’s only the second time in the 70-year history of the museum’s Costume Institute that there has been a show dedicated to a living designer. And it’s the first time Kawakubo has agreed to put her name to such an endeavour. Why now? “Good timing,” she replies succinctly. More of that later.

She’s never had any interest at all in revisiting her past, so the thought of a traditional retrospective was anathema to Kawakubo. When head curator Andrew Bolton originally approached her, she wanted the exhibition to focus only on the past four years, the eight collections she has shown for women since Spring/Summer 2014, when she changed everything for Comme des Garçons. At the time, Kawakubo had hit a wall. Going back to zero yielded no dividend. She craved an alternate consciousness, any consciousness as long as it wasn’t hers: outsider artists, autistics, schizophrenics, psychonauts… “How do I get out of my head?” she demanded of Joffe. The option of making herself mad not being a particularly viable one, Kawakubo came to this conclusion: I won’t even try to make clothes. “Not Making Clothing” was the name she gave that Spring/Summer 2014 collection. Not making “clothing” is what she has been doing ever since, with a procession of shows that have subverted to transcendent effect the familiar forms and functions of fashion. “It was the only way I could continue to do what I wanted,” she insists.










By that same token, it was the only way she could imagine doing a museum show. “But the whole thing developed further from that and became something a little different,” Kawakubo concedes. “I was not so happy at first. I never wanted to do a retrospective, and it ended up like that. There was give and take. It’s a Met show for Comme des Garçons, not a Comme des Garçons show at the Met. Compromises were made. The most important point was we finally agreed to compromise on showing old things.” The deal that was struck was that Bolton would get to curate his “old things,” Kawakubo would get to create a museum exhibition “in a way it’s never been done before. I didn’t want to show clothes in someone else’s space.”


“I never know at any given time whether I’ll even be able to do the next collection. It’s very painful.”

The essential publication that accompanies “Art of In-Between” features some tantalising renderings of Kawakubo’s maze-like exhibition space in its virgin state. It illuminates the concepts of mu (emptiness) and ma (space) defined by Bolton in his introduction as fundamental to Comme des Garçons, along with the idea of wabi-sabi, the Zen Buddhist appreciation of asymmetry, irregularity and imperfection. When he outlined these lyrical parameters at a preview of the exhibition in Paris in January, I assumed Bolton was channeling Kawakubo. “I understood most of what Andrew said,” she counters. “Some I agreed with, some I didn’t. I knew from the process of working with the Met it would be like that. The point of the curator is his interpretation which we allowed him to have. We trust in him. He trusts in us.” She once said she preferred the notion of “conspiracy” to “collaboration.” “To go underneath and turn something upside down” is the way she described it to me. In the book, there is a transcription of a conversation between Kawakubo and Bolton that offers some stimulating insight into the extent − and the limitations − of their conspiracy.

You can only imagine the to and fro. Kawakubo would be a formidable combatant. And that’s why her insecurity is such a surprise. “Are you sure people who don’t know Comme des Garçons will come?” she wonders about the Met show. “I don’t expect anybody to come.” I remind her of the massive turnout for the museum’s Alexander McQueen extravaganza. “Didn’t they know McQueen more?” No, not at all. On my visit, I’d talked to an elderly couple from Hawaii who’d been drawn in by the museum and entranced by the exhibition. And so it will surely go for Comme des Garçons. “A new audience?” Kawakubo muses. “That might be the point of doing it at the Met. I would hope to teach some of those people a new aesthetic, that there are different ways of looking at beauty, other values that can be valid.”

There’s a similar tentative note when she talks about her last show, “The Future of Silhouette,” in which sculpted shapes, simultaneously primordial and futuristic, moved warily around a raised pink stage under artfully strung spotlights. It felt more…theatrical… than Kawakubo’s usual presentations, which are resolutely floor-level with no extraneous flimflam. Joffe explains that more people wanted to come because of the Met, and that necessitated a stage, so that they would all be able to see. Kawakubo reluctantly complied, but made sure the stage was an original shape (triangular). And pink, “to make it more beautiful.” And, 10 minutes before showtime, she instructed her models to use the whole stage, “to be aware of each other, have some communication. You can’t really express much when you’re just walking up and down.” As usual, just what that expression might be was refracted through a multitude of interpretations. “Was it a good meaning?” Kawakubo flickers uncertainly. She has no idea. “I never know if the last one’s been successful till I start the next one. It’s very hard for me to judge. I never know at any given time whether I’ll even be able to do the next one. It’s very painful.”

Pain, again. That may well be the condition of an ethos which took shape in the uncharted zone of the “In-Between.” Bolton’s curation is a set of polarities: Fashion/Anti-Fashion; Design/Not Design; Then/Now; High/Low; Self/Other; Object/Subject; Clothes/Not Clothes. Any effort to reconcile them is sufficient to simulate the anxiety that has maybe underpinned Kawakubo’s career from the start. Inevitable really, when her company, founded on a quest for financial independence, was always a delicate balance of her wants and needs, of creativity and commerce.

“It’s a contradiction,” she acknowledges. “I want to give myself the freedom to always find something new but at the same time, I want to have a successful business where I can grow and pay the people and look after the factories and get more staff.” So the impossibility of stopping is not just about disappointing people who expect − who need − her vision. It’s also about her commitment to the spiritual and physical wellbeing of everyone who works for her. More of that essential paradox: the radical vision hand in hand with one which is traditional, maternal. She could be “Mamma Rei, the matriarch” if it weren’t for her antipathy to any conjecture that is gender based. (When I ask if the pain she talks of might be connected to a particular female creativity − the pain of giving life? − she says, “I don’t think it’s any relation to that. There are lots of men who give birth to ideas.” Her business is comme des hommes.)

So maybe I’ll cast Kawakubo in a more tribal light, something along shamanistic lines. It suits the spiritual dimension of Comme des Garçons. The most profound polarity is Life/Death. Spirits move in the space between them. According to its folklore, Japan is one of the most haunted places on earth. Every human being houses a reikon, a powerful spirit which is released at death. This digression on my part unsurprisingly gets short shrift from Kawakubo, but I still feel there’s some subliminal connection with the “Art of In-Between.” It’s in the way she works, not there in front of you, but somewhere behind, somewhere around. Ghostly.

The audience for “Art of In-Between” will undoubtedly include thousands for whom Rei Kawakubo’s insistence on her fundamental ordinariness will seem perverse in the context of her extraordinary body of work. She would hardly be the first artist who was preconceived by her art. But you can glean a reassuringly human portrait of the woman from decades of commentary. She loves animals and architecture, good food, travel, hot springs. Her fondness for movie directors like Tarkovksy, Angelopoulos and Pasolini − complicated, dark − isn’t a surprise. Her love of slapstick humour is. She likes to read biographies. “She’s almost interested in politics,” adds her husband. And Kawakubo’s respect for tradition, her admiration of authenticity are obvious in her love of uniforms, which has been a constant in her collections. She’s created her own uniform pieces too. The Aoyama bag has been on shelf for 20 years.

And yet, each new season is Kawakubo’s invitation to agony as she sets herself the impossible challenge of exploring the in-between yet again. “Someone trying to measure infinity” was journalist Robin Givhan’s memorable summation of Kawakubo. Which raises the urgency of time, the issue of ageing for a designer in her mid-seventies at the helm of a multi-tentacled business that generates revenue of over $280 million a year. There are now more than a dozen collections that carry the Comme des Garçons label, along with the burgeoning multi-brand retail business Dover Street Market. “We’ve been growing so quickly the last few years,” says Joffe. “The only way to grow is horizontally, because Rei is very aware that the market is limited for the main line.” He also believes the other brands, the other designers under the Comme des Garçons umbrella − like Junya Wantanabe and Noir Kei Ninomiya − will ensure the company thrives into the future, even as he knows there can never be another Kawakubo.

Meanwhile, she still has her eye on every detail of her empire. If she has given the designers in her stable creative freedom, she is engaged in every other element of their strategies. But, Joffe says, she is also preparing for a world without Rei. Met show notwithstanding, her own legacy matters less to her than the future wellbeing of her company.

But still, there’s that answer she gave me: “Good timing.” You can appreciate Kawakubo’s nervousness about “Art of In-Between.” Swansong? Lifetime achievement gong? No. The impossibility of stopping, remember? She has spent decades raising people’s expectations, then torturing herself as she tried to meet them. As one definitive statement about exactly what it is Kawakubo’s been doing all these years, the Met show functions as a glorious exercise in expectation management. Perfect timing. If it’s impossible for her to stop, she will at least now be free from... Hopefully that will make her free to... The trap opens.


The Business of Fashion(より転記)
By Tim Blanks
London, 25 April, 2017
************************************************


今日一日、無事で過ごせるのでしょうか。
5分以内に地下に避難できますか?
毎日、どこかで戦争が起こり人々が殺されています。
家族が死んでしまう恐怖を、自分の手足がもがれても生きて行く恐怖を、
何にも置き換えず創造してボタンを押し合わない社会を願い続けます。







敬愛する川久保玲が創るcomme des garçonsの展覧会、
Rei Kawakubo/Comme des Garçons:Art of the In-Betweenが、
もうすぐメトロポリタンでスタートします。
インタビューを受ける事の少ない川久保さんや、特集記事を載せる事も珍しいので、
今日はいろいろな事を想い、メッセージの転記と自分の事を書いてみました。




*******************************

仕立て屋の娘に生まれ、上品な花柄のワンピースで育った私が、
初めて自己の精神とマッチするファッションに出会ったのが16才の時。
ファッションビルの中で何にも媚びない空間に、説明もなく、
ボロボロに朽ちた布やニットを、女子とも男子とも体の線を見せないビッグシルエットに創り、
その得体のしれない物体が吊られた光景。
メッセージを知りたくて店内に入るも接客に笑顔も雑談も一切なし。
「私のような者が試着させて頂く」といったムードの中、
袖を頭をあらゆる穴から出すと、その先には初めて見る強い自分が居た。

comme des garconsを着て34年になる。
一度のコレクションも退屈に思った事はなかった。

永年「興味ある洋服のデザイン」であったが、ご縁あって、
92年に企画パターンナーとして川久保社長本人に指示を仰ぐ制作過程の内部を経験した。
発見、構築、緊張、興奮の連続は毎日漏れなく明方6時までの仕事に及んだ。
全員タクシーで帰宅、シャワーを浴び、着替えて9時にはもう事務所で社長のトワルチェックを受けていた。

今思えば、全てのコレクションブランドのインナーに位置するローブドシャンブルには、年間を通して、コレクションの狭間がなく体も気も休まる期間がなかったのだ。記憶が確かなら、メンズもベビーも携わっていた。
私が居たポジションで長続きした人が居ないと聞いていたので、短期間でドクターストップを受けた事は今でも悔やまれる。
内臓の傷みなら在籍を続けただろう。しかしあの朝は目の視神経が切れて「ここから先一ヶ月目をつむっていないと見えなくなりますよ」と宣告を受けたのだからどうしようもない瞬間的離職だった。

それ以来ずっと私は、敬愛する川久保玲の哲学の中で生きて来た。
今や、難しくデザインされた洋服など好きではない。
「選んで着る自由」というメッセージにも苦笑いしながら毎シーズン袖を通してはみるものの、即転売する自分の自由も考えている。

「パーソナルな高級婦人服の誂え」と密接していた幼少期、思春期。
「外観的ファッション」の業界に身を置き、衣類を造ってきた20代30代。
「内面的生活用品」を業界で構築してきた30代40代。
そして今、
「ファッションは哲学」「暮らしは美学」
という考えに行きつき、
何を生み、どんな空間で暮らすのかを模索する毎日。













世界には素晴らしい素材がある。
未だ言った事のない各国の手で創られた素晴らしいもの。
年代を超え美しく残ってくれた先人のメッセージ。
私の手に必然的に集まったそれらのモノガタリの欠片に耳を傾け、
新しい世界を構築するのに興奮の日々。

これが私の仕事です。





もうすぐ【2 acco oimatsu】の仕事や暮らしに焦点をあてた特集が発表されます。
30年間森英恵さんと仕事を重ねてこられたスタイリストであり、多方面でもご活躍中の素敵なお御所、
Maxine Van-Cliffe Arakawa様に【2 acco oimatsu】を紐解いて頂いた内容となるようです。
こちらのフェイスブックでは予告で2での撮影一コマが紹介されています。
https://www.facebook.com/Maxine-Digital-Magazine-271447346201801/

正式なUPはこちらの、
maxine digital magazine
で、間もなくとなります。
前号の特集はDolce & Gabbana
こちらからご覧頂けます。
http://www.maxinedigitalmagazine.com/

Ms.Maxine から受けた撮影、インタビュー、コーディネートの全ての視点は、
これからの私のエールになると思っています。

2 acco oimatsu








*次回コレクションは6月後半、アトリエでの開催予定に変更しました。

前回のブログを書き終えた頃から仕入を始めたところ、
素材の素晴らしさに高揚し、
個展後記を書かずに失礼しております。

連日、沢山のアクセスを大変ありがとうございます。
posted by 2 at 11:53| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年03月16日

明日からアトリエ展スタート

皆様。

もう今日ですが、
沢山の方々に来て頂ける喜びを噛みしめ、
眠れずに準備をしております。

どうぞ作品を、お庭を、
ゆっくりお愉しみ下さいませ。

今回は自身が手掛ける布製品の他に、
有田からの美しい器の数々、限定数のアンティーク。

IMG_0006.JPG

春のテーブルに深みのある華やかな上質の器。
お料理を創造させてくれる素晴らしい品です。
私はキミドリの洋皿シリーズを使う予定です!
市場にはないですよー。2の為にほんの数個づつ創って頂きました。
本当に痺れます!!!













そして今日までお知らせできませんでしたが、
2 snacksより、
ポムドテールとのコラボ商品による第二段のおやつが登場。

今回はあのスコーンを想い出す、
胡桃のキャラメリゼをゴロゴロ入れたクッキーを創りました!

IMG_0077.JPG

考案から試行錯誤の数か月、
ママさんは品質を、私はデザインをと、

IMG_0089.JPG

IMG_0084.JPG

其々に手塩に掛けて仕上げた、それはそれは美味しく、
美しい、贅沢なお菓子が出来上がりました。
きちんとパッキング出来る缶に、
分厚いクッキーを個包装したものが8枚。



赤缶。限定40個

IMG_9326.JPG

黒缶。限定10個(初日限定販売)

IMG_0092.JPG

なんと、豊潤が香りで贅沢なエシレバターを使用しています。
皆様、どうぞお楽しみに―。





明日は、お庭から、、玄関から、、
どうぞお好きな場所からお入りくださいませー。

なんと!
ミモザとクレマチスの共演です。
ミモザはこの寒さで残ってくれて、
クレマチスは一生懸命、追い付こうと咲き始めています。

花壇には、ラベンダーや大好きなオレガノが。
永年、お世話になってるエストガーデン様のプロデュースのお陰で、
素晴らしいお庭が春を迎えています。
冬の間、一所懸命手入れした成績表がどんどん開き始めています。










IMG_9579.JPG

皆様、今日まで応援ありがとうございました。
さあ!いよいよ本番です。
逢えるの嬉しい!!

2 acco oimatsu
posted by 2 at 03:09| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年03月06日

皆様に行き届きますように、、




皆様にご予約を頂き、
初日から皆様のお顔と作品と照らし合わせてみました。

いつもながら、やはり布製品が全く足りず、、、
前回までは沢山オーダーを頂き、後納致しておりましたが、
今期は沢山個展を開催する予定なので、次の仕込みも始まっておりまして、今この時に、ご期待に応えたいと、お好みが重なる事を創造して、
トレンドの檸檬と

IMG_9828.JPG


マゼンダを少し増やしました。

IMG_9826.JPG












マゼンダはさすがに6年以上流行色である為、
日本にも沢山いい生地が入っておりますが、
檸檬はなかなかいい生地がありません。
私の作品の場合は、その檸檬をトーン違いで縫い合わせる為、
一種類だけでは足りず、何種類もの相性の良い檸檬を何年も集めて待っていました。
ヨーロッパの生地染めの発色は素晴らしく、
全てのマッチングが整った時には気持ちがスーッとします。









そしてこちらが檸檬の追加分。

IMG_9820.JPG

庭のミモザを見ながらどうしても檸檬色の作品を深めたかった。


今期の素晴らしいCHANELツイードが手に入りました。

IMG_9821.JPG
メタル糸を使ったツイードは初めて見る素晴らしいものです。

1mの価格で高級ホテルに2泊できますよ。笑。

私の本望である「上質を普段着に」のプランでもありますが、
matoiはその生地を少ししか使わず構成しますので価格は洋服のようにならず、
それでいて大判のストールなので身に纏える洋服のようになります。

軽やかで美しいLINTON社製のシャネルツイードに、
イギリスからの麻、タックベロアブレードなどを併せ、
mimoza gardenと名付けました。

IMG_9832.JPG










そして、もっと檸檬色だけ。という方にはこちらを。
たまには、シンプルなものも作ろうかなと。
イタリアの肌触りの良いコットンストライプに、
様々なリネンを併せました。

IMG_9834.JPG













そしてマゼンダシリーズはプリントに。

IMG_9846.JPG

発色の良いキミドリが入ったプリントはとても珍しい。
手描きの様に筆が躍る花の画に、特殊な麻を併せました。
深みを生むむら染めの後にフィニッシュ加工で張りを持たせた上質生地。
薄いmatoiなのに、首から離れてふんわりします。
夏には涼しくて良さそうです。












そしてこちらは、

IMG_9842.JPG

究極に薄い麻の黒とグッチのカットリネンを併せてみました。
なかなかのムードです。マゼンダと黒。いいです。
真っ白なワンピースや、デニムのコート、
ひざ丈の真っ黒のワンピースにブーツ。いいなー。












最後はこれ。

IMG_9847.JPG

顧客様は「えーーーー?まじですかー」といいましたよね?
ナチュラルなもの好きですよね?笑。
ナチュラル嫌いの私ですが、この洗いざらしの麻に魅せられた。
耳もそのまま使ってブレードでアクセントを。

でもこれ。このままではありません。
matoiの端にガツン!!!とチャームを付ける予定。

カーキ、チャコール、写真のグレーの3色。
一人に一枚。になりそな予感。
オーダーも可能品。としておきますね。笑。いつできるかな。。
でもこれ、なかなか使えそうです。
クルクルッとメンズでも!メンズは別注でブレードを変えましょう!
あ、、いつ創るかな、、。汗













そんなこんなの制作ピ―ク。

来週からはいよいよ、
今回はアクセが創れなかったので、
5個限定で、黒缶入りのアクセを創ります。

中は秘密の福袋。
matoiの端切れやパーツの中に、
最新アクセを真空で忍ばせる予定。

間に合うかなー。

つづく、、、。
posted by 2 at 23:04| Comment(0) | 記録ーdiary

まもなく、満員に。




皆様、お忙しい中、
2にお時間を割いて頂き、誠にありがとうございます。
PC、画面、携帯共に、画面上部に予約状況の表を載せさせて頂いております。

初めての試みですが、皆様ありがたい事にご協力を頂きまして、
今回はあまり重ならずに良いお時間をお取りできたように思います。

表では2時間枠になっておりますが、
作品をご覧頂いた後も、弐茶やお庭でゆっくりなさって下さいね。
また、
大変失礼ながら、1時間後、2時間後には次のお客様が来られる枠もございますので、
別注など、いろいろなご用命はお早い時間にお聞かせ下さいませ。
出来るだけ少人数の間にご提案、対応いたします。

一日、ひと組限定の宿のように、
個展が出来たらいいなと思います。




また、HPやインスタを見て、
沢山のダイレクト、メッセージを頂きました皆様。
ありがとうございます。

アトリエは小さなスペースの為、
限られた人数様をお迎えするしかなく、
現在は、知人、ご紹介者様のみのご来場に限定させて頂いております。
蔦屋書店様でガラスジャーにご住所とメッセージを頂きました皆様には、
次回、6月以降、
外のギャラリーでの個展にご招待させて頂くよう準備しております。

何分、一人でプランニングから制作、ディスプレイ、運営をしております為、
いろいろと至らない点がございます。

この場をお借りして、
お詫びしてお知らせとさせて頂きます。


個展に於きましては、
急なお知らせにも関わらず、お時間を取って頂きました事、
改めて心からお礼申し上げます。

皆さま、ありがとうございます。
今後共、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 22:16| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年03月04日

予約状況のご案内 最新3月4日

皆様、連日のご予約に感謝致します。
狭いアトリエの為、ゆっくりして頂けるように、
出来るだけ多くの方が重ならないように配慮しておりますが、
ご希望時間が重なる場合は、ご連絡の先着順で優先させて頂いております。

今回はお庭でもお過ごし頂ける時期ですので沢山の方が重なっても、
いろいろな場所でゆっくりして頂きたいと願っております。

また、
「満」「△」のところでも、
どうしてもこの時間にという方は遠慮なくお知らせ下さいませ。



赤提灯のカウンター状態の2のアトリエをお許し下さいませ。笑。
皆様、ありがとう!ありがとうございます!!



【予約状況】

スクリーンショット (9).png

19時〜の特別枠はご希望が入った場合のみOPENとさせて頂きます。
近隣との約束で18時にはクローズさせて頂くようになっております。
重ねてお願いとお詫び申し上げます。

引き続きどうぞよろしくお願い致します。
皆様に新作を見て頂ける事を心から願っています。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 12:19| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年03月03日

予約状況のご案内



皆様、BLOGからの先行予約に沢山のご予約をありがとうございました。
深夜一番にメールを下さる方、朝一番に3本もメールを下さる方、
お昼にお電話を下さった方、、、いつも更新しないBLOGを見て下さっているのだなと嬉しくて感激でした。
そしてインスタでのお知らせからも沢山の「行きますよ」を頂き本当にありがとうございます。

今日は皆様のお手元にご案内状が届いたようで、
一日中、メールのリンリンが鳴って嬉しかったです。

お陰様でほぼ全日、12-14時のお庭の気持ち良い時間は満員となりそうです。
今回こそ出来るだけゆっくりお話しできるように、2時間づつお時間を取っておりまして、
この後のご予約は15時以降のご案内が多くなるかと思います。
西日が陰るのが15時頃、でもキャンドルもありますし夕刻もまたいい時間ではあります。
とは言え、全日6日で18枠しか用意してない事となり、そこに60組様強、来られる訳ですから、
いつものように夕方に15人、、、みたいになってしまいます。。ごめんさいね。


住宅街の為、近隣へのお約束で18時閉店鉄則ではございますが、
夜ご希望の方には19時以降、ひそひそご案内致しますので、
どうぞ遠慮なくお知らせ下さいませ。ひそひそ、、。

以下、ご予約状況です。参考にして頂けたらありがたいです。
出来るだけ空いている日時にご案内したいので、
ご予約の際、第二希望など頂けたら嬉しいです。

狭いアトリエで短期個展開催をお許し下さいませ。




【予約状況】

初日  日中、夜共にほぼ満員
17日 15時まで空いています。
18日 16時以降が空いています。
19日 15時以降が空いています。
20日 比較的空いています
21日 空いています。

皆様に作品を見て頂ける事を願っています。
そしてゆっくりお話しできるお時間にどうぞお越し下さいませ。

2accotaro@gmail.com
ありがとうございます。
posted by 2 at 00:20| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年02月25日

I'm so glad



IMG_9131.JPG

春一番が吹き、庭の植物は蕾に沢山の希望を詰め込んで、
水と、太陽と、温かい風を待って膨らんでいます。

IMG_9132.JPG

一年間、春の為に創ってきた庭の成績表が毎日手渡されています。

IMG_9130.JPG

新入りの栃乙女。
明日完熟になったら、、と収穫を楽しみにしていたら翌朝はヘタだけ残してヒヨの朝ご飯に。
そして残された果肉は青かったのでと放置して眠ったら、また翌朝全ての青い実まで食べられ、、、。
前のアトリエからヒヨはメジロをいじめるので大嫌い。
今回は一番成りの苺を無残にも取られ怒り心頭。笑。
今は場所を変えて静かに見守っています。
鳥好きな私でも嫌いな鳥が確定してしまった春の物取り合戦でした。












そんなある日。

IMG_9438.JPG

撮影がありました。

IMG_9435.JPG

蔦屋書店様でのイベントで2を見つけて下さり、
ご自身のDegital Magazinで2を紹介して下さると嬉しいオファー。
あれから半年が経ちすっかりあれは夢?と思っていたところ、
約束通り、撮影クルーの皆様がおこしになる事に。

個展前一ヶ月の為、アトリエは制作重視のとんでもない状況。
一週間は掛けたいディスプレイをほぼ一日で仕上げたその日。
徹夜明けで優しいクルーをお迎え。












IMG_9408.JPG

曇っていた空も太陽を運ぶように、
朗らかで情熱的なMaxineが運んで来た。

IMG_9409.JPG


先ずはディスプレイをと。フォトグラファーの荒川弘之様。
Youji Yamamotoとのコラボで「美しい白の植物」の写真をファッションに投影するプロジェクトもなさる。
庭も丁寧に見て下さり準備した甲斐があり嬉しかった。

IMG_9431.JPG

そして光のいいうちにと庭でも時間を掛けて撮影。

IMG_9487.JPG

そして近隣へロケ。

IMG_9397.JPG

気温も下がり、光もなくなる頃、
アトリエに戻り今度は丁寧にディティールを接写。

IMG_9441.JPG

必要なものはその場でアイデアを伺い速攻で造作。
パリコレ経験者は猛スピード造作を体験しているので、
結果ありきのスピード感がちょっと懐かしかったな。

IMG_9469.JPG

まあ、そんな大したレベルに私はいませんが、、。











そんなこんなの5時間の撮影タイム。

皆様、お茶好きで、これからの2についていろいろなご提案も頂き、
どうして私なんかを取り上げて下さるのか?という不思議はココロの中で払拭しませんが、
3月号で特集して頂けると聞き、それが形になると腑に落ちるのでしょうか?

沢山のコーディネイト商品を持込み、入り前にヘアーメイクをし2の為に時間を費やす。
デザイナーとしては、自分の作ったものが、私の手を離れたスタイリングで舞い、写真として記録に残せる事は、この上ないありがたい事実でした。

嬉しくて、嬉しくて、
感謝しても足りない一日を過ごしました。
まだ3月2日にインタビューを残していますが、
個展前のこのテンションの中、こんな事がありました。


と、何より今まで支えて下さる皆様へご報告です。

因みにこのDigital magazine 前号はドルチェ&ガッバーナ。
その次に2がチラッと。載る予定。あははー。愉しみ過ぎます!

Maxine Digital magazine
http://www.maxinedigitalmagazine.com/



表紙のモデルさんともう一人、素敵な笑顔の方がMaxineさんです。
Hanae Moriで30年間、プレス、スタイリストのお仕事を積まれたキャリア。
2のmatoi達に見事に新たな息を吹き込んだ一瞬一瞬を早く皆様に見て頂きたい。
このブログで掲載する事もいけないのでメイキングもボケボケでごめんなさい。

ネット上でのアップが決まったらまたお知らせ致します。

全ての関係者の皆様、
Maxine crewに感謝します。

I'm so glad

2 acco oimatsuIMG_9517.JPG




posted by 2 at 19:14| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年01月29日

続・新作。赤とマゼンダの襲撃。



Viktor & RolfのHaute Coutureは今期も素晴らしかったですね。








メゾンの今シーズンの春夏コレクションも店頭に出揃い、
目が覚めるような技法に触れ自分の制作にも触発されます。
日本のブランドには素晴らしい生地や技法が乏しく、
安かろう悪かろうの流行がとても残念でなりませんが、
私は頑固に良い素材との出会いを求め、
小さな長方形の中に夢のような肌触りとワクワクを併せ、
皆様に気さくなmatoiを届けたいと日々想っています。

いい素材だからドレスに。という考えの母の時代を経て、
いい素材でもいつでも側に置いて着こなせるmatoiやfukuroを創ります。
何でもないワンピースにmatoiを肩に乗せるだけで、
ワンマイルウエア―からフォーマルに変身。
これこそ、現代の贅沢です。

その探求は私も楽しく継続しています。















IMG_9009.JPG

3月の個展はお庭のミモザとクレマチスが満開の3月に予定しています。
【2 snacks】からは新作のフードも登場。
春の器は口がポカーンと開くほど素晴らしい品々が上がってきています。













IMG_9022.JPG

そして、こちらは続新作。

金華山ではなくヨーロッパのもの。
デザイナーズギルドの素晴らしい生地との出会いで、
創作意欲に力が入りました。
相棒はオーガンジーを5重に合わせて仕立てました。

毛足の薄いカットしベルベットはしなやかで珍しく、
地のジャガード部分には銀糸も織り込まれています。

IMG_9025.JPG

エレガントにならないようにコットンフリンジを併せたり、、
更にビーズタッセルでアクセントにパープルを。

IMG_9023.JPG






ネズの大島紬や、
檸檬色の麻のワンピースにも合いそうな美しいモノが出来たと思います。

洋でも和でもないmatoi。
どなたの肩に寄り添うでしょうか、、。
私も楽しみです!!

ですが、カットベルベットの縫製はとても大変で、
この1着に丸2日もかかり、仕上がった頃には、首が回らない程左肩にダメージ。
明日は1日中マッサージに助けて頂く予定です。泣。
















そんな中、インスタを見たり、ブログからのメッセージで、
沢山の作品へのお問合せやご予約メールをありがとうございます。
まだまだ創りますのでご予約はお受けできませんが、、。
でも本当に嬉しいです!
首もグルグル回りそうです!!

皆様、いつも本当にありがとうございます。

posted by 2 at 19:12| Comment(0) | 記録ーdiary

2017年01月14日

黄色いメジロの止まり木。






IMG_8112.JPG

近隣の庭の千両や万両の実に沢山の鳥たちが集う1月。
またその下に糞を落として春にはどこか遠くの植物が芽生える。
持ちつ持たれつの自然界の関係は優しくて面白い。

先日、大好きなメジロが、アトリエの庭に置いてあった檸檬色のラフィアのかたまりをフワッと持って行ってしまった。日頃からブリティッシュモスを少しづつ運んで巣作りしているのはしていたけれど、大きなまま持って運ぶとは予想外。
でもその一瞬、メジロの鶯色の小さな体が檸檬色に包まれ、それはそれは綺麗な色が舞った瞬間だった。


IMG_8823.JPG


IMG_8833.JPG

春のmatoiは、まだ寒い時期に首元は温かく外側は涼し気な素材で。
皆様ご存知の秘密のあったか作戦です。


IMG_8829.JPG

この写真はまだ途中の頃。
完成品はこの後、沢山のブレード等、さらに加飾しています。














IMG_8855.JPG

いい素材が手元にあっても、その相棒が見つかるまでただの布在庫。
その布を活かしてくれる相性の良い相棒こそ実力を発揮してくれる縁の下の力持ちです。






IMG_8856.JPG

IMG_8858.JPG


IMG_8863.JPG













春matoiは、体から離して着る事も多いので、
風を含んだり通したり、色をひらひらさせながら、、、、。

そんな姿を、鳥と一緒に想像して創っています。












IMG_8815.JPG
posted by 2 at 21:44| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年12月29日

ご挨拶



静かな年の瀬でございます。
其々の場所で迎春の準備をされたり仕事の締め括りをしたり、、
師走のピークを迎えておられる事と思います。

私も、28日の主人の誕生日にmatoiの制作納めをし、

IMG_8377.JPG

IMG_8391.JPG

料理もその日で仕事納めとなりました。

UCOH5607.jpg












インスタでは迎春の器と題し、
様々な器のPICを上げておりました。

IMG_8396.JPG

古伊万里9寸鉢。


IMG_8398.JPG

矢羽根 手塩皿



IMG_8405.JPG

六角二段重 手塗り・盛り絵付け
などなど、、。













今年は夫婦共にノンストップで忙しく過ごしたので、
お正月の家族の集まりにも出ず、お留守番を残し、
二人で伊豆で過ごす事にしました。

2の扉を創ってくれた友人から譲り受けた伊豆の家。
自宅にアトリエがある私達にとって、
新しいこのもう一つの海の家が安らぎの時間を用意してくれたらいいなと、
ご縁に感謝して過ごしたいと思っています。












皆様には、今年一年、大変お世話になりました。
一緒に泣いたり笑ったり、そして作品に会いに来て下さり、
沢山の作品も身に付けて下さり、私はいつの日も幸せでした。

生みの苦しみはありますが、
自分の可能性を信じて、
また新鮮な気持ちで来年も創造に明け暮れたいと思っています。

そんな「2」の世界に、
どうぞ懲りずにお出掛け下さいませ。
小さな幸せと勇気を呼ぶお守りの作品を創って、
皆様と繋がる時間を育んでいきたいと思っています。

本年も沢山の思い遣りをありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいませ。

IMG_0919.JPG

2 acco oimatsu
posted by 2 at 23:30| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年11月03日

「2」設立記念日。

http://youtu.be/m0xVAYdvJdg


IMG_7003.JPG

気持ちの良い気候に恵まれた山梨に来ています。
11月3日は2の設立記念日。
皆さまの愛情に支えられこの日を重ねる事が出来ています。

この想い入れのある日は、
毎年休暇を頂き小淵沢の定宿で、
馬と触れ合うお休みを取るようになりました。

沢山の仕事を少しの間、
信頼できるブレーンにお任せして、、、。

来春は、3月から個展をスタート致します。

今期の残りは、大切な家業のオーダーの仕事を納め、
1月の撮影オファー分の作品制作に入る予定です。
大切な卸先様で待っていて下さる新しく出逢えたお客様への新作も、
クリスマスにはお届けしたいなと思っています。

今期も沢山の方々との出会いがありました。
9月の蔦屋書店さまでの公の個展では、
素敵な方々にmatoiを見つけて頂いて感激。
何より、顧客さまに何度も足を運んで頂いた事は胸が熱くなる想い出となりました。

来年も新しいテーマや環境を生みながら、
制作に於いては自分のココロの中から湧き出る何かを、
カタチに置き換えたいと想っています。

新しい期を想い、
今期までのお礼を皆様にお話し致しました。

インスタグラムでは、毎日の暮らしを写真で綴っています。

今後とも、小さな幸せが沢山訪れる品々を生んで行きます。
皆様とまたお会い出来る日を楽しみにしています。

ありがとうございます。


追伸
今日の一曲は、私の歌。笑
10年習ってきたギター弾き語り。
師匠はミュージシャンSHIME。

先月、熊本で行われた、
カントリーミュージックの大イベントである、
「country gold」では、
日本のミュージシャンとして、一組だけ出演できる枠に、
招待を受け演奏をしました。
長年の相棒ギターリスト西海孝との集大成とも言える栄誉だったと。

http://youtu.be/CmefDPVrTRE

師匠とのお付き合いもかれこれ27年になりました。
大切に紡いできた音楽活動のご縁もまた、貪欲に継続したいと思っています。
次回は12月に歌う予定です。
冷やかしに来て下さいね。

私の乗馬ライフもウエスタンスタイルで、
この馬の町、小淵沢にもAmerican musicが流れています。
プライベートでは、
この馬と音楽の環境に自分を置く事が一番の放心に。
リフレッシュしてまた東京に戻ります。


いろんなaccoさんを、
これからも笑いながら見守って下さいませ。


2 acco oimatsu
posted by 2 at 11:09| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年10月16日

新しいプロジェクトが立ち上がりました。



愛すべき若きブレーンクリエイター達と立ちあげた新業態。
各地に出没し一年間気紛れに真面目に作品を紹介していきます。

こちらでは、各自が日頃創っていない作品を発表する面白しさがあり、
2 acco oimatsuでも只今オブジェを出品中。
今後もいつもと違うモノを発表していく予定。

*お問合せを沢山頂きありがとうございます。
只今HPに掲載中の品は、

IMG_4163.JPG

IMG_4166.JPG

IMG_4169.JPG

「自然と人との共存の未来を願うオブジェ人形」
68.000yen

本体は麻やニットで構成し、
足はサボテン、頭はフラワー。
背中にはアクセサリーを沢山背負っています。


「BOOTH」HPの画面上ではお店にて販売中の為、待機中になっておりますが、
出品中の「岐阜・Others to Coloors様でお買い求め頂けます。
2 acco oimatsuの品は全て一点モノの手創りです。

https://www.instagram.com/otherstoample/











デビューは既に9月に岐阜のOthers to Coloors様にて。

IMG_5712.JPG

IMG_5707.JPG

先日ディスプレイ手直しに伺いましたがとてもいい環境で素敵なお店です。

THAN4251.jpg

2からは、matoiやutuwa collectionも常時展開して下さっています。

IMG_5728.JPG

IMG_5808.JPG

*matoiは早々に完売しておりまして、、、。
只今第二段を制作中でございます。暫くお待ち下さいませ。
お買い上げ頂きましたまだ会えない方々にお礼申し上げます。












都内では中目黒のMen'sshop「gorouta」でもオリジナル形式にて展開中。

http://gorouta.com/news/?p=6996#more













そして第三軒目としまして、
10月中旬には名古屋の「STATEROOM」に出没。
こちらでも紹介して頂いております。
http://liverary-mag.com/lifestyle/52233.html

10月18日のオープニングには盛大にレセプションの時間をご用意し、
皆様のお越しをお待ちしております。
(2 acco oimatsuは不在でございます)

お近くの皆様、是非、お立ち寄りくださいませ。
2の作品は、両店にて常に新作を発表する予定。

詳細、新情報は常に「BOOTH」公式HPでご覧頂けます。
オンラインでの購入も可能です。
どうぞよろしくお願い申しあげます。





【BOOTH】 
●HP 
https://booth81.com/blogs/news
●facebook
https://www.facebook.com/BOOTH81JAPAN/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf
●instagram(Booth_japan)
https://www.instagram.com/booth_japan/

posted by 2 at 01:04| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年09月01日

2 acco oimatsu Exhibition 告知スタート

2 acco oimatsu Exhibition
”matoi" @ 代官山 蔦屋書店

蔦屋書店様のHP、トップページのイベントスケジュールにて、
美しく告知して頂いております。

皆様どうぞよろしくお願い致します。
http://real.tsite.jp/daikanyama/

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/08/2acco-oimatsu-exhibitson-matoi.html

HPから来て頂いた皆様、ありがとうございます。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 18:21| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年08月07日

寝食忘れて制作の日々

IMG_4342.JPG

毎朝、5時起床。
クーラーを消して、
ベッド横の窓を全開し横になったままこの景色を見ます。
青い空に木が揺れているとやったー。と思い、
グレーの空に木がお辞儀していると雨か、、とがっかり。

自然の空気を部屋に取り込みながら暫くストレッチ。






東の光が南に回る前に庭仕事を終えシャワーでリセット。

IMG_4343.JPG

IMG_4348.JPG

8月の制作は早朝6時スタートで始めています。








IMG_4485.JPG

9月12日スタートに控えた代官山・蔦屋書店様での個展。
http://real.tsite.jp/daikanyama/

メインの生地は金華山。

IMG_4486.JPG  

シャネルツイードや、エンリコ コベリーのマゼンダも揃いテンション上がります。


IMG_4487.JPG

今は制作のピーク。

IMG_4488.JPG

約一ヶ月間のマッチングが終わり、
一気に縫製に掛かっています。
matoiは数種類の生地や附属品を合わせるので、
始めに小さな小さなmatoiを創りクリーニングして縮率の確認をします。
この作業にかける時間でほぼ全体像が見えるのですが、
相性の悪い生地が続くと一から仕入のやり直しになります。
コットン、シルク、カシミヤ、に真鍮や銀の附属まで合わせるのですから、
相性を合わせるのは至難の業。
市場にないのは当たり前でしょうね。

なので、完成したmatoiの中に寄りそう其々は、
世界各国から集まった相性バッチリのモノ達です。
完成はいつも愛おしい。











IMG_4489.JPG

こちらは蔦屋書店様と同時期に制作を進めているotoko-matoi。
8月のお盆にリニューアルオープンされ、
2の「utuwa-collection」や「accessory」「matoi」を、
実売店としてスタートして下さる、
岐阜の【OTHERS to COLORS】様への作品。
https://www.facebook.com/OtherStocolors/
新しいプロジェクト「Bootn」もこちらを皮切りにお披露目となります。
詳細は後日。

IMG_4490.JPG

初秋のmatoiはさらりと小さなものを。

IMG_4505.JPG

こちらはシルクとコットン。
前に使った人気の生地を、縁あってまた入手。
大判のmatoiに見えますが、
メンズは首元にクシュクシュに巻き込む方が多いので、

IMG_4506.JPG

このように滑らかにならないといけません。




女子のmatoiのように、華美な装飾はご法度で、
いぶし銀男子に使って欲しいので慎重に佇まいを創造。
過去に、私のotoko-matoiをして登場した男子に会うと、
「うわーーーーーーー」という説明できない気持ちになります。
何というか、男子はクチャクチャに巻き込んで、
すっかり自分のスタイルに溶け込ませてくれていて、、。
「うわーーーーーーー」と感動なのです。笑。








という事で、
早起きしてぐるっと一周36時間眠らずに創る日が数週間。
それでもしっかり食事は作って器に喜びも貰っています。

眠りはある程度取り返せますが食は怠ると体を壊すので、
シンプルで消化の良いものを作ろうと時間を割く努力をしています。
気持ちは相変わらず「お料理上手な家政婦さん求む」ですが、、。











相変わらず粗食で恥ずかしいのですが、
器遣いの参考になればとプライベートをアップします。

IMG_4329.JPG

いつの日か鯵の南蛮漬けを作りました。
ピカピカに光る小鯵を見たら作りたくなりますよね。

IMG_4327.JPG

ひたひたに漬け込むのに意外に大きなバットがないものです。
贅沢にも伊万里のお重に漬けこみました。
utuwa-collectionで販売した人気のお重。
仕切りなしを買ってよかったです。

IMG_4328.JPG

初使い。

鯵の南蛮漬け。

このまま冷蔵庫。そのまま食卓へ。
薄い磁器が凛と冷えたまま器になってくれました。
蓋物は本当に暮らしの中の必需品です。

いつでも取寄せますのでご連絡下さいねー。

IMG_4337.JPG

おかずが多い時は副菜として、
(青物が全くないという余裕のなさ(;・;))


こちらも新作。
伊万里・黒長角皿。

ヘビロテ中です!よね?
個展でも殆どの方が買って下さいました。












IMG_4491.JPG

こちらはまた別の日。

あっさり料理が好きなので、
たまにはこっくりしたモノをという時の簡単料理。

大和芋の素揚げ。

すり下ろした大和芋に
全卵を投入。
ちりめんじゃこをドバっと入れて、
ブラックペッパーも多めに。
あれば枝豆も入れてグルグル、、。
スプーンで落としながら素揚げするだけ。

スイートチリソースで食べます。
塩や、ポン酢、ケチャップでもたぶん美味しい。

IMG_4492.JPG

この伊万里の黒長角皿と墨絵柘榴の手塩皿は、
一目見た時から一緒に使ったら素敵!と創造していました。

今はSNSなど、インスタやブログで、
このように実践の図が見て貰えるので器も幸せですね。













IMG_4484.JPG

こちらは赤い器シリーズ。
有田の逸品です。
なんてことないお浸しでもテーブルがいい感じに。
この日はほうれん草にオクラを加えた胡麻和えに。
ほうれん草がトロトロになって明日葉のような触感になり、
美味しかったですよ。
ザラッとしたマットな釉薬がトロトロの食材もずらさず、
天盛り出来るので嬉しい。












IMG_4330.JPG

そして一番ヘビロテしているのはやはり小鉢。
蒼と織部を2個づつ買いましたが大正解です。
(檸檬色の伊良保も買っておけばよかったなー。)

薄くて軽くて、デザートにも軽やかに使えます。
低価格も魅力でした!







最近の嵌りは、
果物を全部切って底の広い蓋付のガラスジャーに入れます。
果物を切っておくと下にジュースが溜まって傷みやすくなったりしますが、
口からそのジュースを注げば常に2度嬉しいに!
酸化する果物にはお勧めできませんが、
特に柑橘系のグレープフルーツやオレンジにはお薦めです。








最後は男子ごはん。

IMG_4502.JPG

制作中は行動範囲が減るので食事の量を減らす私に、
いつもガッツリ盛りで作ってくれるパスタです。笑。
(食べ始めて半分返却するのですが、、、。)

この日はオイルだけで煮詰めたキリっとしたトマトソースに、
香ばしく焼いた好物のズッキーニが甘くて美味しかったー。
そして私が放置している庭のバジルもちゃんと入ってた。
(知ってたのか〜笑)

IMG_4515.JPG

私達夫婦は同じ業界で別々の仕事をしていますが、
二人とも6月から10中までが1年の中のピークで、
主人は私の数倍忙しく、あちこち飛び回る日が多いのですが、
居る日の朝ご飯は毎日サンドイッチを作ってくれます。
私が庭仕事から上がると美味しいコーヒーと一緒に迎えてくれます。

忙しいのに毎日その分、早起きしてくれて、
ありがたいなーと思うひとときです。

食を食で返すという交流は老夫婦には大切な営みですね。笑。




今年は更に忙しく、
9月にシルクドソレイユ系の舞台がありその衣装を制作しています。
そして10月の長崎の伝統芸能「くんち」のお祭りでは、
毎年いろんな町の演目の衣装を制作してきましたが、
今年は2009年に初めて制作に携わった「筑後町」様に戻り再び龍踊りの衣装を。


10月7、8、9日の開催ですが、
今年は金土日と曜日も良く、皆様にも是非お出掛け頂きたいと思います。
長崎くんちは素晴らしいお祭りですよー。
そして長崎は食が豊かで、人が最高に優しいです。



こちらは、
6年前に初めて衣装を担当した筑後町の龍踊りの動画です。



おくんちに参加できる町は毎年数町のみ。
数多くの町に順番が回ってくるのは6〜7年に一回になります。
その練習は半年以上前からの体力作りに始まります。

前回出た演者さんがまた6年後に出演できるとは限らず、
皆様の熱い思いは神がかり的で、、。衣装を担当する側にも伝わります。

本番中は、
毎朝、新しい真っ白な下着を着るところから始まるそうで、
日が昇る時間から集まり、決まった場所以外にも、
深夜まで街中を練り歩き店や家々にご挨拶の舞を披露します。

私の説明ではとても伝えきれませんが、
どうぞ皆様体感して頂きたいと思います。
その日に長崎市内に居るだけでも目に触れますので愉しいですよ。






こちらの動画の初めのほうは「福砂屋本店」の前での舞です。
その後は諏訪神社への奉納の舞の編集になっているようです。

(この100着近い衣装が初めておくんちの衣装とのご縁でした。)

2 acco oimatsu









私も今年は蔦屋様のイベントを無事に終えて、
ゆっくり長崎滞在している事を夢見ています。




忙殺の日々にちょっと涼しい秋の事を想う日記になりました。
皆様、どうぞお元気で!夏を乗り切って下さいね!

日々、沢山のお便りや差し入れをありがとうございます!

IMG_4516.JPG

IMG_4514.JPG

IMG_4513.JPG

2 acco oimatsu
posted by 2 at 14:02| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年07月17日

2 acco oimatsu UTSUWA collection



暑い日のスクワットはジミヘンに限ります。
皆様、夏フェス楽しんでますかー。















IMG_4231.JPG

4月に2のアトリエで開催しました器展。
皆様のお手元に全ての納品が済み、
私の手元にも同じように届きました。

お一人残らず、
(写真付きも!)到着しましたメールを下さり、
皆さんって凄い!と感激しておりました。
きっとまだまだ箱にしまっておられる方も多いかと思いますが、
夏の食卓はシンプルで綺麗な色のお料理も多いので、
是非、この日曜日には箱から出してお料理を考えて下さいね!

お忙しければインテリアとしても飾って下さいね。
果物やグラスを利用して花器にも使用して下さい。





上の写真は、
8月から2の器を大きく展開して下さるお店様へのカタログ表紙です。
数年ぶりにカタログを創りましたよ。
コンセプトを改めて打ち込んで、器仕事に明け暮れたあの頃が懐かしくなり、
そしてまた始まったなと実感しています。
アトリエにお越し頂けない皆様、
2の器が岐阜で買って頂けるようになります。
どうぞよろしくお願い致します。
只今リニューアル中ですので、
オープンのお写真はまた追ってご紹介させて頂きます。















さて、2の夏のテーブル近況はこんな感じです。

instaでは既に書きましたが、
6月下旬から夏の器に模様替えを。
春迄は肌寒く、熱々料理にピッタリな、
8寸の包容力のある土モノの織部をずっとヘビロテしていますが、

夏はシンプルな食材を数多く登場させる事が多い我が家は、
この季節だけ小さな器の数を増やします。

IMG_3947.JPG

職業柄、器の収集数は半端ないのですが、
普段の食生活は仕事とは裏腹に忙しい時間に簡潔に済ませたいので、
その季節に使うと決めた数枚だけを食器棚に入れ、
後は全て来客用のストック棚へとしまいます。

メインになる、
7寸リム付き皿と、6寸深皿。
副菜用の、
3〜5寸の小皿、小鉢は数種。
漆の汁椀と磁器の飯碗。

このアイテムに絞り込んでスタンバイしています。
先ず料理の色に合わせてメインの皿を据えたら、
他の小鉢を配していきます。

その日の副菜を引き立て合える器に盛り付けていきます。
主人と私とでは倍量違う事もあり、
器が同じとは限らないのですが、だいたいこのように決めています。

折敷やトレイを使用すると、景色がまとまり、
食事が終わればそのまま下げられるので楽ちんです。

市場にはまだまだ質の良い折敷のバリエーションがありませんね。
3000〜5000円位で品質の良い折敷を毎日器に合わせて替えたい。
開発していたころから、そんな事を想い乍ら20年経っていますが、、笑。

最近コンランから出たマゼンダのラウンドランチョンを使っています。
夏はこんな軽やかなものでもいいかなと。

IMG_4181.JPG

こちらは岡本修のオリジナル。

http://www.utsuwa-hanada.jp/hanada/blog/20130510koubou/

個展で購入しました。難しい表情をしていますが、何を盛っても風格が出る気がします。
この日は北陸名産のかぶら寿しを。
http://www.kabura.jp/SHOP/36033/list.html
背景のマゼンダも利いています。










庭の茂りすぎたバジルを摘んで、、

IMG_4039.JPG

この日はAWABI WEREにバジルリゾットを盛ってサクッとランチに。

IMG_4036.JPG

鮮やかなコバルトブルーのガラス釉に貫入が入りお気に入りの器です。
買ったのは半年前かな?やっと使い始めました。ははは。

http://awabiware.net/












IMG_4056.JPG

こちらは大好きなポムドテールさんのレシピを真似て作ったもの。
塩胡椒した鶏胸の酒蒸しを割いて、
皮を剥いた胡瓜を塩もみしてたたき放置→水気を拭く。
茗荷は線切りに。
水茄子の皮を剥いて切ったらすぐに和える。

和え出汁は長崎の塩みの少ない白だしを薄め、
檸檬をたっぷり絞り入れて仕上げはブラックペッパーを。

鶏の塩みと胡瓜の塩みが大事です。
お出汁は水茄子が吸います。
水茄子が酸化するので作ったらすぐに食べる。

お好みで枝豆や生姜の千切りなどを入れても。

*このレシピは数十回頂いて想像した私なりの作り方です。
ママさんに教わったわけではありませんのでアシカラズ。













IMG_4095.JPG

そしてこの器は器展で気に入り購入して、2の来客用に使用を決めた逸品。
染付で有名な福珠窯さんにポツンとあった白磁。
「きっと拘りの品なのでしょう」とお墨付きを頂き購入しましたが、
一目惚れの通り、お茶には薄口の渕が良く、
デザートにも軽やかで、

IMG_4204.JPG

お料理にも深さと口径の開き具合、そして高台の高さが煎茶碗より高いので小鉢の役割もバッチリです。

これは絶品ですよー。
いつでもご連絡下さい。
お取り寄せいたしますので!













IMG_4235.JPG

これは我が家の夏の日曜日の夕食。
二人とも夏は仕事がピークでお休みがありません。
其々のアトリエに籠り制作活動を、、、顔を合すのは食卓で!
なので、昼ご飯を作ったあとは数品の夏野菜をテーブルに置いて、
好きな時に夕食モードに出来るようにセットしておきます。
そして手が空いた時にお蕎麦でも。。といった感じ。

今年は、群馬の枝付の枝豆がビックリするほど香りが良く甘い。
端をカットして大匙1の塩をまぶし放置。
フライパンに投入して50cc位の水で5分程蒸茹でします。
暑い日は塩多め。涼しい日は塩少な目で固めに!甘いですよー。



IMG_4240.JPG

こちらは上の写真を蒸して完成した「かんしょ」
ずーーーっと昔に「センターの鈴木さん」(知ってる人は爆笑ね!笑笑)に、
静岡の倉庫でおやつ頂いて以来、探し続けていたもの。
普通のサツマイモとは違い小さーーーーいのです。
細−−−−−−いのもあります。
(写真の長さで6センチ足らずかな)

「鈴木さん」が、
アルミホイルを開いたら塩の中からこのかんしょがゴロゴロ出てきて、
疲れた皆にほうばらせた。
本部のデスクワークの若者がセンター業務に行ったものだから、
みんなフラフラだった休憩時間。
塩と麦茶でバッチリ元気になったあの日の想い出です。












器の話に戻さなくては、、汗。

IMG_4194.JPG

これは枝豆を黒の焼き締めに入れた日の写真。
華やかさはありませんが、モダンな印象になりますね。
背景もアルミの折敷にしているのでよけいに、、。

同じ器と折敷に食材を変えただけの画。

IMG_4184.JPG

お向かいのお母さんから初採れの茗荷を頂いた日の朝。
柔らかい花が付いたままで甘酢に漬けて頂きました。









IMG_4242.JPG

最後はお気に入りのコンランの器に夏野菜のトウモロコシを。
今年から、トウモロコシは水から5分茹で、
茹で上がったら5%程の塩水を作っておいて絡める。
という方法に嵌っています。
時間が経ってもしわしわにならずジューシーで甘さも引き立てられます。












そんなこんなの食卓事情、
シンプルなようですが、これは全部、炭水化物。
食べ過ぎはイケませんが日曜日のご馳走です。

私達は平日は接待や外食が多いので、
旬菜の素朴料理をご馳走と呼んでいます。最高ですよね。

来週から、器展の食器を使い始めマース。
皆様からの盛り付けメールも楽しみにしていますよー。
どうぞ送って下さいねー。



今日は日曜日ブログという事で、
珍しくリンクを貼り、読んで愉しい記事にしてみましたー。

それでは、来週も暑さに負けず、
皆さま、有意義に過ごしましょう。
posted by 2 at 18:00| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年07月13日

*For New project* 2 acco oimatsu Objet Doll



新しいブロジェクトの為に作った作品が完成。













IMG_4158.JPG


size:250×250×H380
material:
表地 ウール/麻
附属 羽根(天然)、造花、アクセサリー(ビーズ、プラ、アルミ)
   フリンジブレード(アクリル)
中身:ポリエステル綿/ポリエチレンペレット

*お子様のお友達には不向き。
スリスリ、チューチュー出来ません。
観賞用として下さい。












【The Natural World】
自然と人との共存の未来を願う物体

IMG_4166.JPG

IMG_4169.JPG



2 acco oimatsu Objet Doll
onry one


8月
岐阜から発表巡業。
ECサイトでも販売予定。

詳細は後日。
posted by 2 at 16:14| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年07月02日

近況



皆様、お元気ですかー。
インスタでは交流をありがとうございまーす。
タイムリーにダイレクトメッセージで話せるので、
深夜の会話も嬉しいです。
オフィシャルな場面でも最近はインスタアカウントネームを貼り付けて下さる事が多くなってきたので、
そろそろプライベートはアカウント名を変えなくてはと思っています。笑。
写真だけで会話できるインスタは世界中の人と感性だけで交流が出来るので結構好きです。

でもー。
インスタ見れません!という方からいつもブログの更新をとメッセージも頂き、やっとデスクに座りました。






昨日から下半期が始まりましたね!
今年もあとたった180日ほど。
毎日の悩みなんてそこで足踏みしている場合じゃないですよね。
病気したらその180日もなくなりベッドの上へ。
後の数十年は人生が変わってしまうし、
怪我しても明日は普通に暮らせないのですから、、、。
綺麗なものを食べて運動をして、居住まい正して暮らしたいですね!
夜遊びもお酒も仲間と夢中に!しっかり趣味にも没頭する人生を等身大で送りたいです。

仕事も出来る事はありがたい。
無理できる体力があるという事にも毎日興奮するほど嬉しいです。
大病をして第二の人生を歩んでいる方とはこの気持ちは共有できると思いますが、
前の人生にはもう戻れないけれど必死に生きていれば必ず新たな自分が育ってまた活き活きと歩き始める時が来ると信じたいですね。
私も20年かかりましたがやっと体力と思考の統一ができるようになってきましたよ。
多くの人の過保護な優しさは今も毎日忘れる日はないです。
これから二か月猛暑が続きますがマイペースで頑張りましょう。
私と同じ体の弱い大好きな親友たちにエールを送ります!


IMG_3870.JPG

アトリエの庭は真夏。
二番花もそろそろ終わり、花のない夏の庭が始まります。

IMG_3871.JPG











昨日までは新たなお取引先の為に、
器のカタログを作っていました。
前職でも最後の方は頼もしい後輩が作っていてくれたので、
この作業は約10年ぶり。懐かしい、、、、、というかやっぱり大変。

IMG_3919.JPG

接客にも使えるように写真には特徴を。
販促になるように商品の特徴は間違えなく。

IMG_3920.JPG

何より大事なのは商品の取り扱いについて。
劣化していくその姿ややってはいけない事の詳細も記載。

IMG_3921.JPG

今時、レンジにお椀を入れる方がいるから怖い、という時代ももう変わり、
レンジに入れられる漆風椀も当たり前に売る時代になったので、
基本に戻って取り扱いを説明する事が必要ですね。

布製品も、器も、難しい商品を好んで販売する私には付いて回ること。
ふーーー。













そして、
先日は珍しく愛しのブレーンが集まりました。

IMG_3863.JPG

8月からまた新たに大きなそして内容の濃いプロジェクトに参加します。
画家、鋳造造形家、木工職人、デザイナー、アートデレクター、WEBデザイナー、カメラマン、などなど、数えきれない近しい知人クリエイター達とで創る世界を世の中に発表します。

その面白さは、皆、本業をさておき、ちょっと思考を変えてモノを生む事かな?
全貌はまだ見えませんが、私もちょっと変なもの創っています。あははー。

勿論、一点モノ。
8月岐阜の素晴らしいお店からスタートです。
一緒にツアーしましょう!見に来て下さいね!


そんなこんなのから元気な近況報告。

楽しみにしている蔦屋書店様の大きな個展仕事の前に、
またまた大きな仕事が舞い込んできたので、
相変わらずどうなる事やらのスケジュールです。


という訳で、
仕事中はジミヘンやツェッぺリンにチャンネルを合わせ熱く、、、
夕方は人恋しくてSalyuが熱唱する何故かこれを
https://www.youtube.com/watch?v=z7bLyxZgtRw
聴いて大泣き、、、。
そして夜、蚊の鳴くような声でギターを弾き語って眠る。

という、相変わらず情緒不安定を自らしっかりコントロールしている私です。





また作品が仕上がって来たらアップしますね。
皆様のインスタ写真も楽しみにしています。
そしてブログにも戻ってきますのでU‐さま、、叱らないで下さい。笑。

あ!
Tさま!豊水、超超!楽しみにしていまーす。笑。



いつも沢山のアクセスをありがとうございます。
よい週末を!


IMG_3893.JPG
posted by 2 at 16:03| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年06月25日

涼しい夕方。

IMG_3808.JPG


昨日、今日と、夕刻まで来客が続き、
ホット一息した時間に晴れ間が覗き、
いい風を吹かしてくれる庭で久しぶりに時間を過ごしていました。

一輪だけ咲いてくれた紫陽花を、

IMG_3735.JPG

こっちに飾っり、、、

IMG_3745.JPG

あっちに飾りしていましたが、、

遠路来て下さる来客を想って、やっぱり大好きな真っ白の紫陽花を買いました。

IMG_3809.JPG

道行く民家の庭先でも既にバッサリ剪定が終わり、
また来年までさよならの景色に遭遇します。。

花屋の店先でも鉢植えが姿を消し、
切り花も最後の見切りが並び始めました。

2の庭は、すっかり夏。
四季咲きバラの小さな二番花を楽しみながら、
蔓植物の成長と自由過ぎる行き先を見張る毎日です。









プライベートのインスタでは、

IMG_3792.JPG

鶏ハムを作った写真を載せました。

毎朝のサンドイッチに、
真四角の鶏ハムを作ったのに、
斜めに切り揃えたドジなお話、、、。とか、、





プール用にご機嫌なサンダルを見つけ、

IMG_3726.JPG

パー子よりパー子過ぎる足元写真を載せたり、、。








更に調子に乗って、
緑過ぎる足元写真を載せたり、、、。

IMG_3788.JPG









早く早く、制作に掛からなきゃなのに、
手元の仕事が片付かず、、。
気を紛らわしてばかり。

ひとつのクライアントの仕事だけを頭に置いて制作は集中したいので、
重なる時は、時間をかけてプランニングを重ねます。

何度も何度も生地と附属を見に出掛け、
仕入れる前に頭で作品を創ります。
そして、仕入れた時はそこに飾ったイメージが浮かび上がります。

今が一番大事な時間。
想像と放心を繰り返し、
創造に掻き立てられるマッチングに出会うまで、
その日を繰り返します。

たったひとつの生地から全てのイメージが湧いたり、
風に乗って聴こえて来た一曲がココロ揺さ振り画が見えたり、、、。

私にとってmatoiは、
絵のような偶然の産物。
ココロのままに描き、気に入るまで筆を入れます。
気に入らなければ一度手元から離し遠くに掛けて何日も客観視します。
そしてまた新たに塗り潰し違う道へとイメージを変えます。

matoiを誰にでも縫って貰えないのは、
きっとそんな事だからでしょうね。
出来た一枚は手放したくない一枚に仕上がるのも納得。
それを気に入って選んで貰えた日には涙が出るほど嬉しい。


9月の大きな仕事がおわったら、
今年と来年はオーダーの仕事も更に力を注ぎます。

人を元気にするオンリーワンの洋服を沢山受けたいと思っています。
母が65年も続けている家業をもっと大切にしたいと.....。
秋冬はドレスとタウンで既に一杯ですが、
来春夏のオーダーは9月から始まります。
皆さま、オーダー会には是非お越し下さいませ。

ご興味のある方には
改めてお知らせ致します。



今日は、ゆるりブログ。
みなさま夢で逢いましょう。
いつもの右奥で待ってます!















どこ?
posted by 2 at 01:02| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年06月20日

プライベートレッスンを無事に終えました。



昨日、今日と、新たな試みになるプレイベートレッスン、及び、
法人様へのディスプレイセミナーを無事に終えました。

沢山の方々に小さなアトリエへお越し頂きました事、
また場所をご用意頂いてのセミナーと、私自身大変勉強になりました。
重ねてお礼申し上げます。









この二日間、皆様とディスプレイする時間を通して思った事は、
飾るモノをいかに好きであるか。
この一言に尽きたように思います。








商業ディスプレイでは「商品の特徴を魅せる」事を重要視して訓練しました。

IMG_3773.JPG

更に商業ディスプレイでは、その数量が多かったり、スペースが広かったりしますので、インパクトパフォーマンスが必要であったり、売れた後もまた魅力を維持する事が必要であったりという条件が増えます。

ですが一番大切なのは、
数あるウインドウディスプレイの中で自店を選んで貰えるようなアイキャッチが出来ているか。

IMG_3767.JPG

丁寧な商品説明の陳列はその後の事。店内奥まで入って来て頂いた前提での展開。
というお話をしました。












そして、一般の方々にも参加して頂いた日。

いざ私物を飾るとなると、逆にその方が活き活きと品物の良さを魅せられる。
そして一生懸命想い出を説明なさる。
その品物のどこが好きかを知っているから上手く表現出来るのですね。

商業に置き換えるとこれが接客。
仕入れた商品を良く知っていれば何も難しい事ではありませんね。













そして今回のメインテーマである暮らしの中のディスプレイでは、
好きなもののテイストを合わせ、色の統一や、スペースの中の間の使い方等、、。
昨日より今日素敵になるような簡単テクニックをデモンストレーションいたしました。
殆どの方が「玄関を飾りたい」というご希望が重なり、
ビッフォーアフターでは追い付かず、デモンストレーションとなりました。


IMG_3779.JPG

涼しげな夏の室礼に黒を用いたいというご希望に対してのご提案。

IMG_3780.JPG

リクエストを頂き、写真の撮り方もレッスンいたしました。
どの角度から見て飾っているのかはとても大切。

IMG_3782.JPG

写真の上手な人はディスプレイが上手ですね。
光と影、分量と間、見る角度、の全てをふかんで見る事が出来ていると思います。

IMG_3783.JPG












今回は数少ない記録写真で、レッスンのご報告日記にさせて頂きました。
今後も、レッスンに関しましては、プライベートとさせて頂き、
DMなしのアポイント制とさせて頂く事と決めました。
一般、法人のどちら様でも、
ご希望のテーマや日程などございましたら、人数を含めいつでもお問合せ下さいませ。
最短で2か月先のレッスンとなりますのでご容赦くださいませ。











今日は、大きな仕事を終え、
ちょっと拍子抜けしています。
気持ち良い、風を感じ、この曲を聴きました。
















さて、この後は、いよいよ、8月納品の先様と、
9月納品の代官山蔦屋様での個展制作物に没頭致します。
両社合わせて100点を超える数なので一息で創らなければいけません。


タイミングよく、新作の金華山も届き、とても興奮しています!








皆様、いつも支えて下さり、期待して下さり心から感謝いたします。

地方在住のいつも会えない方々とも、
9月のロングランイベントではお会い出来ないかと今から楽しみにしています!

そして8月の納品先様は岐阜です。東京以南の方々にも見て頂けるようになります!
2の初めての本格的卸し。
器、matoi、accessoryの全てが常時揃うのは凄い事!!

更にリニューアルオープニングイベントでは限定アイテムも発表予定です。












暑い夏に負けないように更に熱く行きたいと思います!
posted by 2 at 17:16| Comment(0) | 記録ーdiary

2016年06月12日

週末近況



IMG_3564.JPG

これは毎朝の日課である早朝の庭仕事で収穫した植物で創るブーケ。
インスタではグッドモーニングブーケでアップしている写真です。


IMG_3565.JPG

そしてこちらは、
ダメもとで地植えで挿し木したものが人知れず開花していた紫陽花。
光を浴びて咲いている他の鉢より繊細で綺麗な色を魅せてくれた。
半日影がいいってこういう事でしょうか?ほんと綺麗です。

IMG_3567.JPG

クレマチスも天井を這い伸び順調に広がっています。

しかーし。

私はとんでもない事をしてしまい、
クレマチスの大きな根幹をバッサリ一本切ってしまいました。
クレマチスは成長してくると下から枯れ木のようになってくるので、
慎重に慎重に辿って辿って確認したつもりが見えなかった枝のその先の先に新枝が伸びていて、、嗚呼。
もしかしたら今アップしている長く伸びた蔓もなくなってくるかもしれません。
毎日、下から順番に枯れてくるクレマチスの大量の枯葉を涙しながら摘み取っています。
直径1cmはあった太い茎を切ったのですから半分はなくなるでしょうね。。。

でも成長はまだまだこれから!
この先も愛情を掛けて育てたいと思います。












次に、花より団子近況。

IMG_3558.JPG

こちらは最近嵌っている朝のヨーグルト。

京都のホテルアンテルームの朝食で気に入った組合せ。

黒豆ときな粉のトッピングです。
ほんのり甘くて美味しいですよ。
豆乳を欠かさず毎朝飲む私が豆乳をサボりたい時にとるきな粉療法です。

IMG_3559.JPG















IMG_3571.JPG

これは先日出掛けた旅先で買ってきた地産の野菜達。

今更ながらまた嵌っている
メゾンイエナ リチュエルのパン ヴィエノワをサンドイッチに。
http://rituel.jp/
ほんのり甘くてずっしり重い茶色のパンをかたまり事フライパンで焼いて、

IMG_3573.JPG

野菜やハム、チーズやサワークリームをワンパクにサンド。
ブラックペッパーやレモンをしっかり忍ばせるとバッチリ味がまとまります。

IMG_3574.JPG

IMG_3575.JPG

そしてここ数か月、野菜の擦り流しに嵌っているので時間が出来るとずっとガ―ガ―鳴らしています。

IMG_3503.JPG

絵面が全部同じですが、
人参をベースに、
新玉ねぎ+トマト、
新玉ねぎ+ジャガイモ
新玉ねぎ+カボチャ

と、いろいろ作っています。

野菜を薄い塩とブイヨンで茹でてブレンダーでガーッと回せば出来上がり!
暑くなる前のスムージ変わり。

赤が続いているので、今日からグリーンにしようとアスパラやセロリを買いこんでいたら、、

IMG_3586.JPG

男子ごはんにお昼に使われちゃった。汗。。。

我が家の週末は嬉しい男子ごはんなので、諦めますが、、笑。
このアラビアータも旅先の地産野菜で具沢山に仕上がっていました。

擦り流しは、スープと違って水分を少しにする事。
仕上がったらポタージュのようにドロッと。スプーンで食べる感じです。
スープカップ2杯で人参一本、芯玉ねぎ半分、トマト一個も摂取!
朝は温かくしてたっぷり。昼は庭仕事の後に冷たくしたものを少し副菜にしてと、習慣になっています。















そして、週末は、夫婦共に自由な時間に仕事をするので、
好きな時に食べられるものを作り置き。
週末の早い時間からの夕食や夜食など、田舎の夏ご飯みたいで好きなのです。

我が家は6月から10月が仕事のピーク。
今は、栄養を蓄え中?ちゃんと作っています。

IMG_3589.JPG

今日は朝早かったのでお赤飯も作りました。
私の実家は父が好きだったせいか、姉も私も何かあると、いや、なくても、、お赤飯を作る傾向にあるようです。













そして、今日の私の仕事は夏のアクセサリーを。

IMG_3583.JPG

何となく、首元が淋しくなるこの季節。
電車や施設の中ではmatoiを、そして外した時に夏らしい涼しげなモノをと創り始めました。

ごめんなさい。
自分用です。
いや、サンプルという事で!

IMG_3584.JPG

シンプルなモノクロと。

IMG_3585.JPG

檸檬色とのミックス。

このところ、どうしても檸檬色を身に付けたくて今日は朝6時に起きて猛スピードで創っています。
これはまだまだシュミレーション中。
また後ほど、完成図を見て下さいね。

お気に入りのマゼンダカラーのワンピースに合わせる予定です。








そんなこんなの、
相変わらずいろいろなモノを創っている私、、。

皆様からの「器届きましたー」のご丁寧なご連絡メールを嬉しく拝受しております。
私にはまだまだ届かないので羨ましいです。。。

後納の皆様も、ごめんなさいね。
いま暫くお待ち下さいませー。

それでは、引き続き、良い週末をお過ごしくださいませ。
posted by 2 at 15:24| Comment(0) | 記録ーdiary