2013年11月29日

Partyの準備そろそろ。









来月からの仕事は、来年、新しくスタートするブランドの、
ブランディング準備。

どこにも左右されない、自分なりの日本を表現したり?
布の美しさを魅せたり?手仕事とは?を考えたり?
まだ、詳しい事はお話しできませんが、
京都発の新しいブランドを手掛ける事となりました。




それとは、別に、

プライベートでは、すっかり年末年始の準備で大忙し。

お庭の冬支度もそろそろ始まりそう!
柿の木の葉っぱが色付き始めたので、
来週あたり、落ち葉の襲撃?毎朝夕のお掃除日課が変わります。



そして、これから多くなる来客の為のテーブルを考えるのは、
一番楽しい時期。

短編で見れるサイトを見つけたので、
沢山、貼りますね!

テーブルのセッティングや、
フラワーデコレーションの参考になる映像を見つけてご機嫌です。


このオアシス…乾燥が防げていいなあ…。




そして、花より何より、団子。






そうそう…このコーナーにもアイデアが欲しい。







さあ、どんなPartyが待っているのかな?
posted by 2 at 01:25| Comment(0) | 食ーa table

2013年11月06日

女子的おやつ。

久しぶりのおやつ記録です。

いつも個展で美味しいカシューナッツのキャラメリゼを頂くお客様から、
カシューナッツを大量に頂いておりました。

ワインを飲み始めたりする日は、
このままパクッと行きたいなあ…っと、
ず〜っと横目で眺めておりましたが、
今日、ようやく着手!

自由が丘にある、アメリカンダイナー、
NewsCafeで販売している、美味しい、メイプルシロップを
また入手できたので…。

RIMG9023.JPG

ネイティブアメリカンが作っているこのメイプルシロップは、
有名なカナダのアレ(笑)より、サラっとしていて風味が深い!
これに出会った時は感激。
ヨーグルトに、パンケーキに、本当に美味しいのです。

以下お店のHPの商品紹介ページより抜粋致します。

【Maple Syrup】

この度、ネイティブアメリカンが作るメープルシロップの販売を始めました。
[Dennis Banks Natural Product Maple Syrup]
ミネソタ州のリーチレイクに自生する砂糖替えでの森から集めた樹液を煮詰め、昔ながらの製法でシロップに仕上げました。少しスモーキーであっさりした甘さ。パンケーキの他にもアイスクリームにかけたり、ドリンクに入れても美味しく
召し上がれます。
4.22FL OZ(125ml) \980.-







こちらは、年に数回のアメリカ視察の度に、
至福の新メニューやお土産の数々が登場する、
いつも新鮮な情報と、
プロフェッショナルなダイナースタイルを提供するお店。
以前は職場の側だったので週に何度も通えましたが、
なかなか行けずに残念な感じになっておりますが…。

もうすぐ、サンクスギヴィングデイなので、
皆様、ランチやディナーを予約すると、
美味しいターキープレートが食べられますよ〜!!
http://www.newscafe.jp/?p=1480
11月28日(木)一日限定のようです。

NewsCafe HP
http://www.newscafe.jp/















今日は、三温糖で作り、仕上げにたっぷりメイプルを。

RIMG9007.JPG

RIMG9008.JPG

器は岡本修作。お皿は2のオリジナル。ナチュラルワールド。








RIMG9013.JPG

美味しすぎて、手が止まらない…。
事務デスクの側に置くのは絶対に危険なアイテム。
















RIMG9021.JPG

遠くから眺める事にしておこう。

何も作らなかった事に…。















RIMG9012.JPG

ジュル♪♪
posted by 2 at 13:01| Comment(0) | 食ーa table

2013年10月23日

Halloween Party at マダムH邸



姉の知人、憧れのマダムH邸でのHOME PARTYへ。
一品持ち寄りのPotluck Party。

もてなしも、お料理も、そしてお仕事も暮らしも、
達人ばかりが集うこの会。
皆様の懐をお借りして私も手土産の準備を…。


















前日夜。

みかん2.jpg

カボチャ料理ばかりだろうからかぼちゃは避けようかなあ…と、
オレンジ色の食材を物色していたら、
大分の小さなハウスミカン見っけ!

みかん1.jpg

シールを黒に塗って…。















ジャン

















みかん3.jpg

まずは、キャラでテンション上げて。











みかん5.jpg

コツコツ…。















そしてやはり、これを。

羊1.jpg

羊4.jpg

はい。ここ2〜3年嵌っているラスク。
そして昨年からマイブームの羊のラスク。



2.jpg

深夜に量産。

3.jpg

photo.jpg

ちょっと違う形も。
















4.jpg

焼く。焼く。焼く。

5.jpg





6.jpg

悪天候の上、遠方まで持ち運ぶので、
キャシャな足が折れないように、乾燥剤を入れて個包装に。

8.jpg

出来て来た…。




9.jpg

テープでおめかし。
ハロウィンバージョンに。

ふう…。

















翌朝。

15.jpg

楊枝にハロウィンカラーのテープで飾りを付け、

16.jpg

18.jpg

お刺身用の新鮮なベビーホタテが入荷していたのでフライにし、

17.jpg

小さな食用菊と一緒に…

19.jpg

ピンチョススタイルに。







盛り込み2.jpg

お花ラスクは味見用に。

盛り込み1.jpg

美味しいお料理ばかりでしょうから、
私の差し入れはお土産にして頂こうかなと。

RIMG8403.JPG

まあ、低レベル…汗。

RIMG8370.JPG

という事で、いざ、出陣。


























土砂降りの中、
屋根にHalloweenの旗がはためくマダムH邸に到着。

RIMG8353.JPG

RIMG8365.JPG

晴れたら外壁に取り付けられる筈だった風船が
玄関でお出迎え。
アプローチからかぼちゃの行進。

RIMG8363.JPG

RIMG8364.JPG














そして二階へ。












ヒューヒュー、ひゃーひゃーと、
壁に掛けられた布モノから、死者の大騒ぎの声が…。
















RIMG8366.JPG

素敵なお迎えのセッティング。






RIMG8368.JPG

RIMG8354.JPG

ああ、ここに来たかった〜!素敵〜。


RIMG8352.JPG

お部屋の隅々まで飾られた家族の思い出の写真。
暖炉やチェスト、の中に長い間育まれた家族の幸せのワンシーンが。
海外での暮らしが、現在も日常という事もあり、
幸せな家族のお話がとても印象的だった。







RIMG8369.JPG

アメリカ在住時代に、創られたセラミックの作品の数々。

RIMG8427.JPG

RIMG8421.JPG

マダムHは、トールペイントの先生でもあるので、
サクッと書いたと言われる、素晴らしい作品もあちこちに。

RIMG8422.JPG

RIMG8430.JPG

RIMG8384.JPG

RIMG8431.JPG














RIMG8434.JPG

乾杯。

声楽家、ピアニスト、馬のお医者様、
私が海賊さんと呼んでいる元船乗りさんなど…、
楽しいお話が伺える方々ばかり…。

(この写真は半分帰られた時の3回目の乾杯の図ですが…)

















私が一番楽しみにしていた、テーブル。

RIMG8355.JPG

RIMG8356.JPG

お料理、器。
ドリンクの準備の仕方。

本当に参考になりました。

















RIMG8378.JPG

高さのあるガラスのオーバルボールに蕪とパプリカの
ビネガーマリネ。

RIMG8379.JPG

リンゴとオレンジのはちみつバルサミコマリネ。

RIMG8382.JPG

鶏のジンジャー煮。

RIMG8375.JPG

はちみつを効かせてこんがり焼いたスペアリブ。
器は白磁のニワトリ。

RIMG8374.JPG

砂肝とジャガイモのコンポート。

RIMG8373.JPG

RIMG8372.JPG

RIMG8376.JPG

パナマ料理のレモンマリネは、エンガワ、お刺身など。

RIMG8383.JPG

旬の栗おこわ。

RIMG8393.JPG

ガンモのサンド。

RIMG8414.JPG

チーズや野菜のケークサレ

こちらは姉のお手製。砂肝のコンフィ。ワインが進みます。
パプリカの器はいいアイデアでした。

RIMG8389.JPG

RIMG8398.JPG














RIMG8395.JPG

キャンドルも灯り初め、宴もたけなわ。
お話が尽きない中、お部屋の思い出の品々も拝見。

RIMG8396.JPG

RIMG8397.JPG


私の知人宅は、
ハイモダンなお宅が多く、
自分の仕事に近いモードでインテリアを体感しますが、
アメリカンなしつらいとお話に、いつもとは違う感覚で、
家族の愛に満ちた暮らしの達人の空間にすっかり和んでおりました。

そんな数々の思い出の写真立ての中に、
娘さんの結婚式にアメリカで着られた、
私の母が仕立てたドレスの写真が。

世界中の社交界でも活躍なさるマダムH夫妻。

こちらは、ドバイ王妃ハヤ様と撮られた写真。

RIMG8416.JPG

このドレスも、母の作品。
母の手が紡いだ作品がこんなところでお役にたっているなんて。
母に見せたいと、感動の写真を撮らせて頂きました。
























RIMG8401.JPG

すっかり夜になり、テーブルも賑やかに。

フルーツには、
大きなブドウ。

RIMG8380.JPG

今が旬で甘い姫リンゴ。

RIMG8402.JPG


RIMG8415.JPG

珍しい差し入れの黒い柿。

halloweenだあ!!

RIMG8432.JPG

お手製のしょうがの蜜煮。













そしてデザートには、

RIMG8418.JPG

近所の農園で収穫なさった
ブルーべりーのジャムが入ったカカオケーキ。

RIMG8420.JPG

甘くなくて私好み〜。
















RIMG8360.JPG

そしてこちらは姉の力作。
















Halloweenだから、ビックリしないでね



































RIMG8387.JPG

ひえーーーーーーーーーー

RIMG8388.JPG

開けてビックリ、よく見てビックリ、

更に、

RIMG8392.JPG

凝視して、もっとビックリ!!!!!!






わ〜。もう…ブラックジョーク満載でしたが、
男性陣はパクパク、そして女性陣は写真で遊び、大人気。

最後は指輪までお借りして記念写真。

RIMG8410.JPG

笑。






私もHlloweenのお料理をと考えた時に、
カボチャ色ばかりで華やかに違いなので、
ゴマやイカスミなどでスカルやクロスをなどと、
シュールバージョンも、いろいろ考えてみましたが、
いや、ここは失礼があってはと思いとどまっての
これでしたので、大ウケでしたあ!!

とは言え、この作品。
指はクッキー爪はピーナッツで出来ているので、
焦がしても色が違っちゃうし、焼きを間違ってダレると
指にならないしと、結構高度な技術を要するもの。
作り慣れている姉ならではの力作と、
身内ながら凄いと!

次回は、ジャムで血のりを付けて〜とか、曲げて〜とか、
シュールに盛り上がりました。笑。





RIMG8412.JPG

途中、様々なカクテルもご主人が作って下さったり、
美味しいお酒を沢山頂きました。

H先生のお料理は勿論の事、皆様の行き届いたお手土産など、
大変、勉強になりました。

久しぶりに、素敵な人生の大先輩方のお仲間に入れて頂き、
心の底から、楽しんで時間を忘れた一日でした。

次回はクリスマスにもご招待頂き、今から楽しみでなりません。

お料理の練習をしなくちゃ。





皆様、お世話になり、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
posted by 2 at 02:36| Comment(0) | 食ーa table

2013年10月17日

懐かしい記録。



新しいパソコンに昔の写真を移行するにあたり、
何だか、お掃除中にアルバムに嵌ってしまうような感覚でいろいろと見て懐かしんでおります。

2がスタートしてもうすぐ3年。

私も来年は折り返し地点の大台に。
2の区切りは来年の11月にしようかな。

そんないろいろな気持ちを整理しつつ、
年末に向けてそろそろ準備も始まりそうです。




懐かしい写真シリーズ、暫く続けようかな?







RIMG6988.JPG

これは、アトリエにテレビの取材が入った時の写真。

RIMG7000.JPG

RIMG7005.JPG

テーブルセッティングのノウハウをお話して、
ビッフォーアフターなど楽しい編集を経験しました。

RIMG7019.JPG

インタビュアーが素敵な万梨音さんだったのでいい時間でした。
お母様は、シンガーのロザンナさん。
イタリア料理のお話も伺いあっという間の一日でした。

RIMG7047.JPG

この時もご紹介した、緑ヶ丘のポムドテール。
スタッフ、クルーも全員食事出来て、感激なさっていました。

基本的に、料理方法をあまりお話されないママさんですが、
あの美味しいお味噌汁にはいり子だけではなく、
鶏のお出汁も入っているのよと、ラッキーな情報も。

先日から、夕食に通っていますが、
ランチよりも2品ほど多く、スペシャルなバランス!

サーモンのオードブルサラダから始まり、
メイン、そしてあのランチの品数が出てくる。
夜はグラスワインでも飲みながらゆっくりできるし。
本当におすすめのお店です。

一緒にみんなで行きたいですねえ〜!
















RIMG0869.JPG

こちらは昨年のクリスマスのホームパーティー。
リハビリ中の後輩を労いたくて…温かい一夜の図。

RIMG0954オリジナル.JPG

大人数のお料理を創るのは実家譲りの大好きな習慣です。

今年は、お料理好きな人達と持ち寄りもいいなあと思案中。

やっぱり人の創った美味しいものは最高ですよね。


この時のお気に入りは、じゃこと山芋のすりおろしの中に、
枝豆を入れてポトンと素揚げしたもの。
ブラックペッパーを入れてスイートチリソースを添えました。
















懐かしい写真も、いい記録として、
この時期に振り替えるといろいろな参考になる。

私の長い髪も懐かしい…。笑。
また書きま〜す。
posted by 2 at 18:59| Comment(0) | 食ーa table

2013年10月16日

お礼。心尽くしの品々。






個展の度に、皆様からの差し入れやお土産などを日記にするのは何とも言えない気持ちです。
個展へ来て下さるだけで嬉しいのに…、どうぞ手ぶらで来て下さい。

皆様選りすぐりの品、心を込めて用意して下さる気持ち、感謝の気持ちを込めてここに記します。

皆様、本当にありがとうございました。





RIMG8288.JPG

個展直前のディスプレイ調整でヘトヘトの朝。

京都の陶芸家の友人から小さな箱が届きました。
仕事の傍ら、工房の敷地で畑作業を楽しむ暮らしぶりの伺える旬の便りでした。

RIMG7686.JPG

真っ赤に熟れたイチジクは新鮮なので実がしっかりしていてとても美味しかったです。
一つずつ丁寧に薄紙でまかれ、大切に育てた気持ちが伝わりました。

RIMG7688.JPG

小さなエンドウ豆も優しい色で。
ひと房づつ外すのも一苦労です。

RIMG7687.JPG



同じ時間に届いてディスプレイしていた岡本修さんの作品に早速。

RIMG7689.JPG

器は食材が乗ってこそ活き、食材は器によって変身する。

RIMG7694.JPG

ディスプレイにも勇気がでます。「よし!やっぱり色絵はいい!」と。

RIMG7698.JPG

RIMG7701.JPG

RIMG7702.JPG

この日のお昼ご飯はイチジクと山盛りのいんげん。
それでも久しぶりの人間らしい食べ物でした。

RIMG7774.JPG

Y-chanありがとう。いつか遊びに行きます!









そして午後にまたピンポーン。

RIMG7770.JPG

いつも皆様へのお茶請けにと、
3年間ずっと応援してくれている、後輩D-sk。
なんとお礼を言っていいのやら、今ではまるでアシスタントが来たような安心の贈り物となっています。

DSC_1111_01.jpg
(photo S-chan)

DSC_1113_02.jpg
(photo S-chan)

こんなに高級なものを頂いていいのかなあ…。
とても一人では頂けず、皆様と少しづつ(いやたっぷりありましたね)贅沢な旬の栗を味わいました。
和栗とイタリアの栗をたっぷり入れて焼いた栗のテリーヌという、足立音衛門のパウンドケーキでした。栗好きの私は個展を忘れて堪能していました。D-sk本当にいつもありがとうね。また逢いに行きます!






そしてまたピンポーン。

九州の取引先から…。納品かなあと思ったら、まさかのご馳走。
皆様へのお茶菓子にと福砂屋のカステラキューブが30個も入っていました。

撮った写真が見つけられず、載せられませんが…。
キューブは福砂屋の新作で、カステラの美味しさそのままに小さな箱に二切れも入っていて、組み立て式のフォークが内蔵されている優れもの。初体験でしたが、夜の大人数の来客時、大変ご馳走となり助かりました。私の栄養補給にも!もちろん!!  O-samaありがとうございました!

















そしていよいよ個展初日。

一番乗りのS-chanは、毎回ありがたい手作りの品を。記録写真をお願いしている為、重い重いカメラをご持参の上、更にパッケージまで版を押して創る拘りのお土産まで。

RIMG7818.JPG

いせ辰の版画なのに、蛍光ピンクの発色。

RIMG7819.JPG

細部にわたって手を抜かない拘り。これは海外のアートフラワーの材料、'めしべ'だそう。

RIMG7820.JPG

毎度、添加物なし!今回はいい香りのネギ味噌。

RIMG7821.JPG

炊き立てご飯や厚揚げで美味しく頂きました。
いつもありがとう!手創り料理好き大集合の持ち寄りホームパーティーしようねえ!
















そして大好物の栗、栗、栗。

RIMG7948.JPG

皆様、各地、各店の逸品を。

RIMG7947.JPG

もっちもちの栗大福は夕食に。A-samaありがとう!

銘菓・すやの栗きんとんは名古屋から持って帰って来てくれました。T-chanありがとうね。
S-chan、M-chan、H-chanありがとう。

そして老舗のマロングラッセ。
パッケージもレトロで捨てられません。全部独り占めしたかったなあ。
大人の来客だけに出しましたが大評判でしたよ!K-chanいつもありがとう!

RIMG7909.JPG




美味しいドライマンゴーに焼き立てのパンは、すぐに完食…。
写真撮り忘れました。ごめんなさい。








RIMG8279.JPG

これは焦がしキャラメルのバームクーヘン。

RIMG8181.JPG

と、くまモンキャラメル。T-tanウケマシタ… 笑。

















RIMG7945.JPG

明治屋のマスカット。

RIMG7988.JPG

大大好物に興奮して、
思わず、春に発表予定だった器に盛ってしまいました。

綺麗だったなあ…。果物の形と、器の輪郭がよくあっていて、
すごーーーく美しかった!
皆様に振舞う時も、器から優雅な感じがこぼれました。
S-sama、貴重なものをありがとうございました。

RIMG7991.JPG

初日にスタッフにまでも頂いた、
珍しい北見ハッカの紙ナプキンを、
小さなおしぼりに切って添えました。

RIMG8017.JPG

同じ方の手作りの品。カシューナッツのキャラメリーゼが瓶に一杯!!
後日ちゃんとスタッフと分けたり、お茶請けにしたり、
S-sama、大好評でしたよ! 美味しく頂きました。
















こちらはお花の球根。

RIMG7911.JPG

個展後にほっこり庭で和み、鉢を選んでにんまり時期を待ちます。
掌にのる小さな贈り物に、春までの楽しみがあるなんて凄いですよね。
春の個展で見て頂けますように!Mg-san楽しみです!

















RIMG7998.JPG

いつもお花を片手に来られるお花のような人。

RIMG7999.JPG

アトリエが華やぎました。I-chanいつもありがとう!

















こちらは珍しいチョコレート。
保冷剤と一緒にやってきたこのチョコはなんとドリンク用。

RIMG8019.JPG

RIMG8020.JPG

RIMG8021.JPG

二種類毎に刻み方も違うなんて凄い。
しかも賞味期限がケーキなみ!
朝から脳の栄養で美味しく頂きました〜。
K-san、K-chanいつも珍しいものをありがとう!
















疲れもピークの中休みの休日。

前半にほぼ売れてしまい、
後半の来客の為に念入りにディスプレイ手直し。
ガス台には台を置き、パソコンや音源をセットしかける為、
閉じたままで食事できず。

そんな中。ピンポーンと荷物。

















初日一番枠に来て下さり、お土産も下さった方からまた贈り物が。

RIMG8023.JPG

包みを開けたら涙がこぼれた。

RIMG8024.JPG

RIMG8026.JPG

ニシン、麹、ハムステーキ、お茶漬け海苔、天ぷら、そして手作りの煮玉子。
品物ごとに、優しいメモが…。ご趣味である美しい書で。

涙をぬぐって、すぐにガス台の上を撤収。
これは食べないと絶対にダメと目が覚めた。

数週間ぶりの自炊。

蕎麦ぐらい食べようと買ってあったのに、
うっかり火が使えない事を忘れていて、冷蔵庫に放置。


これを機に、思わぬ温かいご馳走が出来た。

RIMG8027.JPG

蒲鉾にはアサリやアワビなど海鮮が沢山入っていた。
煮玉子の優しい思い遣りで涙が笑顔に変わった。
身内でも、後輩でも、友人でもないお客様に、こんなにして頂いて。
本当にありがたかったです。
次回からは、ちゃんと食べますので、どうぞ見守っていて下さい。
S-samaありがとうございました。

gift fukuro.jpg














そして夜。

今からちょっと寄るね〜と、緑ヶ丘ポムドテールのママさん。

お忙しい中、お店では食べられないカレーサンドを持って来て下さった。

RIMG8047.JPG

RIMG8048.JPG

このカレーはフワフワのチキンに、ふっくらレーズンが山盛り入っているのが特徴で、数日間、冷凍して味を馴染ませるらしいのです。お店では頂けないので、こんな特別はありません。
私がいつ食べれるか解らないのでと、サンドにせずドンクの食パンまで別に。

RIMG8049.JPG

ママさんのご指導通りに、フライパンでパンを焼いてバターを塗ってサンド!

RIMG8051.JPG

美味しくて目がパッチリ!

RIMG8052.JPG

フライパンで食パンを焼くっていいですね。20秒ぐらいで焼けるし、トースターよりパンが乾燥しないので、ふわっふわで香ばしい!皆様も是非、お試しください。






「私の前でにこにこするな、頑張るな、頑張るな」と言い続けてママさんは帰られ。
背中を見送り、また涙。

一人ぼっちの会社でも、沢山の人の愛情で支えられやっと立てる。
全ては作品の力に!
頑張るしかない!と張りつめた気持ちがビヨ〜〜んと伸びた。ママありがとう。
ずっと助けてね。




そして、私がお土産に忍ばせておいた、走り書きのお手紙に、
「深夜に気づき感動した」
「明日の閉店後にお赤飯を届けます」と深夜のメール。





RIMG8059.JPG

「ママさんのところに食事に行っておいで」と旦那に背中を押され、数日ぶりの休憩。
一人で長い長い夜に、ママさんのお店の本を沢山読みました。
そばにいる時は黙って静かにそっとね。
1970年代の暮らしの手帳が沢山ありました。

あのお店に行くと、入る時は丸い背中でも、出る時はスキップ。

個展時に皆様を見送る気持ちは、きっと20年間ママさんに教わった心かも知れません。








旬のモノ。添加物なし。手創り。愛情。
時々、ジャンク。美味しい。楽し。

一生懸命。時々、サボり。
無我夢中。時々、酔っ払い。

いつも笑顔。たまには、知らんぷり。
いつも感謝。たまには、無礼講。

みんないい人。
ご縁は貴重。

ありがとう。
ごめんね。

いただきます。
ごちそうさま。

















すっかり元気を取り戻した中休みを過ごし、
後半のお茶請けをそろそろ買いに出かけなくちゃと思っていたらまた。

ピンポーン。

















前半に福砂屋を送って頂いた0-samaから、
大量の小城羊羹が。こちらもまた、佐賀県の銘菓。
なんとお礼を言っていいのやら…。

RIMG8102.JPG

パクッと一口、美味しい羊羹を頂き、
濃い玉露を入れて。スーーーーっと肩の力を抜いて。
外出しなくて済んだ時間を後半のディスプレイに注ぎ込めた。






間もなく、お庭の手直しに、EST-garden様が。

RIMG8105.JPG

出来たばかりのベーカリーショップの品。

RIMG8103.JPG

RIMG8104.JPG

パッケージもデザインもいい感じ。
いつも新しい情報を届けて下さる。
アツアツでとっても美味しかったです。
















そしていよいよ、後半初日。

RIMG8108.JPG

手創りのパウンドケーキ。
一切れづつ丁寧に包装され、

RIMG8158.JPG

'フルーツ''チョコレート'とテープが。

帰られてから、ゆっくり頂こうと、写真を撮っていたら、

RIMG8155.JPG

なんと、中もちゃんと二つに切れていた。
あの時、一緒に食べれたんだなあ…と感激。
温めて、いつまでも美味しく頂きました。Y-chanありがとう!
















そしてこちらはプロ仕様。

RIMG8163.JPG

RIMG8164.JPG

切りたくないですね。武蔵小山の隠れ家有名店です。

RIMG8159.JPG

いつも優しいお手紙が入っています!
F-micchieいつもありがとう!

RIMG8189.JPG

みんなで楽しく頂きました。
















RIMG8177.JPG

そして、大好きなITALYの生もの。
姐さん、飲みたくなるので勘弁して下さい!!笑。

写真に撮り忘れた生ハムは、先に書いたバゲットと一緒に、
パクパクと、旦那と夜食になりました。
チーズは先日の女神祭りでワインと一緒に、美味しく頂きました!
ありがとうね! 手ぶらで来て下さい!


















そして…ああ、書ききれるかなあ。

ここからは一気に7人来られました。スピードアップしていいですか?





RIMG8173.JPG

毎朝飲んだこのジュース。
忙しい時の、粒々はいいですね!すっかり気に入りました〜。
b-benありがとう!
















RIMG8175.JPG

ストライクど真ん中のパッケージ。

RIMG8303.JPG

今日も頂きました。
しらす、たこ…胡椒…。どれも、めちゃウマで嵌ってます。

個展デビュー嬉しかったです!N-chanありがとうね。

















RIMG8167.JPG

リッツカールトンのお土産。
ケリーバッグに入ったチョコレート。
後日きた姉が「キャビアショコラね!」と言っていました。
さすが、またアンテナが一緒でしたよ。美味しかった〜。
piyo!ボストンバッグでおかわり〜!!!! 笑。
いつもありがとう!お愛想なしでごめんね!

















RIMG8179.JPG

北海道帰りのロイズの新作。美味しかったね。
ky-chan 来てくれてありがとう!
















そして

RIMG8180.JPG

マリアージュの大人気の新缶。
毎日、ミルクで炊いていま〜す。
I-chan お心遣いをありがとうね。



そして北海道の安南?(だったかな?)ジャガイモと玉ねぎ。
写真も撮らずにバターでパクパク食べちゃいました!
個展デビューありがとうございます。
安南?美味しいですね。N-san。またお待ちしていま〜す!

パリセベイユの焼き菓子も美味しかったなあ…。
A-chan、ありがとう。お写真なくてごめんなさい。



他にも沢山、撮り忘れがありました。
記憶違いや忘れている事など、どうかお許しください。


















RIMG8207.JPG

そして翌日。

なんだか嬉しいパッケージ。
手描きの楽譜です。ウクレレのTAB譜でしたが、コードが書いてあったので、
昨日ぐらいから、ようやく落ち着き、弾き始めましたよ〜。
メッセージも嬉しかったです。

でも何故、愛しのエリーなの?と考えて…。

私の事、愛しいのかなあ…、
♪泣〜かした事もある〜♪♪(うんあったあった!)♪♪冷たくしてなお♪(いや冷たくはしてないしなあ…)
♪笑ってもっとベイビー♪♪(笑えってことかあ?)
と…歌っちゃあ、考え、弾いては止まりしています。
で、Ze。あろうことか、一行抜けてるよ!!!!  笑。
次回、赤鉛筆で添削して返却ね!  笑 笑!!
愛してるよ〜。

(あ、那須SHOZO.cafeの焼き菓子美味しんだねえ〜!
今も食べてます!)
















RIMG8182.JPG

そして。こちら。
「このパッケージ見せたかったんです」と飛騨高山からのお土産を。

RIMG8183.JPG

確かに、レトロや老舗は大好物です。
中は大豆の砂糖がらめと青海苔がらめ。
京都、五色豆の原点だそうです。
ほうじ茶と一緒に今も美味し頂いています!

飛騨古川という場所に狐の火祭りを見に親子旅行されたそうで、楽しいお話を沢山聞くことが出来ました!
狐と狸の化かしあうお話って神秘的で尽きませんね。
個展でのお支払いは、葉っぱはご遠慮願いますよ〜♪♪

お母様、N-gieありがとう!ありがとうございました!
















RIMG8304.JPG

そしてこちらは、いつもオーガニックな品物をお持ち下さる素敵な方。

またまた珍しいドイツのお土産を頂きました。
先にも載せましたこの写真の背景の新聞。

gift fukuro.jpg

この新聞も、わざわざドイツから持ち帰って私なら喜ぶと、大切に下さり!!!!!
こんなにも大好物はありませ〜〜ん。海外の紙ものって本当に好き。行かないと手に入りませんからねえ。
とってもとっても大事にしていま〜す。
キャンドルもバスタイムにお気に入りです!

RIMG8029.JPG

k-sama。
いつも楽しい時間と夢のようなお話をありがとうございます!
またお会いできる日を楽しみにしています。
これからもしっかりがんばります。

















そしてアンカーは、姉。

RIMG8220.JPG

新鮮で大きなカボス〜。

と、その横のリンゴっ子は、
師匠の姪っ子が青森旅行から持て来てくれたものだった。
赤いリンゴっ子はお腹の中に。E―ca〜今度は呑もうねえ!
来てくれてありがとう!嬉しかったです♪♪

そしてカボスは、汁を絞り、皮は冷凍。
一つは新鮮なうちにお蕎麦に薄切りを丸々一個分浮かべて食べましたあ。
これからの季節に、お醤油と割ってポン酢にするのが楽しみです!
いつも来てくれてありがとう!
いつかオンリーワンを創るね!











そしてこの後、打ち上げの乾杯の筈が…。まさかの急性胃炎に。
姉に泊まって貰い、看病してもらう事となりました…とさ。
















最後に。もう、いっちょ。

個展明けの日曜日。

まだ医者にも行けずに、
手元に何故かあった胃潰瘍の薬を飲みつつ元気だった日。

ピンポーン。




まさかの。


















RIMG8237.JPG

はい。心ばかり、どころか、思い遣り尽くしです。

RIMG8238.JPG

RIMG8239.JPG

皆様、ご存知のHIGASHIYAさんから美しい和菓子が。



RIMG8242.JPG

丁寧に綴られた優しいお便りと一緒に。

RIMG8243.JPG

思わず、2のオリジナル、岡本修さんの器に盛りました。

RIMG8244.JPG

こういう時って辛い事を忘れるものですね!
器もお菓子も最高!です。





ひと箱ごとにデザインが違っていたので、
器も変えてみました。

これは未発表の新作。次回、春に発表する予定の器です。































ジャン!




























RIMG8246.JPG

可愛すぎるうううう♪♪♪














RIMG8247.JPG

じゃんっ♪
















RIMG8248.JPG

じゃんっ♪

















RIMG8249.JPG

じゃじゃんっ♪
















RIMG8250.JPG

じゃかジャン♪♪






最高でしょ。

この器はこのお菓子をきっと待っていたのでしょうね。
m-chan 疲れ切った午後に、笑顔がこぼれました。
姉と二人で分けて、私も毎日、しおりを見ながら、中身を楽しみに、
一粒一粒頂きました。

どうぞお気遣いなく。本当に嬉しかったです。
ありがとうございました〜。

























ながながと、懐かしく、楽しい日記を書かせて頂きました。

写真の記憶だけで書いておりますので、
撮り忘れたものや漏れているものも沢山あります。
ごめんなさい。お許し下さい。


そしてここまで絶賛しておいて言うのもなんですが…。
どうかどうぞ、手ぶらでお越し下さいませ。
個展ですので、来て下さるだけで喜んでいます。
皆様もお土産を考え過ぎて、
来たくなくなるのでは?と不安です。苦笑。



改めて、この場をお借りして、
皆様の思い遣りに、心からお礼申し上げます。
ありがとう!
ありがとうございました。

2 acco oimatsu

個展記録日記 完。
posted by 2 at 22:24| Comment(0) | 食ーa table

2013年06月27日

そしてエジプト塩。



RIMG5796.JPG

そして。と言っても随分間が空きましたが。笑。
いやあ…。食BLOGはあまり書かないのですが、
いつもアクセス数が3倍になるので可笑しいです。
皆様、いつも読んで下さり嬉しいです。

で、エジプト塩。の続き。
主人の出張先のお土産ではありません。
先日の日記の続きです。

主人はパプアニューギニアのラバウルから、
先日、無事に帰ってきました。
本題に入る前に、面白い話をひとつ。


8日間同行してくれた、PNG(パプアニューギニア)の、
現地コーディネーターに最終日に聞いた質問と答え。


「○○族は、現代にも沢山居るのに、
△△族は殆ど残って居ないのは何故?何かあったの?」

○○族の現地コーディネーター
「ああ。僕たちの先祖、昔、食べちゃったんですよ〜。」

夫「……笑   ……。」この時浜辺で二人っきり。



無事に、生きて、全身帰ってきました。 笑。
来月、また行きます。    

狩るか狩られるか?
食うか食われるか………。食う? 笑。






















と言うことで。本題です。

クラスカのイベントで買った調味料'エジプト塩'のブースで
食べた美味しいフォカッチャと茸の惣菜を再現してみようと。

翌日の朝食に。

RIMG5795.JPG

茸の種類は違うかも知れませんが、
シメジを裂いてオリーブオイルで炒め、
軽く白ワインで蒸して、エジプト塩投入。

RIMG5800.JPG

しっかりトーストした食パンを細長くカットし、
そのまま乗せて、

RIMG5804.JPG

RIMG5811.JPG

仕上げに、VEオリーブオイルをかけて、

RIMG5815.JPG

ピンクペッパーでアクセントを。



エジプト塩、ナッツが沢山入っているので、
食感が面白い。クミンがほんのり異国へ連れてってくれます。

RIMG5797.JPG












そして、その夜も。

作品を見に来て下さる来客があったので、食事を軽く。

19時半のお客様は、お腹が空いていらっしゃるので、
仮縫いじゃない時は、気紛れに、軽い食事を用意します。

RIMG5819.JPG

山葵の茎の三杯酢漬けを刻み、紫蘇や胡麻と一緒にお寿司に。
さっぱりした寿司飯なので、
具は甘く煮たお揚げさんを刻んでたっぷり。

古伊万里の蓋物で。





RIMG5830.JPG

そしてこちらは、バゲット。
お芋好きのお客様だったので、マッシュポテトを作ってディップに。

エジプト塩は、お話のおかずに。ショップカードも添えました。

RIMG5831.JPG

この食べ方もGOODでした。

RIMG5838.JPG

クランベリー&ナッツのパンには、
クリームチーズを添え、エジプト塩、または、
写真のメイプルシロップをかけて。

これは、自由が丘NEWS CAFEで販売している、
ネイティブインディアンのメイプルシロップです。
(数量限定なので、今も販売しているかどうかは解りません)
今まで定番でカナダのものを食していましたが、
香ばしくて香りが良くて、
こんな美味しいシロップは初めて。











そして上にチラッと写っていたオリーブオイルは、

RIMG5399.JPG

先日、個展で差し入れに頂いた、
たねやのトマト寒天に添えてあったもの、

パッケージが面白くって、
食べるまでの楽しみもあった品物。

右の白い棒の上に穴を開けると、寒天が解けて出てきます。
そして、赤いのがトマトを甘く煮たもの。

RIMG5400.JPG

オリーブオイルは使い切るように、
チビサイズが沢山入っています。これが最高にいいデザイン!

RIMG5847.JPG

RIMG5848.JPG

寒天は甘くなくて、トマトピューレが甘い。
そこに、たっぷりオイルをかけて頂きます。

RIMG5851.JPG

珍しい夏のお菓子。
何日も、皆さんと楽しみました。ありがとう!
お庭の、トマトの実が成ったら、
自分で作ってみようかと思っていま〜す!!













そしてそして、

こちらは、私の相棒D-skが、
個展の応援で、毎回送って下さるお菓子。

RIMG5088.JPG

毎回、個展に行けないからと、
飛び切りの、お茶菓子で私をサポートしてくれます。

老舗の和菓子は、凛とした包みからやられます。

RIMG5089.JPG

小鯛焼きで有名な、桃林堂。
関西の老舗です。

RIMG5090.JPG





旬の期間限定品。生水羊羹を。

RIMG5091.JPG

風車のように紙を畳んでから、羊羹を注入。

RIMG5095.JPG

なので、余白の部分にも羊羹が入っているのです。

RIMG5099.JPG

RIMG5097.JPG

蓋を開けると、風車のように開きます。
初日、2日目のお客さんには楽しんで頂きました。

D-sk。いつも本当にありがとう!美味しかったです!









皆様にご縁を頂いた、各地の美味しいお茶の友。
漏れなく、とても堪能致しました。
沢山のお心遣いに感謝いたします。

これにて、個展の記録は完了です。
ながながと呼んで下さり、ありがとうございました。

明日は、久しぶりに、デコレーションの仕事で、
ホテルに入ります。

各地の雨の被害など、ない事を祈っています。
お日様が早く戻りますように。






















posted by 2 at 01:55| Comment(0) | 食ーa table

2013年06月23日

目から食べて、心で美味しい。



個展の緊張から解放され、この週末はのんびり家事を。
先日、友人に誘われ面白いイベントに出掛けました。


HOTEL CKASKA で行われた。
ケータリングフェス 御野菜
http://www.claska.com/news/2013/05/claska_201362019002200.html

ケータリングのプロや食材の専門家達が提案するフードショーだ。


【エジプトの塩】
http://s-s-a-w.com/

【山フーズ】
http://kobiyamasatoko.com/yama-foods/

【粒粒】
http://tsubutsubutsubu.tumblr.com/

サイト内で予習した、上の3件に興味を持ち、楽しみに出掛けました。
近所なので気楽に。手ぶらで。タクシーでビューと。






RIMG5735.JPG

RIMG5732.JPG

RIMG5731.JPG

RIMG5737.JPG

ここは、老舗目黒ホテルを全面改装した事でも有名で、
エントランスのデザインはあのアーティスト集団トマトが
手掛けている事でも知られています。

よく打ち合わせに使ったり、食事に行く場所でもあり、
さまざまなイベントも面白く、
ホテルの部屋のコンセプトまでもが好きで、
近隣にも関わらず、過去、泊まる愉しみもあったホテルです。

このイベントに集まる客層も、出展者も、
自然体の洒落者が多く、私は癖になりそな愉しい時間でした。

ナチュラルな食を追及する人々に、
ヒッピーの佇まいを感じるのは私だけでしょうか?
居心地、最高でした。



カフェ飯やデザインだけの食事は苦手な私ですが、
なかなかどして!意外に美味しく、
盛り付けのアイデアや、プレゼンテーション力は、
現代のケータリングのプロ集団と言った印象で、
とても勉強になり、刺激を受けました。

同行者のS-chanも、ナチュラルな食に精通しているので、
解説など聞けて更に充実しました。











RIMG5739.JPG

こちらは '山フーズ'のブース。

シャーレを器に三色のディップを入れ、
胃袋シールを貼っています。
「食べるとお客様の胃袋もこのようになります」と接客もイカしてる。

RIMG5742.JPG

おそろいのエプロンの演出も大切。
ディップにはお野菜と、

RIMG5741.JPG

ゴマやかぼちゃを練り込んだグリッシーニが付いてくる。
大量のゴマの中に挿してあるのは、山フーズのお得意のようです。

RIMG5762.JPG

どれにしようかなあ…。

RIMG5763.JPG

カメラ目線で。はい!ちい散歩的アングルでね。

この日誘ってくれたs-chan。

RIMG5744.JPG

先日の個展で買ってくれたnatoi-flowerを、
既に着こなしてきてくれて感激でした!

RIMG5747.JPG

いつもスタイリッシュで上級ですね!









RIMG5752.JPG

RIMG5751.JPG

RIMG5753.JPG

ピンチョススタイルのプレゼンテーション。
器は発泡スチロール。竹串のままグサッとね。
ドライフラワーも一緒に刺さっています。




私が一番愉しみにしていたここ。

RIMG5750.JPG

'エジプトの塩'というオリジナルの調味料を販売しているSSAW。

RIMG5757.JPG

RIMG5758.JPG

RIMG5761.JPG

RIMG5749.JPG

パニー二の上に様々な惣菜を乗せて並べている。
この色、統一感。魅せ方にワクワク!

塩はナッツやクミン等のスパイスが入った珍しいもの。
購入して帰り、翌日から自分のお料理に愉しみました。




他に、
インディゴ(藍)をパン粉に混ぜて揚げたもの。中はお野菜。

RIMG5738.JPG



RIMG5768.JPG

こちらは粒粒のブース。
菜種油やごま油などでコクを出して揚げた、
味付けご飯のおにぎり。中には煮豆などが入っていた。

RIMG5771.JPG

彩り華やかな、朝漬のような副菜を添えて出来上り。

RIMG5772.JPG


初めは空いていましたが、8時を過ぎると満員状態。
私たちはラッキーにも静かな個室エリアに席を確保出来たので、
ゆっくり静かな時間を過ごせていました。

RIMG5787.JPG

これは、入場の証。
バンドを付けて貰ったら飲み物フリー♪♪
私はEDOビールをベースにしたカクテルに嵌ってしまいました。
ドリンクの魅せ方も、色もコンセプトもとても綺麗でした。





沢山、写真を撮りました。

RIMG5755.JPG

RIMG5754.JPG

RIMG5775.JPG

RIMG5776.JPG

RIMG5778.JPG

RIMG5779.JPG






こちらはHOTEL CLASKA の出品ブース。天麩羅。

RIMG5780.JPG

RIMG5781.JPG

旬の具材を目の前で揚げて頂き、

RIMG5782.JPG

レモン塩、えび塩、しょうゆ塩、八角塩、などで頂きました。






RIMG5785.JPG

RIMG5783.JPG

RIMG5784.JPG



そんなこんなの楽しい夜。

二人で出掛けたのは、現役時代の出張振りでした。

RIMG5789.JPG

会うたび、刺激を受ける仲間は最高です。






これは、先日の個展の時に頂いたお土産。
いつも手作りの珍しいお料理を持って来てくれるS-chan。

RIMG5381.JPG

らっきょうのしょうゆがらめ。

お母様から伝授された一品だそうで、
しゃきっとした食感にあっさり醤油が絡んで、
甘み爽やかな珍しいらっきょうの頂き方でした。

なにより、このパッケージ。

RIMG5120.JPG

前回のにら醤油も、そうでしたが、
毎回、丁寧で、探究心の深い料理や、
パッケージのご趣味に感心します。

RIMG5376.JPG

シールを外すとバランスが崩れるので、
パカッっと。ね。

RIMG5378.JPG

この包装紙もハンコで押して柄を創っています。





RIMG5382.JPG

一緒に入っていたこれ。

RIMG5383.JPG

個展開催中にらっきょうを食べた時の為の口臭消しにと。シャレ。
(いや、本気のお気遣い!)
逆に食べたくなりました。笑。



愉しいパッケージ。

小さなシールは子供の為の物で買ってはいけないと
我慢していましたが、このように使っていいのですね。

RIMG5384.JPG

RIMG5385.JPG

RIMG5386.JPG

RIMG5388.JPG

久しぶりに、気に入った2が増えました。


お気に入りのショーケースに殿堂入り。

RIMG5398.JPG

RIMG5394.JPG

ありがとうね。

















RIMG5393.JPG

私は入れてくれないのね。ぺろっ♪♪










目から食べて、心で美味しい。
愉しい夜に、沢山、勉強しました!

皆様からの美味しい差し入れBLOG。まだまだ書きます!
posted by 2 at 21:59| Comment(0) | 食ーa table

2013年06月09日

ある日の午後。旬の贈り物。



今日は仕入れと、別注品の制作の日でした。

ちょっと休憩で、
個展前、京都の叔母が送ってくれた旬の野菜で、
久しぶりに人間らしい食事をした、
ある日の午後の事を書こうと思います。





「個展前で忙しい。食べてない。」とつい話すと、
田舎の親戚や、親姉妹は、必ず大量の食材を送ってくる。
我が家のリビングとキッチン、そして冷蔵庫までが、
普段の暮らしを一掃し個展への準備に入っていても。笑。

個展の1週間前は、ディスプレイが完成しているので、
臭い移りを避けるために料理が作れなくなる。
ガス台にはパソコンを移動して音楽のシュミレーションもするのでなお。









しかし。
そこへ、到着した旬のお届け物。



RIMG4944.JPG

叔母が丹精込めて作った畑の作物。

しかも、今回は、珍しい赤エンドウも。
「少ししか取れなかったから、あなにだけね。」
と言われたら、更にプレッシャー。





RIMG4946.JPG

叔母の作るエンドウ豆は大きくて大好き。
炊くとお芋のようにホクホクに。

そして、赤エンドウは初めての体験。

RIMG4945.JPG

RIMG4950.JPG

ちょっと小さい。












RIMG4948.JPG

ちょっと小さい。














そして、年配者からの送り物に付きもののこれ。

RIMG4951.JPG

疲れが一気に取れて笑いっぱなし。

もう、キッチンを復活させて、今日は作るしかない!









だって、この豆。


RIMG4932.JPG

RIMG4954.JPG

はい。ここから、始めたんです。笑。笑。
どんなけ暇な日だよ〜っていう日の仕事ね。笑。






で、植物の造形好きの私としては、
当然こうなります。

RIMG4956.JPG

RIMG4957.JPG

RIMG4958.JPG



じろ〜。






RIMG4964.JPG

ポストカードならこうだな。








いや、こうだな。

RIMG4968.JPG


RIMG4974.JPG

じろ〜。











まだまだ、これだけではございませぬ。

RIMG4989.JPG

「八竹ももう終わりやからねえ」と、言われると、これまた大事。



D-skから貰った茅乃舎の簡単出汁で、美味しい手抜き作戦。

RIMG5000.JPG

RIMG5001.JPG

普段のように、いりこで出汁を取ると、
生ゴミが臭うけれど、これなら安心。
気持ちだけ、追い鰹をして。

RIMG5002.JPG









RIMG5026.JPG

完成。

今日は、手を止めて、体を労れの指令と気持ちを切り替え、
久しぶりに、人間らしいご飯を作った。

RIMG5006.JPG

甘いスナップエンドウも市販のよりも細くて柔らかい。

RIMG5011.JPG

やっぱり、余計な写真まで撮ってしまう。









一人でポツンと、窓全開で昼食に。笑。




RIMG5031.JPG

ああ、作って良かったあ〜。
いい香り!いい色!美味しい!!!

RIMG5037.JPG

RIMG5035.JPG

RIMG5040.JPG

赤エンドウのご飯は、お赤飯になっていた。
綺麗な色と、風味の良さにはびっくり。

RIMG5034.JPG

RIMG5041.JPG

RIMG5033.JPG

この日も全て2の器。

RIMG5043.JPG

RIMG5047.JPG


ああ、長閑だあ…。s-mama(叔母)ありがとう!



RIMG5053.JPG

ちょいと遊んだり。






















「っていうかさあ…。」

RIMG5065.JPG

「明日から、個展でしょ〜〜。」
「背中のお箸も、早く、降ろしてよ〜。」
















RIMG5066.JPG

「ええ〜!!!やめてよ〜。」


















RIMG5069.JPG

「あ、結構イケテルか?」














そして、午後のお庭の打ち合わせの為に、
ちょっと、お礼をスタンバイ。

RIMG5078.JPG

「ここ、オカシイよお〜。」





RIMG5079.JPG

「ひとつだけなんか、入ってるう〜。」














RIMG5083.JPG

「どこお〜?」
「なにい〜?」

「ほんとだあ〜。」
「ああ、ひとつ青い〜。」

「教えてあげたほうが、いいんじゃないのお。」
「もう、いいんじゃね?」



















RIMG5086.JPG

そんなこんなの、すべて(いや、ほぼ)2の器。
ちょっと、賑やかな連中含む。



笑。笑。







素晴らしい、旬の食材。
心に、美味しい時間ができた。



叔母ちゃん。いつもありがとう。

礼。










RIMG5069.JPG

どもね〜。








posted by 2 at 16:04| Comment(0) | 食ーa table

2013年01月20日

女子的…。ははは。

また作りました。

これは、おぜんざいの最終形。

RIMG1136.JPG

抹茶団子入り。
器は清水の焼き締めと古伊万里。

RIMG1139.JPG

お団子は熱湯で練るとつるんつるんに出来ます。

タイミングよく名古屋から来てくれた友人はカフェのオーナー。
スタッフとお二人にお墨付きを頂き「採用!!」と言って頂き大笑い。
楽しいお鍋一杯のおぜんざいが終わりました。









そして今日は、

RIMG1215.JPG

スポンジケーキ。
小学校の時から焼いているレシピ。
まだまだ美味しいと思ってしまう素朴な味。

卵3
小麦粉90
砂糖90
バター30
これだけを170度で25分焼くだけ。

本当に好きなんです。
熱々をパクッと。
私が小学生の時に焼くと家族が一瞬にして食べてしまい、
「もう一台!!」コールを貰ってよく連続焼きしてたほどです。

RIMG1219.JPG




本日の女子的おやつ。

RIMG1223.JPG

RIMG1229.JPG

スポンジケーキです。








RIMG1231.JPG

残ったものは一切れづつ
ハンバーガー用の袋に入れて。

RIMG1235.JPG

明日からの楽しみがまた出来ました。



女子的おやつ。いつか個展で作ります。
posted by 2 at 21:47| Comment(0) | 食ーa table

2013年01月16日

女子的おやつ。

雪の日に作ったおぜんざい。

お鍋一杯のおぜんざいが、
キッチンのガス代に冬の間あるのは実家の習慣でした。

温める時に懐かしい冬の香りがします。






(エセ)鏡餅を開いたので、
小分けして保存し、煎茶碗に大匙2杯のおぜんざいが、
最近のお茶菓子になっています。

RIMG1106.JPG

RIMG1107.JPG

RIMG1108.JPG

RIMG1110.JPG

手作り美味しい。女子的おやつ。


posted by 2 at 00:51| Comment(0) | 食ーa table

2013年01月11日

新春・女子的おやつ。

新春第一弾、女子的おやつは


RIMG0642.JPG

お正月の黒豆を使ったパフェ。

毎年姉から沢山貰うので、
今年は冷凍保存しています。

お日様と蒸気アイロンで温まり過ぎた一休みに、
ガラスカップに少しだけ作ってみました。

RIMG0797.JPG

一番下には、少しだけバニラアイス。
そしてたっぷりのヨーグルトの上に柔らくて甘〜い黒豆。
そして葡萄のマリネ。

大好物の葡萄。
季節はずれと解っていながら、
先日沢山買い、やっぱり渋かった葡萄。
皮をむいて種を取りグラニュー糖と
グランマニエでマリネしておいたものをたっぷり。

RIMG0802.JPG

今年も女子的おやつ。時々書きま〜す。





posted by 2 at 11:33| Comment(0) | 食ーa table

2013年01月04日

新年のお祝い。



毎年恒例の新年会。

RIMG0728.JPG

RIMG0729.JPG

両親、姉家族、そして姉の友人夫妻の10人会。

RIMG0619.JPG

RIMG0621.JPG

今年の箸袋には、前回の個展で販売した、
京都 '芸そう堂' さんのお祝いの画を添えました。










2時。

嬉しいお二人が登場。
毎年、新幹線に乗って大阪からの参加。
カート一杯にお土産とお料理を持って…。

既に親戚以上の信頼感がある為、
お茶も出さず直ぐに盛りつけさせてしまう私…。反省。
マイスリッパやマイドリンクまでご用意して下さり…。
毎回助かります。礼 m(..)m











そしてこちらが毎年ご持参なさる人気のお料理。

RIMG0631.JPG

鴨のサラダ。珍しいマイクロトマト(だったかな?)など、
故郷のお野菜ご持参にワクワク!!



RIMG0634.JPG

そして美味しい鯛の子の煮付け。



RIMG0632.JPG

上品な味付けの高野豆腐。
梅を象ったこんにゃくは京都錦市場等で手に入るそうです。
ハランを綺麗にカットされているし、
梅の花が丘に咲いているかのような盛り付けにうっとり…。
雑な私とは大違い。お料理上手な方からは学ぶ事多しです!!

RIMG0672.JPG

RIMG0633.JPG

こちらは花豆。
姉家族と友人ご夫妻は、遠距離で離れてから、休暇の度、軽井沢の万平ホテルで落ち合い滞在しています。
軽井沢の特産物や美味しいお店にはとても詳しく、この花豆もその内のひとつ。姉が好んで煮ていた時期もありお正月に好物が頂けて嬉かったです。

そしてまさかの金箔ご持参。小さな竹のトングまで一緒に!
最高で完敗で、乾杯でした!食いしん坊に手抜きなし!再び礼 m(..)m










そして姉のお節料理も恒例の5段重。
こちらも前職で私がデザインしたもの。
これだけのお料理を器で持ち込むのは大変な事。
偏らないし、乾かないし軽い。やっぱりお重って凄い!

RIMG0647.JPG

父の大好物、鶏の手羽先重。笑。



RIMG0648.JPG

RIMG0649.JPG

RIMG0652.JPG

RIMG0650.JPG

毎年、3軒分ぐらいを作っている、
全て手作りの愛情たっぷりのお料理です。



更に、

RIMG0642.JPG

黒豆。

RIMG0646.JPG

数の子。


RIMG0659.JPG

毎年恒例の洋酒の効いた栗きんとん。



RIMG0641.JPG

そして皆で秒殺した栗おこわ。

RIMG0665.JPG

「簡単にささっと作れるよ〜。」といつも姉は言うけれど、
しっかりした味付けや具などの楽しませ方は、
やはりお料理好きじゃないと出来ない技だと思います。
綺麗な染付けの器ごと、持って来てくれました。
習得したい一品です!




RIMG0643.JPG

こちらは母からの差し入れ。
高知出身の母ならではの得意料理。鯖の押し寿司です。







そして何故か毎年主人もお料理に参戦。
料理好きな主人の職人技は 鶏の松風焼き。

RIMG0629.JPG

鶏をすり鉢でするところから始め、味噌やみりんなどで調味し、
けしの実で仕上げてオーブンへ。
いつの間にか庭の松葉を添えています。
今年の味付けは薄味だったらしく、お皿の底に、
たれを煮詰めて塗ってから盛りつけていました。

ま…参りました。笑。



そしてお恥ずかしながら、
ついでに私の料理も見てください…。汗。

調子に乗って最近のヒット作をまた。

RIMG0625.JPG

ポテトサラダの羊添え。
羊のラスクをバターシュガーで作りディップして食べます。

RIMG0627.JPG

バージョンアップして正月らしく、
千鳥でガーリックバターバージョンも作りました。
目に穴も開けてがんばりましたが、
イマイチ、インパクトなしでした。しょぼん。



RIMG0630.JPG

鶏とトマトのローズマリー風味。




RIMG0671.JPG

王道、八幡巻き。




RIMG0669.JPG

ラディッシュの菊花蕪。
綺麗な色に仕上がりました。

RIMG0673.JPG

RIMG0658.JPG






乾杯!
今年も全員揃いました。
健康とご縁に感謝。
そしてお酒を我慢し両親を送り迎えしてくれる義兄には、
感謝してもしきれません。

RIMG0660.JPG

RIMG0666.JPG







そしてもうひとつの乾杯は。
3日に生まれた姉のお誕生に。

私からの送り物は、今年も変わらず、
ちょっと早めのガレットデロアイベントです。

RIMG0674.JPG

今までで一番上手に膨らみ綺麗な色に仕上がりました。

RIMG0675.JPG

でも王冠も準備忘れ、
この時は最高に急がしいのでいつもいい写真が撮れません…。

RIMG0678.JPG

フェーブを入れたら照明を落としてお皿に盛り、
歌を歌いながらグルグル回します。
毎年、Birthday Songを歌うのに、
キャンドルを挿せなかったアクシデントでテンパッテしまい、
うっかりタイミングを間違えお正月の歌を歌ってしまいました。

今年のフェーブは2個幸せを入れました。










RIMG0684.JPG

1つは姪っ子に。
そしてもうひとつは、あろうことか私に当たってしまいました。
これは本当に偶然なので、
1年間幸運であるラッキーフェーブを初めて遠慮なく頂く事にしました。
皆様に幸せのお裾分けが出来ますように!





今日は静かなリビング。

RIMG0702.JPG

RIMG0722.JPG

RIMG0713.JPG

RIMG0720.JPG

RIMG0710.JPG

活躍してくれた迎春の器を陰干しして仕舞いました。
お疲れ様でした。また来年よろしくね。






RIMG0135.JPG

今年も家事や料理をしっかり習得したいな。
いつもながら長々と読んで下さりありがとうございました。
そして、毎日沢山のアクセスをありがとうございます!





ガレット デ ロアやフェーブに興味のある方は、
財布の紐をしっかり締めてこのサイトへ。
嵌りますよ〜。
http://natsujikan.jp/


posted by 2 at 15:56| Comment(4) | 食ーa table

2013年01月02日

お節料理。



皆様、新年をお迎えになり、如何お過ごしでしょうか。
それぞれの場所、それぞれの気持ちで、
心新たにお過ごしの事と思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。








さて、我が家は静かな元旦を過ごしました。

RIMG0592.JPG

気持ちよく晴れて、
写真も綺麗に撮れました。
昨日と同じアングルですが、鮮明なのでもう一度。

RIMG0568.JPG

RIMG0584.JPG

RIMG0570.JPG

RIMG0585.JPG







お節料理も今年は落ち着いて淡々と作りました。
年末にキッチン用の小さなテレビを買ったので、
退屈する事無くお料理できました。

昨年の記録写真もとても参考になったので、
懲りずにまた載せさせて下さい。

明日は毎年恒例の10人の新年会。
お料理上手な人ばかり寄るのでご馳走も大集合。
なので、私のお節料理は食べ切れる量だけ作りました。

RIMG0605.JPG

主人の大好物筑前煮。お重の半分を占めます。
今年は種類毎に分けて盛り、
密かに人気ランキングを図っていました(笑)
(一番人気は里芋でした)

RIMG0608.JPG

一段重には焼物を中心に。
海老、鰤、八幡巻き、ニシンの昆布巻きなど。

今年も前職で自分がデザインしたお重に盛りました。
盛り絵付・六角二段重です。
容量が多く高さがあり使い易くいい表情です。
もう創れる人がいないので、
今度あと2個買っておきたいなあと思っています。



RIMG0612.JPG

数の子。ちょっと甘めの味付けにして、
正木春蔵さんの色絵の蓋物に入れました。



RIMG0611.JPG

ごまめ。ひとつづつバラバラになって大成功。
お箸が止まりません。

RIMG0614.JPG

海老の甘煮。


RIMG0610.JPG

そして、今回一番丁寧に作った酢の物。
たたき牛蒡、酢蓮、紅白なます、菊花蕪。
それぞれお酢を変えて作ったので飽きずに楽しめた。




波佐見の器は趣があるので、
お料理が単調でも救われます。

RIMG0615.JPG




RIMG0574.JPG

RIMG0576.JPG

RIMG0587.JPG

RIMG0588.JPG

RIMG0595.JPG

RIMG0596.JPG

RIMG0597.JPG

RIMG0598.JPG






銘々皿は古伊万里。

RIMG0559.JPG

RIMG0565.JPG



お屠蘇には中国茶器と岡本修さんのぐい飲みで。

RIMG0564.JPG

RIMG0602.JPG

奮発して買った正木春蔵さんの酒器は尻漏れがして使えず、
残念ながら高価な一輪挿しとなってしまいました。


























明日の準備で、午後はまたお料理を作っていました。
先日のHome Partyで人気だった羊型のラスクと、
千鳥の型で抜いたガーリックラスクも作りました。

ディッップのポテトサラダと、
鶏とローズマリーのトマト煮。
そして主人は松風焼きを。

もうセッティングする元気が残っていません。
寒がりの父や、足元の悪い母が来るので、
家具も大移動、レイアウト替えもしなくては…。


ん…。
明日は明日の風が吹く〜と言う事で…。
相変わらず食いしん坊の年明けになっております。

RIMG0561.JPG



新年から沢山のアクセスをありがとうございます。
年賀状でのメッセージや写真も嬉しかったです。
また今年も変わらずゆる〜く、
衣食住音の気紛れ日記にお付き合い下さいませ。
posted by 2 at 00:45| Comment(0) | 食ーa table

2012年12月27日

女子的おやつ。

久しぶりの女子的おやつです。

っていうか…、こんな夜中にパイを焼いてしまった。

しかも明日は来客もないのに…。

RIMG1129.JPG

近所のcuocaがバニラビーンズたっぷりの、
辻口シェフのカスタードクリームを売り出した。

旬の林檎とドライフルーツを、
三温糖とコアントロでサクッと煮て、

RIMG1131.JPG










RIMG1135.JPG

オーブンで20分。








RIMG1139.JPG

うわ〜。夜中に食べちゃた〜。

RIMG1143.JPG

とろ〜り香りよしのカスタード。
シャクシャクの林檎にレモンとリキュールが効きました。








RIMG1146.JPG

まだホールであるのに誰が食べるのだろうか…。ん…。

ま、いっか。




posted by 2 at 00:47| Comment(2) | 食ーa table

2012年12月24日

Home Partyの記録。





RIMG0888.JPG

昨日は総勢8人。
いつもお世話になっている仲間を招いて、
厳かにChristmasのお祝いをしました。
初めて食事会にお招きする方々ばかりだったので、
お料理は全て自分で作りました。






いつものように、大変ながらも、
楽しいもてなしの記録日記です。
暫くお付き合い下さいませ。




−準備〜セッティング編−



RIMG0717.JPG

器は前日までに全て磨きセットしてカバー。

RIMG0726.JPG

ドリンクは忙しい主人を捕まえてやっと買出しに行けました。

RIMG0723.JPG

RIMG0728.JPG

テーブルフラワーを頼みそびれたEST GARDEN様からは、
まさかの玄関に差し入れ。

RIMG0734.JPG

私の今嵌っているブルームスの焼き菓子が。
(美味しい)花を添えて頂き、嬉しかったです。

お花を入れたかった場所へは、
お気に入りの洋雑誌の1ページを開いてセット。
色が加わるだけでも助かります。

RIMG0740.JPG

RIMG0680.JPG

RIMG0683.JPG

RIMG0686.JPG

お料理がメインの会なので、
器はガラスにして主張をなくし、
クロスに色を入れました。

RIMG0691.JPG

RIMG0694.JPG

ギリギリに盛り付けるので、
テーブルが混乱しないように、
器とお料理、配置を予め決めて置きます。

小さなメモを置いておくのは、
撮影の仕事が多かった仕事上の癖でもありますが、
このようにしておくと来客に手伝って頂く時も、
早く伝えられて捗ります。
お客様が来られる時間は殆どの場合、
暖かいお料理に取り掛かっているので、
ご挨拶もそこそこにレンジに張り付いていますしね…。


RIMG0697.JPG

RIMG0749.JPG

前日に入れたお花。
オアシスの足元に庭のハーブを足そうと思ったままで、
時間が足りずにオアシス丸見えで酷い状態でした。

RIMG0816.JPG

テーブルフラワーも早い時間に入ってくれた仲間が、
活けてくれました(汗)お庭のクリスマスローズ。
ギリギリの蕾までがんばって咲いてくれたようです。

RIMG0820.JPG

私の仲間は前職で一緒だった後輩が多く、
デコレーションや店作りのプロなので、
色々とお願いしても頼もしく、
長年厳しく仕事をしてきた関係を、
暮らしの中で実践できる今がありがたいと思います。

いつもいつも遅くまでありがとう!





RIMG0840.JPG

担当して頂いた持ち寄りの品々が揃い、
ラッピングが華を添えてくれます。







−お料理編−

いつも、HomePartyには姉がいるので、
お料理の半分は持って来てくれますが、
今回は1人で準備するという事もあり、
前日までにマリネ系のものを何品か仕込みました。

RIMG0673.JPG

RIMG0678.JPG

RIMG0705.JPG

これは、海老と柑橘類のマリネ。





RIMG0708.JPG

こちらは翌日に鯵のサラダに入れる、
トッピングの下準備。
じゃこと薄揚げをカリカリに炒っておきます。

この他にポテトサラダと、
茸のマリネを作って保存しました。






そしていらっしゃいませの時間。
いよいよスタートです。







RIMG0869.JPG



乾杯〜♪♪

RIMG0897.JPG

RIMG0894.JPG

















RIMG0829.JPG

RIMG0832.JPG

海老と柑橘のサラダディル添え。




RIMG0788.JPG

茸のマリネ、ピンクペッパー添え。




RIMG0845.JPG

鯵のサラダ。
サラダ菜、カイワレ、豆腐、
鯵のたたき、カリカリにしたじゃこと薄あげを
大分フンドーキンの甘〜い胡麻ポン酢で。
私の18番サラダです。
いつもは尺皿に盛りますがこの日はお上品に。



RIMG0790.JPG

リース仕立てのポテトサラダ。羊の行進添え(笑)

RIMG0806.JPG

RIMG0809.JPG

今回の人気の一品でした!

RIMG0824.JPG

得意のラスクを羊の型抜きしたパンで作りました。
少し甘いラスクを、白ワインビネガーとわさびを利かせた、
柔らかいポテトサラダをディップして食べます。

キャラクター物は意外に受けるので、
またやりたいと思います。




持ち寄りの品。
チーズとクラッカー。

RIMG0849.JPG

RIMG0860.JPG

RIMG0863.JPG

熟成のまろみが最高のチーズと、
ドライフルーツがぴったりでした。

担当者に盛りつけもお願いするのも楽しい決まり事。






Itaryの生ハムと、
自由が丘で一番美味しい踏み切り向こうの果物。

RIMG0796.JPG

完熟の柿に、アニスが利いたサラミが美味でしたね。




RIMG0904.JPG

そして手作りのレバーパテを作って来て下さったのは、
料理人でもある素敵な女性。
血抜きの処理から始めたというプロの味に
皆で舐めるように美味しいパンで頂きました。
手作りの品をありがとう。






RIMG0871.JPG

RIMG0879.JPG

RIMG0939.JPG











宴もたけなわな頃、
メインの鶏が完成。

RIMG0918.JPG

毎年、丸鶏のローストを朝から林檎ジュースや香味などで漬け込み。
2時間以上かけて焼いてくれる主人。

RIMG0923.JPG

これが出てくるといつも完成が上がります。

RIMG0928.JPG

RIMG0936.JPG

綺麗に取り分けて貰ってMen'sの役割終了。
逃げ出すように赤提灯へお出掛けされました(笑)
女子会になっちゃってごめんね。
美味しかったよ。ありがとう!




温かい料理は揚げ物。

得意の豚とインゲンの春巻き。

RIMG0948.JPG

そして新作のこちら。

RIMG0943.JPG

大和芋のコロッケ。
摩り下ろした大和芋に卵、じゃこ、枝豆を入れてコロッケに。

フリッターのようにふわふわ。
スイートチリソースを付けて食べます。
最近のお気に入りです。

RIMG0954.JPG













DSC_0688.JPG

RIMG0891.JPG

RIMG0939.JPG


そしてキャンドルの暖かさで暖房もいらないほどの熱気の中、
不恰好の手作りケーキの登場。恥ずかしい!!!!汗。

RIMG0960.JPG

私は甘い生クリームが苦手なので、
中沢の45%濃度の生クリームを使って、
お砂糖を控えめに軽い生クリームを作ります。
そして側面にもたっぷり付けたくないので、
ハゲハゲに…笑い。
更に、フルーツ大好きなので、
三段にたっぷり挟むので高さ15cmに。ウケる〜でしょ?

DSC_0704.JPG

切るのはちょっとした解体ショーに?笑。

DSC_0705.JPG

皆さんがちゃんとお写真を残して下さいました。
断面図、嬉しい!!!!
今年はイチゴ、ブルーベリー、木苺、バナナを入れました。
スポンジにはコワントローをしみ込ませ、
一日寝かせたスポンジが好評でした。
皆様、ペロッと召し上がって下さり一安心。

RIMG0966.JPG

お仕立てのお客様から数日前に頂いた、
手作りのパネトーネ。
この日、皆で頂きました。
天然酵母の生地と洋酒に漬かったレーズンが馴染んで、
クリスマスのムードを添えてくれました。
大きなアレキサンドリアの差し入れも最高!



会の最後に、
持ち寄った500yenのプレゼントを、
ジングルベルを歌いながらグルグル回し交換しました。

RIMG0972.JPG

この習慣は25歳の頃から変わってませんが、
盛り上がります。

ラッピングを外した後なので絵面は良くありませんが、
皆さん、アイデアたっぷりの贈り物でした。






−人編−


この日最後の仕事もしました。
先日仕事納めの日に創っていた大切な友人の為のmatoi。

2が今も笑顔が絶えないサロンである事は、この人のお陰だと思っています。
縁の下でいつも仕事を支えてくれたり、ぐったり疲れた朝にポストを見ると、思いがけず手紙が入っていたり。この手紙の思い遣りは私にとっては、心の柔らかい所に入ってしまう薬でもあり、ひとりで嬉しくて大泣きする事も過去よくありました。

色々なティーバッグを黄緑色の箱に詰めて「一服してください」とメッセージが入っていたり、忙しい最中、組み立てないとメッセージが解らないカードを送ってきたり(笑)。「も〜忙しいのに手間がかかるう!!」と思いながら組み立てているうちに、完成して現われる可愛らしい猫とか犬とかを見ながら、またやられたなあ…と思い、よく泣いていました。
張り詰めた仕事の緊張を、遠くで思い遣っていつも解いてくれる素晴らしい心の持ち主です。こんな女性になりたいですね。いつもそう思って尊敬しています。

この日はそんな大切な彼女の為に、最新のmatoiを創り納めました。
小さくて細い彼女に似合う、軽くて薄いmatoi。
matoiはストールではなく洋服の新しい形として考案したので、
二重に仕立ててふくよかに創るのですが、
最近はこのようはリクエストも多くいい勉強になりました。

RIMG1023.JPG

よく似合っていました。
大切にしてね。今年もお世話になりました。






そしてこの会の本当の主旨。

ちょうど一年前の23日。
私達夫婦はこのようなクリスマス会をする前に、
この後輩のお見舞いに向かいました。
ありあわせのプレゼントや果物を両手に一杯持って。

こうやって賑やかに皆と集まれる会が出来た事、本当に嬉しかったね。
「あの日はご主人がトナカイで老松さんがサンタさんでした」
と言ってくれて、この日に相応しい素敵な褒め言葉を頂きました。

お互いに、体を第一に労わって、
人の為になる最高の人生を生きようね!

珍しくツーショットを撮りました。

DSC_0708.JPG





大切な仲間と。

RIMG0984.JPG

そして、この場に呼べなかった友人、家族に、
Merry Cristmas!














































posted by 2 at 21:58| Comment(0) | 食ーa table

2012年12月05日

Thanksgiving Table

そして先月はサンクスギビングデイを祝い、
自由が丘の知人のAmerican Style Cafeで、
ターキーランチを頂きました。
早朝から焼かれる大きなターキーの貴重な一切れを、
ランチで賑わう皆さんと一緒に美味しく頂きました。

RIMG0030.JPG

RIMG0031.JPG

この他に美味しそうなアップルパイや、
スパイシーなホットワイン、グロッグ等もありました!

RIMG0029.JPG

私もご馳走の食べすぎで、
焼かれると美味しそうになってきました(笑)

RIMG0027.JPG

NEWS CAFEのオーナー。
この笑顔が大好きです!

今年もジューシーでとても美味しかったです。
お疲れ様でした〜。











そして、プライベートでも来客とHomePartyの季節。
こんな動画を見つけました。
この人、気になる!!!

【Thanksgiving Table Tips】


一見、斬新で面白い飾り方ですが、
普段大切に飾っているものなどを器に生かす所など、
私の大好きなスタイルです!
見立て遣いはライフスタイルにマッチした、
自分流のスタイルなので、
使いやすく来客にも意外に好評なんですよね。

この方のHPに辿り着いて暫く勉強させて頂きました。

【Irwin Weiner】
http://www.irwinweinerinteriors.com/


そして、別で、またこんな楽しい動画も。
軽食にはIKEAの紙ナフキンもいいけれど、
しっかりしたディナーにはやっぱり布が素敵ですね!




この辺りを彷徨うときりがないのでこの辺で…。
Enjoy! Your's Original Style!!!
posted by 2 at 19:50| Comment(0) | 食ーa table

2012年11月07日

そして深夜の納品。



私の仕事のひとつは家業のオートクチュール。

舶来の高級生地だけを取り扱った、
婦人服のお仕立てです。

母はその道60年ですが、
私が一緒にするようになったのは、
上質のテーブルクロスを企画した時に、
同僚に「このテーブルクロスをスカートにして着たい」と言われ、
仮縫いを始め、納めたのがきっかけ。

そのスカートを見た友人がまた、
「私も痩せたら頼みたい」といい、
「お仕立ての服は既製品サイズに合わない人の為にあるのよ」と
話し、今では34着目を納めるほどのお客様に。



今は、個展の企画の合い間をぬって、
生地提案、デザイン、コーディネイト、仮縫いをしています。
母へ本縫いの職出しをするまでに約2ヵ月掛かりますが、
とても遣り甲斐のある大切な家業です。



8時以降の仮縫いの時は、
お腹が空くので、簡単な食事を用意する事が多く、
この日はお客様の仕事が押し、久しぶりに写真に残す事が出来ました。

最近嵌っている近所の焼き菓子店のケイクサレ。

RIMG0563.JPG

ケーキ生地にサーモンやズッキーニ、チーズ等野菜をふんだんに入れ、
カイエンペッパー等でアクセントをつけた一品。
パウンド型で焼いた外側はちょっとブリオッシュのような弾力もあり。
毎日でも食べたい品です。
フランスで修行なさったプロフェッショナルな、
技術の持ち主だそうです。
それはカリッと乾燥したシューケットを食べると実感です!

RIMG0536.JPG










その旬のケイクサレをメインに。

RIMG0578.JPG

RIMG0584.JPG

お店のシールがキュートなので、
ナプキンにそのまま貼って紹介。

RIMG0617.JPG

来られるまでに乾くのでカバーするの図。

RIMG0611.JPG






RIMG0626.JPG

大きなテーブルに二人のセッティング。
間抜けな絵面でごめんなさい。

仮縫いの時は、
とても忙しい時間の使い方になるので、
お茶をご用意して終わり。
お食事といっても気持ちだけの茶話会です。





とは言え、ひどく殺風景…。
時間も出来たしお花でも。

RIMG0638.JPG

蝶ちょの形の蓋モノを花器に見立て使いして蔓草を。
柔らかな茎が器の突起にひっかかって留まり良い感じ。

RIMG0647.JPG





RIMG0536.JPG

乾きやすいマフィンはハンバーガーの袋に入れなおし、
ディッシュスタンドにセット。
お客様のお顔を見てから温めてカルピスバターで。

RIMG0656.JPG

迎茶用の茶器SETにバターを入れ、
お客様が来られるまではソーサーを蓋にしておくと、
常温になってお迎えできます。
コレクションの小さなスプーンを添えて。

























待つこと1時間。

RIMG0650.JPG

待ち切れなかった…。パクっ。


















RIMG0662.JPG

まさかのお客様からのワイン差し入れ。
これまた近所のEataryの極上ワインとゴルゴンゾーラチーズ。

RIMG0664.JPG

お陰様で殺風景な食卓は暖かなディナーに深夜2時まで。
チーズとワインが会話のご馳走になりました。








お仕立ての仕事は、
その方の人となりを感じて解釈する事が大切です。
生活にそぐわない洋服をわざわざ創ってしまっては大変。

しっかりヒヤリングをし、
よりその人の為になるようなモノを創りたいのです。

こういう席では、
お客様から、憧れの女性像や生き方なども垣間見る事ができ、
其々の人から教わる素敵な生き方に共鳴し、
自分が成長する気もします。

その日お見せするのは、
たった1枚の生地ですが、
その生地に巡り合うまでの数日間は、
その方の颯爽と歩く姿を創造し、
生地とお顔とがバチっと合ったモノだけを持ち帰ります。

私を信頼して生地を気に入って頂いた時の責任感、
そして本縫製後にその方に着せた時の変身ぶりは、
母が60年間続けている理由をお客様から教わります。








そんなこんなで、納品も昨日で一段落。
今日から、アクセサリーの別注制作にやっと入りました。
遅くなっていてごめんなさい!!

goroutaへのotoko-matoiもちょっと遅れそうです。

皆様もう少しお待ち下さい。
重ね重ね、お待たせしてごめんなさい。



posted by 2 at 16:31| Comment(0) | 食ーa table

ありがとう。



先日、私のお誕生日に実家でお祝いをして貰った時の記録。
姉の手料理が食べたいと我侭なリクエストをして、
親子三代勢ぞろいの賑やかな日となりました。

お誕生日を覚えていてくれた友人から、
一日中メッセージが届き、とても嬉しかったです。
皆様、ありがとう。ありがとうございました。
疎遠の友にも会いに行きたくなりました。




こちらの写真は、両親の仮住まいの家で、
不本意ながら蛍光灯の下で撮っているので、
あまり気に入っていませんが、
ご馳走をして貰ったので想い出に残したいと思います。

RIMG0151.JPG

RIMG0152.JPG

RIMG0164.JPG

大好物の赤海老。


RIMG0153.JPG

オニオンと生ハムとレモンサラダ



RIMG0157.JPG

ポテトサラダ




RIMG0154.JPG

RIMG0160.JPG

サムギョクサル??的な???あってる?

RIMG0163.JPG

もちっとした皮にカリッと焼いた豚ばら肉、
薬味と甘味噌を乗せてクルリ、パクリ。
この日のメイン料理。何度も焼き足してくれました。





RIMG0162.JPG

きのこご飯
銀杏の彩りで秋のもてなしになっていました。





そして食後にも手作りのケーキ。

RIMG0171.JPG

中にはバナナがサンドしてあって大好きなフルーツたっぷり。

RIMG0173.JPG

RIMG0170.JPG

両親と姉一家は、いくつになってもお誕生のお祝いをきちんとします。
こうして親子三代で寄り食卓を囲むと、
また姪っ子達もこんな風に人をもてなすようになるのかなと、
親に教わった事に感謝した夜でした。
(ただの食いしん坊一家なのですが…。)



食事の後、父が昔のアルバムを出して来ました。
母の療養の為に今は姉の家の隣で仮住まいをしていますが、
自分が建てた大阪の大きな(語弊がありますが田舎なので…)家に4年も帰れず、
父はひと時も忘れる事はなく思いを馳せています。
親子が側に住んでいる事ほど安心な事はないのですが、
父の気持ちを思うと胸が痛みます。
この日はその家の整理などの家族会議もあり、
このアルバムタイムはちょっと盛り上がったのでした。

RIMG0192.JPG

これは母が経営していた洋裁店。
写真にはまだ私は写っていません。
昭和40年頃でしょうか…。

RIMG0199.JPG

これが私、饅頭を踏んだような幼少期で有名(涙)

RIMG0202.JPG

RIMG0207.JPG

親戚には「よく立ち直ったね〜」と言われますが…、
最近、また良く似てきました。笑。

RIMG0206.JPG

昭和の図。





RIMG0209.JPG

そしてこちらは私の結納の時の写真。ははははは。
23年の歴史を感じます。
長崎から両親が大阪に来られ、結納の儀の後の会食写真です。
この席に結婚する二人は座ってはいけないので、
このご馳走は記憶にありません。
前日に父が75cmの鯛を釣ってきたので、
大きな皿鉢(さわち)料理に活けこまれていました。
お料理上手の親戚が切り盛りしてくれた日でした。

この時代の写真を改めて見ると、
カフェメシについていけない自分の生まれ育った環境が、
すっかり'昔の人'なんだなと実感します。

沢山の写真の中に、実家での食卓の写真がありました。
巣立つまでの長い歳月、
両親にして貰った事を今改めて実感し、
今の自分の存在に感謝しました。

これからも、誕生日は、
人に感謝する日にしようと思います。
生まれ来て、今まで生きて来られて、
今の皆さんに出逢えて本当に良かった。




もうすぐ、50っチャイ…ひええ〜!!!!!!




posted by 2 at 15:11| Comment(0) | 食ーa table

2012年10月28日

Home Party。小宴会。



そして昨日は久しぶりに食事を作りたくなって、
当日召集の30分買い物、30分クッキングにて、
女子会、プチホームパーティーをしました。

気心の知れた友人二人の都合がつき、
5時に決定。7時半買い物集合。8時半スタートイメージで。

RIMG0485.JPG

仕事仲間という事もあり、お花もキャンドルもなしの無礼講。
器のセッティングだけしてメニューを考え待ち合わせへ。

RIMG0477.JPG

この日はオールドノリタケの楕円の白磁と、
高校生の時に京都の青華堂で買い揃えた、
古い印判手楕円の清水焼で。

RIMG0480.JPG

先日販売したポチ袋を箸袋に見立てました。
黒っぽいお箸があるとかっこよかったなあ。とか、
最近、ときめく器との出会いもなく買い足していないので、
年末に向けてちょっとまた一新したいなあなんて考えながら…。








切ったり盛ったりを手伝って貰っての簡単クッキング。
作ること30分。





ビッフォー。

RIMG0494.JPG

アフター。

RIMG0506.JPG










旬の無花果とプロシュートの前菜。

RIMG0514.JPG

アボカドとマグロ。

RIMG0520.JPG

ポテトサラダ。

RIMG0519.JPG

豚とインゲンの春巻き。

RIMG0511.JPG

RIMG0531.JPG

RIMG0525.JPG

RIMG0503.JPG

RIMG0527.JPG




いつもは溢れるほどテーブル一杯に作るのですが、
この日は女子3人だったので、
岡本修の7寸皿に五品と決めて、簡素なお料理にしました。
本当はこの後、蒸鍋で温野菜と豚を熱々で食べて頂こうとしてたのですが、
お腹一杯で作れずでした。
ホームパーティーは大人数だと目が回るけど、
その方がお料理は種類があっていい事もあるのかも?

久しぶりに、呑気でかしましい夜を過ごしました。




posted by 2 at 21:24| Comment(2) | 食ーa table

2012年10月23日

そして個展翌日。



そして個展翌日の庭。

RIMG0300.JPG

やっと人間に戻ると思いきや…。
続々と打合せと来客の日々…。
残務処理とオーダーの材料手配。
送りの段取りなどで、
リビングには入って欲しくなく…。

お庭に皆様から頂いたお手土産のお菓子を、
アフタヌーンティー形式にしずっと楽しみました。

RIMG0301.JPG

特に生ものから先に…。
お客様にもお愉しみ頂きました。

RIMG0304.JPG

お写真がないものは個展中に口中に秒殺しました。笑。

RIMG0308.JPG

RIMG0310.JPG

皆様からのお土産の質が高く…バラエティーに富んでいるので、
三日にして我が家はデパートの物産展の様になります。
今も毎日、元気の源となっています!ありがとうございます。
どうぞどうぞ皆様、手ぶらで来て下さいね!













RIMG0314.JPG

RIMG0317.JPG

RIMG0320.JPG

RIMG0323.JPG

RIMG0327.JPG








皆さんが選んで買って下さった、
綺麗なお菓子の姿やパッケージを見ると、
疲れていても、ついつい写真に熱中してしまいます。

RIMG0337.JPG

RIMG0340.JPG

RIMG0345.JPG

RIMG0348.JPG




簡易包装が嫌いな私。
こんな包みを見ると、
日本に伝わる″贈る気持ち″が今も宿っているなと思います。

RIMG0354.JPG

RIMG0357.JPG









こちらは黒いパラフィン紙に白い判子で模様を押したもの。

RIMG0361.JPG

勿論、手作りです。
葡萄の房の中にありがとうございます。の文字まで。

なんだか仕舞い込むのも惜しいので、
暫く壁に飾る事にしました。

RIMG0371.JPG

RIMG0372.JPG









次回の個展は、2から始めての食のオリジナルも出品予定です。
テーブルウエアーに加え、更に楽しんで頂けるお庭関連の作品も企画中。
ありがたい事に、年明けに大きなデコレーションのお仕事が入り、
個展は3月に延期致しました。

今のところ、日程は3月1日(金)〜3日(日)の予定です。
早い告知ですので、信憑性がありませんね。
どうぞ聞き流して下さいませ。どうせ変更に決まってますよね…苦笑。


本日発送の第二弾、済みました。
明日はクリーニング分のfukuro、書籍等を発送予定です。

どうぞよろしくお願い致します。









posted by 2 at 23:26 | TrackBack(0) | 食ーa table