個展のお知らせ【Festival of colors in the memory】満員御礼受付終了致しました 2017.3.16(thu)-20(mon)  Open:12:00/Close:18:00 スクリーンショット (20).png

2016年10月19日

秋の庭と近況報告


https://www.youtube.com/watch?v=pcX-fGJ32Ks&feature=player_embedded


秋になりました。
涼しくなって衣食住も変化してきますね。
勿論、音楽も。

何だか、夕刻の青い空を見上げるとココロの奥のどこかが寂しくなって、
イヤホンのボリュームも何故か上げてしまいます。
こんな季節はNICOからNICK CAVEに移行。
切ない歌は落ち着きます。







さて、アトリエ近況報告です。
このところ、インスタばかりでご挨拶をしていますので、
ブログでのプライベートは久しぶりです。

今、やっと大きなイベントの後始末を終え、
この2月までの納品のAWのオーダーの仕事に入りました。

IMG_6489.JPG

4月にご依頼頂きましたウエディングパーティーの衣装。
11月の季節感は難しく、生地選びには慎重に時間を使っていましたが、
今回は素晴らしいランツェッティのベルベットが入りました。

IMG_6491.JPG

私はデザイン提案の時に、デザイン画だけで話しを進める事は少なく、

IMG_6476.JPG

お客様の前でピンワークをしてほぼイメージに近いものをお見せします。
この写真は裏側なので酷いですが、、、。

その次にご本人に着せて軽く生地をドレーピングし、
お顔との写り、相性を確認します。

IMG_6482.JPG

その時にお客様のお気持ちを出来るだけ汲み取るようにし、
より良い方向へデザインや生地を変えていきます。
立体でのご提案は具体性があって気に入っている手法です。
素晴らしい生地との出会いにより、感性が楽しみな一着となりました。
この後、パターン、仮縫いと仕事が進みます。。












そんな中、アトリエのリセットも並行して続けています。

IMG_6473.JPG

忙しかった半年間。
ずっとお庭の保持をして下さったエストガーデン様。
この半年間、カーテンを閉めてずっと制作に没頭していました。
大好きな植物に何かあるとかかりっきりになってしまうので、
自分の頭から切り離しメンテをお任せしていました。

IMG_6474.JPG

IMG_6475.JPG

秋になり、整理されたお庭と植物達に向き合い、
やっと自分を取り戻せた今日この頃です。

まだ、旅に、馬に、、会えてないので、
正確にはリセットできないまま次に入っておりますが、、、。

この景色を見ると自分に戻る事が叶います。












そして今日は、

IMG_6714.JPG

朝からスタッフの手を借り乍ら、一日中庭仕事に明け暮れました。

キッチン側のクレマチスを枯らしてしまったので、もう一度、
アイビーを誘引し、水に差して根っこが出て2mまでに成長させたジャスミンを一緒に誘引してみました。
(この写真は日が暮れて撮り忘れましたが、)

庭仕事を終えて、ほっと一息の時間を写真に撮りました。

IMG_6715.JPG

もうセッティングする元気もなくただ温かいお茶を、の時間です。

IMG_6707.JPG

IMG_6716.JPG

空が青く光る、秋の夕刻。
この時間が昔から好きです。

ちょっと寂しくなったり、
気持ちが引き締まって何かを決意したり?
自分の中をしっかり見つめられる秋の青い時間です。

この光の中で来年のプランや背負いを全て決定。




アトリエの近況報告。
相変わらず走っては転びしています。

皆様からの温かい応援のお便りにいつも励まされています。
ブログを楽しみに待っていて下さる方々へ心からご挨拶申し上げます。



*****************************

そして昨日書いた新しいプロジェクトがスタートしたその日に。
私の大切なmatoi作品が気に入られたと報告が入りました。
高価な金華山のotoko-matoiです。

DSC_1168.jpg

IMG_7759.JPG

まだ、お会い出来ない方に。心からお礼申し上げます。
表は金華山。裏はイギリスから取り寄せている麻です。
裏表上下で表情が変わります。どうぞお愉しみ下さいませ。
お会いできる日を楽しみにしています。

*****************************

皆様、いつもありがとうございます。

2 acco oimatsu


https://www.youtube.com/watch?v=eo1WmgB9WBI&feature=player_embedded
posted by 2 at 19:05| Comment(0) | 庭ーseason

2016年05月26日

2016 Garden Show



毎年5月に開催されるガーデンショーに今年も。

IMG_2950.JPG

IMG_2951.JPG

行き始めた頃はお庭にもまったく興味がなかった。
まさか薔薇なんて自分が育てるとは、、。

当時、国立の広大な敷地に、薔薇のお庭とお屋敷を持つ知人宅に招かれ、5月の庭で過ごす素晴らしさを身をもって体感したのがきっかけ。
その日は100種ほどの薔薇の庭で美味しいお料理や音楽会を愉しんだ。
私が思っている「ファンシーな薔薇」のイメージから、「育てるのが難しく、科学と手入れの愛情の末にしか花を咲かせてくれない大変な花。そして多種!」という興味深い植物への研究材料となった。

その種類の多さや性質の違いなど幅広く世界各国の品種が。
そしてそのお庭での時間は、気温が数度低く感じる程、植物達のピュアーな息で覆われる不思議な環境に魅せられ、その時、私の中に何かが芽生えたのは違いない。

それでも薔薇は難しく、前のアトリエで初めて育てた、高貴な「バロンドゥジロードラン」を直ぐに病気にしてしまう。
その後もイギリス苗を買い続けた「レディーエマハミルトン」や「グラハムトーマス」も夢に消えた。














IMG_2841.JPG

あれから数年。
EST GRDENさまにアトリエの庭をプロヂュースして頂くようになって分かった事は、庭は環境にあった植物を迎える事が一番大切。

IMG_3247.JPG

IMG_3241.JPG

IMG_3239.JPG

IMG_3218.JPG

そして植物が一番好きなのは、水よりも意外に太陽と風だった。
毎日3時間は庭仕事をしている日が多いけれど、今では時間を忘れてそこにずっと居たい程の空間に。
そしていつの間にかそれは、亡くなった父の一番の趣味だった園芸好きの血を引いていた事にも気づく。

IMG_3240.JPG










実はこの休暇中に父の庭の整理にも行き、、
部屋の遺品整理と同じように、人生の半分を過ごしていたであろう庭での父の時間と仕事が手に取るように見えた。
小屋一杯ある庭の道具を整理し引き継ぐ日がとても楽しみ。

IMG_3217.JPG














ガーデンショーには植物以外のディスプレイを見る目的があります。

IMG_2973.JPG

設営会場とは言え、プロのガーデナーが何日もかけ、生きた植物とガーデンデザインとをチームで完成させるのですから、大変な作品です。

IMG_2975.JPG

空間ディスプレイから、鉢の中までヒントが一杯。

IMG_2976.JPG

シックな色の使い方にはいつも勉強させられます。













IMG_2955.JPG

そしてこちらの作品は今回のメインガーデン。

IMG_2959.JPG

もう25年来の知人となる、当時はデザイナーの大先輩であり、今では大人気のガーデンデザイナーになられた事は有名な吉谷桂子さま。
毎回テーマに添ったガーデンをデッサンと模型からここまで完成なさる。
そして美術家のご主人が創られたオブジェも共存。

この日は偶然にも桂子さんにバッタリお会い出来て昔話に花を咲かせて頂きました。お忙しい最中、とても嬉しい再会でした。
これもまた植物が繋いでくれた縁かも知れませんね。

一番人気のガーデン。
正面から見れるのはほんの数秒。
お客様の頭なしでバッチリ撮れるのは珍しい事。笑。
何処を切り取っても画にする事はデザインの基本。毎回勉強になります。

IMG_2957.JPG












そしてこちらもまた、私の好きな色合わせをなさるアーティストのブース。

IMG_3010.JPG

IMG_3007.JPG

ブーケやディスプレイの参考になります。

IMG_2984.JPG

IMG_2985.JPG

いつも即興でブーケを創られるののですが、葉の整理をしたり水揚げをしたりの作業は勿論のこと、
その出した葉ゴミを自然な手なりで処理していく所作に毎回やられちゃいます。ショーだから後で片付ければいいのにいつもの習慣で、、、って感じが好き。

IMG_3006.JPG

クリスマスローズだってこんな素敵なガラス器に。

そして我が家と同じピエールドゥロンサールもこの通り。

IMG_3014.JPG





他のお庭でも

IMG_3030.JPG

あー。ブルーバックねーー。

IMG_3031.JPG

あー。ピンクバックもねー。

なるほどー。ロンサールは家の背景にいいんだねー。と。









そして戻ってから我が家の一年目のロンサール。

IMG_3111.JPG

IMG_3194.JPG

壁一面のロンサールを見る為に毎日庭で食事をしていた頃。

IMG_3115.JPG

よく頑張ってるねー。と過保護な愛情を注いだ事は言うまでもない、、。笑。












IMG_3019.JPG

珍しい品種を見つけては欲しくなる薔薇ですが、

IMG_3021.JPG

これ以上、庭仕事を増やすと、本業に差し支え始めるのでがまんがまん。。。

レディーオブシャーロット、
ホットココア、
グラハムトーマス、
たまかずら、、、、
















そんなこんなの5月の庭日記。
お庭はHarb Gardenのグリーンが真っ盛り。

第二段のバジル収穫を終え、食卓と直結の日々。

IMG_3222.JPG

IMG_3223.JPG

ブレンダーでせっせとバジルペースト作り。

IMG_3226.JPG

一回目はパルメジャーノも松の実も入れずに作って気に入っていました。
二回目もチーズのみで。

IMG_3231.JPG

EVオリーブオイル、
ニンニク、
塩、
パルメジャーノ

IMG_2211.JPG

IMG_3232.JPG

色よく保存するには灰汁が出ないうちに作る事と、EVオリーブオイルを沢山入れて酸化させない事ですねー。
何度も作っていると自分なりの味が見えて来て楽しいです。

始めはペンネジェノベーゼばかり作っていましたが、

IMG_3250.JPG

IMG_2208.JPG
(これは主人作の大盛り..汗)

ガーリックを抜いて日中も食べられるように、
トーストや餅ピザも作るようになりました。

IMG_3238.JPG

採れたてを少量ずつ作るので、
フレッシュな香りと色が何よりのご馳走です。















最後に花より団子にならないように、今満開のクレマチスの花壇の写真を。

IMG_2865.JPG

IMG_2864.JPG

IMG_3148.JPG

2の扉まで脱走を繰り広げております。
このクレマチスは満開になるとダリアのように花びらで真ん丸になります。

IMG_2842.JPG

ユーカリもオリーブの木に追いつきました。

IMG_3149.JPG

東の楓はいつも間にかお隣にもお邪魔しているようですが、、。

IMG_3133.JPG




















5月の庭はもうすぐ終わり。
花々に癒された一ヶ月を過ごしています。

皆様、お元気ですか?




PS
レッスンのお問合せ沢山ありがとうございまーす。
今しばらくお待ちくださいませー。

IMG_2880.JPG

posted by 2 at 21:31| Comment(0) | 庭ーseason

2016年05月19日

薔薇。バラ。ばら。




今日は久しぶりにアトリエの縫製室に入りました。

IMG_3167.JPG

まだ部屋には個展の余韻があり、暫く遠ざかっていました。
個展は全力投球なので終わってから切り替えるのに一ヶ月以上かかります。
とは言え、今回は皆さまへの器の納品が未だなので、正式には継続中ですね。
納期のお知らせは随時させて頂きますが、
出荷の始まりは5月末からになりそうです。

銀彩や高価な土瓶、特殊な商品については6月末というモノの出てきました。
お待たせしてしまう方々へは大変申し訳ありません。
少量生産で創って頂いているので、窯が一杯になるまでは焼けません。
何卒ご了承下さいますようお願い致します。

私も沢山オーダーしたのでとても待ち遠しいです。
皆様とお料理の写真を交換する日も楽しみにしています。

そんな器展の余韻のあるデスクに久しぶりに座ってブログを。
6月から10月までノンストップが始まるかと思うと、
あと10日程のお休みが切ないです。

IMG_3168.JPG

今日は夏の日差しに向けてアトリエのレイアウトを変えました。

IMG_3169.JPG

アトリエからどのような庭を見て制作しようか、、
今月は庭のレイアウト替えにも掛かりっきりでした。
朝7時に庭の草木の点検を初めて気が付くと12時です。
夏が来る前に庭仕事を完了したいそんな気持ちで集中しています。














IMG_2484.JPG

少し前に造った夏の基地もそろそろ暑い。

IMG_2485.JPG

パラソルやオーニングの下でも12時が限界です。

IMG_2477.JPG

庭仕事の休憩に、季節毎に椅子の位置を決めるのですがなかなか日陰になりません。



IMG_2764.JPG

夏のレイアウトにしてハーブや薔薇の成長を愉しんでいました。

IMG_2763.JPG












そして、5月の庭は何を置いても薔薇。バラ、ばら。

2年目の「真宙」は綺麗な花を魅せてくれました。

IMG_2506.JPG

楕円状に開き始める姿がなんとも優雅です。

IMG_2522.JPG

ちょっとダークなピンクベージュもシックでいい感じですが、
開花が進むと色も花形も変えていきます。

IMG_2768.JPG

大きな大きなカップ咲きで見るほどに神秘。

IMG_2754.JPG

IMG_2772.JPG

相変わらず研究の毎日です。












そしてその次は今年の新入り「ピエールドゥロンサール」

IMG_2226.JPG

壁一面に花を付ける品種が欲しいと夢見てやっとこの日が。

IMG_3115.JPG

1mほどの大苗からのスタートでしたが倍に成長し、もう軒下を超えました。
この写真は3日家を空けた翌日、雨で花を切れずに過ごした日。
満開を超えた花を木に付けたまま気が気でなかった。





そして真宙との景色も。

IMG_2879.JPG

薔薇に合わせるグリーンも入れずに花ばっかりのブーケです。







IMG_3144.JPG

終わり間近の花はお庭に。
バスケットや、

IMG_3145.JPG

玄関ではフローティングに。










IMG_3146.JPG

ミニ薔薇もあちこちで満開。最盛期。














IMG_3116.JPG

こちらも新入りの今年初めて咲いたクレマチス。
ベル咲きでこっくりしたカシスカラーがいい感じです。

IMG_3117.JPG

このクレマチスとピエールドゥロンサールを軒の上に誘引したいなと考えています。
















IMG_2869.JPG

西の花壇のクレマチスはとーっても長持ち。
個展終わりからもう一ケ月近く咲いて居るような、、。

IMG_2870.JPG

IMG_3148.JPG

許可なく、脱走も試みているようです。笑。










IMG_3149.JPG

蒼空に向かってユーカリはオリーブの背丈を超えました。

夏は恐ろしいですが、植物達の成長は楽しみです。












まだ未定ですが、
6月にレッスンを開催するかも知れません。
数名の方よりリクエスト頂きまして、、、。
「暮らしの中のコーナーディスプレイ」のようなテーマで。

ディスプレイテーマにはかなりの小物が必要なので、
この際、私物の雑貨品を放出しようかなと整理し始めました。

蔦屋様へのプランニングと仕入が上手く捗れば、
6月の静かな日に2日だけ限定人数にて予約を受けようかなと考えております。

ぎりぎりになりますがこの場で改めてご報告させて頂きます。
posted by 2 at 23:08| Comment(0) | 庭ーseason

2016年05月07日

初夏の庭日記。




IMG_2530.JPG

5月から一ヶ月間、アトリエは休眠中。
昨日まで恒例の伊豆に滞在し、戻ってきました。

文頭に張り付けたYoutubeから2年参加していない師匠主宰の弾き語りの会に、明日は出席をと思っていましたが、歌う曲を迷いすぎて気持ちが定まらずたぶんまた欠席の予感。
この夢の共演のご恩を返しつつ上達せねばと思いながら不義理続きの二年。
制作の裁断を始めると手に豆が出来てギターが弾けないので独立してからすっかり遠のいてしまった。。

好きな歌はいつでも歌えるけれど、、ギターは毎日の練習が成果となるので、、、。

ん、、、。どうしよう。。。












という事で、気持ちの整理が付かず、予約したスタジオ練習もキャンセルし、今日は一日庭仕事。











この写真と記録は二週間も前の事。

IMG_2225.JPG

ピエールドゥロンサール。開花。

IMG_2226.JPG













IMG_2722.JPG

チャールストン開花。

IMG_2222.JPG

IMG_2441.JPG

IMG_2446.JPG











ベル咲きのクレマチス。


IMG_2452.JPG

20cmの苗からこんなにも成長。

IMG_2451.JPG

クルクルとコイル状の可愛い蔓を伸ばし乍らお日様へお日様へと向かいます。













IMG_2488.JPG

西のモッコウバラ満開。

IMG_2487.JPG

横のクレマチス。
たぶん、、白万重(しろまんえ)満開。

IMG_2730.JPG

自由に共存してアトリエの窓にいい景色を造ってくれています。












IMG_2509.JPG

主人の母が育てていた今はなき長崎の実家のカラーも順調。
数年ぶりに東京に来ると言っていたので、この一ヶ月、休みをとって仕事を調整していたら来なかった。。。笑。
こちらにも、不本意ながら、不義理が続き落ち込む。
カラーを見る度「お義母さんまた咲いたよ」と話しかける朝、、、。

IMG_2744.JPG










IMG_2201.JPG

育ったバジルは

IMG_2204.JPG

葉の柔らかいうちに収穫し、

IMG_2211.JPG

バジルペーストを作った。
ガーリック、塩、Bオリーブオイルと一緒にブレンダーで回すだけ。
チーズと松の実は冷蔵庫に在庫切れで次回に。

IMG_2208.JPG

「ハイ!」とペーストを渡したら、
「ほい!」とジェノベーゼが出て来た。
最近ずっと主人に食事を食べさせてもらっている。

画的にはもっと濃い方がいいけれど、シラスを入れたので塩加減を調整するとこうなる。

こっくりしたグリーンを盛ると思って黄色のお皿をスタンバっていたのでよけいにがっかり。
さすが男子ごはん。味重視で当たり前の図。しかも大盛りね。笑。

次回は塩分を控えてみよう。

次の収穫を楽しみに今日はプランターに植え替えた。
この気温で蒸れて可愛そうでしたが寝床を大きくしたらいい色になったようです。
すっかり夏の食卓と庭になってきました。













IMG_2724.JPG

そしてこのところ開花のピークは「真宙」

IMG_2506.JPG

IMG_2725.JPG

IMG_2726.JPG

IMG_2727.JPG

なんとも可憐で綺麗です。

咲き続けている間じゅう、魅力を見せつけます。







IMG_2521.JPG

IMG_2522.JPG

部屋の空気を変えてしまうお客様です。笑。









IMG_2754.JPG

植物は神秘。




始まりました。
観察日記。。。。またお付き合い下さいませ。

追伸。
明日のライブに来て下さるとご連絡下さった皆様。
16時STARTですが、私の出席の有無は今夜決めますのでメールくださいね。
気持ちは欠席ですが、今から弦を張り替えます、、、ん、、、。
posted by 2 at 16:09| Comment(0) | 庭ーseason

2015年12月04日

2の庭 Secret Garden完成。







旅から戻りキッチンのレイアウトを冬仕様に。
旅先のあちこちで学んだ居心地を想い出して、、。











こちらは休暇前の夏仕様の図。

IMG_2811.JPG












そしてこちらが冬仕様に変えた後。

IMG_4803.JPG

食事は暖かいリビングでするようにダイニングテーブルは移動。
その場所を縦半分に割り、日当たり良い庭側に椅子とテーブルをセットして本とお茶のコーナーに。

IMG_4804.JPG

半分、引き戸を締めると新たに小さな部屋のように。
庭をプランニングする時はこの場所で案を練り、出来上がった経過もこの場所で味わえる。





IMG_4823.JPG

その後、温かい絨毯を敷き、ココで読む本と照明を設置。
仕上げに観葉植物を入れて着地。

東の朝日や南に回る暖かいお日様と一緒に午前中の基地が完成。

そしてこれは昨日の写真。

IMG_5313.JPG

移動した観葉植物。この窓辺で一ヶ月を過ごした後、二枚の葉が生まれた。

IMG_5318.JPG

窓辺の半日影がお好みだったようです。
レイアウト替えで、小さな幸せがやってきました。












そして、庭へ。

久しぶりに会う植物達は活き活き元気に育っていました。

IMG_4864.JPG

暖かいのでこの場所に入り浸っていたこの秋。

IMG_4867.JPG

IMG_4869.JPG

IMG_4870.JPG

ブラックオリーブも美味しそうに完熟の姿を魅せてくれました。












そして来春に向けて、いよいよ!
クレマチスの誘引手直しにESTさんが来て下さいました。
お庭もこの冬支度でいよいよ皆様を迎える春を待つ事となります。

IMG_4908.JPG

長く伸びた元気な蔓。
もっとこの先へ導くために環境を整えてあげる。
お互いにクルクルと巻いて育ったひ弱な蔓部分を外すのは至難の業、、。

でもプロの手に掛かれば折る事無く皆を救出。

IMG_4916.JPG

そして2のエクステリアの顔になってきたスクエアーワイヤーの柵をまた造作して頂き設置。











IMG_4999.JPG

クレマチスの横にはまた良く育ってくれたハーデンベルギアを這わせ共演計画。

IMG_5191.JPG

クレマチスの足元の蔓も片付き天井を這い、

IMG_4919.JPG

新しい景色で春を待つだけ。












IMG_4988.JPG

北側の藤娘はなんとか復活し2の看板を守ってくれました。

IMG_4992.JPG

玄関は一新し、季節の寄せ植えの背景に念願のミモザを迎えました。
お化けのように家を覆い尽くす大きな木になってレモン色の玄関から毎日出掛ける事を夢見ています。












どこに座ってもお客様が楽しめるように、

IMG_4935.JPG

何度もシュミレーションに付き合って頂き、




IMG_4956.JPG

雨の日も風の日もずっと願いを叶えて下さったESTさんとジョージ先輩。
この秋の最後は大きなユーカリの鉢を入れて頂きました。
他の場所で育った新入りさんは頼もしい先輩を迎えたような感じ。
この庭、気に入ってくれるかな?

IMG_4984.JPG





ESTさんと、
春には、、秋には、、と言いながら初披露の個展まで結局2年。
植物は突然は育たないし環境に合うモノしか成長しない。そんな事を教わり繰り返し繰り返し残ってくれた植物達が2の庭を包んでくれました。

IMG_5189.JPG

IMG_4921.JPG

IMG_4995.JPG

IMG_5190.JPG
















そしてアトリエに飛び込む庭の光。

IMG_5330.JPG

IMG_5364.JPG

蔓や香りに励まされる毎日。

IMG_5339.JPG

しかし、いよいよ20日から家屋内、全体の改修工事が決定。
儘ならない現状と共存しながらも庭には一切立ち入らないでと言う条件を出し、
アトリエは12月20日から1月中旬までまたまた休眠となります。





でも、
まだ寒い春頃には、植物達と一緒に、皆様をお迎えする予定もたてました。













暖かい秋の連日。2週間掛けて私の想い描いた2のシークレットガーデンが完成。

皆様、初春。どうぞお出掛け下さいませ。







IMG_4961.JPG

2 acco oimatsu Secret Garden
posted by 2 at 18:23| Comment(0) | 庭ーseason

2015年11月01日

庭仕事朝と夜。




音楽ばかり聴いています。

朝から庭掃除。
ランチも庭で。
打合せもデザイン出しも夜が来ても庭に。













庭掃除のあと、草抜きをして、
植物の成長に合わせて剪定をし、
移り変わる光の当たり具合を見ながら鉢の位置を修正。
たっぷりのお水で庭中を洗ったら、
庭の花でブーケを創る。

庭を愉しむ為に残す花と摘む花を見極めて、
この時間が早朝の楽しみ。










IMG_4221.JPG

ラベンダー、チョコモカ、サザンクロス、薔薇

IMG_4225.JPG

日差しを栄養にふっくら実ったブラックオリーブ。

IMG_4226.JPG

夏から咲き続けるグリーンアイス。

IMG_4235.JPG

ミントとワイヤープランツを足して完成。






IMG_4240.JPG

其々の花が愛おしい。









IMG_4244.JPG

大輪のオールドローズ「真宙」も秋咲きが見頃。
ジャスミンの蔓と合わせるのが習慣に。





IMG_4249.JPG

ひかりの中で切り花になって何日も楽しませてくれています。













そして、、、。












IMG_4298.JPG

秋の夜長、始めました。

西の窓にオーニングを付けたので、
垂れ幕の場所を変えて、
どこに座っても居心地よいようにレイアウト替えを。










IMG_4296.JPG

青白い光の夕方にキャンドルの存在感が出てくる頃が好き。












IMG_4304.JPG

今は音楽も持ち運べて便利な時代。
庭とお茶と音楽と、、
いつまでも離れたくない場所です。














IMG_4308.JPG

四十九日を無事に終えました。




私も、暫く度に出ようかと計画中です。
posted by 2 at 14:57| Comment(0) | 庭ーseason

2015年10月15日

ラベンダーの庭で。



皆様こんにちは。
いつも沢山のアクセスをありがとうございます。

先日このブログを書き、数日のバタバタを過ごした後、
プチ肺炎になりプチ治療入院しダウンしておりました。あはは。

主人が出張だった為、心細くて友人に助けて〜メールをしちゃいました。
やっちゃいました。やっぱり。
あの気丈夫は異常でした。ふー。
優しい友人に感謝しきりで元気になりましたーー。

まだまだ様々な申請処理を残し、
再来週の四十九日を終えるまでは心ここにあらずではありますが、
毎日電話の向こうで姉家族と賑やかに過ごす
幸せそうな母の声を聞くと頑張り甲斐もあります。










午前中の庭仕事もやっと再開。
徐々に、日常の生活に戻りつつあります。

庭は太陽からの気温と風を植物と通じて感じ、
数時間を過ごしているうちに季節を体感し、
人間らしい考えを生んでくれるような気がします。

そして、しゃがみ込んで小さな雑草や苔を抜く自分の姿に
父と同じ事をしているなーと、ふと思い出す時間でもあります。

そして何故か玄関の大きな藤を枯らしてしまいました。
何かの区切りを感じざるを得ません。
お庭が通常モードに戻るには時間が掛かりそうです。
植物もまたココロの儘なのですね、、。





IMG_3682.JPG

花壇が秋の顔に一新しました。


IMG_3684.JPG

レースラベンダー満開です。


IMG_3691.JPG

ここ毎日の収穫ブーケは、
グリーンアイス、レースラベンダー、ラベンダー、
チョコモカ、ジャスミン、ミント、ローズマリー。

部屋のあちこちに挿して、、
やっと部屋にいつもの風が通ります。











IMG_3690.JPG

先日はずっとお庭を見守っていて下さったESTさんと、
植え込みを拝見しながらゆっくりお茶をしました。
ずっと待ていてくれた植物の中でなんとも愛おしい時間でした。
父の愛した植物を想う気持ちはしっかり私にも宿っています。

来週に控えた京都anbyの展示会のテーマは偶然にも「GARDEN」。
ここ数日、この庭でずっとディスプレイのアイデアを練りました。















おはようのキッチンの窓際もいつの間にか森に。

IMG_3696.JPG

沖縄の朝顔は11月まで咲くそうです。

蔓の先に綺麗に咲き誇っていました。

IMG_3648.JPG

展示会場には、
奥沢の萌芽様と打合せした活け込みが入ります。
作品とスタッフへ植物が添えてくれる力を楽しみにしています。
posted by 2 at 21:56| Comment(0) | 庭ーseason

2015年07月18日

藤の居場所。



植物ブログが続いておりますが、
今日は一日庭仕事。え?
はい。縫製の手を止め今日は大仕事。

庭でノビノビと蔓を伸ばし花芽を付けた藤を外庭へ大移動。








これは一年前の引っ越して来たばかりの時。

RIMG0839.JPG

RIMG0838.JPG

冬越えして芽生えたばかりのヒョロヒョロ君は奥に隠していました。










でも初夏の光を受けて、

RIMG1005.JPG

新緑を一気に増やし日差しをたっぷり浴びてふさふさに。

IMG_0784.JPG

塀を超えて蔓を伸ばしたくてうずうず君。












台風を過ごし、いよいよ今日は藤の館造り。

お気に入りの格子フレームで、EST様ブレーンのジョージ先輩による造作。
クレマチス、薔薇のフレームに続く第三作目となりました。
強度にぬかりのない所がプロフェッショナルで安心感100%

今日は…、

IMG_2383.JPG

空間をL字で繋ぎトンネル計画。

IMG_2380.JPG

軒下に這わせるウインドウピクチャー計画。

何度も打合せを重ねやっと今日が来ました。
雨が降る中長時間に亘りまたお世話になりました。












IMG_0727.JPG

これは春の写真。
このジャスミンの横にトンネルが出来るイメージです。

そして…













IMG_2391.JPG

念願の「2 GARDEN」のサインも設置!

IMG_2379.JPG

玄関側から、外庭へと伸びていく想定です。












IMG_2390.JPG

そして植物の作業後は一人でコツコツまたレイアウト替えです。
足元の枕木を移動し、土を掘り起こし埋めて定着。土を均し砂利石を配置。ジェット放水でお掃除して終了。
足りないモノを次回宿題としてEST様へ依頼。このようにどんどんお庭が出来ていきます。

内庭が完成したと思ったら、次へ次へとイメージがアップし、
更に手を掛けています。



はい。庭ではなく。
作品に手を掛けなきゃですよね。

すみません。
このままじゃ、個展は無理ですね。

んーーーーーー。












そんなこんなの、2のお庭。

皆様との再会を植物達も待ちわびております。




IMG_2389.JPG

posted by 2 at 22:42| Comment(0) | 庭ーseason

アバンギャルドプランツ。



昨夜、暴風後の庭の点検をしていたら、
お向いのお庭友達のお母さんが「これ今夜咲くのでどうぞ」と'月下美人'を下さった。
月下美人は父が実家で育てていたのでその神秘さは良く知っていた。
そして育てている人にとってその一夜限りの開花は一年間の成果をみる瞬間でもある。

IMG_2337.JPG

大人になって久しぶりに遭遇したこの物体はやはりシュール。
既に活けていた部屋の植物との共存も同化も嫌がり、
オブジェの棚の横に置いた。

IMG_2339.JPG

凄い!

IMG_2349.JPG












本来は月明かりの下で人知れず一夜だけ咲く花。














IMG_2336.JPG

これは2時間後。
頂いたのは11時。どんな姿に変貌するのか目が離せない。
しかもたった一夜だけ咲くのに側で優雅な演技を観ないわけにはいかない。












そして深夜2時頃。

IMG_2356.JPG

花弁を開ききり、大きな口を開け、
素晴らしい香りを放出しながら柔らかな輪郭を魅せた。



そしてまた驚く事は、
今朝の姿。何事もなかったように口を閉じ。
同じ方に持っている。開ききったのにそのままで居ないのね?
本当に今夜また開く事はないのか?











植物は凄い。
デザインと生命の原点だ。

今日もがんばろう。
posted by 2 at 11:07| Comment(0) | 庭ーseason

2015年06月28日

そして初夏へ




今年は空梅雨ですが、夏は史上最高の猛暑だとNASAが発表したとか?
冷夏らしいとか?様々なうわさが飛び交っていますが、
ただただ梅雨に雨が少なくて夕方涼しい事はちょっと嬉しい。

IMG_1948.JPG

お庭のメインの紫陽花は先週お終わり。
まだ、部屋中には切り花が咲いていますが、

IMG_1949.JPG

大きな鉢に根がびっしり回っていそうなので、
あまり成長させないように今回は思い切ってバッサリ強剪定。
盛夏にもう一度枝ぶりを決めて強剪定し来年を迎える準備へ。










そして、日当たりと、
意外にも風通し抜群だったこの家で始めたキッチンハーブ。

IMG_2061.JPG

お向かいのお庭友達のお母さんに頂いた、
山椒、紫蘇、三つ葉も順調なうえ、
自分で買い足したバジルも毎日の食事に助かっています。



そして、初めて育てているトマトの「アイコ」

IMG_2064.JPG

ちょっと楕円の糖度の高いトマト。
「トマトは水が嫌いだから実が成ったら糖度を上げる為に控えなさい」と父。
小さな鉢なので、その話も半分だけ聞いて、土とにらめっこ。
ここまで育てました。

今日の昼食はトマトのカッペリーニを創ったのに、
トマトを買い忘れ…、これが欲しかったけれど、
ちょっと手でおしても固い…がまんがまんの一瞬がありました。
来週ぐらい、初収穫が楽しみです。

父の畑では既に、大玉小玉と鈴なりになっています…。
野菜も面白いなと思い始めました。
都内を離れる時は、家庭菜園を始める時かな?












そんな私を木陰から顔を出し、見守ってくれるトカゲ君。

IMG_1957.JPG

綺麗な顔をした子供のようです。














IMG_2034.JPG

そして、初夏のアトリエで、
anby(塩梅)の次回企画のファーストコーディネイトも済みました。

IMG_1934.JPG

素材創りから、始めるanbyにとって、
素材のバリエーションは重要。
社長とたった二人で進める企画ですが、
安易なバリエーションと惰性なしの商品構成なので、
毎回、遣り甲斐は充分です。
企業デザインは、個性的な商品を活かす為に、
それらを引きたてるバリエーション企画の無駄が出ますが、
anbyはメーカーブランドなので、
市場にない必要なものしか発表しないと決めています。

なので、展示会はとても濃くて面白いギャラリーのよう。
ありえないー。と思って貰える常識では偏った企画こそ、
新たに取り組む有意義な仕事と思っています。

「既に市場にあるものを創るのは、市場への過剰なゴミ生産。」
これは、25歳の時に企業デザイナーとして働いていた時に、
やってはいけない事と、実感し肝に銘じた事です。












お昼なのに、難しい話をしている事に気が付きました…。ははは。









という訳で、6月のもてなしのお菓子その2は、

IMG_1943.JPG

菓匠が創る素晴らしい紫陽花の上生菓子。
仕事の合間に素敵なお茶の時間が繰り返されています。










posted by 2 at 14:55| Comment(2) | 庭ーseason

2015年05月14日

Summer Garden



今週の台風で植物の避難をし今日やっと元に戻しました。
もう朝7時の水やりは温水でかわいそう。
この庭、一体夏は何時起きに?












そしてお庭は初夏のレイアウトに変えました。

IMG_1014.JPG













IMG_1016.JPG

念願のリクライニングチェアーもテーブルもセット完了。

IMG_1076.JPG

ターフを決めかねていてまだ過ごせないけれど、
気持ち良く風が抜けるので居心地抜群です。












IMG_1137.JPG

こちらは、この家の重鎮、玄関の薔薇。
好んで育ててはいないけれど、やはり地植えなので元気。

IMG_1139.JPG

私に似合わない可憐で平凡な花です。笑。

IMG_1146.JPG

洗濯室の窓際に。
ん…やっぱりうちにはあわないなあ…。でも花に罪はないのでここに!












IMG_1077.JPG

こちらはオールドローズの今週毎朝の収穫の図。
家中、いい香りです。






IMG_1142.JPG

そして大切な紫陽花は大きな蕾が成長してきました。
台風の雨が嬉しかったのかな?
あの突風の中、折れないように紐で括り付け何度も見に出ました。
無事で良かった。












IMG_1152.JPG

こちらは玄関内。活けた花々から切り取った葉。
オブジェと一緒に涼しげにプランツコーナー。
ハーブが主なのでいい香りです。












IMG_1165.JPG

そして、キッチンの窓にそよぐ新緑の楓。
窓全開で気持ちの良い木漏れ日を愉しんでいます。













今日から2の仕事が一年ぶりに再開。
個展へのプランニングがスタートしました。
まずは、アトリエのレイアウト替えから。

IMG_1167.JPG

この庭を見ながら仕事できるように…
居住まい正して出直します!
posted by 2 at 13:48| Comment(0) | 庭ーseason

2015年05月08日

自然が与えるココロ

東京に戻ったら玄関のジャスミンが満開。

IMG_0727.JPG

お向かいのお庭友達のお母さん宅もフェンス一杯に満開。

IMG_0780.JPG

角を曲がる度、いい香りにニンマリ。
暫く、ジャスミンの小道が続きます。

そして玄関脇の薔薇も蕾を。この薔薇はここに来た時に植わっていた可憐な薔薇。地植えなのであまり気を遣わず今日まで来ましたが地植えは元気ですねやはり。脇の蕾も採らずにほぼ放置。あと数日で開花でしょう。

IMG_0728.JPG

こちらは苺。花から実が膨らみ始めました。
鳥に見つからずに収穫できるでしょうか?楽しみです。

IMG_0731.JPG

留守中、EstGarden様にメンテをお願いしていましたが、植物が見違えるほど艶々に。
ありがたい限りです。

IMG_0729.JPG










アトリエの窓につたい始めたモッコウバラも元気。

IMG_0734.JPG

下からのコーディネーションでミニ薔薇のスノーとラベンダー達も勢いよく。

IMG_0735.JPG

この窓にトンネルが出来る日を楽しみにしているのです。
が、しかしこの残念な電線とカバー。塗っちゃおうかなー。

IMG_0781.JPG












藤も花芽を付けてきました。
蔓も新緑を増して元気一杯で頼もしい!

IMG_0784.JPG

居場所を決めないまま誘引してしまってる事が怖い…。

IMG_0782.JPG












ここからの薔薇の景色も仕上がってきた。

IMG_0786.JPG

IMG_0739.JPG

IMG_0788.JPG

まだまだ新種の手入れが行き届かず綺麗な葉っぱにしてあげられない。
薔薇は化学。お日様と風通し、肥料、土、消毒、水やりなどなど全ての環境と条件が合わないとだめ。すぐに病気にかかってしまいます。薔薇に取り憑かれるとそれで一生が終わる程奥深いですね。

新入りのオールドローズ「真宙」

IMG_0736.JPG

これぐらいの膨らみの時が愛らしい。

IMG_0737.JPG

香りが本物のオールドローズを誇っています。













IMG_0744.JPG

花壇も一段と緑の背が高くなり、セイジが再生してきました。

IMG_0741.JPG

主人の実家から来たグラジオラス?

IMG_0742.JPG

主人のデスクに切り花を活けました。
















そして今日の収穫。

IMG_0750.JPG

お気に入りの場所に。

IMG_0758.JPG

IMG_0759.JPG

IMG_0760.JPG

IMG_0761.JPG

IMG_0762.JPG

IMG_0763.JPG

IMG_0765.JPG

IMG_0764.JPG

すみません。興味のない方には全部同じ写真ですよね?ごめんなさい。親ばかです。

お手洗いにも切り花が途切れない季節。
ジャスミンは外で咲いていても活けても寿命が同じく短命なので、家じゅうにジャスミンを活けて香りを頂いています。

IMG_0768.JPG

ジャスミンが咲く数日間だけ、毎年アロマオイルを使う事はありません。














IMG_0835.JPG

IMG_0836.JPG

オールドローズの花びらが落ちても、天然のポプリになります。
ジャスミンの花が咲くと手折って道にパラパラと巻きます。お水を撒いた後の5月数日の日課です。


















そんなお庭の植物達のお陰で、煮詰まっていた「花飾り」の仕様書を一気に書き上る事が出来ました。

IMG_0793.JPG

オリーブの溢れる花を見て浮かんだデザイン。

IMG_0794.JPG

IMG_0798.JPG

窓辺にぶら下げてもペパーウエイトにしてもいいですね。

IMG_0803.JPG

綺麗な麻で真っ白に創ります。














IMG_0800.JPG

こちらは螺旋状に葉を付けたもの。

IMG_0801.JPG

引き上げるとガーランドに。

これはキミドリで創ってこのように花と一緒にして景色を創れるようにと…。

IMG_0802.JPG

IMG_0805.JPG

ダミーサンプルは紙で創っていますが、このように使い方のイメージがほぼ出来上がってから依頼します。
私のデザインは、洋服もオブジェも、勿論matoiも、モノとしてではなく、最終的に暮らしの中に入った時どう愉しいかを考えて創ります。
大らかな思考で進む事が多いけれど、ほんの数センチ違ったり色がブレる事によって使い道や役割がなくなってしまう時には首を横に振り続ける事になります。
頑固と言われる事もありますが、私にとっては至って素直な思考。
始めつくるこの写真のイメージや紙のダミーが、専門家の手によって美しく完成する事をずっと楽しみにしているからです。
そして、出来上がると、あの熱いプレゼンになってしまう訳です。はい。













で、そんな中、anbyの日傘を三越様でお買上げ下さったK様の艶姿のお写真が届きました。

わーと日本橋8.jpg

素敵なお姿。見惚れてしまいます。

そして偶然にも同日、後輩T-chanから、「anbyの日傘をお薦めしたお客様に大変喜んで頂いた」「このタッセルがいい」と、「自信を持って進められる品物に幸せを貰ったのでメールを」との一報が。
まあ、皆様、朝から泣かせますねーー。
本当に本当にこの報告だけが、創り手のココロの潤いです。

始めの発想から、皆様の暮らしの中で活きるまで、長い道のりではありますが、積み重ねてブランドの信用は出来てくると実感しています。

そして、その原点は旅と芸術。
なにより、刺激的な毎日の中に様々なインスピレーションを生むのですからね。




13日からはanbyの催事です。
銀座松屋様のデザインコレクションのコーナーを頂き飾ります。
ツーテーブルの小さなスペースですが7階デザインコレクションの仲間入りが出来る事は素晴らしい事です。
いつもとは違う静かなディスプレイにしようかなと思っています。
皆様、是非、初日にお越し下さいませ!!!!!
(私は催事中おりませんがディスプレイが綺麗なうちに是非と)







そんなこんなの東京砂漠。
戻った途端に、すっかりこの調子でございます。






今日も、中目黒のgoroutaで開催中の
佐藤嘉高の個展へ出掛けました。

goroutaの洋服が全て撤収され、ギャラリーになっていました。
必見です。素晴らしい世界観が繰り広げられていました。

IMG_0841.JPG

IMG_0847.JPG

そしてこのフレームは、2のアトリエの窓の建具端材をコラージュしたもの。
2の分身です。欲しかったけれど他の人の手に渡った方がいいかなと。

私は、フラミンゴの入った大きな作品を買いました。
プライベート空間の本のコーナーに飾る予定です。

皆様、是非、お出掛け下さいませ。
中目黒から徒歩5分です。

http://gorouta.com/news/?p=4554

Yoshitaka Sato Exhibition
Another Vision
May. 8 – 10 2015

[Opening hours]
Mon.-Fri. 11:00-20:00
Sat.-Sun. & Holiday 12:00-20:00

https://www.youtube.com/watch?v=FAPaRkaw4IY
































posted by 2 at 23:48| Comment(0) | 庭ーseason

2015年04月22日

初夏の庭へ(加筆修正)



これは秋に届いた新入りの薔薇。真宙。
いい香りを残して一度花を落とし…。

IMG_4175.JPG




薔薇のコーナーでこんなにも成長しました。前のアトリエから元気なゴールドハニーも先に蕾を膨らませ開花寸前。

RIMG1006.JPG

RIMG1008.JPG












そしてこちらは藤。前のアトリエからの二回目の開花時期を控え只今枝葉増殖中。

RIMG0839.JPG

この写真は引っ越して来た時の写真。長崎の義母の庭のカラーと一緒に寂しい景色。

RIMG0838.JPG

そして先週。藤は大きく手足を伸ばし活き活き成長し始め、カラーは一番花を付けました。

RIMG1005.JPG

長崎の庭の花が咲くと主人が少し喜びます。笑。

RIMG1000.JPG

薔薇と藤の共演はあるのでしょうか?夏のコーナーが出来ました。

RIMG1021.JPG













そして、クレマチスに続き、一番大切に育てている紫陽花。今年で6年ぐらいかな?
前のアトリエでも写真に何度も登場する常連?
紫陽花への知識がなかった頃、冬に枯れ木のようになるので、花芽と知らずバッサリ切っていた私。
花が咲かず、グリーンの葉を眺めては悔やむ年を何年も過ごした。

これは引っ越して来た昨年の6月の写真。
まだまだ心配して過保護に見守っている頃。

RIMG0811.JPG











そしてこれは今。

RIMG1010.JPG

「今年は咲きますよー」と言わんばかりの成長。

そして…











RIMG1013.JPG

全ての枝先に、蕾、蕾、

RIMG1014.JPG

つぼみ!!!!

この木に20個は咲きそうです!
本当は、強剪定をもう一段低くした方が良かったと思いますが、やはり、それをしていたら花芽がなかった。
今年も花終わりに、見極めの剪定がとっても重要!!
あー。一年の成績表が出ました!紫陽花は50点はクリアーかな?あとは色!土の配合まで気が回らかったので、綺麗な色が咲くかどうか!お日様お願いします。












これは四月のクレマチスの庭。

RIMG0709.JPG








そして今は初夏の光を受ける新緑の庭に変わりました。

RIMG1019.JPG







RIMG1026.JPG

RIMG1025.JPG

RIMG1024.JPG

花々の開花も大きく長くなり、緑の蔦の成長も早くなりました。



毎日の花摘みが早朝の日課。

RIMG1036.JPG

RIMG1038.JPG

アトリエに花が絶えない季節となりました。

RIMG1040.JPG
posted by 2 at 12:52| Comment(0) | 庭ーseason

2015年04月12日

チューリップ開花。




さてテラスの花壇ではチュリーップの開花が始まりました。

IMG_7226.JPG










IMG_7228.JPG







この花が咲くと、私は造形観察に夢中になります(皆様ご承知の通り…笑)


RIMG0907.JPG

なんでしょうか?この一部分の素晴らしい濃色…。

RIMG0908.JPG

RIMG0910.JPG


この花びらの形状一枚一枚にため息が出ます。
オートクチュールの技法にも使われるカメリア等の作成技術の元はこの自然の花々なのですから凄い。














anbyの商品に花飾りというものがあります。
実はその造りも手仕事。
一枚づつ花びらの形をアイロンごてで創っているのです。
次回の作品も今デザイン中ですが楽しみなシリーズの一つです。











蕾もどんどん追いかけてきます。

RIMG0913.JPG

RIMG0914.JPG

RIMG0917.JPG


あーー。この開花を見逃す出張が残念です。
花の命は儚いですね。
ははは。











posted by 2 at 14:13| Comment(0) | 庭ーseason

2015年04月06日

初夏の庭へ




RIMG0836.JPG

クレマチスの庭が終わりました。

花チラシの雨や風に季節が移ろう…なんとも儚いひと時。
数日、友人が集い幸せな春を過ごしました。













今年は、生まれて初めてお花見をしなかった。

仕事途中に散歩をしながら数度桜を感じに出掛けました。

IMG_7081.JPG

IMG_7083.JPG

IMG_7084.JPG

IMG_7085.JPG












2のテラスは、夏の準備に掛かりました。

RIMG0839.JPG

次は藤や薔薇が順番を待っています。
花芽を見せ、蕾を見せ、楽しませてくれています。













玄関脇の華やかな花壇。

IMG_6625.JPG

お花が終わってきたので移植し…

RIMG0848.JPG












いよいよ、2の顔を育てます。

RIMG0840.JPG

ここにモッコウバラのアーチを。

RIMG0842.JPG

この窓に趣を造る計画が立ちました。






RIMG0845.JPG

逆側からは、また珍しいクレマチスが2種入りました。





RIMG0844.JPG

真中はラベンダーとローズマリーを。

色のないガーデンが最近落ち着くようになってきました。











ちょっと懐かし写真を。
移転する直前のアトリエの写真。薔薇のトンネルです。

RIMG0275.JPG

RIMG5316.JPG

ずっとこの空気感が好きだったけれど、今は新しい2のテラスも居心地が良くなってきました。日当たりと風通しが良く、虫が居ないので、大きなテーブルを出してもいい環境です。






試行錯誤してきた植物達も、すっかり居場所を決めたようで落ち着いた表情を魅せてくれるようになりました。

RIMG0867.JPG

RIMG0868.JPG

RIMG0869.JPG

RIMG0871.JPG

RIMG0873.JPG

RIMG0875.JPG

RIMG0874.JPG















お披露目は秋の個展と決めました。
新たな気持ちでmatoiを創っています。


IMG_7123.JPG

posted by 2 at 01:32| Comment(0) | 庭ーseason

2015年03月29日

サクラサク。



IMG_6901.JPG

隣の駅まで遊歩道を歩いた。既に八分咲きに。

IMG_6904.JPG

夜はボンボリが灯り露店も出て夜桜も綺麗なところ。

IMG_6906.JPG














IMG_6915.JPG

久しぶりにお気に入りの和菓子店へ。
静かで感じのいいお客様が集う小さな老舗。
外には紅梅。

IMG_6910.JPG

中には葉桜が、水の音と一緒に和ませてくれます。
懐かしい顔ぶれも変わらず、
「あら?お久しぶりですね」「変わらず素敵な室礼ですね」と…。
許可を得て店内のお写真を撮らせて頂きました。
「八雲もち」という珍しいお菓子を良く買いに行っていました。

IMG_6909.JPG

この黄身餡の練切には対の蝶の型押しが。
散歩の途中に春を頂きました。















今日は、嬉しいお写真が届きました。
先日JAZZをお買い上げ下さったK-chanから、
お庭のお花と一緒にお茶の時間を見せて下さいました。
素敵なオブジェ、クロスとのコーディネイションがいい感じですね。

IMG_6940.JPG

其々の場所で……。よかったーーー。





















そして、我が家の花壇。今日は水仙です。

IMG_6924.JPG

一昨日の黄色い蕾。

IMG_6923.JPG

昨日は開花を始め白に。

IMG_6918.JPG

そして今朝、気が付くと満開に。


なんて素朴で綺麗なんでしょう。
花々は全てEST様に植え込みをお任せしているので、
私は何が咲くのか知らないのです。
毎日、手入れをしながら、この日を楽しみに待っていました。
本当にありがたい。ご褒美のようです。







IMG_6927.JPG

新しいアトリエはラベンダーがよく育ちます。
色んな種類が入っています。

IMG_6929.JPG









そしてムクムクとチューリップも開花宣言間近!!
楽しみだ――。

IMG_6928.JPG











IMG_6931.JPG

西の玄関花壇には水仙も満開に。
いい香りが来客を迎えました。












IMG_6938.JPG

寒々しかった冬の庭。
こんな日が新しいアトリエに来るなんて…。

今日もEST様と打合せ、
クレマチス、藤、薔薇、ジャスミン、
さあ…いよいよ庭仕事も最盛期の正念場!
しっかりイメージとプランニングをしなければ…。






それより先に、作品を創らないと皆様に来て頂けませんね。


























IMG_6933.JPG

そいうこと――――。
















posted by 2 at 23:08| Comment(0) | 庭ーseason

2015年03月28日

2 Terrace Lunch







IMG_6751.JPG





晴天の朝、2のテラスランチを企画。

IMG_6757.JPG













いつもお世話になっている近隣友人に、
クレマチスを見て貰うという勝手なお誘い。
殆どの方が、タイミング合わずでしたが、
短命のクレマチステラスを共有して下さった皆様、
お忙しい中、ご足労下さり、ありがとうございました。













この日も花々は胸を張って水を一杯に吸い上げていました。

IMG_6761.JPG

IMG_6771.JPG

IMG_6773.JPG

どこを切り取っても花とストーリーがあるよう創ってきました。












それぞれに特等席があります。

IMG_6767.JPG

IMG_6776.JPG















IMG_6783.JPG

大きなテーブルを出しました。












IMG_6788.JPG

一枚のターフでは日陰にならず、

IMG_6794.JPG

二枚重ねて影を創るのに一時間もかかりました。
















IMG_6800.JPG

前のアトリエは見上げると大木と空でしたが、
今のアトリエは静かな住宅街ですが建物が近く、
ターフの張り方でやっと孤立できます。

IMG_6801.JPG

切花も日陰に入って一安心。














IMG_6810.JPG

いらっしゃいませ。2のテラスです。















IMG_6811.JPG

週の前半にご用意したのは、
杏とレーズンの鶏カレー。

IMG_6812.JPG

気持ちは花々にあり、クロスも器も整わないままで。

IMG_6813.JPG

麹で揉んで甘酢に漬けた大根のピクルス。
(有田の形状が可愛らしい色絵に)






IMG_6866.JPG

サラダには新玉ねぎと柑橘を合わせたドレッシングを。
(イギリスのインディゴプレートをベースに岡本修さんの7寸に)

お写真を撮って愉しんでおられる来客にどんどん出す私、

IMG_6865.JPG

冷めないように工夫した出し方もいつか学びたい。
この日のカレースタイル。

来客時のカレーの付け合わせは、煮込まないお芋。
ジャガイモやサツマイモ、小芋などをフライに。












IMG_6818.JPG

リクエストしたお手土産。

そして初期の作品を持って来て下さった2のfukuroとの再会。
春の鳥と蜂、陰で花も共演となりニンマリショットを。
会う方々が、2のワンピースやmatoiを身に付けていて下さり、
エールを頂いております。いつもありがとうございます。












IMG_6846.JPG

そして、お食事中になんと花束の贈り物が。

届けて下さったフローリストさんにもシークレットガーデンをご紹介。
花のお庭に団子をリクエストしたのに、お花も頂くなんて恐縮です。







勿論、お気に入りの窓辺に飾りました。

IMG_6844.JPG

頂くお花は、庭の草花と違って、
凛としていて素敵です。
また、お客様を呼びたくなっちゃいますが…。
今日からはベッドサイドのお気に入りのチェストの上に。










そしてリクエストしたどら焼きは、
桜バージョンでした。桜餡に求肥が入った美味しい春を、
JAZZの器、初使いでセットアップ。

IMG_6833.JPG

ソーサーはモノクロのスリップウエア―を。
一枚ずつ表情が大きく異なる珍しいシリーズを見つけお気に入り。

貴重なJAZZの墨色の在庫を沢山気に入って下さり、
お嫁に出しました。
大切にして下さいね。
その土は既に終了したらしく、墨は2の企画ですので、
本当にそれはもう創れません…。
私の手持ちもう歯抜けになってしまいました。ああ、、。笑。



















そしてこれはまた違う日。

IMG_6883.JPG







後半はクラブサンドイッチのプレートをお出していました。

IMG_6856.JPG

サンドイッチは時間が読めないと、アツアツを出すのが難しかった。
皆様、一時間で帰られるので、何もかもお出ししたいとなると、
ワンプレートで「冷めてごめん」と言ってしまう。
プロでは許されないですね。

サンドイッチも、カレーも、お重に入れて出せる、
Japanese Styleを開発しようかな?笑。

この日の一押しはカリフォルニアの
「いいとこ採り」という柑橘系のフルーツ。

IMG_6857.JPG

グレープフルーツのような実ですがザボンぐらい大きくて、
一切苦味がなく、甘い甘い。美味しい粒々。
皆様、見つけたら是非お試しください。

我が家の側には、果物屋さんの問屋があり、
千疋屋さんや紀伊国屋さんと同じセリで仕入れている店で、
品質は勿論、珍しいものが沢山並んでいて……。
お土産や来客時には楽しみに訪ねています。

出店は自由が丘(旧)東急ストアーの横に。
水、土、日は違う果物屋さんが出ているのでお気をつけて!
全く品物が違います。














IMG_6859.JPG

この日はとっておきのデメルの洋菓子を添えて。
催事にご褒美で差し入れて下さった品。
ピスタチオの香りが豊潤で絶品でした。
デメルは箱やパッケージに夢があって大好きです。

そしてJAZZのマグ。おろしちゃいまいました!

使いやすい!!手に滑らかで薄くて軽いのに熱さが伝わりにくい。
誰にでも出来ない、さりげなくて凄い技術。
創って良かった―。と思う瞬間です。
沢山の子供たちが見知らぬ方々に旅立ちました。
其々の食卓で、今頃、微笑みを誘っていますように…。

実は、この柄。
一番気に入っていた柄で、
沢山創ったので、まだ少しだけあります。
青もとても綺麗。

IMG_6596.JPG










そしてこちらは珍しいお手土産。

IMG_6860.JPG

私の大大好物のフルーツ。
3食フルーツでもいい。お風呂もフルーツに入りたい。
フルーツ貧乏するほどの私。
最近は食べきれなかった熟れ過ぎたフルーツを、
ドライにしようかなと計画しているほど。

そんな私に、ドバイのとっておきを持って来て下さった。
ソフトドライフルーツで、
マンゴー、メロン、アンズ、キーウイ…
そしてココナッツまでソフトなのでジューシー。
これは大変に珍しかった。

そして、手に持ちきれない程の紅茶も。
毎年、ドバイから持ち帰って貰いたいとリクエストしている。
日本に入っていないロンネフェルト社の紅茶に加え、
また珍しい「VIVEL」の品々を届けて頂きました。
http://www.vivel.com/


愉しい旅の話に花が咲き、
スライドで写真も沢山見せて頂き、
クレマチスのテラスからドバイのテラスにワープできました。
お忙しい中ありがとうございました!














クレマチスが運んでくれた皆様との愉しい時間。
お呼びしたい方は沢山いましたが、
お料理が行き届かない事もあり諦めました。









そして、クレマチスは既に終盤を迎えております。

IMG_6884.JPG

お花がひっくり返り始め満開時期終了。

春は香りを届けに、

そして、この後は、
夏の終わりまで日を遮る役に変わり、
蔓をどこまでも伸ばし続けてくれます。

IMG_6885.JPG



そんな呑気な時間は、
私も来客と同じランチタイムの1時間だけ。

催事先様から届いた返却の大荷物の整理と、
夜は(まだ終わっていなかった)確定申告を。
仕事はエンドレスで追い付きませんね。

そして、催事が終わったら暇と言う空想の方程式に基図いて、
主婦業も再開しなくてはならず…。
ははははは。もっと忙しくなっている…。
















今日から暫く来客を拒み、来期のプランニングに入ります。

そして、庭仕事も、
日差しを避け、さらに早起きをして捗らせたい時期に。
今日は、綺麗に咲き誇っているバンジーや花壇の花々を切戻しました。

IMG_6871.JPG



こちらは、満開を超えた花がら摘みの山。
ありがとうねー。

IMG_6872.JPG


こちらは、2番花が順番待ちしているので、
切ってあげた花々。同じ環境に置いて庭で共存。

IMG_6874.JPG


そしてパンジー君。

IMG_6887.JPG

切ったパンジーの足元の葉の整理をして、

IMG_6889.JPG









IMG_6891.JPG

またお気に入りの窓辺へセット。

IMG_6893.JPG

お花を変える度に布や器を変えられる幸せな季節。












今日も発見がありました。

一つは、水仙。
花壇で春を待っていた黄色の水仙の蕾。

IMG_6876.JPG

あれ?開き始めると白に。

IMG_6877.JPG

植物は本当に不思議。この黄色い色素はどこに行ったのでしょう?












二つ目はムスカリ、露地モノのムスカリが自力で咲き始めましたが、
なんと、二本ずつペアーで出てくる事を発見。

IMG_6878.JPG

IMG_6879.JPG

ついつい、小さい方を大切にしてしまう私。
日が当たるように側の葉っぱを開いてあげました。
弱肉強食な自然界、、、発見の報告。
















IMG_6880.JPG

こちらは紫陽花の新芽。

昨年、なんとか花を付けてくれた4年目の紫陽花。
花後の剪定を、専門書や画像資料で一生懸命勉強して、
「ここ!」という場所で枝をカット。

本当はその後にもう一度「強剪定」というのを、
しなくてはいけないのですが、
その花芽を読み違えるとまた咲かないので、
それをせずに過ごしてしまった。
結果どうなるかと言うと、この先、50cmほど伸びた先に、
大きな花を咲かせる事に。笑。

でも塀の外から見えるし、確実に咲く方を選んだ。

今年こそ、花後には、バッサリと切って形を整えよう。



この家に引っ越してきたのは7月。
まだ経験していない月が3か月あります。
まだまだ、二階はダンボールも積み上がったままで、
アトリエの縫製部屋も手つかずですが、
4月10日から新規と決めて、
やっと自分らしく準備が出来る日々を過ごしています。

また気持ちいい日記を書きます。
時々、覗いて下さいね。

いつもありがとうございます。
年に一度の、桜な週末をお楽しみくださいーー。
posted by 2 at 13:34| Comment(0) | 庭ーseason

2015年03月24日

明日からテラスランチ。







IMG_6729.JPG

クレマチスが綺麗なので、
明日から勝手にテラスランチを開催。

IMG_6733.JPG

まだ行き届いていないお庭なので、
気紛れに、ご近所の友人だけを招く予定です。
予約などは受け付けておりませんのでご了承下さいませ。

IMG_6741.JPG

今日も一日庭仕事をしてターフも張りました。

IMG_6735.JPG

明日、明後日は、
スパイシーな杏子とレーズンのカレーです。

大きなテーブルが欲しい!!!!!
posted by 2 at 00:09| Comment(0) | 庭ーseason

2015年03月21日

クレマチスの庭


久々に師匠を貼ります)



IMG_6699.JPG

想定外の大仕事を終え、ボロボロの体を癒してくれているのは、
一緒に引っ越して大切に育てて来た庭の花達。












二日間のマッサージを終え、昨日は一歩も歩けず。
ずっと庭で休息の日々。

もう8年ぐらいになるでしょうか…、大きな仕事の前後には、
誠心誠意、体も心も元に戻してくれるマッサージのF様。

今日からやっと正気に戻りました。
春を迎えた庭を愛でながら、沢山の本とお茶と一緒に、
植物は優しいなあと一日中庭に居ます。
大きなベッドを置きたいぐらいです。














RIMG0755.JPG

前のアトリエから持ってきた3年目のクレマチス。

庭一面に満開の花を付けてくれました。

RIMG0756.JPG


盛夏に、枯れていた葉や蔦を整理するのは大変な事でしたが、
きっと咲いてくれると信じてこの日まで大事にしてきました。
葉っぱを一枚づつ拭いた日もありました。

RIMG0770.JPG

蔓の先が枯れたら切戻しを繰り返し、
蔓が伸び始めるまで随分大切に見てきました。

RIMG0771.JPG

前のアトリエでは西に居たので20個もつかなかった花が、
新しい居場所で1000以上付いているのではないでしょうか?

RIMG0746.JPG

天を這わせたり、下に垂らしたり…、
いろいろに置き場を変えて、誘引を考え、
この日の景色を想像しながら庭の家具の配置も決めていました。

RIMG0709.JPG

ほのかに香るクレマチスの香りに癒され、
読書もお茶もすすみます。

IMG_6667.JPG












そして相棒の花々は紫だけ。

RIMG0734.JPG

IMG_6666.JPG

EST GARDEN様がさりげなく拘られる、
色を入れ過ぎない静かなの庭の、納得の完成です。

RIMG0726.JPG

RIMG0724.JPG

RIMG0732.JPG

表情が変化し、愛情と正比例する蔓植物が大好き。
気が付くと、新旧アトリエの蔓植物が共存しています。

IMG_6650.JPG

クレマチスとラベンダーが合わさり揺れていい香り。

RIMG0729.JPG














一方、玄関の花壇には紫のグラデーションで花々が満開。
切り花に出来て部屋中にも同じ色が。

IMG_6625.JPG

ポピーは色違いで背比べ。大きく口を開けておしゃべり。
切って中に入ると気を遣って小さく閉じます。笑。

IMG_6627.JPG











内側の花壇のセージが終わる頃から、
ラベンダーの2期咲きが始まり、仕込んでいたムスカリも開花。

IMG_6661.JPG

そして冬に仕込んでいたチューリップも狭間から!

IMG_6690.JPG

何色を植えて頂いたのか伺っていないので、
自分でもある意味、シークレットガーデンを愉しんでいます。

何もない殺風景な土に水や栄養をあげる事数か月、
踏まないように、乾かないように、枯葉が重ならないように、
芽吹く日を信じて毎日を愉しむのは修業?笑。
ESTさんとの長年の信頼関係でもあります。

どんどん葉を伸ばす球根達がどんな花を咲かせるのか、
これからも毎日、幸せな庭時間です。














IMG_6653.JPG

天に這わせたアイビーは、初めて主人が誘引してくれました。
この家に決めて大きなVOLVO君を手放し、
小さな車も買わずにこの車庫を庭に提供してくれた時から、
前アトリエのように、庭で呑気に過ごす私やお客様の時間を、
願ってくれているのだと思います。

IMG_6654.JPG

この窓の向こうが、アトリエの縫製室。
窓辺の一番いいところにミシンを置いています。
今も、このクレマチスを見ながらブログを書いています。

IMG_6675.JPG

早くこの小さな庭一杯に集まって皆様とお茶したいです。
花々の開花がそんな事も後押ししてくれています。












IMG_6670.JPG

秋には5周年を迎えます。必ず新作matoi展を。
そして、本当はもっと早くチューリップや薔薇が咲く頃には、
お披露目展をしたいなあと思い始めました。

anbyの2回目の展示会企画も、今がピークで忙しい毎日ですが、
今回、日本橋三越様へ来て下さった2のお客様はなんと50人を超えました。
九州、倉敷、和歌山、奈良、神戸、多治見、地方から遠路ご来場頂きました。
その応援を真摯に受け止め、2の再開を心に決めました。

皆様、本当にありがとうございます。
1年半、創れなかった想いをしっかり詰め込んで制作に掛かります。
今後共、どうぞよろしくお願い致します。



しかーーーーし。
まずは、お直し2点と、アクセサリーの納品、
そしてmatoi-coatの順番待ち様への13着、
そしてそしてワンピースと…スカート4着ですよね…。
あ―――。やっぱり無理か―――。





取りあえず、ギターでも弾こう…。




笑。。。。。













RIMG0679.JPG

え―――――〜〜?笑ってないで!
早くがんばんなさいよお!!!!








ハハハハハハハ―――――――――。

魔法使い募集中。
そうぞ、ここから…いらっしゃいませ。

IMG_6672.JPG











posted by 2 at 18:11| Comment(0) | 庭ーseason

2014年11月20日

ambient garden



昨日書いたばかりですが、2月1日の師匠の音楽会に向けて、
弾き語りの新曲を仕込んでいましたが、
その日から、京都へ半月入る事となり断念。
次回は5月です。沢山練習出来ます。



さ。
庭の続き。

IMG_4186.JPG


キッチンの横に小さなスペースがあり、
そこのカーテンを目いっぱい開けたいと計画。




IMG_4191.JPG

お気に入りのカーテン越しに色を併せて箱庭をセットアップ。

重いルーバーを一人で夜中に設置。
鉢も大きなものばかりだったので、
かなりの重労働でしたが

IMG_4189.JPG

朝一番に開け放った窓の外は、
白と植物のみ。すーーーっと息の抜けるスペースが完成。


IMG_4188.JPG

ずずずいーーーっと。横までルーバーフェンスを伸ばし、
庭中央からの景色も変えました。
アイビーや、蔓草が成長するとここも森に!
春が待ち遠しいです。















IMG_4181.JPG

前アトリエの庭で、早朝の日課だった花がら摘みと切り花アレンジ。
ふと気が付くとまたお庭だけの植物でブーケが出来るように。
なにより、幸せな時間です。

先日頂いた薔薇は「真宙」という名の品種でした。
いつまでも隣で香っています。









今日は師走並みの寒さだったとか?
お昼にパンプキンスープを作りました。

IMG_4192.JPG

Etalyの全粒粉の固焼きパン(グリッシーニ)。
先日の撮影に使ってから嵌っています。
塩が効いていて、スープやシチューにバッチリです。


























posted by 2 at 21:07| Comment(0) | 庭ーseason