個展のお知らせ【Festival of colors in the memory】先行予約開始 2017.3.16(fri)-20(mon)  Open:12:00/Close:18:00                                       *既に初日は予約が混み合っておりますご了承下さいませ。早々の沢山のご予約に感謝致します

2016年12月26日

アトリエの様子。



またまたご無沙汰しました。
インスタばかりで交流を続けております。
このブログをパソコンバージョンに切り替えて頂くと、
インスタのリンク先がございますのでそちらから遊びに来て下さいね。
今は非公開にしておりますのでフォロー申請下さる時はダイレクトメッセージをお願い致します。
よろしくお願い致します。





さて、
クライアントのお仕事を終えた先週。
ディスプレイシュミレーションでアトリエを埋め尽くしていたサンプルを返却し、
来年早々の撮影に向けてアトリエのレイアウト替えにやっと着手。

IMG_8097.JPG

蔦屋書店様のイベントから引き上げた巨大パネル。














IMG_8102.JPG

深夜に思い付き三枚連結に成功!


壁に貼り付けたいと思い立ち、、、脚立で苦戦する事深夜2時?
















IMG_8105.JPG






できた!

しかも奇跡的に上下左右サイズピッタリ。
私の永年積み重ねている流動的作品「Show Case」
この写真が好きで好きで、とうとうアトリエの壁にしました。





IMG_8111.JPG

IMG_8112.JPG

自分が好きな白とシルバーのモノだけを十数年に渡りデコレーションし続けているこのCaseの中。
どこを切り取っても想い出の一コマ。
ニューヨークの蚤の市で買ったカレンダーや、ポートベローやクリニャンクールの古き良き時代のシルバー小物、、ベトナム・サパでマイノリティーから譲って貰った装具。ギャルソン在職時代に社員のみに配られた香水サンプルの細い瓶。これはパフュームが立ち上がった時の年に。知人が見つけて贈ってくれた「2」、捨てても良いような透明のスプーンなどなど、、。

IMG_8262.JPG

IMG_8263.JPG

私自身の目であり、原風景の軌跡。
お気に入りのディスプレイゾーンが出来ました。












仕事初めまで、撮影準備にアトリエ創りが続きますが、
今は縫製部屋である奥の秘密の部屋を整理しています。
ここは私の発想の原点であるモノだけを置いています。
誰にも見せられない場所になってしまいました。

IMG_8129.JPG

居住まい正していればきっといいことがあるのではないでしょうか。
posted by 2 at 10:59| Comment(0) | 住ーlife style

2015年01月23日

仕事もプライベートもコーディネイト?



昨日、やっと、仕事の整理が出来るほど、
スタッフの手を借りてひと段落。
夜は、美味しいお酒を少し飲んで人間に戻る感覚。

でも明日。
呑んべーが沢山来るらしい…。笑。

カメラマン・アレンのmamaが、
テキサスに帰国するとの事で、
ブレーンが寄る事に。






ん…。

IMG_5719.JPG

10人かなあ…15人かなあ…。




IMG_5722.JPG

セッティングかなあ――。ブッフェかな――。
アレンの美味しいの来るかなあ―――。




IMG_5727.JPG

晴れかなあ――。雨かな――。











IMG_5728.JPG

ん――。

まずは仕事かな――。







ん――。

先に器かな――。





IMG_5732.JPG

ん――。



IMG_5733.JPG

ん――。




IMG_5731.JPG

ん――。















IMG_5735.JPG

ん――。
















posted by 2 at 12:42| Comment(0) | 住ーlife style

2014年07月10日

アコースティックで行こう!



今日は、アトリエの玄関になる車庫の門を創る為、
good stuff space designの五味永丞氏と打合せ。

築48年のボロ家を好む私にとって、
近代的ではなく、味わいのある空間を新たに創るのは、
共有できるセンスのプロが不可欠です。
暑い中、いろいろなアイデアを出して頂き、
少し夢も見れました。

秋に個展をしたくなりました。

一重に、フェンスと言っても、いろいろあって難しいですね。

予算ありきではありますが、
そこで何をして過ごすか、それも大切にデザインを待ちたいと思います。

P1050225-thumb-650xauto-127[1].jpg

photo 3[1].JPG

small-garden-design-ideas-home-interior-design-kitchen-and-bathroom-550x550[1].jpg

small-backyard-landscaping-idea[1].jpg



長い年月をかけて、
またアコースティックな基地を創って行きたいと思います。



posted by 2 at 16:46| Comment(0) | 住ーlife style

2014年07月08日

きっぱり!













lulu-dk-silver-tattoos[1].jpg

どうしょっかなあーーーーー。










branch-art-gym-sign[1].jpg

なに作ろっかなあーーーー。

















l[1].jpg

2の扉どこにしよっかなーーーーーー。















スリッパの置き方.jpg

スリッパの置き方はこれかなあーーーー。


















20134_cosl17a_01_PE360566[1].jpg

どこで寝よっかなーーーーー。

















そんな妄想もまた、やっぱりここでね。

RIMG0635.JPG

今よりいい!きっといいさ!
posted by 2 at 16:58| Comment(0) | 住ーlife style

2014年06月30日

最終日。ラストチャンスに…。





昨年の11月から探し始めたアトリエ物件。

昨日はラストチャンスでした。
今日6月30日には引っ越しを決めなければいけない最終日。

そして、やっと、巡り合えました!

今のアトリエから徒歩5分。


















IMG_2364.JPG

またレトロな一軒家です。



本決定したら、またお知らせいたします。
皆様の長期に渡る応援に感謝です!

posted by 2 at 01:33| Comment(0) | 住ーlife style

2014年06月10日

ままならない…。






毎日、物件探し。

仕事の手を休めてはパソコンでカチャカチャ…。

1401961521_i[1].jpg

この近所の物件。

1401961521_1[1].jpg

とても素敵な空間だった。

1401961521_2[1].jpg

けれど、庭は、見るだけでは物足りない。
やはり…土の傍で暮らしたい。











1401696293_i[1].jpg

ならばと、思い切って遠くに?

1401696293_1[1].jpg

気持ち良い、山の空気。
もはや庭などしなくても、山の中。



それでは、2の個展はどこで?

ままならない現実に眠らない日々が続く…。




posted by 2 at 14:14| Comment(0) | 住ーlife style

2014年06月01日

新入りオブジェ。



京都、堺町の町屋ギャラリーで出逢った作品。

先日、無事に我が家に届きました。

新ブランドに集中したいので、
今、アトリエは真っ白。

余分なテイストを目から排除するために、
リセットしています。

RIMG0124.JPG

そこへ、ポツンと。

京都堺町から来てくれた見通しの良い!新入り。

RIMG0126.JPG

いい顔です。

RIMG0127.JPG

この質感。

RIMG0128.JPG

綺麗すぎず、汚くない。確かな技術を軽やかに。

RIMG0130.JPG

RIMG0131.JPG

上を向く事も出来るのです。












そして、以前、気に入って買ったこの作家もの。
作者、忘れてしまいました。
(Myg-san、教えて下さい。笑)

この質感とバッチリフィット。

RIMG0135.JPG

RIMG0136.JPG

イメージ通りのコーディネイトです。





そして、この見通しの先に、
新緑溢れる光景をセットするタクラミもバッチリ。

RIMG0140.JPG

RIMG0141.JPG

RIMG0142.JPG

RIMG0144.JPG

なぜか、この人も出て来てしまいますが…。
















「質感、ピッタリだからいんじゃない?!」




RIMG0147.JPG













「ま、確かにね!」












好きなものは、目が選ぶ。
持論、更新です。


さあ、今日は、企画を仕上げます!!!

神様降りて来て〜〜!!!!!!!
posted by 2 at 13:04| Comment(2) | 住ーlife style

2014年03月19日

花の基地

RIMG0993.JPG



まだ暖房を付けたい朝夕。

この時期のお花の基地は、
お手洗いと、お風呂。

RIMG0987.JPG


春一番の楽しみはやはり、ヒヤシンス。
これから、鳥と一緒に、球根植物がピークでやってきますね。

皆様からの花便りも楽しく拝見しています。

そして、微妙な個展の日程発表に、
絶妙なご予約を、沢山、沢山、ありがとうございます。

DMの打合せをしないうちに告知できないなあと、
遅れております…。
でも、もう21日の最終日は一杯になってきました。汗。

そして、翌週は、23日(水)25(金)のみOPEN致します。
予約が入らなかった場合や、作品がなくなってしまった場合は、
中止する場合がございますので、ご了承くださいませ。
(また、微妙な追加告知をしてすみません)


ごめんなさーーーーい。
皆様、ありがとう!!!ございますっ。

posted by 2 at 17:40| Comment(0) | 住ーlife style

2013年12月30日

師走BLOG しつらい編



RIMG9571.JPG




なんとか、歳神様をお迎えする事が出来ました。

今年の大晦日は、主人が不在という事もあり、
今日は、猛スピードでお掃除など手伝ってくれました。

年明けからの、新宿伊勢丹でのイベントのディスプレイ設営に
終日出掛けるとの事。
明日は一人で淡々とお料理創りとなりそうです。



Kansai Yamamoto POP UP STORE@TOKYO解放区

■1月2日(木)〜14日(火)
■新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

英国V&A博物館にて発表されたその最新のコレクションを、
世界のどこよりもいち早く先行発売。
会場内では、2013年3月23日〜8月13日の期間、V&AにてDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)の回顧展『David Bowie is…』が開催され、そこで展示されていた、1973年に山本寛斎氏がデザインし、アラジンセインツアーに於いてDavid Bowieが着用したコスチューム(※レプリカ)も展示。
間近でなかなか見ることのできないものとなっておりますので、今回の機会をお見逃しなく、是非ご覧ください。

*下記伊勢丹サイトより文章拝借。

http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/park_2f/park_center.html

何やら、歌舞伎とのコラボ形式になっているとの事、
面白そうなので、是非お出掛け下さいませ。















という事で、まだちょっと、間が悪いですが、
お迎えのしつらい。今年はこんな感じにしています。
赤に気持ちが入らなくて、黒に魅せられてしまい、
大王松のグリーンと絵でなんとか折り合いを付けました。


RIMG9591.JPG

RIMG9592.JPG

RIMG9593.JPG

RIMG9596.JPG

RIMG9597.JPG








チントトて〜ん♪
ビヨーーーん♪♪











チントンシャ〜ン♪♪

近隣からはいい香りが漂っております。

私は只今黒豆中。
今日は酢のものだけでも仕込んで眠りたい…。

今年のおせち料理の献立は…。


黒豆

酢蓮
紅白なます

数の子
鰤の照り焼き

筑前煮

八幡巻

松笠焼(旦那担当)
ローストビーフ(旦那二作目・調子に乗っております)

あ!!!!
菊花蕪忘れてたああ!!!!








チントンシャン…♪♪

決まらないのよねえ…♪♪

RIMG9603.JPG

RIMG9604.JPG

正木春蔵さんの酒器と骨董の大鉢。







ち〜ん♪
posted by 2 at 21:48| Comment(0) | 住ーlife style

2013年12月29日

師走BLOG 餅花編







そろそろ来ますよ〜〜。
足音、聞こえて来ましたよ〜。

明々後日は来年だよ〜。。。。。








ん…。






間に合わない…。…。









でも…今日は、餅花作り。  ♪ヨイトセ〜♪♪






RIMG9545.JPG





RIMG9540.JPG

RIMG9542.JPG






RIMG9546.JPG

RIMG9549.JPG

♪チョイとあんた〜、落ちなさんな〜よおおお♪♪






RIMG9563.JPG

RIMG9559.JPG

RIMG9558.JPG






♪ミ〜ッション♪♪
クリアなんだよおお〜♪♪






♪けど…♪






しつ〜らいが♪…。






気に入んないのよ〜♪♪


RIMG9566.JPG


RIMG9568.JPG





ヨイトセ♪ ヨイヤサ♪♪
チョイと♪、笑いなさんな〜よ〜♪♪


は〜♪あ〜♪っ。
♪呑みたいもんだ〜ねえ♪♪〜っとなあ。
posted by 2 at 21:59| Comment(0) | 住ーlife style

2013年12月24日

夫々の場所で…。



夫々の場所で。
夫々の想いで。

温かいスープを!

RIMG9367.JPG

RIMG9368.JPG

RIMG9370.JPG


RIMG9371.JPG

Merry Christmas! My Friends!


posted by 2 at 12:52| Comment(0) | 住ーlife style

2013年08月06日

今日のアトリエ。





RIMG6532.JPG

やっと、制作モードに入りました。

でも今週は来客週間の為、
途切れ途切れのミシンとのお付き合いになりそうです。

最近、嬉しい事に気が付きました。

私の縫製専用のアトリエは、家の一番奥にある、
隠し部屋のようなところ。
凄く、集中できるなあと思っていたら、
自宅チャイムも、アトリエチャイムも、家電(話)も、
聞こえていない事が判明。   

笑・笑・笑。

どうりで、集中出来ていたわけだ。

気づかなかった事にしよう。












というわけで、久しぶりに、【今日のアトリエ】。
こちらは、気持ちのよい、いつもの南側のサロンです。







RIMG6535.JPG

個展でない月は、
モノクロで静かなデコレーションに嵌っています。

RIMG6538.JPG

新作の器も、実は、続々と上がっております(ppp)

RIMG6494.JPG

Tse&Tseのショップで、楽しいクリエーションを見つけました。
ゆらゆらと定まらない黒丸の輪郭。
ドットで並んでも緊張感なしでナイス。(私物です)

凛とした器や、難しい印刷物の後ろで、
ヒョウヒョウとした感じで笑ってるうう♪♪

RIMG6539.JPG

巣作りしている鳥も一向に捗ってない様子。


RIMG6496.JPG

昔、電車で販売していた、磁器の駅弁茶器の復刻版。
持ち手は緑色の細い針金。  

最高に愛おしい。(私物です)












RIMG6506.JPG

西側の窓辺。

什器を取っ払って、涼しげに浮遊感を。


こちらもTse&Tseのクリエーション。
プカプカと呑気なモビール。

RIMG6510.JPG

竹ヒゴでフォルムを創り、シルクで造形しペイントされたもの。
午前中は光や風を通しユラユラ♪♪

RIMG6141.JPG

西日を遮断した後は、
この通りデザインをしっかりと魅せ、プカプカ♪♪
夏らしい、可愛い作品。



陶磁作品も、ペイントに併せて鮮やかな色物でコーディネイト。

RIMG6512.JPG

RIMG6515.JPG

パレスホテルのお店で、
唯一、嵌ったデザイナーの茶器。これからの展開が楽しみ。







RIMG6525.JPG

お庭は手付かずの森。
夏は、植物の成長期。何もせずに放置します。

RIMG6524.JPG

ユーカリのトンネルには、蝶ちょが訪れ、
風が吹くとシャラシャラと、自然の風鈴です。


RIMG6531.JPG

元気いっぱいのミント。
夏は、バスタイムの救世主です。

RIMG6530.JPG

涼しげなジャスミン。



鳥が運んでくれた五色唐辛子も満開。
EST GARDENさんが添えてくれた支えは、
鉄のバイオリンの様で、いい景色になりました。

RIMG6522.JPG








日ごろ、頑張っている、お部屋の演出係りを、
露出を変えて撮ってあげると、
ちょっといい、夏の陽だまりの記録になりました。

RIMG6552.JPG












暑中、お見舞い申し上げます。

2 acco oimatsu


posted by 2 at 12:52| Comment(0) | 住ーlife style

2013年04月17日

REX HOTEL



RIMG0512.JPG

RIMG0515.JPG

20年近く通っている大好きなホテルがあります。

RIMG0537.JPG

RIMG0546.JPG

RIMG0555.JPG

RIMG0585.JPG

RIMG0532.JPG

ブルックリン在住の、仲良しの友人であり、大先輩の上野朝子さんが、
帰国する度に食事に出かけるホテルです。





実はここ。
同じくもう20年近くのお付き合いになる、
友人P邸。

3人会の始まりは、3人が同じ職場だった頃に、
それぞれの好きな国のスタイルで、もてなしあい、
朝子さんはアメリカ、P-chanはイギリス、
私は日本。と、食事もしつらいも、その感覚で用意し、
もてなし側は、お気に入りの映画を用意して夕食後に紹介する、
といった結構、高尚な?会でした。

朝子さんがテーブルコーディネーターであり、
当然、住まう達人であった事から、
二人にとっては、勉強したり、意見を貰ったり、
それぞれの反応を楽しむ本気の衣食住の会だったのかも知れません。

RIMG0523.JPG

この日のウエルカムドリンクは、ジントニックにオレンジ。
シルバーのトレイにペーパーフィギア。

RIMG0552.JPG

空間は言うまでもなく、素敵なインテリアと配置。
なんと言っても日本人では考え付かない、
贅沢な家具の配置が特徴です。
すべて壁際に置くという先入観外にありますね。

細やかなデコレーションもさりげない季節を。

RIMG0590.JPG

RIMG0587.JPG

インテリアとしても美しい書のコーナー。








そして一番のお楽しみは、
オーナー(笑)の用意する料理のしつらいです。

この写真は、昨年の秋頃。
近くの公園で拾って準備してくれた落ち葉などでお迎えのセッティング。

RIMG0561.JPG

骨董の上質な染付けで和食のもてなしが始まります。

RIMG0565.JPG

RIMG0558.JPG

RIMG0573.JPG

RIMG0574.JPG

骨董好きの私にはたまらない、清らかなしつらいです。

RIMG0594.JPG

取り入れた植物の役割は、瑞々しいアクセントに…。

そしてメインには、
DEAN&DELUCAの白いお重に用意したお料理を詰めて。

RIMG0592.JPG

美しい。





デザートは黒の板皿でお団子を。

RIMG0597.JPG

RIMG0608.JPG

モダンなシルバーの器を取皿に。

たっぷりのデザートは、
食事の満腹具合を調整できるので、
食べてもよし、残してもよしと…、
とても素敵な心遣いだと、毎回感じます。
そして久しぶりの日本を味わって欲しいと、
朝子さんへの気遣いも基本です。

RIMG0604.JPG





お話が尽きない夜はいつも終電まで続きます。

絵になる二人。
左がREX HOTELのオーナーP氏です。!!!!!!。

RIMG0564.JPG




自宅に戻ってからの余韻。

RIMG0614.JPG


















そして、ここからは、先日。4月の上旬のお話。




朝子さんの半年振りの帰国を待ちわびて、
やっと集合できたのが、ブルックリンへの帰国前夜。

私のリクエストで、またまたREX HOTELでの会食を希望。

RIMG3252.JPG

いきなりこの配置。やられますねえ。

RIMG3261.JPG

相変わらず、色を抑えたシンプルなインテリア。
私には出来ないマイナスの美。
上級者の技と持って生まれたセンスですね。

RIMG3266.JPG

RIMG3263.JPG

RIMG3262.JPG

前回、ご馳走が並んだテーブルはディスプレイゾーンに。




RIMG3264.JPG

RIMG3265.JPG

RIMG3274.JPG

RIMG3270.JPG

いつになく、温かい色のものが沢山配置されていて、
春のお部屋に和みました。





初公開。ベッドルーム。

RIMG3249.JPG

ね?HOTELでしょ?

扉という扉はすべて開いております。
勝手に入った訳ではありませぬ。笑。

REX HOTELは見せられない場所はないのです。
本当にいつも綺麗で、私はここに来ると胸がスウ〜っとします。
なので、本職のHOTELの手抜きなんて見つけたら許せないのです。
現代の暮らしの達人は、これだけのレベルなのですから、
商品も商店も、しっかりがんばらないといけません。
(あ、つい仕事の目線になってしまった…笑)

RIMG3267.JPG

久しぶりの再開。変わらず気さくな佇まいのP-chan。
お世話になります。今日もありがとう。






















RIMG3254.JPG

ウエルカムドリンク。





そして、気になるこの日のもてなしの席は。

RIMG3276.JPG

RIMG3250.JPG

ショップのようなキッチンダイニングでの'ビストロ晩餐会'でした。

「リビングでもてなすと、どうしても話が途切れてしまう」と、
彼の配慮から今回は短時間密会型?!に。
この距離感が大成功!いつも以上によく話し、笑いました!

RIMG3275.JPG

RIMG3279.JPG

銀食器もピカピカ。お食事や器が楽しみです。

朝子さんもやっと到着。
お忙しい最終日に辿り着いた3人会の始まりです。

RIMG3281.JPG

清らかなキッチンでどんどん手作りの料理を作っていくP様。

RIMG3284.JPG

珍しい野菜の前菜は美味しいドレッシングで、
「もっと食わせろ〜」コールで、
見えている在庫(笑)をほうばるゲスト…。

RIMG3288.JPG

綺麗なゼリー寄せは旬の春野菜を生かすガラス器で。

RIMG3294.JPG

「このサイズのスープは嬉しいね」と朝子さん。
お酒も進みます。

RIMG3292.JPG

ボトルのデザインも楽しみな、
3人でデザイン確認の図。笑。



RIMG3296.JPG

温かいパスタ。
春のバジルが香るとっても美味しい一品でした。

RIMG3297.JPG

RIMG3299.JPG

RIMG3301.JPG

至れり尽くせりの至福のときです。
ありがとうね。準備大変でしたね。
でもお蔭様で最高の時間でした。


RIMG3302.JPG

デザートの時間。
ピカピカの銀器と彼がコレクションしている、
ヨーロッパの白い粉引き。アスティエ。

RIMG3308.JPG

そこに、私のお土産、和菓子を合わせ。

RIMG3307.JPG

最近嵌っている、麻布十番で見つけた、
老舗の'紀文堂'の箱入りお煎餅。と桜餡のワッフル。

RIMG3306.JPG


小さな箱に日本のもてなしの心が入っています。
お二人にも気に入って頂き一安心。

そして何より、嬉しかったのは、
この日手持ちで納品した、
2のオリジナル、新作、銀彩ヌガーを、

RIMG3310.JPG

すぐに使ってくれた事〜。

上生菓子ならもっと素敵な写真になったなあ、と思いながら、
意外に素朴な煎餅も受け入れるヌガー君が愛おしかった。

























そんなこんなの桜の季節。

久しぶりの3人会がありました。

RIMG3312.JPG

20年近く前に3人で旅したNY。今では大切な思い出。
そして今も変わらない愉し過ぎる関係と友情に感謝です。

それぞれの場所、それぞれの道で、
これからも活き活きと生きていこう。


P-chan、ありがとう。
Asako-san。来月も帰ってきて〜。



笑笑。











明日は、父の手術。
看病を兼ねて、暫く、母のアトリエで仕事をします。
皆様、日ごろの沢山のアクセス、
メッセージやお手紙、本当にありがとうございます。








posted by 2 at 12:33| Comment(0) | 住ーlife style

2013年01月20日

テレビ本。

昨年、白枠の小さなテレビを買った。

RIMG1147.JPG

本棚に入れて見た。

RIMG1150.JPG

白黒でかっこいい映像を主とした特集があった。
そして昔の映画を見ると回りの図書とリンクした。

RIMG1153.JPG

この位置。面白い。

RIMG1154.JPG

新しいテレビの居場所。
posted by 2 at 21:05| Comment(0) | 住ーlife style

2012年10月28日

そしてリセット。



オーダー分と、次回制作分の、
材料の入荷待ちをしています。

その間、アトリエサロンスペースを、
プライベートのリビングに戻しました。

RIMG0390.JPG

3月まで個展がないので、
商談も控え、冬の暖かい宴会に備える準備です。笑。

RIMG0391.JPG

RIMG0399.JPG

RIMG0402.JPG

RIMG0405.JPG

RIMG0411.JPG

個展では色が溢れているアトリエでしたが、
普段の暮らしには色を控え、
一度、ニュートラルに戻したくなります。






そして、お庭にも窓辺にも、
柔らかな秋の日差しが入る事に気づきました。
穏やかな時間が戻りつつあります。

RIMG0413.JPG

ここ毎日、ギターばかり弾いています。
歌もなんの衒いもなく歌える心に戻っています。
12月は下北沢lownというライブハウスで、
また弾き語りをします。
師匠でありミュージシャンのSHIME率いる、
六弦道場の発表会ですが…。
久しぶりに新曲を仕上げて歌いたいなあと思う
気持ちに余裕が出てきました。
初めての会場という事もありちょっと緊張します。











RIMG0420.JPG

RIMG0423.JPG

RIMG0425.JPG

RIMG0430.JPG

RIMG0433.JPG

RIMG0438.JPG

RIMG0441.JPG

RIMG0443.JPG

キャンドルの燃えきった後の姿が好きで捨てられません。
このカンテラの中も随分景色を変えてないので、
そろそろ諦めた方がいいのでしょうが、
長い年月をかけて風化していったものは庭では、
いい味になってくれるので思案どころです。

影が何とも言えない季節の移り変わりを見せてくれます。

RIMG0464.JPG

RIMG0428.JPG


ピントを合わしていたら、ラベンダーに蜜蜂が来ました。

Good Job!!


posted by 2 at 20:01| Comment(0) | 住ーlife style

2012年08月19日

空と風とココロの模様。



RIMG0163.JPG

みなさま。こんにちは。
お盆休み、如何お過ごしでしたか?
ゆっくり出来た人、お仕事だった人、
それぞれの暑い暑い夏の真ん中。乗り切りましたか?

私は捗らない仕事を持って母のアトリエに5日間の合宿。
主人は無理やりお休みを取って新幹線途中下車の旅で長崎へ長期。

母の仕事場はそこに居るだけでサクサクと仕事をこなせる
不思議な空間です。同じ配置で同じ道具を配しているのですが、
母のアトリエには一切生活感がないからか、
とにかくアトリエに入ったら仕事に集中できるから好き。
「どうしてだろうねえ」と聞くと、
「何年やってるとおもってるの…?」と一喝。
確かに、この道60年以上か…。私が存在すらしていない頃から。

やっと2着の仮縫いと本縫いの確認数着を終えました。
明日からやっと個展の制作です。やっと…。




両親の本宅は大阪。
病気療養の為に仮住まいした姉宅の隣に住んでもう5年?
母のアトリエはそのまたとなりの一軒。
可愛らしく色違いに塗り替えて、
それぞれのアメリカンハウスで、
ファミリー気持ちよく住んでいます。

野菜造りが趣味の父は今は収穫真っ盛り。
森のようなプチトマト。

RIMG0116.JPG

毎日、篭片手に2〜300個?採っていました。
RIMG0122.JPG

篭一杯のトマトを、2時間かけて、
姉がセミドライトマトにしていたのを食べて感激。
自分でも作ってみようかとこの日は収穫のお手伝い。

RIMG0133.JPG

5年かけて育てた芝生も綺麗です。

RIMG0138.JPG

でも忙しいのでやっぱり私はそのままおやつに(涙)
苺のように甘かった〜。人間だあ…!!!!



そして休日の姉は、レッスンをしながら合間の趣味。
お料理好きな姉の旬は梅干作り。
毎年、和歌山の南高梅5キロと京都の赤紫蘇を取り寄せ、
1年分作ります。

RIMG0094.JPG

いつもは綺麗な瓶に入れてラッピングされたものを
貰っていましたが、この日は土用干しの最終日の番をする事に…。

RIMG0097.JPG

日差しを見ながら数回ひっくり返し…。
笊にくっついているので破らないように…。
最終日は夕立の予報があったので、朝食時に両親とミーティング!
「梅干を忘れるべからず!今日は当番です!」と。笑。

RIMG0108.JPG

紫蘇は随分つまみ食いしましたが、既にユカリさんに。
おにぎりが合いますね。

紫蘇を一枚ずつ枝から外し、
こんなに手間をかけて作る梅干の工程を知り、
とても楽しい経験をしました。
私は紀伊国屋あたりで、
6個1000円ぐらいの梅干しを買うタイプですが、
旬の保存食作りの長閑な時間はかなり魅力的でした。

RIMG0110.JPG

そんなこんなの盆休みな仕事場でのひととき。
いい風が吹き込む環境で5日間。人間らしく過ごしました。

RIMG0166.JPG

さあ、明日からどんな風が吹くでしょうか?
みなさま。残暑を乗り切ってがんばりましょう!



追伸:ここ数日の沢山のアクセスやメッセージ、
メールやお手紙まで。みなさまいつもありがとうございます。
芸術と音楽に触れた日記で交流が持てるのは一番嬉しいです。
ご紹介したイベントに全て行って下さる方々にも感謝!
同感して頂き、情報の交換もまた、
プラスになり、書いてよかったなあと思っています。

いつもアトリエに篭って1人で仕事していますので、
どうぞメッセージやメールを下さいね。
コメントに本名が書いてある場合は、
オープンを控えさせて頂く場合もありますのでご了承下さい。
posted by 2 at 22:39| Comment(0) | 住ーlife style

2012年03月07日

心模様。一新の術。


(この映像は23分間続きます)

RIMG2558.JPG

個展後のアトリエを、普段のサロンに戻しました。

RIMG2567.JPG

RIMG2564.JPG

RIMG2577.JPG

RIMG2574.JPG





この場所は南の光が入る一番明るい部屋。
日常のデザインの仕事や商談、仮縫いはここでします。

RIMG2561.JPG

既に創った自分の作品に囚われないように、全てを撤収し、
尊敬する資料と、
創り手のわからない時を経たものだけの空間に戻し、
自分らしい心にリセットします。






どこに座っても資料が読めるように、
その時、勉強したい写真集やアートブック等を、
期間限定で積みます。

RIMG2569.JPG

庭が見えるコーナーに座りたい時は、
自然に庭と相談できるようにそんな資料などを積んで置きます。
青虫や葉っぱの図鑑、時には化学的な薬品の調合資料も。

RIMG2573.JPG







最近、植物台帳と言うようなものも作り始めました。
個展毎に植え込む植物や、皆様から頂いた植物の、
情報を書き込む為のものです。
花が終わって地植えをしたら、ネームプレートを付けておきます。
出来るだけ手入れ方法を調べて、
台帳にメンテナンスを書き込んでおきます。
まだまだ整理が必要ですが、全般的な知識がない私は、
我が家に来たひとつひとつの植物が来時期また咲く様に、
控えのコーナーで必死に育てています。

唯一の楽しみは、
綺麗にしていると鳥が遊びに来てくれる事、
そしてお客様がお庭に和んで下さる事。
小さな通路のような庭ですが、
私にとっては人間らしく四季を過ごせる場所となりました。

RIMG2689.JPG

RIMG2691.JPG

RIMG2678.JPG

RIMG2631.JPG

RIMG2668.JPG

RIMG2621.JPG

RIMG2586.JPG

どんなに忙しくても、
庭で過ごす時間は必要です。皆様からのエールで育った庭、
あちこちでメッセージに触れています。
個展前にチューリップと一緒に「26日までがんばれ!」と
頂いたチョコレートの箱のナンバー。
そして丁寧なラッピングの中の木のスプーンに、
「すみれ えび茶」と和色を教えて下さった一鉢。

RIMG2618.JPG

綺麗な春を迎えられそうです。

寄せ植えの中の小さな花々も次々に開花。

RIMG2639.JPG

RIMG2640.JPG

RIMG2643.JPG

午前中の日課がまた花がら摘みになる季節になりましたね。
満開のチューリップの後からは、
水耕栽培の球根植物が順番待ちで登場。
地植えのチューリップが咲くまでは愉しませてくれます。

RIMG2651.JPG

RIMG2657.JPG



紫陽花、小手毬の新花芽も芽吹いてきました。
6月が楽しみです。

RIMG2706.JPG

RIMG2710.JPG




レイアウト変えや模様変えは私の趣味でもありますが、
気分を一新するには最適な手段ですね。

次回の個展はワンピース。
たった2面の布を4箇所縫うだけで、
身に纏うと何故かテンションが上がる不思議な衣。
まだまだ気持ちを高めて、心機一転始めたいと思っています。

6月開催予定ですので、
自家製梅酒と一緒に。ね!!!!!!

RIMG2715.JPG







posted by 2 at 13:27| Comment(0) | 住ーlife style

2011年12月27日

迎春の準備。



これはNICK CAVEのピアノ。最高です。

今日はクリスマスの飾りを片付けて、
早速、迎春の来客をイメージして、
リビングのレイアウトや、
器のイメージを考え始めました。

我が家の新年会は毎年1月2日。
親族も友達も誰でも参加OKの大宴会です。
でも器とスペースの問題もあるので、
私のベスト人数は8人〜12人かな。

楽しみのひとつは姉の手作りのお節料理と、
高知生まれの母が作る鯖の姿寿司。
そして、
大阪から訪ねて下さる知人ご夫婦の参加。
なんと大阪から毎年手作りのお料理まで
持ってきて下さる!
そして料理好きの主人が作る卓袱料理など。

そして、この日の私の役割は、
言わば会場提供?と器担当。
温かいお料理と、
恒例のガレットデロワのパイは焼きますが、
当日までの準備が大切な役割です。

両親の為に寒くないように暖房器具の考慮。
出きるだけ立たなくて済む様に、
器の数の配慮など。

一番の難関は昭和一桁生まれの父の暴走(笑)
宴会の最中、マッサージ師を呼んだり、
お風呂に入ったりするので、
リビング以外のところもバックヤードに出来ません。
そして「熱々のお茶入れてくれ〜」コールの嵐。
誰か1人。父にお付の執事が欲しい。(汗)。



私の宴会もてなしの基本は、
仕事でも18年間話してきましたが、
こんな感じです。

理想は、
まずは玄関からお庭の手入れ。

これは今年、テレビの取材を受けた時の写真。
季節の植物の入れ替えは、
自由が丘のEST GARDENさんに入って頂き、
リフレッシュしました。

RIMG6718.JPG

RIMG6675.JPG

RIMG6799.JPG

RIMG6694.JPG

RIMG6687.JPG

RIMG6721.JPG

RIMG6727.JPG

真夏の急な撮影依頼だった為に、
無理言って1日で手直しして頂きましたが、
実は、テレビでは映らなかったオチ付き。笑。
今では大きく育って、
我が家のmini GARDENのベースとなっていますが。



そして来客の人数やテーマに合わせて、
レイアウトを変えます。

RIMG6823.JPG

出来るだけ過ごしやすいように、
ちょっと輪から外れる場所も作ったり。

RIMG7090.JPG

豪華な花の存在は重要ではなく、
話題に一役かって貰える様に添えたいと。

RIMG7087.JPG

RIMG7095.JPG




そしてテーブルでは、

RIMG6814.JPG

お茶だけなら器の準備は簡単。

でも料理をもてなす時は、
人数や時間、飲物や料理を先にイメージして、
その料理を食べやすい器を決める。
それからその料理と器を引き立てる
布やフィギアを入れていく。

RIMG6837.JPG

この日のテーマはお菓子と軽食。
撮影の後、ランチ風景へと移動だった為、
あえてそんなセッティングにしてみた。
撮影とは言え召し上がる可能性もあるので、
器に合わせた美味しい食材の買出しは、
3日間を費やした。

RIMG6973.JPG

クルーを待たせてのセッティングは15分しかなかった。

RIMG7000.JPG

RIMG6996.JPG

RIMG7005.JPG

どこに何を盛るのか、
前日にポストイットを付けてイメトレしていたので、
明確に指示が出来たのも奇跡。

RIMG7021.JPG

ロザンナさんとお料理教室開校を間近に控えた、
万梨音さんの興味津々な表情がとても印象的で、
嬉しかった。

(でも実は、このセッティングもほぼ映らなかった。
″ビッフォーアフターの様なセッティング提案″が
気に入られ、膝の上で急遽考えたような器合わせが
採用された。そう…あの時のセッティングは酷い)





そして、移動先のランチのお店は勿論余裕。

RIMG7042.JPG

プロは毎日こうやって人をもてなしているのだから、
慌しい準備などなかった。凄いことだ。





撮影と実践では少し違いはありますが考え方は同じ。

こちらは今年の新年会の日記。
準備の図までは気に入っていますが、
やはり、料理が入ると色や器に統一感がなく、
テーブルにも余白がなくなるので美しくないですね。
勿論。″美味しい愉しい″を優先した田舎の宴会ですが…。
目指すところは他にあります…はい。
http://2acco.sblo.jp/article/42368700.html

そしてこれは一昨年の新年会の様子。同じですね。
http://2acco.sblo.jp/article/40633154.html




こうして記録写真を残しておくと何かと便利ですね。
お料理や器は、そうそう変えられませんが、
何かしら今年らしさを出すことは出来ます。

そしてまた重要なのが、テーブルの存在です。
大きなダイニングテーブルも早々に捨ててしまい、
ずっと商談時も不自由していましたが、
妥協に妥協を重ねて、
大きなエクステンション製の座卓もやっと購入。

私の理想はW90×L220×H39のエクステンション仕様。
1年探しましたが市場には皆無。

アンティーク好きの私達にとっては、
結果はかなり残念な感じですが、
足がたためて180cmまで広がるフツーの座卓を発見。
やっと宴会可能となり一安心です。

皆様、
このサイズでいいテーブルを知っていたら教えて下さい!






と言う事で、
今日は訳あって時間がぽっかり空いたので、
長々とお話を。

年明け一番の大宴会。
成績発表は新年にまた…。

皆さまの、静かな年の瀬をお祈りいたします。
posted by 2 at 01:05| Comment(0) | 住ーlife style

2011年12月19日

Christmas decorations



RIMG1908.JPG

RIMG1911.JPG

RIMG1917.JPG

RIMG1923.JPG

RIMG1926.JPG

RIMG1932.JPG
posted by 2 at 00:01| Comment(0) | 住ーlife style

2011年07月24日

ACE HOTEL

先輩、上野朝子さんから教わったACE HOTEL。
それ以来、部屋の模様替えをする度に時々覗くHP。
雑誌はELLE DECO UK、
サイトは今のところこれが一番刺激的。
あたりまえではなく、全てオリジナルな発想で。
決まりなんて何もないのであ〜る。

standard_front-3.jpg

standard_front-2.jpg

standard_front-1.jpg

standard_double-3.jpg

standard_double-1.jpg

standard_back-2.jpg

junior_deluxe-3.jpg

junior_deluxe-2.jpg

junior_deluxe-1.jpg


http://www.acehotel.com/
posted by 2 at 01:20| Comment(0) | 住ーlife style