2014年05月06日

個展後半。23日の記録。




後半23日は。取材の日となってしまい、
ご予約を数名様、お断りする事となり、申し訳ありませんでした。



RIMG0228.JPG

RIMG0229.JPG

RIMG0233.JPG

RIMG0221.JPG

RIMG0216.JPG

頂いたお花も満開。
最終日まで持ってねえ…と生け方を変えたり…。










RIMG0013.JPG

姉が、お客様にと作って来てくれた、
イースターの玉子。
ゆで卵にデザインシールを貼ったフィギア。
当日は皆様にもれなく差し上げるのが精一杯でしたが、
やっと写真を撮る事が出来ました。

RIMG0395.JPG

イースターですからね。
やはり…。ここで。

RIMG0397.JPG

いや?ここで???

RIMG0398.JPG


今回は、本当にお世話になりました…。ありがとう!








そして、11時。
午前中は忙しい中、ブレーン達が訪ねてくれて、
ちょっと穏やかな時間が過ごせました。

RIMG0430.JPG

2のアートデレクションをお願いしている佐藤氏。

個展中、お客様から、
今回のDMが一番好きでしたと言うお声を沢山頂き、
さて、個展本体と繋がるかな?と心配したほど…、
ムードのあるDMでした。

DMを依頼する時期は、生みの苦しみをマックスに抱える頃。
佐藤氏の助けは、かけがえのない2の力となっています。

皆様を2へ招いてくれる案内状は、
私の手から生まれたての作品や正直なココロを、
まっすぐに伝えてくれる使者。
過去の案内状も愛おしく、大切にファイリングしています。

また、今回は、戻って来たDMも多く、
そして、いつも出している方々へも、
「頂けなくて残念でした。」と、お知らせを頂くまさかの事態。
「経費の関係で、どんどん数量を減らしております」なんて、
以前に書いたものですから…。本当に失礼極まりないですよね。
これは、予備の枚数の事です。

過去、一度でも出している方、知人には、必ず出しております。
そして、住所など見失った方々もございます。
どうぞ、差し支えなければ、今一度、
「DM送れ。届いてないぞ。」のメッセージを下さると助かります。

よろしくお願い致します。











話しが脱線しましたが…。



















今回、デビューした 2snacks の誕生秘話も少し。

このsnacksおじさんの誕生には、面白い紆余曲折ありました。

佐藤氏からのデザインから、
イギリス紳士風、粉だらけの職人風など、
数人のおじさんが幾度と現れましたが…ウナズケズ…。

この人の好さげな、呑気そうなおじさんが現れ、やっと、
2のsnacksを任せる事に。
窓の中から「ね。それ美味しいでしょ?」
「僕、見つけたんですよ。」とsnacksおじさん。

機会があればまた今度メイキングを書きますね。

いい顔で今回の個展を盛り上げてくれました。





RIMG0445.JPG

RIMG0444.JPG

RIMG0447.JPG

RIMG0443.JPG

5日間で約600個。毎日、ほぼ完売。
地方の知人からも沢山お声が掛かり、
最終日に送らせて頂いたり…。
皆様に、気に入って貰えたデビュー作のウォールナッツスコーン。
本当に美味しかったですね!
秋の個展でも何か出来るといいなと思っています。










そして、佐藤氏と一緒に訪ねて下さった、ケンケンこと、
画家【Kenjiro Kawahara】。

RIMG0434.JPG

RIMG0433.JPG

持参なさった、沢山の原画を見せて頂きながら、
佐藤氏が冊子にした、2冊目の作品集を頂きました。

RIMG0437.JPG

3ミリの水彩ボールペンで描かれたというこの絵。
密に蠢く強さと滑らかな情景が見え隠れする個性的な世界観でした。

RIMG0440.JPG

晒の麻にしっかりと捺染してタペストリーに…
クリアーなガラスにシルバーで描かれたランプシェードとか?
様々な光景を想像して、話に花が咲き。

額装の大切さなどの話題に広がり、
前回、私が、清里現代美術館で沢山仕入れて来た、
古いアートポスターなどを全部出しながら、
絵について、額装について、美術談義となりました。

ココロの中を形にするのは、とても魅力的な事。
わたしもまた、頑張ろうと思った朝でした。













作品の手直し。
ちょっと寂しかったなあ…。などと花の釦を沢山付けていたら、
この後の仕入先様に、気に入って頂きビックリ。
作品の完成度って、やっぱりあるのですね。

RIMG0424.JPG

RIMG0422.JPG

良かったです。











そして、撮影取材前の午後の庭に…。

RIMG0275.JPG









RIMG0367.JPG

まさかの大先輩が門の向こうに。

20年前comme des garconsの企画でお世話になった、
私の恩人が…。

夢にまで見た、再会は20年ぶり。
お忙しい中、お時間を下さり感無量。
いろいろなお話を伺い、作品を見て下さり…。
第一線で、今もコレクションを創っていらっしゃる、
妖艶で素敵な大先輩に、私は、
自分の作品の不出来を悔やみ、身の引き締まる思いでした。

もっともっと、自分の個性を深める事の大切さを実感し、
眠れない夜となりました。

私の気持ちは、
29歳のあの時のまま、
comme des garconsのあの企画室の緊張感の中に居る。
川久保さんのクリエーション哲学を肝に銘じて、
今も何かを探し続けている中の出来事でした。

本当に、嬉しかったです。
心から感謝し、お礼申し上げます。










そして、西日が回る頃、
高揚した気持ちのまま、業界紙からの取材を受けました。
たった、このBLOGだけで、2に興味を持って下さる事、
小さな活動の内容を評価して下さる事、
そして、2のお客様の事を尊重して下さり、
上質への追及を理解して下さる事など知りました。

今回は、3社からの取材を受けましたが、
皆様からの質問にお答えしながら、
自分の考えと意識の統一を、更に強くしたいと決心していました。


そして、日記は、最終日の記録へ。
また覗いて下さい。

2014年05月04日

個展二日目の記録。



RIMG0199.JPG

おはようございます。

今日も南伊豆、須崎の一番先端の定宿で書いています。

こちらは半袖の夏日。
昨日は九十浜で一日おりました。
日本とは思えないほどの色の海に癒されました。

RIMG0089.JPG

RIMG0032.JPG

坂道を降りると別世界の海。
御用邸のプライベートビーチのすぐ横とあり、
静かな穴場でした。

海の中の植物の色にまで感激。本当に太陽ってすごい。
いろいろなものを育てているのですね。

RIMG0127.JPG

RIMG0052.JPG

だんだんリフレッシュしております。







それでは、個展二日目の記録を続けます。
こちらも楽しい愛おしい記録です。



RIMG0306.JPG

RIMG0241.JPG

RIMG0234.JPG

RIMG0145.JPG

花々でお迎えした二日目も、
懐かしいお顔や、新しいご縁を頂いた方々で賑わいました。








RIMG0062.JPG

偶然にも黄色でアンサンブルの二人!
久しぶりに会えたあ!!!

RIMG0065.JPG

そして、2の世界観を創って下さったと言っても過言ではない、
私のアンティークスの相棒!
初代OTSU FANITUREの店長さま。
この人から、沢山の不思議を買いました(笑)

「これなんでしょうね?」とお互いに言いながら、
「じゃ。これ頂きます。」
「え?ほんとですか?何に使われるのですか?」と。

…そんな長い長い時間を経て2のリビングが造られて行った、
想い出と感謝の人。
この人の目利きが無くなった今では私もとても苦しい思いです。
独立なさっていると朗報を持っての再会!
落ち着いたら、必ず、皆様にもご紹介いたします。







RIMG0080.JPG

そして、宴も(?)たけなわ…。

大好きな顧客様と、
昨年、教え子だった文化服装学院の生徒さんが、
卒業し、メディア関係の会社のプロとして、
2を取材に来て下さいました。
なんて、感慨深い日だったか…。
熱心な学生さんは、あっという間に社会人となり、
自分の道を究めていくのだなあと…感慨無量。

RIMG0081.JPG

個展風景の取材を続けて下さり、
そして…。


RIMG0085.JPG

ご自分のモノまで、作品を沢山!沢山!
あの日の授業で、私の作品を全て身に纏い、
「いつか買える日を楽しみに頑張ります!」と話してくれた彼女が!

本当に嬉しかった瞬間でした。

ご縁を頂いた、先輩、先生方にまたまた感謝した日でした。

取材記録。楽しみにしています!
印刷物が出来たら、2のお客様にも差し上げたいです。





RIMG0086.JPG

そして皆様でパチリ。
いつもいつも温かく支えて下さる、大好きな先輩方々!
この日も、夫々にお似合いの作品を沢山、手に手に…。

お一人は…。
お着物の上に、今回の大作、ゴールドのmatoi、
そしてウイリアムモリスのgorouta-matoiを重ねて!
2のコーディネーション上級者に学ぶことしきり!
2を支えて下さる大切な姐さんは、
ある意味、私の日本文化の先生です。

お一人は…。
美しいビスコースの黒の大matoiを華やかに。
前作のmatoi-coatもお着物に合わせて下さり、
お写真を拝見し感激!
この黒matoiもお着物に、そしてカジュアルに!
茶道も着付けも暮らしの一部!凛とした素敵な女性です。

お一人は…。
いつも私の妄想話に花を咲かせて下さる優しい方。
でもお互いの妄想を着実に現実化する不思議な二人。
この日のmatoiはDM商品。
スペインのお城に宿泊なさる日に付けて下さるとの事。
私もmatoiになりたい。…夢は叶う!

いつも温かく励まし続けて下さるお三人様。
再会に…応援に…嬉しくて、名残惜しく涙が溢れました!


そして、可愛く素敵な記者さんも。
良く似合っておられました。
これからもよろしくね。

作品が皆様のお役に立てますように。














RIMG0105.JPG


そして、お仕事のお忙しい中、
沢山の仲間も、お顔を見せに来てくれて…。

RIMG0104.JPG

前回の裏?DM商品でもある、
私の大好きなフランスドラゴンのバッグと一緒に登場!
わーー。また逢えた!!
やっぱりこの生地は凄い。こんなに使って貰って!
作って良かったあ…。

RIMG0095.JPG

そして、いつも、丁寧に殆どの商品を試着して下さり、

RIMG0096.JPG

この着こなす姿を見れる時間は、
創り手冥利に尽きます。

RIMG0098.JPG

ポールスミスの一押し作品は、
ファッションリーダーに掛かるとこの通り、
裏返したらプリントの妙ですっかり予想外の着こなしに!
嬉しい時間はあっという間でした。

いつもいつもありがとう!






RIMG0058.JPG

今回からデビューした 2snacksのコーナーは、
簡易的にCAFEスペースを造ってみました。
皆様と何時間も続くお話と、新たなお時間に作品を見たいお客様とに
空間を分ける事が出来ればと…。
お庭も含め、沢山の方の居場所が出来た事、嬉しかったです。

RIMG0061.JPG

こちらは、NINA RICHとラデュレがコラボして出来たマカロン。
半端ない、デザインのお土産でした!ありがとう。

この銀彩のフラワープレートも、また沢山販売しました。
新しい、黄色のお皿や、箸置きも後日、お嫁に行きました。
和の窯元で出来た器が皆様のコーディネイトによって、
様々な食卓で活躍し、なにより嬉しいです。







RIMG0118.JPG

そしてこの日もスコーンの準備は200個。
当初予定していた一日80個を二日で400個販売と、
遥かに上回る好評で、ポムドテールさんと私は眠れぬ毎日。

初日の私の慌てぶりを見た姉が、
深夜から姪っ子と一緒に来てくれて、
販売確認やディスプレイ手直しに集中できるようにと、
包装のセットアップ作業を夜に…朝に…してくれました。

RIMG0026.JPG

そして…。翌朝。8時。
ポムドテールのママさんが、きっと三時には焼き始めたであろう、
二日目のスコーンは冷めるのも早く、個包装が捗り、
10時にはアトリエに戻れる手際のよいスタート。

普段から生徒さん達にお菓子を大量に創る姉は、
ラッピングに慣れているからと、10時から再び応援に来てくれて、
25袋を20分足らずで完成。
やっとイメージ通りに、お客様を迎える事が出来ました。

初日の反省を重〜く受け止めていた私のココロも少〜〜し晴れ…。
個展に集中出来た日でありました。

プロフェッショナルなポムドテールさんの仕事。
2との二本柱になるなんて思いもよらぬ事。
食の大変さと、皆様を魅了する質の高さに、
改めて、片手間ではできない大変さと素晴らしさとを勉強していました。


何より、美味しかった事。
皆様に喜んで頂いた事が遣り甲斐となりました。

RIMG0020.JPG









この日は、写真記録する間もなく、
20数名の方々がお出でになりましたが、
残せたお写真はわずか。
本当に申し訳ありません。

3日目の記録に続く…。どうぞお楽しみに!


2014年05月02日

The stage of the marionette dorama 初日の記録



RIMG0319.JPG

穏やかな木漏れ日の春の日。
半年ぶりに皆様と再会する個展がスタートしました。

RIMG0295.JPG

晴れるといいねと。
皆様と一緒に祈った空も、

RIMG0149.JPG

植物も、

RIMG0218.JPG

お日様を迎えました。

RIMG0224.JPG

今回は小さな藤の鉢が一番人気でした。

Est Gardenさんが最後に、両手に抱えて、
大切そうに持って来て下さった新入りの一鉢でした。

8年目になろうとするこのお庭。
一年の成績表となるこの春の季節の花々が、
作品と同じ様に、また。皆様を出迎える日々でした。



初日は、2snacksのデビューという事もあり、
早朝8時から、ポムドテールさんへスタッフ二人で向かい、
個包装に勤めましたが、アトリエに戻れたのは11時。
そして個展準備に戻ったのは12時。
2を初めて以来、こんな日は初めての経験となりました。
お庭、ディスプレイ、裏方、全ての準備が出来なかった私。
永年サポートしてくれているスタッフに全てを委ねスタートしたものの、
この日は、終日落ち着かない一日を過ごす事になりました。






12時7人。



RIMG0005.JPG

そして続々と。

RIMG0030.JPG



皆様と作品につきっきりで、
夕方を迎える頃には、ほぼ完売。
まさかの大盛況と至らなさの狭間でまだ動揺を。

RIMG0456.JPG

それぞれの席で、スコーンを楽しんで頂き、

RIMG0036.JPG

混み合う時間には、寒いお庭でもワインも試して下さったり、











そして。

次々に、大作を手に手に取って下さり、

RIMG0003.JPG

RIMG0010.JPG

RIMG0049.JPG

皆様の笑顔に触れる度、
少しずつ、ココロが溶けてきたように思います。



この日、私が撮れた写真はこれだけなのです。
実はお庭の写真も3日目に撮ったもの。
あと数名。記録がも残せませんでした。











RIMG0007.JPG

いつものように、カメラサポートに入ってくれた、
S-chanの写真でこの日の記録を続けますね。


DSC_1150_02.jpg

DSC_1173_02.jpg

DSC_1143_02.jpg

DSC_1163_02.jpg

DSC_1127_03.jpg

DSC_1166_02.jpg







DSC_1235.jpg

DSC_1228.jpg

DSC_1231.jpg

DSC_1251.jpg

DSC_1252.jpg

DSC_1215.jpg

DSC_1257.jpg

DSC_1284.jpg

DSC_1103_02.jpg

DSC_1131_01.jpg

DSC_1089_03.jpg

DSC_1185_02.jpg

DSC_1121_02.jpg

DSC_1291.jpg

DSC_1288.jpg










沢山の綺麗な写真をありがとう。

そして、この日、来て下さった方々、
サポートして下さった友人に心からお礼申し上げます。

BLOGは二日目へと続きます。






が…。実は…。
11月からノンストップで走って来たワタクシ…。
昨日、全ての発送と配達を終えまして…。
逃げるように定宿、伊豆へ来ております。

毎日のアクセスう数を見て、
個展の記録BLOGを書かずにはいれず…。
パソコンを持って来てしまいました。

東京に戻ったら、また京都の仕事に集中したいので、
この海辺の部屋で、個展の記録とお礼は、
穏やかな気持ちで、少しでも進められればと…。

RIMG0004.JPG

IMG_1709.JPG



海を見たら、もうすっかり元気です。
皆様、ご心配お掛けしてすみません。
沢山の応援のお手紙やメッセージを、ありがとうございました。

明日も書けますように…。

2014年04月18日

半年ぶりの再開。







IMG_1510.JPG





皆様とのお時間を半年の間、心待ちにしておりました、
いつも応援してくれるかけがえのないスタッフと一緒に、
そして、沢山の作品達、花々、鳥たちと、
明日から毎日、お待ちしております。

2 acco oimatsu

2013年10月11日

picturesque collection 後半記録【追記】



後半、初日〜最終日迄の記録日記を一気に。

この日は、夕方までに7名。
7時から7名と、とんでもないアポイントとなりました。
夜のアポイントは動かせない方が多く、
申し訳ない限りですが、大変な盛り上がりでした。

後半なのに、初日に行ってあげようと思って下さった気持ちに応え、
精一杯のディスプレイ替えでお迎えしました。

余裕がなかったので、お写真がない方、ごめんなさいね。










午後一番。

RIMG8122.JPG

懐かしいお二人の足音が聞こえてきました。

植物好きのお二人は何となくのんびりムードで、
私も和みのひと時。

RIMG8118.JPG

胸元にはブローチ。
白鳥。

RIMG8119.JPG

そして、蝶。




2のお客様はブローチがお好きで、
matoiを着せ付ける時にいつも目に留まります。

そしてこの日も、昔の作品を持って来て下さり…。

RIMG8110.JPG

長〜くて深〜〜い、珍作品のfukuro。
このfukuroに付けた名前は「使えるものなら使ってみろい」。
既成概念を破りたかった時の品。
見事に使いこなしておられました。ワクワク♪♪


黄色いスエードのfukuroも健在。
ニョロット君と再会しました。この形は使いやすい…。





そして、

RIMG8112.JPG

2枚目の大物のmatoiを。
個性的な力作がこの日まで残っていて良かった!
サイズ感バッチリでしたね。

RIMG8116.JPG

そして前半で、価格を付けそびれていた人気のメガネケース。
ご自分のメガネと一緒に記念撮影。
キュートな刺繍ですが、今回一番高級な生地でした。はは、は。



RIMG8117.JPG

そして彼女は、いつも上品な雰囲気のmatoiをセレクトなさる。
ゴールドのシルクシフォン。とてもお似合いでした。
matoiもちょっと緊張してたみたい。

Yk-chan、Fjm-chie いつもありがとう!
















そして、予想外の嬉しいご来場。
宣伝広告、コピーライトなどを、
現在では日本大学、芸術学科で教えておられるTh-sama。

RIMG8124.JPG

美しい、古伊万里を気に入って下さいました。
お忙しい中、大変、ありがとうございました。














そして、

RIMG8127.JPG

参宮橋にある皆様もご存知の【ももちどり】のオーナー。

パンケーキが美味しくて有名なお店です。
和食器に魅せられ、カフェ併設のお店を開業なさったそうです。

HPもとっても雰囲気があって素敵です。
http://www.momochidori.com/

ももちどりとは、鶯の意味だそうですが、
春に森の中で一斉に鳴く鳥たちの事の総称でもあるそうですよ。
素敵なお話が印象的でした。


2のオリジナルの陶磁作品が11月中旬から、
展開される事となりました!
皆様、是非お出掛けくださいね!私も楽しみです!
S-sama、末永くよろしくお願い致します。
来て下さって、嬉しかったです。
















RIMG8133.JPG

そしてまた懐かしい、いつもの足音。
シャイな二人が。

RIMG8130.JPG

前回までの作品をいつも持って来てくれて…。

この日は、前回も気に入って下さった、
ダブルガーゼを秋物で購入なさり、私もホット一息。

RIMG8136.JPG

今回の提案であった、
matoiとアクセサリーの重ね付けもセットで。
「BLOGを見て決めてきました」と嬉しいお言葉。
BLOGの写真も手を抜けませんね。
いつもBLOGを丁寧に見てくれてありがとう!







RIMG8137.JPG

そしてこちらの力作も、
スタイリッシュなskm-cchanにお嫁に行き、
創り手冥利に尽きました。一目惚れでしたね。
翌日もご足労下さり、ありがとうね。
コーディネイトが楽しみです!


















RIMG8142.JPG

LIVE前に寄ってくれた、Kk-chan。
いつもお土産をりがとう!
ギターT-シャツでテンション上がりました。















RIMG8138.JPG

そして、いよいよ7時。
夕方のお客様にお許しを得て、夜の来客準備を。

立食のティー&フードサービスコーナーを準備。
7名様なのでお好きにお茶のタイミングを持って頂きたく、
フリーのスタイルにセット。新しい試みでした。



至らないであろう時間に、
お庭のキャンドルが、精一杯のおもてなしの気持ちでした。

RIMG8226.JPG

RIMG8227.JPG

RIMG8231.JPG

RIMG8233.JPG

RIMG8234.JPG












RIMG8145.JPG

おひとり…


5photo.jpg

おひとり、

8photo.jpg

おひとり…と増えてきて、

9photo.jpg

photo3.jpg

それぞれのオンリーワンをゲットなさる賑やかな時間。
皆様のセレクトを見て、私も楽しめました。

残念なのは、買っていかれた作品との写真がない事。
このお写真もお客様が撮って下さったの。
皆様、トータルコーディネイトをありがとうございました!

RIMG8149.JPG

落ち着いた頃の記念写真。


本当は、このテンション。笑。



RIMG8150.JPG

皆様、本当に沢山、ありがとう!
もっともっといいものを創ります!
長時間、お待たせしてしまってごめんなさいね。

I-chan、キッチンのヘルプ。とても助かりました。
嬉しかったです。









そして夜も更け。
皆様が帰られた深夜。





RIMG8171.JPG

RIMG8172.JPG

殆どなくなってしまった作品を撤収し、
一からの組み立て直し。

せっかく来て下さるのに、作品は十分の一に。

50個ほど創ったアクセサリーに於いては、この通り。

RIMG8212.JPG

ポツン。

岡本修さんの作品もこの通り。貴重品。

RIMG8214.JPG










気持ちを切り替えて、晴天の後半2日目。

RIMG8211.JPG

布製品は壁1面のみ。窓際にはお詫びに未発表の陶磁製品を並べました。
(正式発表は春です)

RIMG8184.JPG

染色に精通なさっている、素敵なお母様と一緒に、
毎回親子で素敵なお話を聞かせて下さるn-shi family。

お気に入りのアクササリーが、かろうじてあって良かった!





そしてトリオのうちのおひとり。(絶妙なつっこみ担当。笑)


RIMG8187.JPG

今年の若者のトレンド、ニット帽で。さすがです。


RIMG8188.JPG

最後の数点か〜ら〜の〜、ぴったりお似合いの一点をチョイス。
バッチリでしたね!!!これ、大好きでした!

いつもありがとうございます!
n-shi、Z-chanありがとうね!












更に、夕方。
ギターの師匠であり、
ミュージシャンのSHIMEの姪っ子が遊びに来てくれました。

RIMG8190.JPG

上京したばかりの頑張っている彼女に、
若かりし頃の自分と重ね合わせ、
無条件で、全力応援している今日この頃。
とは言え、素敵な女性。私よりずっとしっかり生きておられますが…。

RIMG8206.JPG

素直な笑顔が大好きです。
(知り合った日は、二人でテキーラでヨレヨレでしたが…笑)

笑。笑。





















そして、最終日。

なんだか、お写真をすっかり取れなかった数人様。ごめんなさいね。


モノ創りのお話、楽しかったです。
またお出で下さい。





そして、楽しみにお待ちしていた最後のお一人は、
大好きな顧客様。
いつも夢の話をずっとして、必ず叶えられると盛り上がり、
元気を送り込んで下さる素敵な女性。

この日は、母の創ったワンピースの納品日でした。

RIMG8218.JPG

相変わらず、季節外れの納品で申し訳ありません。
バイカラー ON プリントで、個性的なデザインの提案を。
女優さんのように美しい方に着て頂き、お洋服も幸せです。

最後の最後の一点のアクセサリーが、

RIMG8219.JPG

隠れていたかのように、バッチリ、コーディネイト出来ました。
気に入って頂き、本当に嬉しかったです。

2のアクセサリーは軽くてデコラティブ。
これからも沢山創ります。







そして最後に姉が。

RIMG8224.JPG

イブサンローランのシルク地で創った、こちらも母の作品。

派手派手ですが秋らしい柄には、どのmatoiもぴったりでした。
着てあげたい、貰って欲しい、の気持ちを、二人で抑えて、終焉なり。




打ち上げのタイミングに、せっかく来て貰ったのに、
この後、私が、まさかのダウン。
数分で具合が悪くなり、看病の為、一泊してもらう事に…。笑。

売れぬも心労、初日完売も心労…。
まだまだ、どうしてよいのか解らぬ2の個展です。
今迄の皆様の温かいご協力やお心遣いに感謝しております。





そして皆様、大変ご心配をお掛け致しました。
長崎行きには、間に合わず大変悔やんでおりますが、
今日から、元気に復活致しました。

送りも今週中には終える予定です。
薄手ワンピースのオーダーのお客様は、来週中にはお誘い致します。
黒のカシミヤ、厚手ウールワンピースオーダーのお客様は、
10月末には生地をご覧頂きたくお誘い致します。

引き続き、どうぞよろしくお願い致します。


これにて、個展の記録写真は終わり。
改めて、皆様から頂きました美味しいお土産の記録日記を
情報交換として書きますね。

ながながと、お付き合い下さり、
毎日、沢山のアクセスをありがとうございました。

そして個展を応援して下さり、重ねてお礼申し上げます。

ありがとう!
ありがとうございました。

2 acco oimatsu

















2013年10月02日

picturesque collection 3日目



RIMG7953.JPG

RIMG7964.JPG

RIMG7977.JPG

RIMG7975.JPG

RIMG7955.JPG

RIMG7954.JPG

RIMG7979.JPG

前半最終日。
穏やかな朝。

RIMG7971.JPG

RIMG7987.JPG











今回の皆様へのお礼のご挨拶は、
広島レモンのお菓子。
シャリっとしてフワッとした珍しい触感の中に、
爽やかなレモンの風味が広がる新体験の和菓子。

RIMG7995.JPG

毎月、ピアノの生徒さんをもてなす為に、
日本中のお菓子情報にお詳しい知人に教わり、
ご用意した品です。
今回のDMを見て下さり、メインテーマの【龍とレモンと…】の
キーワード、そしてモノクロのしつらいにも合うものをと、
ご紹介して下さいました。

RIMG7990.JPG

まだウールが着れない初秋、
フルーティーなハーブティーが似合う季節。
こんなキリッとしたお菓子も良かった。

遠くからの応援、ありがとございます!
Nam-cha〜n大好評です!





そして皆様からの差し入れも、
会を賑やかにしてくれています。

RIMG7988.JPG

今回、発表できなかった、白い器にマスカット。
この輪郭に黄緑が映える!!器っていいなあ。




前半限定でお出しできた、

DSC_1111_01.jpg
(photo S-chan)

イタリア栗と和栗と和三盆のテリーヌ。
これは贅沢でしたね。











DSC_1128_02.jpg
(photo S-chan)

こちらは今回の陶磁作品。

小さな花器は食卓の和みとして一輪ね。
有田の一点ものです。
各2800yen

岡本修さんの手塩皿は、初めての登場。
追加なしの20枚限定。2のオリジナル。
3000yen〜

こちらは、私の大好きな2のカップ。
色の濃いコーヒー、紅茶限定に使いたいデザイン。
飲み進む度に、柄がどんどん出てくる楽しみを、
手の中で感じたくて創ったもの。
お茶の時間が好きな方にはやはり大人気です!
受注発注の為、納期未定、来春までのお渡しイメージです。
12000yen 2種。

DSC_1129_02.jpg
(photo S-chan)
























RIMG7987.JPG

DSC_1147_01.jpg
(photo S-chan)

初日で大物商品が結構なくなり、
歯抜けになったディスプレイを直し…。

RIMG7997.JPG

RIMG7996.JPG

でもまだまだ、いいものが数点揃っているので安心。

ディスプレイを変えると表情も変わる。

DSC_1154_01.jpg
(photo S-chan)

DSC_1153_01.jpg
(photo S-chan)















さあ、お客様の足音が聞こえてきました。



















RIMG7971.JPG

いつもお花を持って来て下さる、I-chan。
彼女の笑顔で、アトリエの空気が穏やかで優しくなります。

秋の色が入ってしつらいにも、ムードが出ました。ありがとう。

RIMG7999.JPG

RIMG8001.JPG

前回は、私が気紛れに描く、【色の絵】をオーダーして下さり、
白とゴールドの作品を納めました。
今回は、
黒のカシミヤワンピースに一目惚れなさり、
オーダーを承りました。

上質のカシミヤモッサを何とか確保。
取引先の生地メーカーも。私にとっては最高のパートナー。
会期中も在庫が把握できてとても助かっています。

母が60年間してきた事を、最近、同じ様にやっているなあと、
ふと思うことが。

売れなくても、自分が着よう、使おうと、
上質で個性的なものを創ったものが評価されると、
心の中で固くなって緊張していた双葉から、
ふっ〜と枝葉が伸びて体を巡る瞬間を感じる時が。
そこから蒔かれた種で今があるのだと思う。

市場にいいものが少なくなって来ている今、
探して出会えたものが、売約済みになっていたら、
「お好みに合うものを創れますよ」という私の一言は大切。

基本的に殆ど一点モノなので、難しい事ではありますが、
家業のオーダー職は、私の原点。
お客様にワクワクを創る事はやめられません。

I-chanいつもありがとう。
いいものが出来そうですね〜。
暫くお待ちくださ〜い。
























そして。次も仲良しの女優さまお二人。

RIMG8002.JPG

隙がないですよねえ。

右の彼女の胸元に華やいでいるのは、前回の作品。
2点しか創らなかったシルクシフォンのmatoi。
贅沢にパネル柄を2枚分使って、
裏側には日本の絹を、紫の濃淡配色で併せたもの。
matoiがこうやって帰って来てくれると、嬉しい。
作品が「綺麗でしょー。」と言っているように聞こえた。

ならば、今回はちょっとカジュアルなものをと?

RIMG8011.JPG

こちらもシルクの2重仕立て。膨れ織のスッバらしい生地に、
日本の絹を併せたもの。
お茶目なスパンコールを、半分フリンジで覆う事によって、
いろいろな表情を創れるもの。

とてもよくお似合いでしたが、私の独りよがり。笑。

彼女のコーディネイトは、こちら。

前回のmatoiと同じく、シルクシフォンの2重仕立てを。

RIMG8016.JPG

良く映っていませんが、表も裏も両A面のプリントに。
コートのインナーにも活躍しますね!
Good Choice!!









そしてこのお二人。

ルームシューズもご持参なさり、
このチャーミングな足元。
撮らずにはいられませんでした!!

RIMG8005.JPG

私のテンションが上がりました。







そして、もうひと方は…、

前回のmatoi展の際、
布に一目惚れして下さり、デザインをご自由に決められ、
オーダーをして下さった逸品とのご対面。

全面フロッキープリントで、透け感のあるETOROの布。
両端に、フランスのブレードをフンダンに付けて、
重みを加えただけのモノ。

「下に白のコートを着たり…」
「透けた感じが…」と
大変に喜んで下さり…。

RIMG8010.JPG

妖艶な舞のお姿をパチリ。笑。

それぞれにお似合いになるものがありますね。
とても喜んで頂けて、私もお創りした甲斐がありました。

そして次なる、オーダーへと。
確かに、承りました。
今度は私も一緒に舞いたいです。
Kco-sanいつも貴重なお休みにありがとうございます。
完成をお楽しみに〜。





そんなこんなの2の個展。
前半は穏やかに、有意義に終了致しました。
みなさまのお心遣いに心からお礼申し上げます。

お忙しい中、お出で下さり、
本当にありがとうございました。




そして、明日からは、後半のスタートです。
4時までに5名様。
7時から7名様と、大変込み合うと思いますが、
どうぞ、ゆっくり作品をご覧下さいね。
台風の影響も気になるところですが、
みなさまの気合をお借りして、晴らしたいと思います!

最終日は16時受付で終了し、クローズは18時とさせて頂きます。
それ以外の日は19時受付最終で21時クローズとなっております。
混雑している時間や、商談中の時もございますので、
会期中でもご一報下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。


2 acco oimatsu


picturesque collection 2日目



DSC_1132_02.jpg
(photo S-chan)

DSC_1133_02.jpg
(photo S-chan)

そして二日目。

RIMG7931.JPG

気持ちの良い早い時間から、
貴重なお休みの日に来て下さった方々。

アクセサリーが殆どなくなった日となりました。












お友達の結婚式にと、
「全身コーディネイトに来ました」とK-chan。
笑ってましたが、泣きそうに嬉しかったです。

RIMG7910.JPG

大人気のmatoi-coatでポージング!笑。

迷いましたが、長身の彼女には一番丈の長い、
matoi-coatを。
このcoatは自由な着こなしが特徴なので、
活かせる人に貰って頂き私も嬉しかった。

RIMG7922.JPG



RIMG7925.JPG

DM裏面の白黒アクセサリー。
70年代のflour partsが付いたゴールドのfukuro。
そしてグレーをチョイスした今回の大作matoi-coat。
即決のトータルコーディネイト。本当にありがとうね。
良く似合っていました。















RIMG7914.JPG

そして、既に、大作のmatoiをお持ちの彼女。
今回お眼鏡にかなったのはカジュアルなスタイルのmatoi。

RIMG7928.JPG

これもいいけど…。

RIMG7929.JPG

この生地は珍しい!!
みなさま、作品とご縁が繋がると笑顔がこぼれま〜す。


白のウールはお顔を華やかに魅せますが、
誰にでも似合うものではありません。
三者三様にお嫁に行く、matoi。
試着の時、皆様は、どこを歩く時を創造しているのかな?
心の声を聞いてみたくなりました。
ありがとう!素敵でした!















RIMG7936.JPG

ジャン。

と言いたくなるほど、アップで撮っていました。笑。

初めからして来られたかのようなネックレス。
今回のマニッシュな作品でした。
紐を、自由に変えて結ぶとアレンジできますよ〜!!
いつも小技の効いた作品を選んでくれるところが、
私の壺に嵌っています!!!
So-chanにビビットくる小技をまた、コソっと入れておこう。
ありがとうね。嬉しかったです。
















RIMG7932.JPG

そして、夕方。ワイワイ。





ガヤガヤ。






RIMG7937.JPG

記念写真?


同窓会?

遠くから作品に会いに来てくれてありがとう。

RIMG7938.JPG







2013年10月01日

picturesque collection 初日



RIMG7956.JPG

快晴の初日。

スタッフM-chan不在の、
初めての淋しい一人個展が始まりました。
この日までの準備も、初めて一人で。

今迄、さりげなく支えてくれたスタッフに感謝しきりの日々。
そして、朝一番には「快晴ですね!頑張って下さい!大丈夫!」
と、エールメールが届き、スイッチオンした朝でした。
やはり、私にとって仲間は宝です。










そしてもう一人、
2の個展をずっと記録してくれている、
妹のように愛おしいS-chan。

こちらは、前回のcollectionのmatoi。
ヴィンテージシルクとコットンガーゼを併せ、
フリンジを沢山つけたもの。
デニムのコートやキャップと併せてスタイリッシュに!

RIMG7895.JPG

RIMG7888.JPG

いつも重いカメラを持参して、最後まで撮ってくれて、
私の作品を生かしたコーディネイトで来てくれる…。

この日は色違いの黄色を更に気に入って下さり、
さっそくアレンジ。

RIMG7889.JPG

更に今回、唯一の三連アクセサリーも見初めてくれました。

RIMG7830.JPG

こちらの羽根のブレスレットも以前の2の作品。
アンティークなどと併せて個性的に。
どこを切り取っても、2の作品を。
今回のテーマ、picturesqueそのものです。

RIMG7890.JPG

S-chanいつもありがとう!





それでは、個展初日の記録です。
初日の記録は彼女のPHOTOでご紹介致します。


















お庭のアプローチには、
赤い葉っぱのケイトウと、チョコレートコスモス、
シュウメイギクをアクセントに、他に色はなし。
夏に伸びた枝や葉を剪定し、秋の花を迎えたお庭になりました。

DSC_1200_01.jpg

DSC_1203_01.jpg

DSC_1198_01.jpg

DSC_1196_01.jpg

DSC_1201_01.jpg








作品も照明を浴びていよいよ本番の顔に。

DSC_1175.jpg

DSC_1173_01.jpg

DSC_1174_01.jpg

DSC_1177_01.jpg

DSC_1170_01.jpg

DSC_1155_01.jpg














DSC_1176_01.jpg

DSC_1157_01.jpg

DSC_1156_01.jpg









そして、一番乗りは。

DSC_1121_01.jpg

こちらもまた、オーダー作品のmatoiとfukuroで颯爽と。
こうって作品と再会できるのはとても嬉しいです。

DSC_1117_02.jpg

そして、真っ先に龍の付いたアクセサリーを気に入って下さり、
なんと縁起の良い事!!!

結び目が華やぐシルクリボンの重ねです。

DSC_1120_01.jpg






今回は、沢山アクセサリーを創りました。

DSC_1143_01.jpg

DSC_1146_01.jpg

DSC_1144_01.jpg









そして、今回、大物の一点モノ、
カシミヤ100%シャギー 珍しいパネル柄のワンピースを。
一目惚れで連れて行って下さいました。
これでワンピースのリピートは3着目となりましたね。
洋服をリピートして下さるのはとても嬉しいです。

DSC_1095_02.jpg

DSC_1099_01.jpg

オーダーのmatoiにはお客様の大切なピューターのパーツが。
ワンピースに付けた上質のシルバーブレードとマッチしました。
胸元には1950年代のボタンを付けていました。
暖かくてコートいらず。matoiといいコンビです。

DSC_1101_02.jpg

とてもお似合いでした。

初日には、手創りのお土産を頂き、
中休みの昨日も届けて下さったクール便の贈り物。
疲れが吹っ飛ぶような、思い遣りが詰まった箱でした!
いつもありがとうございます。


RIMG7847.JPG

このサロンで、作品を介し、
仲間とお客様が繋がる事がとても嬉しいです。




















更に来客は続き、

DSC_1213.jpg

約3年ぶりに海外から帰国されたお客様が身に着けて来られたのは、
初期の個展で販売した、陶器のリング。
大切になさっているお気持ちが伝わりました。

DSC_1141_01.jpg

T-chanいつもありがとう。













RIMG7872.JPG
(photo acco)

DSC_1152_01.jpg

アクセサリーは相変わらず大人気で、
まとめ買いして下さったTK-sama。
ご自分でも創られるというのに嬉しかったです。

DSC_1160_01.jpg

いつも丁寧に沢山の作品に触れて頂きありがとうございます。



















そして。

突然来てくれた大好きなブレーン、二人。

RIMG7878.JPG
(photo acco)


いつもこのBLOGでご紹介しています、
左が【gorouta】のオーナー杉本五郎太。
http://www.gorouta.com/
goroutaの為に、オリジナルの作品を創り、
唯一卸している、格好いいMen's Shop。通販ももうすぐ始まります。


そして、右が2が発足した当初から、
DMや下げ札をお願いしているアートデレクター。
【white out graphics】の佐藤嘉高。
http://www.whiteoutgraphics.com/
本来は、私が仕事を頼めるような人ではありませんが、
今ではなくてはならない存在です。



RIMG7875.JPG

作品を見せたら、素材確認開始。笑。
さすが同業です。

滑らかなイギリスのウールガーゼは、
men'sにもよく似合うと思って、
佐藤君にモデルをして貰っちゃいました。

DSC_1162_01.jpg

フォトジェニック!

忙しい中、顔を見せてくれてありがとう!
凄く嬉しかったです。いい写真が出来ました。

DSC_1205_01.jpg

末永くよろしくです。

















DSC_1180_01.jpg

DSC_1185_01.jpg

DSC_1186_01.jpg


歓談は続き…、
キャンドルに火が灯るころ、

青山にある、
TRADING MUSEUM
comme des garconsの店長さんが来て下さいました。

目まぐるしく進化し続けているcomme des garconsの中で、
淡々と大らかな接客をなさるAT-sanが好きで、
永年、お世話になっていましたが、
まさか、個展を訪ねて下さる日がくるなんて…。


DSC_1220.jpg

この日、初めて、私が20年も前に、
comme des garcons の企画に在籍していた事を証し、
その後は、時間を忘れて、川久保さんのモノ創りについて、
大切に大切にお話を重ね、夜が更けていきました。

RIMG7898.JPG

アトリエや、作品を、言葉を選んで丁寧に評価して下さり、
matoiをコンパクトに纏われる姿が印象的で、
今後の夢のようなお話も頂き、ありがたい時間が流れていきました。

2の陶磁作品も、気に入って下さり、
オリジナルのヌガーや岡本修さんの作品を、
沢山コーディネイトして下さいました。

夜には、イタリア料理に精通している、
私の仲間も加わり、三人で簡単料理のお話に発展。
器選びには料理がリンクしてくるので、
お陰様で楽しいひと時でした。



お忙しい中、来て下さった皆様と、
深夜に迄、及んだ初日。

うっかり、お買い上げ写真を撮り忘れてしまった大作があります。
DM商品の龍のfukuroのトートバージョンはもうお嫁に出ました。
毎回大作を見初めて下さるWno-san。
撮り忘れてとても残念です。ごめんなさいね。




そしてcomme des garconsのAt-sama。
出逢えてよかったなあと、興奮して、
眠れない夜が続いております。
夢が叶うように、心して頑張りたいと思っています。

2へようこそ。いらっしゃいました。



最後に、初日に来て下さった、皆様、
ありがとう!
ありがとうございました。

2 acco oimatsu











2013年09月30日

picturesque 2 new collection プロローグ



快晴の初日。

RIMG7950.JPG

RIMG7970.JPG

お庭の花々も期日に合わせたかのように開花。

お庭の一角にEST GARDENさんから届いた、
毎回、ガーデナーに好評の珍しいお花も販売。
赤い葉が珍しいケイトウに手創りのタッセルを。

RIMG7960.JPG







ソファーも贅沢な金華山の布でリニューアル。

日向に置いてあげたら嬉しそうに。

「ソファー君。皆様をよろしくね」

RIMG7986.JPG


岡本修さんに創って頂いた2オリジナルの作品も到着。

RIMG7992.JPG

今回のみの販売で追加もなしの限定20枚。
クラシックな隅切正角皿を手創りするのは技術が伴う事。

貴重な20枚は初日から、やはり人気。







秋のお茶請けもいろいろと準備完了。

RIMG7991.JPG

そして、皆様からの、嬉しいお土産は、
栗尽くしでスタートしています。




今日から、初日のBLOGを書きますね。
まずは、沢山頂いたアクセスのお礼にプロローグを。

前半3日間、来て下さった皆様にお礼申し上げます。

2 acco oimatsu

2013年06月19日

matoi flower collection 最終日の記録。



最終日。

16日日曜日でした。
5月31日から17日間の個展の最後。

RIMG5622.JPG

RIMG5623.JPG

もてなしのセッティングもすっかり段どりよく。

RIMG5624.JPG
【& garden 朝洗顔クリーム チャプターT  4000yen】

'& garden'の朝の洗顔クリームも大好評で、ほぼ完売。
お試し下さった方々から、香りの評判が一番でした!
私は、朝一番に顔に水をつける前に、
天然ハーブエキスが香り立つ、このクリームを、
た〜っぷり塗ってマッサージ!
私はデコルテまでスリスリして、ガーゼで拭き取ります。

ぼんやりした起き抜け一番に、
欠かせない習慣になった、
香りの朝顔マッサージクリーム。(と呼んでいます)

リピートしたい方はいつでもお声をかけて下さいね。







RIMG5628.JPG

RIMG5644.JPG

RIMG5645.JPG

RIMG5646.JPG

RIMG5649.JPG












RIMG5625.JPG

RIMG5636.JPG

このワンピースが来てから、アトリエが華やいだ。
デコレーションって面白い。
仲間が変わると引き立てあい方も変わる。

rose-garden も、フランス刺繍のfukuroも嬉しそう!





RIMG5638.JPG

RIMG5640.JPG

RIMG5641.JPG

RIMG5634.JPG

嫁ぎ先が決まっている作品も、
最終日までお付き合い下さり感謝です。
この日まで置いて下さった皆様、ありがとうございました!
















そして、

最終日、愉しみに待っていたこのお二人。

RIMG5650.JPG

仮予約します。本予約です。と、
まるで、売れっ子作家のような単語を使って連絡をしてくれて、
個展中、励まされた日がありました。(笑)

お忙しい中、スケジュールを調整して下さり、
作品に、また会いに来てくれました。

凄く凄〜〜く、嬉しかったです。





RIMG5656.JPG

そしてmatoiフィッティングがスタート。

RIMG5673.JPG

ワンピースも着て頂き、更に、研究、確認する私の時間。

2の完成品ワンピースは、どのようなサイズの方でも、
体から離れたところで、フォルムが成り立つように創っています。

今回のデザインは、
パンツやシャツの上からかぶって着る、
オーバースタイルでした。

全て同じデザインの生地違い。

RIMG5670.JPG

RIMG5674.JPG

RIMG5675.JPG

着る人によって、いろいろな表情になりました。
とても素敵でしたよ。ありがとう。





そして、クライマックス。

RIMG5663.JPG

いつも即決のwk-chan。
ガテマラ君まっしぐらに着てくれたのですが、
珍しく他のも多数気に入って下さり迷う事数時間。

RIMG5658.JPG

いろいろな纏い方を考案し…シュミレーション。

RIMG5661.JPG

「どうかな〜?」

RIMG5664.JPG

「やっぱりそれがいいね〜」

あれ?姐さん?それいつ纏ったの?私物みたい!









そして。

RIMG5668.JPG

じゃーーーーーん。

この纏い方をしたのは、wk-chanが初めてで。
私はビビッと来た瞬間でした。
ガテマラ君達が、この時、全員ラインダンスを踊ったようでした。

「ガテマラちゃんを出したい!見せたい!」と言ってくれて、この様に。


よかったなあ!!!!お前達〜〜!!!!
しかもこのお姉さんは、ガテマラ君は2着目。

DSC_1113楽しそう♪.jpg
(photo by s-chan)

mixed voiceでGETして下さった時の写真。
襟元にほら、チラッと見えますか?
今日から、gatewaka-chanと命名。







そして、この日のお二人も、2の作品を。
確か、sense of wonderの時の作品。

RIMG5676.JPG

思わず撮ります。必ず撮ります。私。
こんなに嬉しい事はありません。

RIMG5679.JPG

こんなに味が出るまで使い込んでくれていて。
裁っぱなしの帆布に顔料プリントとガミングで仕上げた作品。
顔料の際までほつれてこそデザインの完成!

RIMG1231.JPG

初めはこのような表情。
手から離れる時はピッカピカ。
そして再会した時は、その方の私物としての顔。
とても、とても嬉しい瞬間です。
sm-chan ありがとうね!










そして、gatewaka-chan(笑)のはこれ。

RIMG1751.JPG

彼女のデザインは、残念ながら写っていませんがこのシリーズ。
縫製した後に、一度洗いに掛けて干している図。
ウールを縮ませて味を出した。

これは、ワンピースバッグと名前を付けて、
襟ぐりと袖ぐりをデザインの一部にしている。

フリンジも襟ぐりに付いたようになっていて…。

「こうすると綺麗に見えます」と、
あの日、私が説明したであろう言葉を大切に話し、
私に下げて見せてくれて…。嬉しかったなあ。













でも、私。

RIMG0189.JPG

fukuro展の時も、同じ写真をまた撮っていましたね。爆。


はははははは。


新しいの、そろそろ、創ります。笑。







皆様が、2の作品を持って、着て下さる事が増え、
私も責任を感じながら、嬉しい気持ちで一杯です。

先日は歌舞伎座から、
「ワンピースが着物に負けていません。好評です」と
写メールを下さり、喜んだばかり。


手から離れた作品が、皆様の傍でやんちゃに活躍している事を願い、
これからもオンリーワンを大切に創っていきたいと思います。

皆様に支えられて、作品を可愛がって頂き、
心から感謝しております。

9月27日(金)から予定しております次回の個展でも、
ワクワクドキドキをお届け出来るように、
既にプランニングを始めております。
日程の変更がないよう、がんばりたいと思います。


これをもちまして、個展最終日までの記録日記。完。

この後は、のんびり番外編へと進みま〜す。
また、覗いて下さいね。








最後に振り返るように、wn-sanの撮ってくれた写真を。

IMG_0150いろいろ目移りするものばかりなり.JPG

IMG_0148これも似合ってましたねぇ.JPG

IMG_0142ここもいいなぁ.JPG

IMG_0139やっぱ、この組み合わせもカッコいいなぁ.JPG

IMG_0143見ているだけで明るくなります!.JPG

IMG_0175なんだかどれもピンボケ、、、.JPG














昨日からは、別注品のデザインに掛かっています。
オーダー頂きましたワンピース4着は、
既に新たな気持ちで!!

Fashion楽し。2とみんな。
笑顔嬉し。2とみんな。




ありがとう!
ありがとうございました!

IMG_0149この写真好き!.JPG
(wn-san photo)





2013年06月18日

matoi flower 後半の記録



最終日の一日前の記録です。

RIMG5498.JPG

RIMG5501.JPG

RIMG5571.JPG

前半、皆様に沢山、嫁いでいった作品達。
歯抜けディスプレイのバランスも悪く、
16日間の同じ景色もさすがに飽きてきた私。

RIMG5560.JPG

ワンピースのご要望は、比較的少ないので、
新作を創っても叱られないかなあと判断し、
急遽、母に3着、縫製に出した。

ガーデンや海で着たい、夏柄の元気なワンピース。

RIMG5544.JPG

そして、日本の染めのプリント。
卸先の為に創り貯めていたmatoi作品を少しだけ添える事に。

RIMG5546.JPG

麻ライクな生地に総刺繍された上質の素材とコットンガーゼ。
シルク糸のオリジナルタッセルとインディアンビーズで装飾したもの。

RIMG5566.JPG

RIMG5567.JPG



そして、こちらはニット素材の花柄ワンピース。
matoi flowerに因んで今回はGarden Printが満載でした。
お庭や植物好きのお客様数人が、お見えになれなかった事は、
とても残念でしたが、アトリエに残っていても幸せな景色です。

RIMG5558.JPG

すべて本体にのみ裏を付け涼しく着て頂ける仕立てに。

RIMG5557.JPG

フランス製の2種類のレースと、
モノトーンのレースブレードを併せた白のmatoi。

ステッチを黒で入れています。



そして、今回、大人気だった黒matoi。
グッチのレース生地は一点ものでしたが、
キラキラ素材を使ってもう一点創っていました。

RIMG5577.JPG

RIMG5477.JPG

RIMG5478.JPG







そしてこちらは、
men'sへの提案商品として創ってみたチーフmatoi。

RIMG5641.JPG

もちろん、レディースには軽やかなchibi-matoiとしてイメージ。

RIMG5549.JPG






手直しした、ガテマラ君もスタンバイOKです。

RIMG5576.JPG

お〜い。顔出しとけえ〜。














さあ、いよいよ、後半のお客様のお出でです。









RIMG5579.JPG

私が写真を沢山撮りたいのは、
2を訪ねて来られるお客様のファッションが好きだから!

自分が手塩にかけて創った作品を、選んで下さり、
その方のファッションの世界観に参加できる醍醐味があります。
どこが好きで、どのような時に、どんなコーディネイトに
合わそうと創造してるのかなあ…と。
フィッティングの時に、実はドキドキしています。

そんなお客様の私物や、コーディネイトも大好き。
普段のお好みや、趣味など垣間見えますね。
このお写真も、涼しげな夏のGoodsに私は釘付けでした。



RIMG5580.JPG

そして、この日は13時スタート。
2のプレス登場??!! 抜擢か??!!
終始、i-padの大きな画面で作品や来客をパシャ。





実は、初日の夜にお出で下さり、

IMG_0177やっぱ、これもよいですねぇ.JPG
(i-pad撮影)

この日は二回目の登場。
このmatoiとの再開&GET〜の予定でした。

が。

私が可愛がっていた、ガテマラ君を気に入って頂きこの笑顔。
そうそう、初日にはこの作品はありませんでしたからね。






RIMG5584.JPG

いいねえ。ガテマラ君〜。よかったなああ…おまえ!!!!









しかし、この後、来客が重なり、

RIMG5592.JPG

写真撮影の為、プレス担当状態に。笑笑。

早速、新作ワンピースに大作matoiを着て頂きました!
後姿も素敵。




ここから、wno-san撮影のi-pad写真も、
一緒にUPしていきますので、是非、ご覧下さい。





後姿の彼女は、
私が大好きな洋服店のデザイナー。
当時、近隣店舗の店長だった彼女のコーディネイトが好きで、
2年間、彼女の好きなものを、
お任せして買い続けていた事があった。

モード系育ちの私はカジュアルが苦手で、
彼女の存在は、普段着の救世主だった。

そんなご縁も、
今では、2のワンピースをオーダーして頂く程に深まり、
本当に出会いを愛おしく想う時間でした。





ここからは、嬉しい記録。
モデルサイズの美人さんの彼女に。
新作を沢山、着て頂く事が出来ました。




素敵な私服に合わせて、2のfukuroを。



ぽっ。

RIMG5586.JPG





最後まで気に入って下さった、garden printのワンピース。

RIMG5587.JPG

誰にでも似合う作品ではないので、
着てやろうという気合は、創り手冥利に尽きました!!

IMG_0154やっぱり、これがいいですよねぇ!.JPG

(wno-san photo)

RIMG5590.JPG

ニットワンピもスラリと。

2でブルーのコーディネイトは珍しい。





プレスがカメラを構えるとこうなりました。笑。

プレゼンテーション上手で、ありがたいです。

IMG_0184ほら、見てください!!.JPG

(wno-san photo)





この16日間、顧客様に寄り添ってmatoiをご紹介した時間を
振り返るかのような、コマ送り写真もまた嬉し!!!! 笑。

IMG_0171こうやっていろいろ試すの楽しいですよね!.JPG
(wno-san photo)
着せる。

IMG_0167ほら、見てみて、.JPG
(wno-san photo)
回す。

IMG_0166さぁこうやって、.JPG
(wno-san photo)
回る。

IMG_0170わぁ、これもいいなぁ.JPG
(wno-san photo)
素材の話しを始める。ppp。













何十人もの方に、このフィッティングを繰り返した個展でしたね。









沢山の中から、彼女に見初めて貰ったのは、

RIMG5594.JPG

こちら。ニューサマーオレンジ。
後半まで、よく残っていたなあと思う一点。

よく似合っています。長時間、ありがとうございました。









そしてなんと!!!!

プレス担当のご本人は!!!!!!

皆様。きっとビックリなさるかも。























ジャン!!










RIMG5604.JPG




ええ〜!!!!!!!!


RIMG5603.JPG

おお〜!!!!!!!!












IMG_0192どうでしょう、似合いますかぁ?.JPG
(i-pad撮影)

うっそおお!!!!!!!

IMG_0193どうしよう、出会っちゃいました!!.JPG

(i-pad撮影)


いやあ、私が一番驚きました。

なんと。mixed voice collectionのDM商品。
過去一番の大作です。

大切に過去の作品棚に置いてあったところをフィッティング。
「出逢ってしまった〜」とスイスイ着こなして下さり…。GET。

嬉しかったなあ〜。

この作品は、ずっと手元に置いておきたいほどの大作だったので、
こんなに着こなして下さる方にお嫁に出せて幸せでした!!!!

創ってよかったなあと、鳥肌が立った瞬間でした。







masai-kunにもぞっこんの惚れこみようで。

RIMG5613.JPG

いやだああ、masai連れてかないで〜。(私)
かなり好きなんです。値上げします。笑。




「じゃ、置いていきますか。」

RIMG5614.JPG

と、樹木希林。(解る世代だけにスルー 爆)




こちらは、2回目の個展、
sence of wonder collectionの時に、
GETして下さった matoi-cloth。

IMG_0196ここしかお見せできません、、、.JPG

(wno-san photo)

様々な場所でデコレーションに使用したくて創った想い出の布。

一枚のpig skinにベトナムのサパのマーケットで
買ってきた民族衣装を解いて縫った、独立前の大作。

インテリアとして買って下さり、今はお部屋の壁に、
タッセルをアレンジして、この様に飾っておられます。










IMG_0161やはりお前だったか!久しぶり!!.JPG

(wno-san photo)

「俺も、その横に連れてけえ〜。」
「髪が乱れ過ぎとるぞお。」










まだまだ、プレスの取材は続きます。
















RIMG5607.JPG

そんな、熱いフィッティング会の賑やかな中。

男前のgoroutaからのお客様が、また応援に来て下さいました。


取材を受けながら、照れ。

IMG_0191こっち側もカッコいいなぁ.JPG

(wno-san photo)

でもとっても素敵。

matoiを創る時に、
数点だけ。men'sにも出来る。と、
確信的に針を止めるマニッシュなものがあります。

創りすぎず、媚びず、華やぎ過ぎず。を大切に。

頑固でいぶし銀の男前が好きな私は、
何の変哲もないシンプルな、ワーカーファッションや、
ユニフォームファッションを着るmen'sが好きです。

中目黒のmen's shop goroutaが好きな理由もそこですが、
その顧客様が毎回訪ねて下さり、matoiを可愛がって下さる。
本当にありがたい事なのです。

女子には出来ない、纏い方を。
集まった女子達で、いつも勉強します。



IMG_0186似合いますね、秋にもGoodですね.JPG

(wno-san photo)

IMG_0185うーん、最初からしてきたみたいですね.JPG

(wno-san photo)

tno-sanは2の冬matoiを既に4〜5枚、愛用なさっています。
この日も、まさかの大作(写真一番上)や、
新形状のmen's matoi(写真一番下)を、
gorouta店主のお墨付きで購入して下さいました。




賑やかな中、楽しんで下さり、感謝でいっぱいです。
遠方から貴重なお休みに、本当にいつもありがとうございます。

そして、大好きなgoroutaに感謝です。

私の好きなgoroutaの作品と、
店主・五郎太に会いに、皆さん是非お出かけ下さいね!
goroutaの洋服はgarconsより男前で、好きです。
レディースも少しあるし、贈り物にも是非。

オンリーワンで、着易くて、物静かで。(安い)。

【gorouta HP】
http://www.gorouta.com/
















IMG_0161やはりお前だったか!久しぶり!!.JPG

俺もgoroutaに行かせろ〜!!!










と言うわけで、
そんなこんなの賑やかなラストから2日目の夜。

プレス業務に(冗談ですよ〜)専念して下さり、
翌日にデータを届けて下さったwno-san。
お蔭様で楽しい記録日記となりました。


そして、過去の滞在最長記録6時間を、
ご本人が更新。なんと8時間に。

IMG_0180ねぇ、これもよかったかなぁ、ママ.JPG

(wno-san photo)

「これもよかったなあ…」と最後までメッセージも嬉し。
wno-san。連日、本当にありがとうね。
今度はお泊りセット持参かな?笑。愉しかったです!















相変わらず、企画室ような2のサロン。
この後も来客が続き、23時にお開きとなりました〜。






ロングラン個展もあと一日で終わり。
最終日、日記も続けて書きます!







皆様、驚くほどの、沢山のアクセスありがとうございます。

そして、ご縁の繋がらない方々からの、
BLOGを見ての販売希望のメールやメッセージに恐縮しております。

家業のオートクチュールの仕事を、抱えております上、
matoiは、個展の為に一点ものを、時間を掛けて創っております。
お陰様で、個展後の在庫もほぼ残さない為、
結局、通販、外遊個展もままならない状況でございます。

お声を掛けて下さる、お会いした事のない皆様には、
この場をお借りしまして、お詫びし、心から感謝いたします。

matoi、器、雑貨共に、今後は、
通販や、卸のルートも増えつつあります。
そして、私自身、お店という形で、
多くの皆様に、いつかお会いできる様に、
【大きな庭のある・大きな2のサロン】を
夢見てがんばっておりますので、
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

そして、私の呑気なBLOGを読んで頂き、ありがとうございます。
私も、皆様にお会いしてみたいです!

本当にありがとうございます。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 14:39| 作品展ー2exhibition of works

2013年06月11日

追加せざるを得なくなりました。詫。

RIMG5536.JPG

comme des garcons と marimekkoが
コラボした生地でワンピースを創りました。

ガーデンのワーカーエプロンに。
または、夏の海辺で。

そして絵のように飾ってもいい感じです。

ロングランの特別個展もいよいよあと5日。
日曜日で終了致します。



今日、急な来客があり、
さすがに、ほぼ、なくなってしまったので、
新作のmatoiを創るのは規則違反ですが、
土日のお客様の為に、卸しの先様の為に創っていた、
手元にあるものを、少し出そうかなと思っています。

そして、土日に来られるお客様から、
全て完売してしまった、ワンピースのリクエストが入りましたので、
この他に、今、2着、縫製中です。

いろいろと、ごめんなさい。
良かったら、何度でもお越し下さいませ。
そして、期待して頂き、ありがとうございます。

金曜日は
午後15時から〜20時まで空いています。
土、日曜日は
午後17時〜20時まで空いています。

ご予約はこちらまで再度受け付けております。
2accotaro@gmail.com
当日のご予約はご遠慮願いま〜す。





次回の個展は9月27日(金)〜3日間の予定です。






2013年06月09日

matoi flower まだまだ続いています。



今日は初日に来て下さったお客様が、またもう一度。
別注のmatoiを仕上げてお待ちしていたら、
なんとも嬉しい事に、私の大好きなワンピースも購入して頂きました。

RIMG4829.JPG

今回はひとつのパターンで、3着のワンピースを創っていました。
肩幅を小さく、体から離れるフォルムは2の定番です。
そして細い方には都度、フィッティングでサイズ調整をして、
後日、お渡ししています。
同じパターンで良ければ、生地を見て頂いて、
新たにオーダーも可能です。

もちろん、ご自分の好きなデザインで、
一から仮縫いをして、お誂えするのは家業の得意技です。



2の個展で、完製品を販売するようになって、
沢山の方々にワンピースを可愛がって頂くようになりました。
今回の、上質のmatoiやワンピースを気に入って頂けた事は、
重ねて励みになりました。






大切になさっていた、シルバーのイヤリング。
matoiに、いつか付けたいと以前から伺っていたので、
今回、途中までお創りして初日にご提案していました。

RIMG5451.JPG

重みのあるゆれる葡萄を、
薄いシルクに付ける為に、裏芯をしっかり貼りました。
銀糸のニットはアルマーニ。しなやかでゴージャス。
でも裏をシルク麻にする事によって、
いつものようにドレスダウン作戦です。

RIMG5450.JPG

RIMG5461.JPG

とても、お似合いでした。
連日、大変、ありがとうございました。


















今日の来客は4人。

RIMG5458.JPG

14時スタートで終了は23時。
明日は、そろそろ、何か買い物に出掛けないと、
ちょっと痩せて来たかも。笑。

電球を買いに行く暇もなく、
家がだんだん20Wになってきて、暗くなってきた。笑。

明日は、朝一番にスーパーに行ってみよう。














RIMG5457.JPG

一人で個展をするのもだんだん慣れてきた。

RIMG5456.JPG

今日のお茶は、
谷口園の、かりがね老松の冷煎茶と、
マリアージュフレールのチョコレートフレーバーの紅茶。

香ばしいカカオの香りが珍しく、
オレンジピールや、ドライフルーツに良く合います。

RIMG5464.JPG

長丁場の個展の為、遠出が出来ず、
皆様からの差し入れを、お客様と共有する時間が続きます。
朝昼晩、大切に、頂いております。とても嬉しいです。















RIMG5465.JPG

そして、









我が家には、何人のファッションリーダーが来られるのでしょうか。





RIMG5468.JPG

ブレスレットは、ご自分の作品です。
NYのアーティストから学ばれたという、センスと技法は、
毎回、圧巻です。

純白のケミカルレースをアバンギャルドにまとめた、
ネックレスは、黒に映え、デザインの心意気を感じ、
とてもハッピーになりました。
ああ、ファッションっていいですねえ!!!の瞬間。




わざわざ、来て頂きましたが、
作品が少なくなっており、素材をお見せしているうちに、
大変、盛り上がり、何故か、秋物のオーダー受注となりました。
本当に、申し訳ない限り。でも、とても素敵なmatoiが出来そうです。

納品日に、またご紹介致します。



RIMG5470.JPG

珈琲あんぱんって、ご存知ですか?

テレビなどで紹介され、売り切れごめんの人気商品のようです。

RIMG5472.JPG

珈琲が練りこまれた、こし餡に、
軽い生クリームが入っていて、サイコーに美味でした。














皆様、お忙しい中、本日も、
2を可愛がって頂き、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。















2013年06月08日

matoi flower at night



matoi夜会。
今日も、楽しくありがたく終わりました。

RIMG5409.JPG

RIMG5410.JPG

RIMG5415.JPG

RIMG5417.JPG

JUN-kunのキャンドル。
昔は屋外用を作っていたので、芯が太く、
風の強い日の外でも、行灯のよう活躍してくれます。
もう長く使っているのでボロボロですが…。
今はこのような大きい作品は、
もう創っていないので買い足せない貴重品。

RIMG5420.JPG







RIMG5423.JPG

RIMG5426.JPG

看板にも小さな豆球を仕込んであるんです。

















そして。



久しぶりの再会。

かっこいい二人が
お疲れの、仕事終わりに訪ねて来てくれました。









途切れないお話。
盛り上がる試着。

今日もよく笑いました。









RIMG5437.JPG

アパレルさんのように着こなしてくれて、幸せなワンピース。
matoiも活きております。




RIMG5429.JPG

そして、2の取って置きのダブルガーゼの夏ワンピースを、
見初めて下さいました。

デビューコーディネイト、とっても素敵でした!
創ってよかったあ!

ありがとう!







そして、

RIMG5434.JPG

同じワンピースでも着る人によって、
ムードが変わります。後姿もmatoiは楽しい。

RIMG5435.JPG

髪の色に合わすと、matoiは顔写りが良くなり、
とってもチャーミング!
リニューアルmatoiも幸せそう!





今日は、お二人の為の個展だったので、
ゆっくり、全部纏って頂けました。





RIMG5443.JPG

私の好きだった、ビンテージシルクの新作を、
私物のようにこなされ、お嫁に貰って下さいました。








お二人とも、以前の作品を見に付けて来て下さり、
なんとも嬉しい気持ちで一杯でした。


身近な人にだけ、販売している2は、
時々、昔の作品に会う事が出来ます。
皆さんに可愛がって頂き幸せです。

嘘のない、上質の作品を、
これからも、一生懸命、創っていこう。

小さな幸せの、お役に立てますように。





今日も、いい日だった。

K-san、S-chan、ありがとう!
ありがとうございました〜。

2013年06月07日

matoi flower night。



昼からTom Waitsでごめんねえ。
製作中は、NICOとTOM WAITSが一番捗る。
あとは、BACHのカンタータ。勘に障らない音楽は仕事のお供です。






RIMG5319.JPG

さあ、今日も晴天でしたね。
今日明日明後日、明々後日と、個展が再開致します。
皆様、ご予約を本当にありがとうございます。

そんなお気持ちが嬉しくて、
ディスプレイを手直しして、今ある作品を大切に新たに飾りました。

RIMG5347.JPG

RIMG5336.JPG

光によって、こんなネオンカラーに撮れた作品。

RIMG5337.JPG

前の個展で出さなかったBAGも少し出してみよう。

RIMG5341.JPG

大好きな作品がまだまだ沢山あるので、良かった〜。

RIMG5342.JPG

秋のトレンチコートに合いそうな大物も。




ここは、逆行なので、

RIMG5340.JPG

写真に撮ると良くないけれど、
夜はこの場所が一番、華やぐ場所になる。
















そして…。


























ジ〜。

RIMG5363.JPG

ショボ〜ン




今回、「どうしてこれ創ったんですか?」と皆様に言われた、
シンプル過ぎたmatoi。笑笑。

私だって!!っ!!
いろいろなバランスを考える時もあるんですう!!笑。






でも、皆様に連日、シカトされていたこの子。





初日枠で来て下さった方々の為に、
新しく作品の補充はしないと決めておりますが、

さすがにこの子に関しては、許して貰えると思い…。






はい。





ちょっと、手直ししました。










RIMG5333.JPG

ちょっとだけ。

RIMG5334.JPG

ほんのちょっと。

RIMG5367.JPG

いつのも感じで。








でも。









RIMG5331.JPG

ワンピースとコーディネイトしたら、
こんなに素敵なセットになっちゃった〜。(まずい…)







調子に乗って、もう一枚も手直し。







ほんのちょっと、















RIMG5366.JPG

ほんのちょっとなんですう〜。
















わあ。









でも照明を当てて並んじゃったら、







RIMG5364.JPG

なんだかいい感じに出来上がっちゃったんですう…。
ひええ。まずいですよね…。


















さらに…。
色違い君の視線も感じ…、





ちょっと手直しのつもりが、




















RIMG5355.JPG

民族のシルク原糸のタッセルを付けたばっかりに。











RIMG5354.JPG

拍車がかかり…



















RIMG5356.JPG

うわあ。







これはマズイ。
かなり力作になっちまった。

しかも、メインゾーンに飾られてるし…。









RIMG5358.JPG

以前では叶わなかった、詳細アップ写真も。













前半戦のお客様方に、少〜〜し(笑)お詫び致します。

















RIMG5359.JPG

本人は小さくなっておりますので、お許しくださいませ。










そんなこんなの個展再開。
お忙しい中、お出で下さる皆様を楽しみにお待ちしております。

まだまだ、16日の最終日まで、皆様遠慮なくお越し下さいね。








matoi flower s-chanの記録写真。



毎回、お忙しい中、一番乗りで来てくれるS-chan。
重いカメラと美味しいお料理を持参して寄り添ってくれます。

作品や、お客様を私とはまた違った角度から捉え、
嬉しい、記録写真を残してくれるようになりました。

写真好きの私としましては、
誰にでもお願い出来ることではなく、
古巣で、仕事の相棒だった長年の付き合いならではの、
信頼関係の上に成り立っていると実感しています。



どうぞ、ご覧ください。



DSC_1047.jpg

看板とお花の色合わせ。

DSC_1046.jpg

美しいベルベットのような花びら。

DSC_1043.jpg

DSC_1053.jpg

DSC_1054.jpg

DSC_1050.jpg

こんなに綺麗な一瞬があったのね。

DSC_1039.jpg

珍しい角度で。ありがとう。

DSC_0936.jpg









DSC_0994.jpg

噂の、広角レンズ。

笑。

DSC_1057.jpg

DSC_0996.jpg

いい写真。




DSC_0983.jpg

DSC_0985.jpg

DSC_0988.jpg

DSC_0987.jpg

DSC_0992.jpg

作品とディスプレイの写真は嬉しい。







そして、

DSC_0963.jpg

DSC_0953.jpg

今回は、本当に皆様、沢山のmatoiを試着して下さいました。

毎日、少人数で調整させて頂きましたので、
お一人ずつにmatoiを着せさせて頂きました。

DSC_0956.jpg

何通りもの表情を持つのがmatoiの特徴です。





DSC_0933.jpg

そして、ドラマチックなmatoiでも、
ドレスダウンして下さい。

DSC_0938.jpg

いい生地だからフォーマル。と決め付けては、
普段着のファッションが退屈に。
素晴らしい生地を、身近に纏って楽しんで欲しいのです。

こちらは、ピアニストでもあり、
ビーズアートのクリエイターでもある先生。
一目惚れのシルクシフォンを即決して下さり、
ご自身の作品の上に、matoiをサッとつけて帰られました。
かっこいい〜。n-sanありがとうございました!
嬉しかったです。

大作。素敵ですよね〜。

DSC_0935.jpg





DSC_0929.jpg

ワンピースは基本的にご自分のサイズにお仕立て致します。
フィッティングもご自由に。

DSC_0964.jpg

別注のオーダーmatoi。
美しいニットのアルマーニに、
大切にされていた銀のアクセサリーを付けましょうと、
打ち合わせ中。

DSC_0966.jpg

DSC_0965.jpg

一点ものは2の得意技です。完成が楽しみです!







DSC_1015.jpg

今回の大作。手元に残って欲しい一着。
こんな生地、もう二度と出会わないと思う。
軽いシェルスパンコール。肩に乗せると顔が華やいだ。
何度も自分で着てみるの図。

DSC_1016.jpg



そしてもう一点の大物は売約済み。

DSC_1019.jpg

DSC_1024.jpg

ああ、これも欲しかったなあ…。と、着てみるの図。
大作は、気に入って貰える方がいると、
頑張って創って良かったと、自分が成長する。








そして、私の好きな、お茶周りの記録。

DSC_1035.jpg

前回の個展で販売した2の器を、
私も少し前から、使い始めました。

DSC_1036.jpg

仕入れの時から、
自分のイメージしていた使い方で楽しんでいます。
大きな器は、布ランチョンマットより素敵です。

DSC_0949.jpg

今回は古清水焼を使いました。
凄く気に入っている訳ではないのですが、
高校生の時に、京都の青華堂さんの奥座敷に上げて貰って、
初めて自分で購入した五揃いの骨董。楕円の変わったお皿です。
ティーマットとしてよく使います。

DSC_0947.jpg

京都の叔母さんが送ってくれた、
和歌山南高梅の蜂蜜だけで漬けたデザート梅。

DSC_0960.jpg

DSC_0944.jpg

6月のお菓子です。








DSC_0968.jpg

DSC_0969.jpg

お茶は、京都谷口園だったかな?の、
かりがね老松を水出しで。

そして、最近嵌っている、
ドライフルーツとマリーゴールドのハーブティーに、
販売しているミントを添えて。

DSC_0970.jpg

DSC_0974.jpg

DSC_0979.jpg

DSC_0982.jpg

写真で物語がわかるように、記録してくれている。
本当にありがたい。




DSC_1037.jpg

そして、この図。
私は、仕事がら、モノを置く時に、
配置や構図を気に入って眺める癖があります。
視線に入る嫌なものは常に除外し、
偶然できた良い相性の構図は置いておく習慣が…。

たまたまその瞬間が、写真になり嬉しい1枚でした。

おにぎりが入れて来てくれた曲げわっぱ。
手拭を留めていたオペラピンクの水引。
叔父さんに貰ったニューサマーオレンジ。

この時だけの出会い。








素直で、まっすぐな写真ばかり。いつも長時間ありがとう。
カメラ、眼。心のままに。
S-chan。お疲れ様でした。大切にします。

DSC_1032.jpg

2013年06月04日

matoi flower 特別個展の記録-3。



この日はARTの日。と自分にテーマを課して。
特別なお3人を待っていました。

RIMG5287.JPG

RIMG5222.JPG

やっと、ディスプレイの写真も撮れた。

RIMG5221.JPG



RIMG5215.JPG

この初夏には、沢山の絵を伊豆で、アトリエで描きました。
勝手に描いて、勝手に選んで頂く、私の好きな【色の絵】。

RIMG5212.JPG

気に入って頂けるものがあるかなあ。

RIMG5231.JPG





RIMG5253.JPG

器支度の写真もなかなか撮れていないなあ。

RIMG5254.JPG

RIMG5255.JPG





奇跡的にまた晴れた気持ちの良い午後。


RIMG5270.JPG

2の空気が変わる、上品なお姿。憧れの佇まいです。



RIMG5266.JPG

お忙しい中、お時間を作って頂き、ありがとうございました。






RIMG5275.JPG

イエローシリーズのmatoi。
イエローガーデンをお誂えのエキゾチックなプリントと組み合わせ。
とっても素敵な笑顔でmatoiもポっ♪♪


RIMG5278.JPG

コーディネイトのバリエーションで盛り上りました。

RIMG5279.JPG

素敵です。matoiも本望。



この日、手創りのチョコラオレンジならぬショコラ甘夏を。

RIMG5289.JPG

RIMG5292.JPG

あっさりと、夏にぴったりの美味しいお茶菓子に。

RIMG5288.JPG

ラッピングも可愛らしい。







そして、美しい大先輩は、ニットデザイナー。
いつも素敵なお着物姿にmatoiを。matoiも緊張?
珍しい帯、とても好きだったので、一緒に撮らせて頂きました。

RIMG5272.JPG

ハイアットでの時間以来、
とても励まして頂き、今回の個展を迎える事が出来ました。
今回の個展の、完成の報告を、一番にしたかった恩人のお一人です。
ご足労頂きありがとうございました。

RIMG5283.JPG

美味しいおやつを、くたくた夫婦でほうばりました〜。

いつも、沢山のオーダーをありがとうございます。
震える程、いい素材が現れましたら、ご提案致します。
今度はクリエイティブ論で、呑みたいですね!
















そしてそして、

RIMG5200.JPG

ずっと描いていた最後の絵。

RIMG5202.JPG

RIMG5204.JPG

起伏のあるホワイトの多色に、
ゴールドのアクリルを撫でた、色の絵。

RIMG5205.JPG

RIMG5207.JPG

RIMG5209.JPG

どこをとっても好きでした。

RIMG5218.JPG

ディスプレイにも生える背景となり、
主張も少なく気に入っていました。

RIMG5220.JPG

RIMG5273.JPG

そんな純白の娘は、素敵なお家に嫁いで行きました。

I-chan。ありがとう。伊豆からずっと興奮していました。
本当に、嬉しかったです。




個展吉日。
本日も幸せに終了。














翌日は音楽会へ出かけました。

IMG_5945.jpg

姪っ子の、木管五重奏ユニット、アンサンブル・ル・クルーゼの、
自主企画の音楽会で仙川のホールへ。

姪っ子に着て欲しいと選んだフランスの生地。
ドレスは後姿も大切。

華.jpg

この日の為に仕立てたドレスは2着。
私が個展に出品するワンピースを3着割り込んで、
姉のフォーマルも一着入り、
その6着を一ヶ月足らずで仕上げた母。

何度確認しても御年83歳は間違いか?
母と、久しぶりのツーショット。
この日も新作のワンピースで。可愛らしい紫陽花色のシルクに、
襟元と袖ぐりにレースをあしらっている。

IMG_0145.jpg

スポットを浴びた姪とドレスに、自分たちのお役目に感激。
もちろん、演奏は素晴らしく感動しました。
youtubeにupされましたらまたご紹介致します。

桐朋には素晴らしい作曲家の先生、先輩方が活躍されており、
ルクルーゼの為に書き下ろされた曲も、沢山演奏されます。

ヘアーメイクもステージ毎に変えたり、
曲の説明を本人たちがMCをしたり、
現代的なクラシックの楽しみ方が出来ると、
私自身、とても楽しみになって来ました。
ありがたい事に、毎回会場は満席。

次回の、演奏会には皆様もお誘いしたいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。






最後に、この後の個展へのご予約は、

●7日(金)19:30〜
●8日(土)14:00〜/17:00〜
●10日(月)19:30〜
●14日(金)13:00〜
●15日(土)14:00〜
●16日(日)15:00〜

は埋まっております。
仮予約のお客様はご参考になさって下さい。
当日のご予約は、ご遠慮下さい。

作品は少なくなっておりますが、
別注の生地をご用意してお待ちしております。

皆様からの沢山のご連絡、感謝いたします。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
何度でもどうぞ、遊びに来て下さいね。

2 acco oimatsu

matoi flower 特別個展の記録−2。



25歳で単身、東京砂漠に出てきた私の、
心安らぐ場所は4箇所だけ。(ひとつは師匠と出会ったLIVE HOUSE)

当時、通っていた西麻布のクラブ、PICASO。
ファッション業界の人が多く、
個性的なファッションやコーディネイトに興味深々だった。
前にも書いたけどここで「氷なしのジンの水割り」
とオーダーすると、「地球に落ちてきた?」と言って、
解ってくれるお兄さんが居たから。
(この話はわかる人だけに…すみません)


下北沢のクラブ、ZOO。
当時の住まいの近所だった為、
お風呂上りのビールを飲みに踊りに通っていた。

ZOOは水曜日がPUNKナイトで、
特に精神的に共通点があり、
芯のあるファッショナブルな若人が集まるので友達を多く作った。



そして銀座の、シャンソン酒場(喫茶)、銀巴里。

何も知らずに独りで毎週通っていた銀巴里。

25歳当時、憧れの銀座で、ハイソなお茶するのも嫌で、
偶然、地下に潜り込んだ、寂れたBARはいつも空いていて、
労働者のおじさん達と一緒に、美しいお兄さんや、
ポリエステルの安ドレスを着た痩せたお姉さん達の歌を、
心地よく聴いていた。
教会椅子のような席はブルーベルベット、
歩くとベコベコ鳴る、舞台や壁は真っ赤な絨毯だった。

人気のない歌手の時は、いつもお客さんが3人ぐらいだったけれど、
映画館のような、薄暗い店内で、熱烈なファンはかぶりつき、
名も通らないシャンソン歌手に私は凄く嵌っていた。

美輪という美少年の時は若干混んでいたけれど、
何度となく普通に聴く事ができた。

当時の私の、美輪さんの印象は、三島さんの恋人という立ち位置の、
線の細い、シャンソン歌手の印象が強い。

ある時、いつものように立ち寄ったら、
大行列が出来ていて、
「なんだこの店、流行っているのか」とがっかりした思い出もある。
金子由香利さんの日だったと思う。
それから足が遠のき、久しぶりに行ったら、閉まっていて、
何度も行ったのに鍵が開く事はなく、
ある日、テレビで、
「老舗の有名店、惜しまれ閉店」と知った次第。







前職でまじめな和の仕事をしていた時、
相棒とは、唯一、芸術と音楽の話が出来た。
彼女も芸術の勉強をしていたので、、
いろいろな美しいものに感動するアンテナを持っている。
専門学校はそんな自己啓発の訓練を自然に受けるので、
私は彼女と過ごす時間がとても好きだった。

またこの2のサロンで、彼女と再会出来る機会が増え、
本当に嬉しい。

この日は、たまたま、先日、知人にご招待頂いた、
美輪さんの黒蜥蜴の舞台に行ったばかりだったので、
その話で盛り上った。彼女は美輪さんのファンで、
数年観劇していたので、やっと体感を共有できた。

美輪さんの舞台は、登場すると、蒸せるほど強烈な香水の香りがする。
時にはポワゾンのような、時には伽羅。本当に魅了される。

正直、装置やストーリーは古臭い。
でも価値観やメッセージは他にあり、
それぞれが感じるままの深い意味があると思う。

個展報告の途中に、遠回りした思い出話になったけれど、
懐かしい仲間に会うと、一緒に過ごした時間が蘇る幸せを。




RIMG5263.JPG

RIMG5258.JPG

マリアージュフレールは原色の缶を発表したけれど、
彼女が選んでくれたのはシックなラベルに銀箔印の缶。
チョコレートフレーバーのお茶。楽しみが増えた。













そして。





私の大作を真っ先に試着。

RIMG5153.JPG

一番、ROCKな部分を。
「これを着て、皮ジャンね」と。意気投合!
ドレスはダウンしてこそファッションですの図。
とても素敵でした。
私も着ると決めているこのワンピース。
めったに出会わない素材なので大切にしたい。

RIMG5166.JPG

このスカートは、私が母の仕事を継ごうと決めた頃に、
創らせて貰った作品。ん…20年前かなあ…。
彼女には、とても斬新なデザインを沢山創った。
一緒にデザインを考えて、いつか、もう一度作品に逢わせてね。




そしてお気に入りの一着。

RIMG5171.JPG

大作をありがとう。よく似合っていました。
ゴールドのミニスカートとバイクが合うと思います!
また、会いましょう!
















RIMG5164.JPG

そして続々と、大切な仲間達。
黒のトレンチコートに似合うmatoiと、お題を頂きこれを。

RIMG4839.JPG

上級者編の、このシルクシフォンのmatoiは、
初日には、素敵なピアノの先生が色違いを即決で。

RIMG4840.JPG

そしてこの日も。スタイリッシュな彼女にぴったり。
秋が楽しみですね。お休みの日に来てくれてありがとう!
無理せず、頑張ってね。







そして、私の妹分の大切な恩人。
いつも本当にありがとう。

RIMG5168.JPG

この日も即決でワンピースとDM商品を。

RIMG5161.JPG
アクセサリーも沢山、気に入って頂き…。

彼女のクローゼットの中は、
私と母の回顧展の時に(笑)お借りできるコレクションの数です。

ドイツのサッカー生地。とても涼しくて上質です。
DM商品は一重仕立ての力作。創って良かったわ。
よくお似合いです。

お二人で、珍しい和菓子をありがとう。
またゆっくり写真を撮ります。








RIMG5173.JPG

そして、この人も上顧客?(笑)
手創りのお菓子を持って、チラッと寄ってくれました。
(ここまでは大人と同じ文章でウケますね)

RIMG5177.JPG

可愛いクッキーです。
近頃は、歌って踊れるシェフの選択肢もありますからね。

この時、満席で、親御さんが気を遣って頂き、
お庭でお茶を。お庭に出すには緊張する器でしたが、
写真に写ったのは、丁寧に両手で置くT-kun。

RIMG5172.JPG

子供にこそ、いい器をね。ちょっと感激です。
お愛想なしでごめんなさいね。来てくれてありがとう。












そして西日が傾く頃、
怖い先輩のアトリエに(笑)一人で訪ねてくれた可愛い人。
昔話に花が咲き、楽しかったね。
厳しく一緒に、器の仕事をした時代、
新宿の大きな店舗の売り上げを担った経験者。

前回は、羽根の素敵な帽子で…、
今回は、胸元のモロッコ的なアクセサリーに私は夢中でしたが…。笑。

RIMG5178.JPG








RIMG5181.JPG

最高の笑顔。いい写真が撮れたあ〜。
迷ったねえ!!!楽しかったわ〜。やっぱりこれがお似合いです。

レモン好きの私のツボに嵌ったお土産。
もう胃の中に消化しました。笑。










今回は、皆様、本当に2枚、3枚と迷われ、
数枚の購入を我慢して頂くシーンもありました。
欲しかった色は、別でオーダーも受けたりして、
何とか、リクエストにお答えしております。

個展なのに、大変、失礼ながら、
すぐに使いたいであろうと思い、
初日から、持ち帰って頂いておりました。
2日目でも既に大作はなく、見て頂けなかったものもございました。































RIMG5182.JPG

そして、夕方。

ほら、作品より、人より、お土産の記録になってる。汗。
皆様、手ぶら原則で、よろしくお願い致します。
大好きな珍しいお土産のお写真を撮らないわけがなく、
一番知らせたい情報でもあるし、ついついこうなりますからね(笑)

RIMG5183.JPG

はは。でもやっぱり。本人よりこっち?笑。
K-chan。美味しかったわ。川崎、通います。


RIMG5191.JPG

ドバイ帰りのかっこいいスタイルで登場。
玄関先で叫ぶほど、気に入りました。このワンピース。

しかも、
「BLOGで見て決めていました」と前回作ったアクセサリーを。

RIMG5190.JPG

まっしぐらに、襟元にコーディネイト。
ひえ〜。色袷が最高じゃないですかあ!!!
ますます、全部欲しい!!!!! いいなあそれ。

そして、

RIMG5195.JPG

長身を生かしたmatoiのコーディネイトに脱帽。













RIMG5198.JPG

さらに、
ワンピースに合わせた、無地をセレクト。

手の込んだ作品ばかりが人気の中、
コーディネイトによって活かされるシンプルな作品。

グリーンは、青山へ。
ピンクは、銀座へと。冗談を言いつつありがたい複数買い。

ドバイでの、非日常の素敵なお話と、
探求されている上質のお茶のお話で、
私はとても有意義な時間を過ごしました。

今度から、私の分も買ってきてね(笑)










RIMG5197.JPG

とても綺麗でした。
K-chan。いつもありがとう!






この日は、梅雨の晴れ間も2日目で、
気持ちのよい風の通るアトリエでした。
皆さんと笑い転げて、沢山の作品をお嫁に貰って頂き、
感無量の時間があっという間に過ぎていきました。
初めて、一人でのもてなしで、どうなることかと思っておりましたが、
皆様、お手伝い下さり乗り切ることが出来ました。
そして、いつも当たり前のように傍に居てくれる、
MR-chanのありがたさを痛感。


皆様に、重ねてお礼申し上げます。
貴重なお休みの日にありがとう。ありがとうございました。

このあと、8時から4人さま。
何もお写真がなく、本当にごめんなさい。
別注、確かに承りました。7月に仕上げます。




そんあこんなの、二日目終了。
皆様から、沢山のご予約を頂きまして、
まだまだ翌日も記録日記が続きます。

matoi flower 特別個展の記録。



2の森へようこそ。


RIMG5316.JPG





我が家の、狭い通路のような庭も、
2年掛かってEST GARDENさんのご指導によって、
夏の森に仕上がりました。メンテナンスは毎日の修行ですが、
季節毎に表情を変える植物と訪れる鳥や虫と会話し、
暮らしは心豊かになりました。今日までのご縁に感謝いたします。

RIMG5306.JPG

RIMG5297.JPG

好きな花を買うのではなく、
家の環境にあったものを。これがESTさんの教えです。
植物は生き物。殺してはいけないのですね。
ちょっと、ワイルドかなあと思う花々でも、
日照時間に制限のある我が家には、長い間楽しませてくれる品種だったり。
今日だけではなく、数ヶ月の景色を楽しめる心配りです。

クレマチスの葉がいつの間にか成長し、
玄関アプローチの顔を変えてくれました。

長崎の母から貰ったカラーの花は5月に満開です。

RIMG5299.JPG

RIMG5303.JPG

夏の寄せ植え。

RIMG5304.JPG

取り残した三つ葉の花。自生の強さがとても綺麗です。





RIMG5305.JPG

RIMG5309.JPG










今回の特別個展は、
日頃、お世話になっている顧客様30名をご招待し、
30枚限定で、初めて薄物のmatoiを創りました。

気紛れなお誘いにも関わらず、
皆様のお時間を頂戴しました事、お礼申し上げます。

RIMG5320.JPG






いらっしゃいませ。2の森へようこそ。

RIMG5324.JPG

RIMG5322.JPG

RIMG5240.JPG

RIMG5242.JPG

できるだけ色を控え、グリーンだけで行こう。というコンセプト。

RIMG5238.JPG

寄せ植えは、夏の風を感じるようにと、
背の高い植物が入りました。なるほど。今もとても涼しげです。


鳥が運んだ植物もこんなに大きく育ち、
足元を演出する一役をかって出てくれました。

RIMG5236.JPG





RIMG5241.JPG

RIMG5235.JPG

暫く、出番がなかった色物のガーデングッズも、
グリーンの庭にはアクセントとなってくれました。





RIMG5243.JPG

RIMG5246.JPG

鳥達もスタンバイOK。息を止めて頑張っています。




そしてアトリエの中にフランスのアジサイ。

RIMG5248.JPG

「わあ、ここに紫陽花かあ。」とMK-chan。
庭の紫陽花は緑の葉が茂り、花は一切なくして部屋へ。
利休が秀吉を招いた日のように?
庭中の花を切って、茶室の花入れにのみ、一輪?

いいえ残念。我が家は、なんと紫陽花に花芽がつかず、
まさかの紫陽花にお花なしの結末。笑。
利休さんではなく、紫陽花一休み。の落ち付きです。











そして、いよいよ、皆様ご到着。









一番乗りは…。























RIMG5116.JPG

このおにぎり。笑笑笑!!!!!

いつも初日一番にと予約を下さるS-chan。
今回もありがたくその時間に。

RIMG5119.JPG

手創りの手の込んだ品物の数々、
本当に美味しく頂きました。

玄米おにぎりに葛粉をまぶし、
醤油と油で焼き付けたもの。
大きな大きな、珍しく柔らかい紫蘇の葉でくるんでと。
丁寧なパッケージ、手創りのラッピング。
いつもながら関心します。お店を出して欲しいです。







こちらも、また。
手創りのカシューナッツの飴まとい。

RIMG5293.JPG

RIMG5294.JPG

matoiに使いたいようなパッケージでした。
SO-sama大切にいたします。
オーダー頂きましたmatoiは今週仕上げる予定です。
アルマーニの生地と、
ジョージジェンセンのシルバーパーツとのマッチング、
私もとても興奮しています。


RIMG5132.JPG

ありがたいお土産やファッションで、宴もたけなわ…。
皆さんの持っている、笑顔。本当に素敵。大好きな写真です。


RIMG5131.JPG

RIMG5136.JPG

皆様、matoiを脇に、裏にKeepしながらのセレクト、
とても嬉しかったです。創り手冥利に尽きる瞬間で、
迷っていらっしゃるもの全部、差し上げたくなりました。


そして続々と。

お写真のない方も沢山あり、申し訳ありません。
初日は、かなり放心状態でした。
S-chanの写真を待ってまた書きます。

RIMG5117.JPG

今回もM-chanの優しい助けがあって、
皆様へのもてなしの時間となりました。
綺麗な色のスカートで登場してくれて、気分爽快のスタートでした。





そして、matoiの時間。スタート。笑。

まるで着て来られたかのような色併せ。

髪飾り、べっ甲眼鏡にぴったりのイエロー。

RIMG5129.JPG

幸せそうなmatoi君。

RIMG5118.JPG

でもカメラ担当にさせられていて、大忙し。ごめん。



そして、厳選の一着。

RIMG5139.JPG

ありがとう。
メンズライクなショートのシルクmatoiは、
お得意のビンテージファッションにぴったりでした。













RIMG5141.JPG

日が傾く頃も来客が続き、
東京芸大のデザイン科の学生さんが来られ、
作品を見ながらのさながら企画室の空気。

初めて来て頂いた、私の体をいつもメンテして下さっている方を
巻き込みながらの、若いエキスを吸い取った時間。
皆様、重なる来客との交流を、
お許し頂きありがとうございます。






そして夜。

RIMG5145.JPG

RIMG5146.JPG


わ!!写真が悪すぎてごめんなさい。



アトリエの夜は暗いので、写真は最悪。
とても盛り上がったあの光景とは思えぬ写真。

購入して下さったmatoiのお写真も撮ってない!!!!
ああ、後悔。


今回はお一人お一人にmatoiを巻いて、
様々な表情をご紹介したく、付きっ切りでした。
それに、忙しい日の仕事終わりに来られたので、
思わずS-chanのおにぎりを食べて欲しくて必死。
忙しい時は、胃袋の癒しが一番。

RIMG5149.JPG


セントクリストファーのスコーン、珍しいドライフルーツ、
美しい箱の若松ダックワーズ。
預けて下さった、堀井さんのお菓子。

それぞれ美味しく、頂ました。
皆様、ありがとうございました。


TK-chan。黒はあの後もとても人気でした。
気軽に普段使いして下さいね。嬉しかったです。

Wno-san。残った品、お知らせします。恥笑。
いつでも待っています。



そんなこんなの初日の記録写真。
作品の写真も、コーディネーションの写真も一切撮れず、
このような、美味しい報告と致します。笑。
皆様、どうぞ、手ぶら原則でお出で下さいませ。

2013年03月09日

things for art life 記録写真。



みなさま、
沢山のアクセスやメール、メッセージをありがとうございます。
未だに返信や、お礼を言えずにおります。
どうぞお許し下さい。

さて今日は、S-chanが撮ってくれた写真をご紹介します。
毎回初日一番に来て、
繊細な視点で一日中撮って下さる写真は記録として、
とても嬉しく2の財産です。

毎回、「初日一番お願いします」と早々に予約を下さり、
私の悪夢を取り去ってくれるS-chan。
パッケージまで手作りの体に良いものを、
笑顔と一緒にお土産に。

RIMG2004.JPG

RIMG2006.JPG




同じ方の写真が重なりますが、
これも初日の得♪♪という事で。

それでは早速。
コメントなしで沢山貼ります。














DSC_0721.jpg

DSC_0719.jpg

DSC_0783.jpg

DSC_0747.jpg






DSC_0648.jpg

DSC_0694.jpg

DSC_0691.jpg

DSC_0693.jpg





DSC_0754.jpg

DSC_0758.jpg

DSC_0686.jpg

DSC_0681.jpg

DSC_0696.jpg






DSC_0673.jpg

DSC_0677.jpg

DSC_0737.jpg

DSC_0735.jpg




DSC_0682.jpg

DSC_0706.jpg




DSC_0752.jpg

DSC_0701.jpg









DSC_0675.jpg

DSC_0728.jpg

DSC_0730.jpg

DSC_0739.jpg

DSC_0732.jpg









DSC_0751.jpg




DSC_0725.jpg

DSC_0757.jpg

DSC_0764.jpg

DSC_0669.jpg









DSC_0655.jpg

DSC_0671.jpg

DSC_0661.jpg

DSC_0704.jpg

DSC_0744.jpg

DSC_0741.jpg





DSC_0761.jpg






沢山の写真と時間をありがとう。
心のモノガタリ。しっかり保存しました。








皆様。5日間に渡り、大変沢山の方々にお出で頂きまして、
心から感謝しております。
この場を借りてお礼申し上げます。
今回は、仕入れ商品という事もあり、
自分でも戸惑う作業なども多くありました。
自作の布製品はもっとないの?と、
お訪ねも頂き申し訳なく、嬉しい悲鳴でした。
何より、大切な関係のまま居て下さった窯元の素晴らしい作品を
皆様が両手で丁寧に見て下さり、
喜んで購入なさる姿が印象的な個展でした。
布と陶磁の共存を暫くのテーマに、
また自分のドキドキを探しに旅に出たいと思います。

ご発注頂きました作品は、現在、
各地の窯元で皆様の分だけ大切に創って貰っています。
4月上旬のお届けを予定しておりますので、
今暫くお待ち下さいませ。

布製品、アクセサリーの別注に関しましては、
出来上がり次第、お送り致します。








−things for art lifeー

生活の中に招いたモノたち、
個性重なり七変化。
心に潜む小さな宇宙の主役を競い光ります。








皆様の宇宙構築のお役にたてますように…。






これにて、記録日記終了。

お客様、関係者の皆様に心から感謝申し上げます。
ありがとう!ありがとうございました!!

2 acco oimatsu