個展のお知らせ【Festival of colors in the memory】満員御礼受付終了致しました 2017.3.16(thu)-20(mon)  Open:12:00/Close:18:00 スクリーンショット (20).png

2017年02月17日

コレクションディスプレイの仕事を終え。





今日は春一番が吹いたような陽気で庭のミモザも開花し始めました。

IMG_9224.JPG





先週はクライアント様が出店なさる国際展示場「ビッグサイト」での、
国際ギフトショーで、3m×12mもの大きな空間をディスプレイデコレーション致しました。

IMG_9200.JPG













IMG_9137.JPG

始まりは11月。
この箱の案を奈良の素敵な事務所で打合せを重ね、、
この日は現物となって箱に入る日。
とても集中した時間でした。











IMG_9142.JPG

先様の所在地は「奈良」
歴史と素晴らしい自然に抱かれ、
人の為にと、代々大切にモノ創りをされてきた方々。

その会社へお邪魔すると、お玄関へ続くお庭から事務所の隅々まで、
温かく、そして清められた空間を感じました。








そのお玄関をこの姿に表現したかった。
温かく照らす灯り、格子越しに伺う景色。
一輪挿した壁の横からそっと入るとその暮らしぶりが広がるという構図を。

IMG_9228.JPG















IMG_9234.JPG

商品紹介を兼ねてではありますが、
まずは暮らしぶりの提案ブースを。

IMG_9232.JPG

IMG_9235.JPG

IMG_9233.JPG

IMG_9239.JPG

IMG_9248.JPG

モノクロ以外のものを用いず、
「モノのデザイン」だけを見せられるように構成しました。













そして、

IMG_9249.JPG

その隣は、生地や染めの素晴らしさを紹介。

IMG_9230.JPG

IMG_9231.JPG

アクセントカラーに使用した黄色は、
裁断された生地。張りのある素晴らしい表情を生みました。












そしてこちらは、

IMG_9250.JPG

ブランドでも一番人気の「奈良の蚊帳」で創られたアパレル群。
涼しくて軽い蚊帳生地を洋服になさっているメーカーは少なく、
この華やかな色染めも人気のひとつです。

IMG_9229.JPG

コーディネイトの提案をしながら、

IMG_9227.JPG

生地の色展開や質感を魅せました。

IMG_9238.JPG

2 acco decoration teamならではの「不思議」をちりばめて。













多くの知人がお出掛け下さったようで、
沢山の評価も頂き、本望です。
素晴らしいご縁と気持ち良い仕事に感謝した数か月でした。

大きな仕事を終え、いよいよアトリエ展まであと一ヶ月となりました。

皆様にお会いできる日を楽しみに、制作に励んでおります。
新作はインスタグラムで随時ご紹介しておりますので覗いてみて下さいね。


IMG_9237.JPG

協力して下さった関係者の皆様、グッドジョブのスタッフに心からお礼申し上げます。

2 acco oimatsu



























posted by 2 at 15:50| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2014年11月28日

1 plate 2の器 part 2



異業種コラボ企画。

gorouta発信 1plateに第二段の2の器が登場。
皆様、是非ご覧ください。
http://gorouta.com/news/?page_id=3786

DSF4224[1].png












_DSS8186.jpg

器は、料理を受け留める時以外、自立している。
1plateの中の小宇宙。















Sound of Persia (Ishikawa) 2 original

更紗文に魅せられてその世界を器に描き続ける作家、岡本修。
普段の作風にない、密な世界観を2のオリジナルとして依頼。
個性ある器は様々な役割を見せる。

plate 58000yen
Soup cup 28000yen
Saucer 12000yen 税別

*商品価格は過去のアトリエ販売と卸しでは異なります。
ご了承下さい。


2の一番人気の器。
始めて創って頂いたオリジナルです。
いつまでも独立の時の応援を忘れない出来事です。

_DSS8188.jpg
(photo kenichi mui)




http://gorouta.com/news/?page_id=3786
posted by 2 at 22:00| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2014年11月12日

goroutaと2の【1 plate】です。




goroutaと2の異業種コラボ企画【1 plate】

今日は、2がUPされました!
http://gorouta.com/news/?page_id=3479

goroutaオリジナルの(非売品)
大きなWOOD PLATEに、2の器をディスプレイしました。

いつもは、ホテルや、お店の大きなウインドウをディスプレイしていますが、
このような制約で、シーンを創った事はとても面白い経験でした。

商品が活きてムードのある画にするには?と、
いろいろ考えて用意したディスプレイ品。
ヌガーは「食」をテーマに乾物等で創ってみました。

そして、アトリエで撮影されたgoroutaの秋冬のコーディネイト。

DSS8062[1].jpg

ベストの小紋柄はなんと、贅沢なウールのジャガードで表現した、
大変上質のものです。

http://gorouta.com/news/?page_id=3360

女子でも、小さなサイズならA-LINEスカートに合いますね!
goroutaのショップはいつも素敵です。

1 plateで、紹介されているお店も素敵です!
皆様、ワンマイルで散歩できますので是非お出掛け下さい!










そして…goroutaからリンクで来て下さった皆様こんにちは!

2の作品の販売は、
年に数回、アトリエでの個展で知人のみに販売しています。
器も特殊な技術で創られた一点モノが多い為、
通販は普段しておりませんが、
gorouta コラボ記念として、期間限定で、
用意数完売まで、少量を販売致します。



【2014/11/12 gorouta 掲載商品】

_DSS8081.jpg

nougat (imari) 2 original

上質の技術のある産地、伊万里の窯元で、
極限まで薄く手挽きし、銀彩を手塗りしたシリーズ。
滑らかな表情はまるでヌガーのよう。

こちらの釉薬は、本銀を使用しておりますので、
酸の料理には変色し不向きです。
また、数か月、空気に触れると黒く変色します。
銀食器と同じ扱いとなります。
銀磨きや、細かなサンドペーパーで磨いて頂くと戻ります。


この商品は、色絵を得意とする伊万里で創った作品です。
高温焼成で上質の磁器を扱う産地だからこそ、
究極まで薄く挽いて欲しいと頼んで創ったプレートは、
口元がユラユラするほど薄い仕上がりで、
手創りの全て一点モノで様々な表情を見せます。
ベースに黒の釉薬を塗った上に本銀を手塗りして焼成した銀彩の器です。
色絵の産地で無地を創る贅沢さも。

_DSS8077.jpg

_DSS8074.jpg

plate 6000yen (21cm)
cup 6000yen (8×h6.5cm)
Flower Plate 3800yen (11cm)

*価格は税別。銀相場により若干変動致します。



販売当初から、Flower Plateは大人気です。
このアイテムだけ、型で創っている為、価格設定が低く、
銀彩を楽しめます。
チョコレートからアクセサリーまで、いろいろに使えて重宝します。


問合せはこちらまで。
2accotaro@gmail.com





1 plate ,で繋がる異業種が面白くなってきましたね――。
お花屋さんも素敵だし、美味しいお店もいいですね!
皆様、沢山のアクセスをありがとございます!
どうぞよろしくお願い致します!

2 acco oimatsu
posted by 2 at 18:07| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2014年03月17日

生徒からのLove Letter。

RIMG0954.JPG

昨年から、ご縁を頂いた、東京文化服装学院での仕事。

この春には、皆様、卒業なさり、
また新たな道に、夢を描いておられる事と思います。

先日、その生徒達が書いてくれた、
講義後のレポートを頂きましたが…。
私にとっては、熱い熱い、Love Lette。
そしてこれからも、サボっていられない、
大切なお守りとなりました。




皆様、夫々の道で、しっかり頑張って下さいね。
専門職は、過酷な勉強が不可欠ですが、
遣り甲斐と、幸せな人生が待っています。

私も志し半ばで、夢中で頑張っています。
Blogを読んでくれていて、ありがとうね。




次回の個展は、4月19日(土)20(日)21(月)の
12:00〜20:00受付です。
小さなアトリエの為、完全予約制となっていますが、
気さくな会です。遠慮なく。


【予約専用】
2accotaro@gmail.com


作品に会いに来てね。
楽しみに、楽しみに、待っています。



ここで、ずっと応援しています。
ありがとう。ありがとうね。

頑張れ〜頑張れ!!!一生、懸命に、頑張れ〜!!!!


posted by 2 at 10:49| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年12月15日

ご無沙汰近況報告 講師の日の巻。




先日、東京文化服装学院の三年生の教室でお話をさせて頂きました。

私は、大阪にある姉妹校の卒業生なので、当時の院長であられた小池千恵先生や、特別講師、山本耀司さんらが本校経由で来られた時の講義など、今でも目に焼き付けたまま新しい記憶です。

約30年前に憧れたその本校の教壇に立つなんて、当時では想像もできなかった事でした。

私もまだまだ現在進行形の身。皆様の前に立ち、教えられる事など何もないので、兎に角、作品集を創って行きました。

RIMG9058.JPG

自分が創っている事は常に恥ずかしいレベルですが、出来上がった作品には何かが宿り、私を超えて異次元に旅立ち、人の役に立ってくれる。

言わば、私は素晴らしい素材をただ出会わせ、送り出しているだけ。そして皆様の傍に付いてからはメキメキと良さを発揮。
世界中の素材や色の素晴らしを知って欲しくて始めたこの仕事、その3年間に生み出した数々を一冊にまとめ、生徒さんにお渡ししました。

ご挨拶もそこそこに、皆さんに即興で書いて頂いた、将来の夢と自己紹介文と交換。

文化写真.JPG

パラパラと派手な小冊子を見る皆さん。ランチ明けの眠い時間。解る解る!その退屈な感じ!!!


「そこにある全ての作品は私自信が創りました。」
「そんなブランドを経営しています。」
「今日、身に付けているものも全てそうです」と、私。

文化写真5.JPG





皆さんの目が一瞬にして変わり「え〜??!!!」と言って興味を持って見直して頂いた瞬間が伝わりました。ちょっと、嬉しかったです。

汗水流して、体資本で一生懸命仕事をするいう事は、ゆるぎない信用になるんだなあと心の中で、作品と一緒に喜びました。

文化1.JPG

半年かけて創った作品を、初めて皆様にお披露目する大切な案内状。佐藤嘉高作のこのDMも、いつか手元で役に立つ事を願って。

文化写真4.JPG

その後は、言うまでもなく。

皆さん、帰り際まで、興味津々で質問の嵐、とても嬉しかったです。

作品の背景にある職人や素材の流通のモノガタリ、成り立ちをお話しするのは、20代に初めて社会人としてデビューした頃の経験から始まり、すでに30年話してきた。

いいものには、沢山の人の手が掛かっていて、沢山の流通の経緯を経て成り立っている。安く売れない理由と、値打ちがある。

未だに、ファストファッションに一歩も立ち入らない私の頑固な想いは,
'安物に良いものなし'という親の生き遺言のような教育にもある。

価値観のある、上質のものを一生懸命働いて手に入れ、自分が元気になる。という体験が出来ないこの時代は悲しい。



モノ創りの話や、勉強の仕方、経験と実践の方法など、皆さんが熱心に聴いて下さり、嬉しかった。

皆さんの大きな夢が、いろいろな形で叶って欲しいなあと親心で一杯。ああ、これが先生という仕事かあと発見、尊敬。

私は、単位を取るような課題は出さなくていいけれど、課題で訓練させ、良い点数を付けて就職させたい為に厳しく叱る役割の先生たちは本当に親だなあと。


温かい時間もあっという間に終了。

私が着て行ったり、持って行ったりした作品の全てを身に着け、
「欲しいです。働いて買いに行きます」と言ってくれた生徒達。

生徒写真.JPG

皆さん、ありがとうね。
遊びに怠けず、沢山の経験を身に付けて、夢を叶えてください。













ハイアット.jpg

仕事終わりにパークハイアットで休憩。

その後、同学校一年生の姪っ子と友達の進路相談会となり、、
夜が更けていきました。

夜.JPG

文化のイルミネーションを見ながらタクシーに乗り、若者達の夢が叶う時代なのかどうかと自問自答しながら、綺麗な目を思い出しながら…、先生方に頂いたご縁に感謝しながら…、何駅も遠くまでタクシーに乗って考えていました。

みなさま、ありがとう。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

2 acco oimatsu
posted by 2 at 13:19| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年12月11日

gorouta Line up

みなさま。
大変ご無沙汰しております。

小さな頃からお世話になっていた、大切な人を亡くし、
暫く、京都に帰っていました。

ちょっとヨレヨレですが、
明日から復帰します。

そんなお疲れモードに嬉しい画像が飛び込んできました。
是非、ご覧下さい。

goroutaでのotoko-matoiが全ラインナップされました。


とうとう、冬も到来です。
首元を温かく、お顔を華やかに、
イケメン、男前女子のお役にたてますように!!
現物も是非ご覧ください!中目黒下車5分です。

それではまた、近日中に…。acco。

http://gorouta.com/news/?page_id=1485
posted by 2 at 01:38| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年11月29日

gorouta wakuwaku!

http://gorouta.com/news/?p=1328

http://gorouta.com/news/?p=1135

goroutaのHPを時々覗くとワクワクします。

matoiが、コーディネイトされていて、
何とも言えない、佇まいです。

まだ、goroutaを未体験のみなさま、
是非、お出掛け下さいね。

いまどき珍しい、
男臭い、いい服です。




posted by 2 at 01:48| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年11月17日

ももちどり様。



参宮橋の、ももちどり様に、
2のオリジナル陶磁作品が並びました。

RIMG9056.JPG

RIMG9054.JPG

一番いい場所をご用意下さり、
美味しいおやつが出来るまで、ちょろっとお手伝い。
銀彩ヌガーを並べて参りました。

RIMG9055.JPG

鳥のさえずりも静かにオスマシでした。

















RIMG9050.JPG

ももちどり様は、皆様、ご承知の通り、
行列の出来る予約必須のパンケーキ店の併設も有名。

気配りの行き届いた玄関のしつらいに胸躍りました。








RIMG9051.JPG

階段を進むと温かい歓談の音が聞こえます。













撮影禁止の店内を、承諾を得て撮らせて頂きました。

RIMG9052.JPG

今、旬の季節限定は林檎のパンケーキでした。

フィリングが乗っかってくるとばかり思っていたら、
こんなにチャーミングなアイデアが!






RIMG9053.JPG

美味しいミルクティーも、
心クスグル、しつらいでした。


















RIMG9057.JPG

オーナーのSekiya-sama

隠し撮りしました!   笑。






ご自分の好きなモノだけを集められた店内。

ぶれる事のないポリシーが、
ほっこりした時間を提供していました。









喫茶はお席は予約をおススメいたします。

そしていつもこのBLOGを見て下さっている、
まだお会いできぬ方々さま…。
2のオリジナル陶磁作品がこちらでお買い求め頂けます。

皆様、是非お出掛け下さい。

【ももちどり websaite】
http://www.momochidori.com/









ももちどり、スタッフの皆様、
同行してくれたM-chie。
お世話になりました。ありがとう。


そして、Sekiya-sama、
居心地のよい素敵なお店でした。

末永く、どうぞよろしくお願い致します。


2 acco oimatsu
posted by 2 at 00:13| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年10月13日

goroutaからmatoiの通販が始まります。

いつも沢山のアクセスをありがとうございます。

今日は嬉しいお知らせです。
アトリエでの個展にお越し頂けない方も、
各地からmatoiが買えるようになります。

中目黒にある、カッコイイmen's shop【gorouta】が、
one line shopをスタートします。

その中に、goroutaの為だけに創った、
飛び切り良い素材を纏めたmatoiもラインナップ。

写真もすごーーーーくカッコいいし、
素材感もデザインも良く解って嬉しい!
皆様、是非、覗いてみて下さいね!

男気のあるmen's fashonの少ないこのご時世、
どのアイテムも筋の通ったコンセプトで創られています。
matoi以外のアイテムもお勧めです!

いよいよ、14日明日からです!!
どうぞよろしくお願い致します。

【On Line Shop】
http://gorouta.com/news/?cat=86

【matoiのページ】
http://gorouta.com/news/?p=570


DSC_1205_01.jpg
(gorouta / acco / yoshitaka)
posted by 2 at 23:36| Comment(4) | 個展以外の仕事ーworks

2013年09月14日

The Prince . Sakura Tower Tokyo



本日グランドオープンの、ザ・プリンス さくらタワー東京。
http://www.princehotels.co.jp/sakuratower/

RIMG7505.JPG

RIMG7506.JPG

こちらは、お気に入りの景色。
庭園から見た、左に高輪プリンス、そして右にさくらタワーの図。

RIMG7504.JPG

この日も、残暑厳しいお日様に、
綺麗な芝生が輝いて清清しい気持ちでお店に向かいました。

RIMG7507.JPG

ところどころに、日本の形を切り取ったデザインが。








この日は、デコレーション初日にして、
2時間後のプレオープン、プレス発表が決まっていた。

RIMG7571.JPG


RIMG7531.JPG

ウインドウ。

RIMG7533.JPG

RIMG7534.JPG






RIMG7412.JPG

二時間前の図はこちら。

RIMG7526.JPG

ビッフォー、アフター。笑。




今回の店舗は、空間が広く、植物の役割は重要だった。
日頃からお世話になっている、EST GARDEN様に、
急遽、イメージに合う、植物を入れて頂いた。

直線的な箱に、しなやかにラインが入り、
品物たちに暮らしぶりが見えた瞬間だった。
植物のチカラは凄い。










金メッキに漆黒の什器をそろえた内装は、
東福寺のお庭をイメージされたそうで、
商品を活かす相棒は、静かな日本の乾物と決めた。

砂利や石庭の凛とした流れを、乾物で創ってみた。

RIMG7545.JPG

RIMG7460.JPG

RIMG7495.JPG

RIMG7478.JPG

RIMG7480.JPG



こちらは、オートミールに並べた
クライアント、メーカー様の代表商品の箸置き。

RIMG7468.JPG

RIMG7564.JPG

最中のたねも、ちょっとした高さを出すのに、良い役を果たしてくれた。

RIMG7567.JPG

こちらは稲庭うどんと箸。

RIMG7568.JPG

「これはなんですか?」と食品に質問がきて、
その後、箸置きにも質問がくる。
「これはなんですか?」
これが見立て遣いの提案の楽しみのひとつ…。


RIMG7560.JPG

RIMG7559.JPG

これも勿論、フェイク。パンには粉がふいているんですよ。





お庭の前の窓辺には、
季節を問わない、白い竹の酒器で竹林をイメージ。

RIMG7471.JPG

RIMG7570.JPG

ところどころに、日本の食や、道具を配し、
海外のお客様との会話の糸口になればと…秘密のメッセージ。
昭和のガラス器に、経木と鞍掛大豆。

RIMG7569.JPG

子供の浴衣コーナーには、やはり色を。

RIMG7555.JPG

兵児帯や花飾りには、
昔から綺麗な色があるなあ。


こちらはガラス越しのショーウインドウ。

RIMG7543.JPG

RIMG7550.JPG

RIMG7538.JPG

RIMG7554.JPG

RIMG7551.JPG

RIMG7541.JPG



アシスタントとの感覚にブレがないのは一番嬉しいこと。
空間を埋めていく作業は、寸分狂っても気持ちが悪い。
けれど、正解なんてどこにもないので、共有が難しい。

毎朝、庭園入り口から一緒に入り、お堂の観音菩薩様に一礼し、
打ち合わせで、食事を共にし話す。
短期間の責任ある大切な仕事。
クライアント様の、新たなお店の役割について、
一緒に話し続けることが、息を合わせる事に繋がった。






そして、いよいよプレオープン。
テープカットの後、メディア、プレスが一斉に入ってきた。

RIMG7575.JPG

RIMG7576.JPG



RIMG7441.JPG

アメリカ、マリオット社の紳士が、
敷居をまたぎ、ディスプレイを見て、
「美しい店だ」「ファンタスティック」「ビューティフルデコレーション」と、
何度も繰り返し、褒めてくださった。
ここ数日の頑張りが癒えたなあ。

話題のレストランにプレスが殺到する中、
なんてエレガントな心遣いだろうと、とても嬉しかった。











翌日は、デコレーションを仕上げ、
新しいスタッフの皆様にデコレーションセミナーを。

RIMG7527.JPG

様々なジャンルからこのお店に来られた縁が、
また沢山繋がった日でした。



設計、施工をデザインされた、ユニットお二人と社長。
パレスホテルに続き、間接的に、2回目のお仕事。
三者のイメージが合わさる事がなんだか不思議で面白い。

RIMG7502.JPG



そして、パレスホテルを始め、
3店舗目のデコレーションを任せて下さった、
masters craftの社長に、また感謝。
http://www.masterscraft.co.jp/


RIMG7499.JPG








さくらタワー東京は、素晴らしい立地にあり、
季節毎に咲く花が変わると、庭園の風景が一新すると思います。
さくらの季節は20種類もの桜が咲くそうですが、
春夏秋冬、綺麗だと思います。

RIMG7515.JPG

庭園内の池には立派な錦鯉が居ました。
今まで、あまり興味もなかったのですが、
身近で見れる迫力や、綺麗な色と柄は、
ああ、日本の景色だなあと、納得するものがありました。

RIMG7525.JPG

行き届いた手入れも、見えないところで、沢山の方々がおられました。

RIMG7510.JPG

きっと、私たちがアメリカのクリーニングパフォーマーを見るように、
海外の方々は、静かな日本のもてなしを見て和んでおられるのだと、
改めて、長い歴史の凄さを実感しました。

皆様、お時間がございましたら、是非お出かけ下さい。




これからも、国内外の、いろいろなホテルを旅して、
サービスや、調度品に触れ、現代の居心地とは?
を体感したいと思います。

そして、いつか、
自分の品揃えで、そんな一角にお店が出せたらいなあと、
夢も見させて頂きました。










さあ!
明日は、一件、仮縫いをして、
いよいよ、個展への最終制作に戻ります。

月曜日にDMも発送予定!
皆様、どうぞよろしくお願い致します。

次回は、作品BLOGへと戻ります〜。




ふうう…。終わったあ…。
ヨレ…ヨレ…


…。



笑。

追伸:
昨日はこのBLOGを、何度も居眠りながら書いたので、
今日、一部の文章を訂正等、致しました。

posted by 2 at 00:44| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年09月09日

さくらタワーの仕事初日。

素晴らしい環境に建つ、高輪の、
ザ・プリンス さくらタワー東京へ。

グランドオープンを14日に控え、
ホテルの中で唯一の雑貨ショップとなるお店のデコレーションへ。

2011年にご縁を頂いたパレスホテルでのお仕事も、皇居を背景に素晴らしい立地でしたが、この高輪プリンス群の敷地でも群を抜いて素晴らしい背景とアプローチでした。

品川駅からさくら坂を登り、ホテル群への庭園入り口はとても趣があり、

RIMG7359.JPG

階段を進むとグリーン一色の別世界へ。

RIMG7361.JPG

広大な敷地の、広いお庭を進むと右側に、風格ある高輪プリンスが。

RIMG7360.JPG



そしてその左側に見えてくるお社。

RIMG7362.JPG

その正面に立って、さくらタワー庭園入り口に誘われます。

RIMG7364.JPG

周辺には、簡素な建築のにじり口美しい茶室や待合などもあり、
振り向くと桜の木の中から聳え立つさくらタワーがあります。

RIMG7366.JPG




途中足元の石畳に感動。

RIMG7375.JPG

外壁には歴史が。

RIMG7378.JPG







久しぶりのJAPANESE STYLE の仕事。
この入り口から心清められ、凛とした気持ちでのスタートが切れました。

内容はまだまだ極秘。





でも、素晴らしいホテルだったのでチラッとこの写真だけ。

RIMG7402.JPG

どこを切り取ったかはまだ秘密。

オリンピック招致が決まったこの日に、
気持ち新たに、日本の良いところを想い、
新生、素晴らしい日本のホテル誕生を体感しました。

今日は完成図のあたりをつけ、
夜遅くまで、ディスプレイ用品の調達へ。
私のデコレーションの特徴は、ディスプレイ用品。
ホテルのコンセプトと調和を大切に模索中。
完成まであと4日。


個展と重なり、眠れない夜が続きます…。


グランドオープンは14日。
皆様、是非是非、足をお運びくださいませ!
 
http://www.princehotels.co.jp/sakuratower/
posted by 2 at 01:30| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年09月07日

The Prince Sakura Tower Tokyo


そしていよいよ、明日から一週間。
高輪にグランドオープンする、プリンスホテルのさくらタワーの仕事に入ります。
2012年に、パレスホテルのグランドオープンに引き続き、同ショップのデコレーションです。

今朝は、個展制作から、気持ちを切り替える為に、早朝、神社お寺をお参り、秋の凛とした空気を感じてきました。

RIMG2754.JPG

RIMG2756.JPG

RIMG2781.JPG




和の仕事には、お行儀のようなものが必要とされます。
静かな心で臨むことが理想的で、精神状態によって、選んだ風景のどこを切り取るかが決まると思います。

RIMG7322.JPG

RIMG7325.JPG

RIMG7326.JPG




間を重んじる日本のインテリアは、とても簡素で威厳がありますね。

それに季節の空気を添えると、自然に優しい日本が出来上がります。

RIMG7327.JPG

RIMG3246.JPG



器や道具にも、長い間育まれた、使いやすい形状や暮らしに馴染む色があります。

RIMG7332.JPG

RIMG7331.JPG

RIMG7339.JPG

RIMG7330.JPG

RIMG7334.JPG

暮らしの中の道具を発信する時は、綺麗過ぎずに創る事も、現代の好みでしょう。





ホテル空間を創られた方の壮大な想いと、
ショップの間を創られた方の構想と、
手仕事で生んだ商品が持つ佇まいを、、
ただ気持ちよく繋ぐ事が出来ればいいなと想っています。

そして少しだけ、ハッと心に残るいたずらを加えて、
商品とお客様のご縁を繋ぎたいと思っています。

RIMG7347.JPG







私はホテルが大好きです。ロビーや客室以外の場所でも、旅や、仕事の途中に立ち寄ったショップで、楽しい思い出が出来る事が沢山ありました。

もてなす側にまわるこの仕事に携わり、いつも感謝一杯で臨め幸せです。


14日グランドオープンです。
皆様、是非、見に来て下さいね!詳細は後日また書きます!

RIMG7328.JPG




【ザ・プリンス さくらタワー HP】
http://www.princehotels.co.jp/sakuratower/




追伸:
来週一週間は、個展のご予約のメールに対し、返信が遅れる場合がありますが、必ず拝見し、順番に承りますので、少しお時間を頂戴いたします。どうぞご了承下さいませ。
posted by 2 at 13:37| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年08月05日

gorouta店頭展開スタート。



昨日、中目黒のgoroutaへ納品に行きました。

9.jpg

夏仕様の店頭で、ビールを振舞ってくれて、
さすがEnjoy Lifeの達人です。

7.jpg

ウインドウ一杯に、新作のotoko-matoiを飾ってくれていて、
嬉しかったなあ。

4.jpg

メンズショップの什器は趣があって素敵。
matoiの顔も引き締まります。

6.jpg

どんな方が手にとって下さるのか、楽しみです。

ウインドウ越しに、数人の方々がmatoiを見に来られ、
店内でも気にかけて下さる様子。
ははは。私の創るmatoiはちょっと不思議。
別格の良い素材をふくよかに剥ぎ合わせ、
タッセルやブレードなど付いていたりして…。
一見なんだか判らないでしょうか?
しかも広げても畳んでもただの長方形。ははは。
なので、goroutaのこのデコレーションも、
私にはおもしろかっった。タペストリーみたいだし、
そのように使って貰ってもいいのだし。







上下左右裏表、使い方自由、2のmatoi。

これが、matoiデビューの頃のキャッチコピーでしたから。















そして、始めて見るお客様の為に、
少し判りやすく想像して頂きたく、
襟元に纏った時の姿をディスプレイ。

17.jpg

13.jpg

こちらにも。

15.jpg

涼しげな白いT-シャツが、秋の装いに変わる瞬間です。
日本は10月まで暑いので、
この作品は、ベースをシャリ感のあるGucci-Italyの麻を、
襟元に暖かさを感じないようにしています。
ですが、表側には、秋色のシルクを。
イタリアの老舗プリントメーカーの、
今では創っていないビンテージプリントの生地を使用。

シンプルな細判もありますが、
写真のものはリズミカルにタッセルブレードをふんだんに付けたもの。

そして、手前に見えるのはウイリアムモリスのコットンです。




ただの長方形ですが、matoiには、
様々な国の生地やパーツのモノガタリが共存しています。






また、写真のmatoiも、
プリントなどのシャツを着られた時は、
裏返して頂くと、gucciのシンプルな麻だけが顔を見せて
無地ライクに着て頂けます。    …という構造。












上下左右裏表、使い方自由、2のmatoi。














10.jpg

11.jpg



【gorouta HP】
http://gorouta.com/news/?p=271

【gorouta facebook】
https://www.facebook.com/gorouta.inc?bookmark_t=page










とても軽いので、
皆様、是非、纏ってみて下さいね。
どうぞよろしくお願い致します。


RIMG6226.JPG

size 160×15〜20cm
28000〜45000yen 限定数。一点もの。


gorouta × 2 acco oimatsu
otoko-matoi 2013
posted by 2 at 13:45| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年07月21日

続・goroutaへの作品



まだ、創ってます。笑。

goroutaへのotoko-matoi。

RIMG6219.JPG

RIMG6221.JPG

RIMG6226.JPG



イタリアのヴィンテージシルク。
何と併せても独特の表情を出すので、
自分でも最終の仕上がりが楽しみ。

このブランド。今はここまで込み入った版を使わなくなったので、
この繊細な柄行と色併せは貴重との事。
特殊ルートで仕入れたので、今回の価格は奇跡。

新作は、Gucci-Italyのシャリ感のある麻をベースに、
更にWilliam Morrisを。そして得意のタッセルフリンジが、
あちこちに踊ります。




goroutaから、いよいよ通販が始まります!
追ってこの場でお知らせ致しますので、どうぞお楽しみに!

先日は、
goroutaに納品したotoko-matoiが、
ロケに連れて行かれ撮影を受けたようで…。
新作達、背筋ちゃんと伸びていたかな?
母ちゃん。かなり楽しみです。笑笑。









皆様、毎日、沢山のアクセスやメッセージをありがとうございます。
「gorouta-matoiを早く終え、早く個展の作品を!」とアドバイス。
かなりウケマシタ。ありがとう。確かにね。

9月は中旬に、
プリンスホテルのデコレーションの仕事も待っているので、
早めの制作を心掛けているつもりです。ニコっ。(←ごまかし笑)
明日はバッグの新作でも創ろっかな?

ノンストップで、がんばるぞお!!!!




posted by 2 at 01:03| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年07月12日

続・goroutaの仕事。



RIMG8416.JPG





goroutaに納品するmatoi。

RIMG6076.JPG

リクエストを貰った黄色と紺のコンビネーション。






そして、goroutaの秋のコレクション写真を見て、
また勝手に暴走制作中。

ウイリアムモリスの新柄を仕入れ…。
そしてシャリ感のある、スッバらしい麻はGUCCI Italy。
あ〜あ。スペシャル同志を合わせてしまった。
更にビンテージシルクで赤を利かせようと接ぎ、また接ぎ…。
高くなっちゃうなあと思いながら、
やっぱりタッセルブレードも容赦なくグルグル縫い込み完成。

ああ、いいわ。これ。

RIMG6077.JPG

まだまだ創ります。


















RIMG5901.JPG

「早めに頼んまっす」


















RIMG8428.JPG

RIMG8431.JPG

早くノックしなくては…。笑。
posted by 2 at 23:03| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年07月08日

goroutaの仕事。



goroutaへ、
新作を持っていった。

RIMG5895.JPG

いつもと同じ空気。
いつもと同じ居心地。

さり気なくて艶っぽいgoroitaの洋服。




ちょっと、matoiを添えてみた。

RIMG5897.JPG

嬉しいな。








RIMG5899.JPG

店内はサンプルセールらしく、
ソファーの上で打ち合わせを。
緊張感のあるいつもの姿はこちらをね。

http://gorouta.com/news/







新たにお題を頂き、
只今、goroutaの為に新作を沢山制作中。

もうすぐ、goroutaから通販も始まります。
地方の方、そして、
タイミングが合わず、個展にお出で頂けなかった皆様へ、
やっと、goroutaを介してお披露目できそうです。

納品は7月下旬〜8月上旬予定。
Men'sならではの小さなサイズ感や色柄で、創っています。

そして、いつもと一味違う、写真でmatoiが紹介されると思いますので、
是非是非、HPをご覧下さいね!

http://www.gorouta.com/

そしてお近くの方は、
是非、goroutaに会いにお出かけ下さい!

どうぞ、よろしくお願い致します。

















gorouta、いつもありがとう。













RIMG5902.JPG

「まあね!」





RIMG5896.JPG
posted by 2 at 19:27| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年06月29日

summer decoration



昨年、PALACE HOTEL Arcade Shopで、
お仕事をさせて頂いたクライアント様の、
品川プリンス店でのデコレーションに行って参りました。

3月に同店でデコレーションセミナーをさせて頂いて以来、
3ヶ月ぶりに拝見しましたが、
あの日お伝えしたかった事を、大切に紡いで下さっている様子を
目の当たりにし、感激しました。

自分の勤める会社でのデコレーションは、
売り上げ重視で、常に監督も出来、付きっ切りで手直しも出来ます。
その事で、いつでも手直しできる。必ず売れる。という習慣がついていました。


しかしながら、
今回のお仕事で、外注のデコレ−ターとしての役割を実感したのは、
一時的な販売強化以上に、お店の変化の重要性。でした。

その時のデコレーションが良くて集客があっても、
スタッフが同じように、
季節に沿ったディスプレイ変えをし続けなくてはいけません。

昨日、拝見したお店には、
新しい空気が流れており、
商品がみな活き活きと陳列され、
何箇所かに提案したデコレーションの技術を生かし、
自店に合うようにアレンジを楽しんでおられました。

RIMG5869.JPG

短い時間の中で、初めてお会いするスタッフに、
自分のノウハウを伝え、信じて頂くのはとても難しい事です。
でも、お客様が喜ぶようにという視点で店を創れば、
必ず同じ仕事になっていくのです。

RIMG5874.JPG














売り上げは、お客様を喜ばせた後に頂けるお礼。






これは、18年間勤めた、前職の恩師、故前川嘉男会長から
教わり、実践、訓練してきた事ですが、
今もなお、自分の身についた、そのありがたい習慣が、
さまざまな形で動き始めている事を実感しています。



今は、自分が想像する、理想の2の為に、
更に自分を高め、深く物創りに熱中したいと思っています。

百貨店のコーナーや、大手企業のイベントブース、
小さな専門店の売り場から、ウインドウまで、
フリーになってから、様々な場所でお仕事をさせて頂きましたが、
企画が本業の私にとって、デコレーションとは、
商品を尊敬し、お客様にその良さを、プレゼンテーションする事に尽きます。




久しぶりに、こんなお話をしたので、
ちょっと、懐かしい写真をUPしたいと思います。

前職、私の部屋リビングでのデコレーションの記録。

13[1].jpg

丸の内、新丸ビル店でのイベントを企画デコレーション。

11[1].jpg

12[1].jpg

お菓子に見立てた箸置きが大好評。
テーマは'芸術の生活化 生活の芸術化'でした。
本物そっくりに創られた箸置きに魅了されて、お客様に紹介したく、
新店のウインドウエリアを<丸の内茶寮>として構成。




E69F93E4BB98E38191[1].jpg

染付けの商品群だけを、これでもかと集めて魅せる方法。

E8B5A4E7B5B5E381AEE382B3E38394E383BC[1].jpg

同じく色絵も。

食器でも、時々はコーディネイトせずに、商品を単体で紹介すると、
個が芸術として客観視できる。という紹介の仕方。






E6898BE68BADE38184[1].jpg

手拭いが流行り始めた頃の、売り場提案。
ただ単純に並べるのではなく、
手拭いを暮らしに取り入れた時の、
楽しいシーンを創って、お客様への提案とした。


商業ディスプレイは、アパレルの展示会や、
百貨店のウインドウも含め、かれこれ25年続けていますが、
飾ったとたんにお客様が集まって笑う瞬間が今でも一番好きです。
街中のウインドウを時々は、足を止めて見てみて下さいね〜。


長々と、読んで下さりありがとうございました。


posted by 2 at 02:17| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2013年03月15日

Decoration seminar




RIMG2386.JPG

個展の温かさもまだ冷めやらぬうち、
昨日一昨日と大きなお仕事を頂き、仕上げておりました。

昨年、グランドオープン時に携わった、
パレスホテル、アーケードショップでのデコレーション。

RIMG0263.JPG

RIMG0210.JPG

RIMG0212.JPG

RIMG0207.JPG



そのクライアント様より、今度はプリンスホテル店で、
デコレーションセミナーという形で再びご縁を頂き、
本社社員、スタッフ様に対してレクチャーさせて頂く事になり、
2日間に渡り熱い日を送っておりました。

RIMG2411.JPG

品揃えやターゲットはまったく違っているのですが、
OBが前職に戻ったような錯覚も度々でした。
それはスタッフの皆様の温かさから何かを想い出して、
情が沸いてきたのかも知れません。

お店創りは小手先ではできません。
結局は、自分の経験と、積み重ねた喜びが知識となり、
品物を通して表現するのではないかと最近思います。

私は街中で、素敵なデコレーションに出会うと、
その人に会ってみたくなります。
どんなところに身を置いて、何に興味があるのか、
聞いてみたくなるのです。

そんな、久しぶりのお店創り。
いつも私を支えてくれる、
デコレーションワークの相棒と一緒に、
また新しい空間を創って一期一会のひと時を過ごしました。











RIMG2421.JPG

RIMG2422.JPG

RIMG2436.JPG

RIMG2444.JPG

RIMG2458.JPG

RIMG2471.JPG



数日その場にいると、
クライアント様のお店の様々なドラマを感じます。
「こんにちは〜。」と言って入ってきて、
「こんにちは〜。」と迎えるスタッフ。
毎月、新しい傘を買って帰るお母さん達。
写真だけ撮って帰る常連客?のおじさん。
ほのぼのする光景に沢山出会いました。

お店のたてまえだけを素晴らしくするのではなく、
そこに通うお客様と、スタッフの明日のワクワクの為に、
この場を創っているのだと考えていました。





RIMG2495.JPG

お世話になりました。
そしてまたお会いできる日を楽しみにしております。





RIMG2493.JPG

皆様、ありがとう!
ありがとうございました!!

がんばって〜!!!!!!!!



posted by 2 at 20:41| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2012年08月27日

matoi-funitureが日本橋三越に。

RIMG1832.JPG

明後日29日(水)より、
日本橋三越本店の本館5階、
スペース#5~リビングステージにて開催のイベント

WA style of new BAROQUE”
〜ジャパン クラフトとの出会い〜に、

matoi-funitureが並びます。

RIMG1829.JPG

【DEMODE MIX】さんという、
素敵なフランスのアンティークを販売なさるブランドの中に、
シックなmatoiのスツールのみ、
厳選して頂き仲間に入ります。

RIMG1856.JPG

会期は9月11日(火)まで、
後半に登場するそうです。
取り急ぎ、ご報告まで!



【日本橋三越本店 イベントカレンダー】
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/event10.html

【DEMODE MIX HP】
http://www.demodemix.com/blog/2008/09/c-h-a-i-r.html

追伸:ここに登場するスツールは、
切替えのあるmatoiではなく、
一枚張りのシンプルなもののみです。
posted by 2 at 02:29| Comment(0) | 個展以外の仕事ーworks

2012年08月11日

トークショウ最終日。

RIMG1875.JPG

皆様。今日は本当にありがとうございました。
ステージから皆様のお顔を拝見した時、感謝で一杯でした!
お忙しい中、貴重なお時間を作って頂き本当にありがとう!
ありがとうございました。

RIMG0004.JPG
(私はあまりにも大きいので切りました笑)

もっともっと一緒に居たかった!
撤収などで後がつかえていたのでごめんなさい。

そして上映後、残って頂きました皆様にも心から、
お礼申し上げます。またいつかお会い出来たら嬉しいです。

今日はあまりいい写真がなくて、
加工ばかりしていてごめんなさい。

先日の個展で誂えて頂いたワンピースを着て来られた、
お二人。パターンはほぼ同じですが生地違いで、
このように着こなされ幸せでした!
お心遣いに感激!

RIMG0008.JPG




駆けつけてくれた後輩には、
例会のようでしたと一緒に笑いました。
いつまでも付き合ってくれて私は幸せモノです。
もっともっと自分の仕事をがんばります。

RIMG0018.JPG
(私…大きいなあ…)




そして、連日来てくれた友人が、
またステージの記録写真を撮ってくれました。

10日2.jpg

mail[1].jpg

今日のテーマはもてなしについて、
器やお菓子にプラスアルファーする、
フィギアについてお話しました。
今日のフィギアはオリンピックにちなんだものを。

写真.JPG

クロスには子供の兵児帯と、民族衣装のベルトを。
器は有田の色絵を。
お菓子のマカロンのラスクにはイギリスの旗を立てて。 
ドライフルーツは薄紙に包んでシャーレに。
お迎えの時間まではカップケーキの紙の焼き型で蓋を。
オリンピックに因んで国旗の柄を。
鳥のピッチャーにはエスプレッソをいう設定。
鳥はカゴに巣篭りさせて。などなど…。
ウエルカムカードは沖縄面白かるたの文字を使って、
お客様の名前をセットしてリボンを。

側にあるもので個性豊かに、
会話を弾ませる旬のもてなしを、
後ろにある銀色の箱ひとつから始めました。

RIMG1884.JPG

ヒロインの涼子さんにも同席頂き、
飯田ひろみさんとお二人をもてなす設定でした。

10日.jpg





舞台挨拶の後、トークショーまで残って頂いた、
ヒロイン役の涼子さんと一緒に。

RIMG1885.JPG

ポスターの前で最後に。

RIMG0011.JPG








そんなこんなの、
速水監督からのお仕事も、
応援団のお陰で無事にお役を果たしました。
また次回の個展へと気持ちを集中し、
作品でお返ししたいと心新たに。

何より、2のサロンでゆっくり会いたいなと、
確信した次第です。
新しい企画の為に、また自分の世界に入りたいと思います。

皆様、本当に嬉しかったです。
ありがとう。
ありがとうございました。






持ち帰ったお花も、
ちょっとリセットです。

RIMG0028.JPG

RIMG0031.JPG










posted by 2 at 01:22| Comment(2) | 個展以外の仕事ーworks