2017年04月02日

Festival of colors in the memory 記録―6日目(最終日)





さて、最終日。
まさかの雨。

IMG_0496.JPG

会期中、お呼びできなかった方々がこの日に集って下さいました。

この日の写真も何故か全く撮れなかった、、、、
ごめんなさい。

I-chan。
素敵な器をありがとう。
一点モノの貴重品です。どうぞ暮らしに彩りを与えますように。
会えて良かった。
美味しいレアチーズケーキ、2日間美味しく頂きました。
写真も撮り忘れてほうばりました。

K-T-kiさま。
毎回、ご足労頂きありがとうございます。
お時間を変えて頂きありがとうございました。
何もなかったですね、、、、。
次回は是非初日に、出来るだけ優先させて頂きます。













K-chan。
やっと会えましたねー。
今度はお手伝い是非お願い致しま―す。

IMG_0418.JPG

美しい”ちもと”この後の大切なお客様のお茶請けに、
とても喜んで頂けました。
高価なお手土産をいつもありがとう。

IMG_0434.JPG









そして、
この日は、法人様、卸し先様等の日として設けておりました。
皆様、お写真はNGでお出しできませんが、
2のイベントや卸しなどを可愛がって下さり誠にありがとうございます。
matoiは一人で創っているモノがコレクションラインとなり、
顧客様には大変人気の為、量産できずにおります。

fukuroやone-piece、accessoryは、
お陰様で心通じ合う技術者ブレーンに出会い、
私の手から離れ並行して創れる時もございます。
今後は、私しか創れない絵のようなmatoiを弟子を設け、
早く手から離せるようにと考えている所です。
私は本来デザイナー職ですので、今でも自分が創る事に拘りはありません。
創りたい衝動に駆られ夢中で創る事を続けている現状ではありますが、
溢れ出るアイデアを個展という形にし、皆様にもっと楽しんで頂けたらと思うばかりです。












今回も有田の産地でお世話になっている、
永年支えて下さる恩人O-sama、そして窯元の皆様。
今回ご用意できた素晴らしい黄交趾、萌黄交趾の器などは、
2の為に少しだけ再生産して頂いたモノです。
こんな小さなブランドにお付き合い下さる産地の皆様に、
心から感謝致しますと共に、その貴重で高価な品々を、
「お料理が楽しみ!」と沢山買って下さった皆さんが私の自慢です。
皆様の食卓に花が咲きますように。
日本の市場にはいいものが並ばなくなってきました。
昔あった良いものを知っている人たちが必要とする事はとても大切。
日本の産地には業界を問わず素晴らしいものが眠っています。
私の小さな発注数が、どこかで大きな需要と広がる事を願っています。


IMG_0423.JPG

IMG_0424.JPG

IMG_0500.JPG

IMG_0501.JPG

IMG_0504.JPG

IMG_0502.JPG

IMG_0505.JPG

IMG_0503.JPG














IMG_0516.JPG

そして最後のお客様が来る時間。

IMG_0507.JPG

ほぼ完売の作品をもう一度全て最初の状態にディスプレイし、
お迎えする事に。
遠路、岐阜から買い付けに来て下さり感謝で一杯。








IMG_0611.JPG

いつも丁寧に品物を見て下さり魅力的なお人柄に和みます。
個展で買えなかった器、過去の個展で出品した器も、
こちらのお店で扱って頂いています。
お近くの皆様、そして東京の皆様も、わざわざお出掛け下さっても本当に素敵なお店です。
セレクトが最新でハイセンスなので私は大好きです。
カフェもあり、なんとポムドテールの幻のあのスコーンも召し上がる事が出来ます。
勿論、2のオリジナルレシピはママさんのご配慮でお出しできませんで、また更に美味しいレシピのスコーンだと伺っております。

私は大好物の海老の差し入れを頂きご機嫌。

IMG_0436.JPG

お忙しい中、ご足労下さりいつもありがとうございます。
そして、Others to colors様で、
2を可愛がって下さるお客様にもお礼申し上げます。
また素敵な器が出掛けました。どうぞご覧下さいませー。

こちらはon-line shop、私も買いたくなる品揃えです。
http://otc.shop-pro.jp/






そしてご縁を繋いで頂いた、gorouta。
こちらは一本筋の通ったmindで展開するmen's Fashion Brand。
いまどき男子が苦手ないぶし銀さんにはお薦めです。
媚びないスタイルは着る人も洋服もカッコイイと思います。

http://gorouta.com/news/















その夜。
仕事を終え、疲れていると承知の上、
独立当初から応援してくれている二人のうちの一人の腹心が来てくれました。

IMG_0438.JPG

作品を見て貰う事が一番の希望。
本当に来てくれて嬉しかった。

気絶寸前のヨレヨレの夕食。
体に優しいものをと、彼女がオーダーする品々に胸が熱くなった、
二人だけのなんとも気の置けない温かい打ち上げでした。
黒豆茶。先の楽しみになっています。














そんなこんなの6日間。
沢山の皆様にお越し頂き、作品を見て頂く事が出来、本当に創って良かったと思う日々でした。
優先でお時間をお取りしていましたが、最後には溢れる人数になってしまい、間あいだに予約を入れてしまいお席もない状況を生みました。
ですが、気を遣わず何時間もお好きに過ごして下さる事も嬉しく。
毎回の事乍ら、日程を増やしてはみても、重なる日は同じとなり、どうしても混雑が回避できずにおります。
大きなアトリエに引っ越せたらと願っておりますが、皆様のご協力に感謝し、今後も不本意ながら肩を寄せ合って小さなアトリエで和やかにお過ごし頂けたらと思います。
















今回は檸檬色のミモザが皆様がくぐられる頭上で揺れておりました。

IMG_9578.JPG

IMG_9579.JPG

このアイデアを創り、毎シーズン、熱い日も寒い日も、
2の庭の植物選定からメンテをして下さるEST GARDENさま。
日々の手入れは自分でも好きで一所懸命しておりますが、
毎回のお話の中で、どのように水をあげるか、どのように植物を大切にするのかをさりげなくアドバイスを伺う事が出来ます。
枯れてしまっても自然の成り行き、咲けば尚よし、植物はココロのままに育ちます。
以前、私がアトリエに籠っていた忙しい夏の日に、連日お庭をメンテして下さった事がありました。
「あなたは出てこなくていい、作品を創ってね」と。
帰られた後のその庭は見違えるような状況に。
「もうすぐ個展ですから風が通るようにしておきました」と一言。
この日から、私は、居住まいを正し、次に向かう事を大切にするようになりました。

最後はそんなESTさんと撮った写真を載せて締めくくりたいと思います。

IMG_0062.PNG













皆様、大変お世話になりました。
楽しい個展にして下さりありがとうございました。
夏に咲く、薔薇や藤のお庭にも是非、遊びに来て下さいね。
その頃は秋冬のオーダー会を予定しております。
追ってご連絡致します。

IMG_9580.JPG












ホッと一息、
今は満開のクレマチスの庭を見ながら、

IMG_0795.JPG

アトリエ復帰の毎日を送っています。
この後は、個展総括と、クレマチスの庭日記を書きたいと思います。

IMG_0796.JPG

IMG_0797.JPG


引き続き、ブログに遊びに来て下さいね。
毎日、沢山のアクセスをありがとうございます。

IMG_0493.JPG



Festival of colors in the memory 記録―5日目(一般最終日)



一般最終日。

IMG_0456.JPG

春の太陽は陰りを知らず、植物を照らし、
皆様をお迎えする作品を支えるように、
お庭や花壇の草花に光を吸収させ皆様を照らす準備を整えていました。

IMG_0522.JPG

IMG_0523.JPG

IMG_0525.JPG

IMG_0530.JPG

「次の個展はいつ?」とEST GARDEN様との打合せで、
「んーーーー」と日程を決めかねる。
仕入の仕事なら、いつでもできるのですが、創るというメインの仕事を背負った上での会期決定、でもその中で‟お庭のいい時期に”は不可欠。

今回のようにクレマチス満開の時期を設定して会を開いても、
ミモザが満開でクレマチスは昨年の20日遅れ、、、と。
勿論自然との兼ね合いは偶然の一致でしかないのですが、
それでも、植物から得るものは多いと思い込む私は、
皆様このお庭で過ごして頂けたらと日々願ってやみません、、、。

IMG_0167.JPG


















IMG_0578.JPG

作品にもお庭の花々を、

IMG_0579.JPG

2のコンセプトである、
暮らしと芸術の一体化。
自分が選んだ芸術を取り入れた暮らしは日々ワクワクやニコニコをもたらしてくれる。
元気を忘れていても、過去に自分が招いて側に置いたモノ達は、見守っていて必ず元気をくれる。
芸術品は美しいとされるモノや目に見えるモノだけではありませんね。
それは風であっても海であっても、道端に落ちていたガラクタであっても芸術と決めるのは自分。
大切なのは感動して出合ったかどうかではないでしょうか?











この日まで、沢山の品を創ってきました。

IMG_9797.JPG

金華山の新しい生地との縁が途絶えた今回。
イギリスのデザイナーズギルドを経費尽きるまで仕入れ、、

IMG_9798.JPG

IMG_0795.JPG

この季節に合う生地達とのマッチングに力を注ぎました。










今期のシャネル。リントン社のツイードには素晴らしいメタルヤーンが織り込まれていました。

IMG_9820.JPG

IMG_9821.JPG

高価な生地をたった数十センチに切り、カジュアルに仕立てるのは勿体ない事。

それでもタウンに、気軽に、滑らかで温かく涼しい、シルクウール混のシャネルツイードを味わってほしいと仕立てました。

IMG_9832.JPG












レモンライムコーナーは最後まで人気でした。

IMG_9833.JPG




イタリア、コモ湖で染められたコモプリントは、その湖の水を使用し発色が良いと有名。

IMG_9835.JPG

IMG_9842.JPG

鮮やかなプリントはセンスの良い方々に人気でした。












そんな感慨深い最終日の記録。












いらっしゃいませ!ようこそ2へ。











肩にはmatoiの大作、素敵なハットと併せて嬉しい!!!

IMG_0375.JPG

初めてアトリエに来て下さるとあり、
緊張しているらしい、、と可愛い噂が飛び、
「私、仲良しだから大丈夫です」とアシスタントT。
「それなら私、その時間に予約入れますね」と、Wno-san。

IMG_0591.JPG

皆さん本当に、愛情いっぱいです。あははー。

IMG_0587.JPG

きっとそんな不安も一瞬で吹き飛んでしまいましたか?
沢山の作品を丁寧に見て下さり、蔦屋様でのイベントに続き、
またまた大作のfukuroを購入して下さった。

IMG_5155.JPG

仕事はどうしようもなく厳しいけれど、、
個展中はヨレヨレなので、皆様、怖らずに来て下さいね。笑。

この写真が全てを語っているのでないでしょうかーー。


IMG_0590.JPG

素敵でしたよー。
本当に来て下さり、ありがとうございました。
過日、届いたお便りに心穏やかな時間がスーッと流れました。
またお会いできる日を楽しみにしていまーす。












この日は1時間おきに一杯、、、

続々とお客様が門をくぐって下さいました。

IMG_0390.JPG

IMG_0392.JPG

IMG_0393.JPG

お写真がない方、本当にごめんなさい。
この日は手が回り切れませんでした。













IMG_0595.JPG

スターターの為の器揃えの説明、、。笑。

IMG_0597.JPG

高価な品は、技法による価値があると説明、、、。汗。
器と布製品の共存は大変でした。はい。












そして、ありがたく、この日は常連応援団顧客様ばかりなので、、


IMG_0386.JPG

まとう、、、

IMG_0601.JPG

まとう、、、

736BD557-2657-495A-89FB-92B6ECC63F2D.jpg


デザイン変えてみる、、、

IMG_0593.JPG

笑。
スタッフが撮っていた写真を今見て爆笑しています。
次はクラッチね? はい。


最終日のお花とてもありがたい。
いつも一輪の大輪を差し出してくれる、彼女。

IMG_0415.JPG

作品を差し置いて、一番いい場所に飾りました。
いつもお母様からも応援を頂いており、

IMG_0407.JPG

体に優しい手創りのおやつを、今日もポリポリ食べながら、
WnoWno親子を想う私です。















IMG_0610.JPG

そして、それぞれにお似合いの一着を決めて下さり、
試着にも素敵なお写真が残っております。

IMG_0606.JPG












皆様をお見送りしたり、お迎えしたり、、、

IMG_0599.JPG













私、申し訳ない事に、この日の記憶が、あまりありません、、、。

実は前日の夜。
会食の後に、タクシーに乗り込む際、思いっきり頭の柔らかい場所をぶつけてしまい、突然の吐き気と寒気が襲い、帰宅してから主人に脳出血していたら24時間で死ぬぞと言われ、救急病院へGO。
精密検査で異常はなく、結果、検査はお守りになったのですが、その後6時間の安静を経て安心ゾーンになるという脳震盪の診断だった、、、。
しかし、その時点で深夜。勿論、様子など見る時間ではなく爆睡。
無事に朝が来るかどうかはカケでした。笑。
珍しく、明方、生存確認をした主人が印象的でした。笑。
その日は父の月命日。朝起きたら父のお墓参りをしている母の写真がメールで届いた。
なんとなく、父に救われたなーと感じた朝でした。

今になって、こめかみを触るとコブがあり、押すとまだオエーっとなります。
大丈夫かな?あははー。
という訳で、この日はいつもに増してぼけーっと。して、
アホアホキャラも更に上書きしたacco-san。いやahho-sanに改名か。

個展中の外出はもうやめよう。
意外に、精一杯だった。あははー。
でも岡山から来てくれたら、皆もそりゃー行くでしょー。















この日は、
カメラマンの撫井氏も駈けつけてくれましたが写真なし、
持って来ていた筈の写真を見せて貰うつもりが、
うっかり声も掛けられず、、、
ブレーンとは言え、本当に混み合っていてごめんなさい。













IMG_0405.JPG

銀座MATUYAの馬場さんとも商談もせず商品説明をした記憶がない、、、。
前回お話が盛り上がったエシレの焼き菓子を箱一杯に差し入れて下さった。
お席をきちんと用意出来ず、お出しするお時間もなかった、、、、
並んで買って頂いたに違いないのに、、、
自分達だけ美味しく頂いてしまい恐縮でした。
その後、毎週、MATSUYAさんへ通いました。お会い出来ずでしたが、
なんとなく嬉しくて。エシレ効果でしょうか?まだ幸せです。
お忙しい中、ご足労下さり、ありがとうございました。













IMG_0401.JPG

可愛らしい小手毬の最中は皆さんで頂きました。






IMG_0400.JPG

美味しい乾き物は終わってすぐのお酒のおつまみに秒殺でした。
手拭の柄のような神楽坂のお菓子素敵だったなー。
器の交流が始まり本当に嬉しい!また師匠の席で会いましょう!









IMG_0402.JPG

自由ヶ丘の有名店の焼き菓子。ここ、箱も可愛いですよね。
8日お待ちしています!









IMG_0404.JPG

姐さん。お疲れの接待、観劇の後、遅くまでありがとうございました。
そして、文化の先生にもお越し頂きましたのに、お写真もお土産の記録も残せませんでした。
先生、美味しい焼菓子をありがとうございました。
皆さんに喜んで頂きました。


4時枠の皆様には、
夜遅くまでお食事も出さずにお引き留めしてしまいましたね。
やはりぼけーっとしていたようです。

いつも沢山の愛情と応援をありがとうございます。
こころから感謝して、この日も皆様の背中を見送り、
看板を仕舞いました。














一般の最終日はこの日で終わり。

しかしながら、
予約が入り切れずに翌日も朝から一時間おきにお客様やブレーンにお越し頂きました。
その日の記録も次に書きたいと思います。

2017年03月31日

Festival of colors in the memory 記録―4日目



IMG_9516.JPG

IMG_9579.JPG

IMG_9583.JPG

IMG_9578.JPG

4日目も晴天。
ミモザが咲き誇る中、今日はリラックスのメンバーが揃うとあって、
朝から顔がほころびっぱなし。

IMG_0321.JPG

IMG_0331.JPG

IMG_0332.JPG

IMG_0336.JPG

IMG_0337.JPG

IMG_0335.JPG












お待ちしてました。いらっしゃいませ。あははー。













IMG_0355.JPG

もう、「親戚」と言っても過言ではない。
10数年、厳しくいい仕事をしてきた最愛の仲間。

現在はそれぞれ違う場所にいるけれど、
超多忙な中、皆さんがスケジュールを合わせてくれるだけで、、。
言葉にならない。












そしていつも記念写真。

私がいつもこのよう4コマ写真を載せるからって、、
まったく表情を変えないチームリーダー。笑。

IMG_0353.JPG

「えーーーー!!!」「そんなー!!!」「またまたー!!」と
全員が突っ込むけれど、ポーカーフェイス(営業フェイス?笑)





笑い転げる中、アシスタントもシャッターチャンスを逃さない。笑。













IMG_0354.JPG

ナイス!












来客がたてこみ、まったくお話しも出来ず、
ゆっくりお茶も出せずじまいで、本当に残念でした。

IMG_0361.JPG

いつも寒いお庭に席を譲ってくれてありがとう。

そして最後まで美しく。

IMG_0364.JPG

「あーりがとーございましたー。」
あははー。いつまでたっても楽しすぎるこのメンバー。
背中を見送りながら「明日も明後日も来て欲しい」と頭を下げました。
出逢えて良かった。本当に。いつもありがとう。














IMG_9627.JPG

そして、ありがたい事にお仕事も頂きました。
このティーコジーを気に入って頂き、
この生地合わせで2の新定番のfukuroをと、オーダーを。
あの日から今日まで10日。やっと同じような生地を見つける事が出来ました。

2の生地合わせは一期一会の一点モノなので、
リピート制作はかなり難しいものがあります。
でもヘビロテして下さるfukuroの2代目を創りたい気持ちが通じたのか、
今日上質の同色をGET。
生地提案を経て完成するfukuroのオーダーは何とも贅沢です。
来週、プレゼンします!













IMG_0060.JPG

初めてのご紹介のお客様もお出で頂きました。
ご紹介が当日の朝だった為、混み合った時間の対応となりました。
皆様でお席も時間も譲って頂きありがとうございました。
作品の数々、とても愉しんで気に入って下さりありがとうございました。
次回はゆっくりいらして下さい。ありがとうございました。













そして、
お庭のいい時間にと姉も来てくれました。

IMG_0372.JPG

食事してないでしょと、美しい包みを。

IMG_0373.JPG

わー。虎屋さんみたいに中にたとう紙が、、。

なんだか慌ただしい個展にフーッと息を吸った一瞬。

身内を褒めるのもなんですが、、、
姉の料理との向き合い方は毎日とても丁寧で、
押しつけがましい事がなく、とても人想い。
本当に、身内を褒めるのはなんですが、、、
いつも尊敬してやまない積み重ねた丁寧な暮らしを感じます。

姉は音楽家なので、永年、生徒を持っています。
人に音楽を教えるココロの持ちようは、
きっとこういうことなのでしょうね。

IMG_0374.JPG

ふっくら甘いお赤飯を翌日の朝ご飯に、
スタッフが丁寧にお皿に盛ってくれました。
ココロもふっくら。温かい食育に触れました。













あ、でも私達姉妹は愉快な漫画の図。

IMG_0617.JPG

matoi着せる、、、

IMG_0619.JPG

襟元正す、、、、

IMG_0621.JPG

すまして撮る。笑




いい話をした後に、
漫画で姉を紹介する鬼妹でしたー。
同じ顔と笑い声の姉妹をこれからもよろしくです。
お後がよろしいようでーー。

注:これを撮ったのはアシスタントですので。
漫画にもう一人の作家が加わっている事を付け加えておきまーす。笑。















さて、この後は、

IMG_0624.JPG

文化の教え子OBが遠路親子で訪れてくれたり、
ギターの師匠のマネージャーが律儀に来てくれたりと、、、

夜まで来客が続き、、。
















IMG_0370.JPG

最後は、なんと。
岡山から2へ来て下さった永年の元お取引先。

20年近く器の仕事に携わった中の数年間。
産地と私とを繋いでくれたカスガイの存在であった彼。
今は他業界で腕を振るっておられますが、
今でも器を介して私を応援し続けて下さいます。

この日は個展を忘れて食事へ。
彼の親友が経営する祐天寺の人気店へ。
出迎えてくれたのは2のオリジナルJAZZの器。

IMG_0368.JPG

彼がオーナーに贈り、私をもてなす時だけ出して来てくれます。
疲れが取れた一瞬でした。
言うまでもなく、この後は、
上質で美しい器とお料理に癒されて戻りました。

















IMG_0408.JPG

IMG_0371.JPG

皆様から頂いた美味しい春は、
美味しく皆で頂きました。

皆様、個展ですので、どうぞ手ぶらで!
次回からお気遣いなさいませんようにー!
お気持ちだけを沢山頂戴致しまーす。
本当にありがとうございます。











さあ、いよいよ最終日が近づいてきましたー。
ラスト数日も大勢の方に来て頂きました。
明日は書けないと思います。

一つのブログの写真選択とピクセル変換に数時間、
書き込みに数時間かかっており、
毎日、居眠りしながら、なかなか書き上げられなくて、、
朝読み返して訂正したり、写真を足したりしています。
誤字脱字、記載漏れなど失礼があるかと思います。
どうぞお許し下さいませー。

沢山のアクセスとメッセージを嬉しく読んでいまーす。