2017年03月30日

Festival of colors in the memory 記録―3日目



晴天が続く3日目の朝。

IMG_0286.JPG

IMG_0233.JPG

夜通しディスプレイ替えをし朝を迎えました。

二日目もまた、ありがたい事に象徴的な大作から売約済みとなり、
大幅にレイアウトを変えるしかありませんでした。

器を並べていた白い什器を壁面へ。

IMG_0237.JPG

そして窓辺には少数民族ムードのmatoiやアンティークを寄せました。

IMG_0283.JPG

IMG_0242.JPG

韓国のアンティーク。
金物に七宝焼きの彩色をしています。
内側は独立し紹興酒の燗などに使えるのでしょうか、
花を挿したり、シロップを入れてテーブルに置いたり、
夢の広がるデザインに一目惚れしたのです。



こちらも韓国のアンティーク。
金物ホーローに彩色していて、中がブルーというところが洒落ています。

IMG_0243.JPG

其々に布の折敷を合わせて創りました。

IMG_0245.JPG

紫釉薬には白で一珍を描き、黄色で彩色。
お茶入れの形ですが小さな蓋部分を開口にせず、その下を切るという絶品。
お料理をなさる創り手だからこその品。
蒸し物やボンボンポットとして用途が広がります。
シュガーポットに、香炉にと、沢山の方がイメージを広げ購入なさいました。
創り手の工夫⇒見つける⇒目利きと、品物を介して想いが流れる時は嬉しい限りです。













IMG_0248.JPG

そして黒のコーナーには水色の器達を。

手前のブルーシリーズはとても人気で、お一人がプレートと角鉢をセットにしていくつも購入なさいました。
角鉢はスタッキング出来るので重宝します。
長角のサイズは言うまでもなく出番多しの顔。
2のお客様は器に携わるプロばかりなので、
皆様、ありそうでないモノを良くご存知で、、
薄くて軽いも外せない条件ですね。嬉しかったです。







そしてこちらのマニアックな鉢。

IMG_0249.JPG

器好きの方に大人気でした。

「裏にも施釉してあるので、塩を敷いて裏返しても使える」という方、
「オブジェのように見えたからインテリアとして」という方。
私もこの日は「目」のような形をオブジェとして飾りました。
ありそうでないマットなブルーも上質ならではのコックリとした濃さ。
存在そのものが好きです。






大きなティーコジーは、前回出品した銀製の土瓶に合わせたサイズでした。

IMG_0250.JPG


















そんなアトリエへ、、、

忙しくてどうしてるかなと、
心配していた人が笑顔で来てくれました。
愛しの古巣の本店はこの笑顔の持ち主が創っています。
繊細で可愛らしい外見ですが、信念と愛のある素敵な女性です。

真っ先にレモンへ。

IMG_0633.JPG

表情が華やかになり良くお似合い。




IMG_0272.JPG

そして黒へ。これもお似合い。
しっくりきます。



IMG_0636.JPG

しかし彼女は今回の個展で別格のデザイナーズギルドの品を。
イギリスから遥々やって来たカットベルベットの緑を。

IMG_9318.JPG

毛足が短く薄くてしなやかなものは珍しく、
matoiに仕立てても軽やかです。

IMG_9317.JPG

この春から秋冬に掛けて、ヨーロッパのトレンドには「深い緑」が来ています。

そして緑は様々な花達を引き立てる葉っぱの色なので、
どんな洋服にも合う事が特徴。

IMG_9630.JPG

一着毎に上質へと目利きする彼女のコレクションは、
既に4着目となりました。
身に付けてその質を実感して頂ける事が私の本望。
特にカジュアルな洋服を好まれる若い方にそれを解って頂ける事が、
とても嬉しい。



高価な品をありがとう。
とても良くお似合いでした。
大きく、小さく、いろいろにお楽しみください。













そして、、、

IMG_0274.JPG

私達夫婦のブレーンも赤ちゃんと一緒に家族で来てくれました。
主人も登場。一気に場が和みます。

奥様には作品を丁寧に見て頂き、
良くお似合いのひと品を気に入って下さり感謝。

IMG_9621.JPG

IMG_0252.JPG









私は可愛いKyo-chanと遊んでいました。

IMG_0637.JPG

ガン見。
イケメンにこんなに見つめられたのは久しぶりです。笑。

イケメンの子は父もイケメン。

IMG_0640.JPG

可愛かったなー。
お忙しい中、ご足労下さりありがとうございました。

IMG_0279.JPG

美味しいお土産はみんなで頂きました。














宴もたけなわな午後。

IMG_0278.JPG

古巣の相棒、Y-kun夫妻登場。(、、ってこれは帰るとこだけど、、)
当時は後輩でしたが、今は2の経営コンサルな話で盛り上がる上司の様です。笑。
私の弱い所を良く知っていて簡潔にアドバイスを重ねてくれます。
独立当初からのサポートへの感謝は今でも忘れた事はありません。

IMG_0255.JPG

IMG_0256.JPG

黄交趾の素晴らしい器をお料理をイメージしながら、
沢山買って頂き嬉しい限り。

IMG_0254.JPG

この色のカフェオレボウル。
いつか実現すように頑張ります。

IMG_0577.JPG

IMG_0579.JPG






IMG_0281.JPG

京都のオツな和菓子をありがとう。
まだ冷蔵庫で順番を待っています。
また会える日を楽しみにしています。


























IMG_0646.JPG

同郷のよしみで主人も一緒に記念写真。
珍しく個展に主人が居た日でした。
部屋着で初登場。笑。
私は、皆様が付けて来て下さる作品にニンマリ中。

楽しく和んだ一日でしたー。














そんなこんなの三日目は、なんと夕方で終了。

IMG_0580.JPG














IMG_0316.JPG

翌日への手直しも早めに終え、
4日ぶりにベッドに埋まるように眠りました。


皆様、たくさーんのアクセスをありがとうございます。
明日も書けるかなー。

2017年03月29日

Festival of colors in the memory 記録―2日目



IMG_0306.JPG

二日目の朝も晴天。
待ちに待ったクレマチスが咲き始めました。

IMG_0310.JPG

IMG_0164.JPG

今日もこの扉から笑顔が訪れる予感。













IMG_0200.JPG

わーい!
可愛いでしょー。この笑顔!
引き込まれるような愛嬌の持ち主さん登場。
今日もセンス抜群で全アイテム確認しました。笑

蔦屋様でのイベントにもお出で下さり、それ以来、
久しぶりの再会。積もる話も締めくくれないまま、この日も時間がすぐに過ぎていきました。
フードスタイリングもなさるこの方、
黄交趾のお皿を気に入って頂きました。

IMG_0183.JPG

盛り付け、スタイリングがとても楽しみです!
お忙しい中、ありがとうございましたー。














IMG_0230.JPG

そしてこの後、今もお世話になっている、
前職の上司ご家族にお出で頂くも写真を撮れず、、、。
器にmatoiに、、と大変素敵なお買い物をして頂き、
温かい応援にココロが震えました。

娘様に嫁いだmatoiのメイキングの写真がありました。

IMG_0027.JPG

実はこのmatoi。縫い目のところにブレードをたたくのは大変難しく、
この作品は、難しい顔はしていないのですが、とても手の掛かった品物でした。

IMG_0019.JPG

毎日の気分で、いろいろな生地を表に出して、
胸元でem-chanのお供をする事と思います。
若い方に上質をお買い上げ頂くと、創って来て良かったと。
仕立て屋の2代目の道を改めて踏みしめた日でした。

お土産、開ける日が楽しみです。
お刺身でゆっくりできるのはまだまだ先でしょうねー。

IMG_0228.JPG

いろいろなお心遣いを大変ありがとうございました。













IMG_0185.JPG

そしてこの日も続々と、、、
ご予約時には最低2時間枠を取っているのですが、
最終的にありがたく収まり切らずに1時間おきに、、、。

皆様、お席を譲って頂きありがとうございました。














IMG_0203.JPG

2のお客様は本当に美人さんばかり。
お母様とのご縁を繋げて頂き今ではすっかりなついている私です。笑。

IMG_0201.JPG

薄くて長いの、、いつか創ってみます。

IMG_0738.JPG

そして今回、競争率の高かった小さなfukuro。
選択肢の多い二日目でホッとしました。
便利に使って下さいね。

IMG_9798.JPG














IMG_0224.JPG

今、噂のキャラメル。勿論「NO.2」はショーケースに殿堂入りしましたー。

お母様の一押しの品も納得!
皆で美味しく頂きましたー。

IMG_0223.JPG

ありがとうございます。














H-sama。うふふー。

IMG_0207.JPG


共通の知人が引き寄せたご縁。
お会いする度、会えるはずのない二人なのにとウットリ。
お話が溢れだしました。

ご趣味のカメラは健在。

IMG_0208.JPG

instaに素敵な視点をUPして頂きました。

いつも応援して下さりありがとうございます。
またお会いできる日を楽しみにしております。

IMG_0214.JPG

IMG_0549.JPG

阿佐ヶ谷の美味しい和菓子。
黄色のパッケージにやられっぱなしの私ですが、、、
このお店のあんこは本当に絶品です。

美味しく頂いております。
お忙しい中、お時間を頂きまして大変ありがとうございました。











そして二日目も夜の部、19時からの特別枠へ。

IMG_0215.JPG

お疲れのところ、皆様作品を丁寧に見て下さり嬉しい限り。
先輩を見守る後輩、、、的な写真。笑。



IMG_0216.JPG

私はmatoiを着せずに、この青のワンピースに夢中。笑。
カッコいいワンピースだったな。

そして、、、













IMG_0218.JPG

貴重な生地を使った金華山のfukuroと、
matoi-fukuroを。
(目をつぶっている写真でごめんなさーい)

このあと、、10時半まで商品会議となりました。笑笑。
いつまでも見守っています。頑張って下さい。

IMG_0227.JPG

にゃー。













IMG_0188.JPG

この日も立ちながら寝落ちしながら、
また翌日の来客の為にディスプレイを直しました。
朝風呂で溺れ乍ら眠り、翌朝を迎えた記憶があります。

お土産や来客のお写真のない所がございます。
お許し下さいませー。












引き続き、三日目の日記に。
明日は書けないかも知れません。。。

沢山のアクセスをありがとうございます!

2017年03月28日

Festival of colors in the memory 記録―初日



皆様、16日から21日までの6日間、
各地からご予約を頂き大勢の皆様にご来場頂きました事を心からお礼申し上げます。

前日までの春霞が嘘のように、
16日の朝から晴天になった事は本当に嬉しかったです。

IMG_0482.JPG














今回は、
ミモザとクレマチスの開花に合わせてこの個展を決めていました。

IMG_0169.JPG

前日までの寒さでミモザはもち、
初日からの暖かさでクレマチスも開花を始めるという奇跡。
昨年はミモザが散った後にクレマチスが咲き始めたので、、。

IMG_0315.JPG

IMG_0313.JPG

IMG_0314.JPG













春の個展で皆様にお庭で過ごして頂けたらと、

IMG_0291.JPG

IMG_0292.JPG

この春の為に、1年間手入れを休まず創ってきました。

IMG_0293.JPG

IMG_0496.JPG

プロデュースとメンテをして下さるEST GARDENさんが、
あのミモザのアーチを考案して下さいました。

IMG_0170.JPG

皆様がミモザをくぐって入って下さるお顔を見る事を創造して、
この日を指折り数えて作品と一緒に待っていました。












この個展から私にはアシスタントスタッフが添いました。

今迄の6年間、サポートしてくれた大勢のスタッフへの感謝は一度も忘れた事はありませんし、今でも頼りにしています。ですが、「今回は二人で出来る事だけをしよう」と話し、
諦める事も無理する事も覚悟し、開いた会でもありました。

しかしながら半年間、創食を共にして来たアシスタントの想いは、
いつしか私の心労を取り除き、制作への集中をよび、そして個展連日もすっかり2のココロで皆様と向き合ってくれたのではないかと自負しております。

どうしてこのような文章を書くのかというと、
きっとまだまだ、私のアシスタントより皆様の方が2のファンでいて下さったのではないかと思っているからです。
ある意味、至らない新しい2が再スタートしたのかも知れません。
でもこれが等身大の2であり、2 acco oimatsuがやっと地に足を付けて動き出したように思います。

アシスタントのTは前職で数年一緒に釜の飯を食ってきた相棒。
大変厳しく、新しく、そして好成績の仕事を繰り返して来たかけがえのない相棒です。
まさか自分のブランドで一緒の道を歩いてくれるなんて思ってもいなかった事。
彼女の個展への想いは今から載せる写真に出ているかと思います。
皆様のいろいろな笑顔を切り取ってくれました。私の撮った写真も一緒に是非ご覧下さいませ。
記録として、長々と綴ります。













そんなこんなの2017年、春、一番の個展。
精一杯の二人がミモザの門を開けました。













IMG_0564.JPG

IMG_0568.JPG

IMG_0570.JPG












いらっしゃいませ。

IMG_0165.JPG


















IMG_0649.JPG

「ミモザの着物で参りました」












IMG_0107.JPG

ほらね。

私には1秒で半年の疲れを吹き飛ばして下さる応援団がいらっしゃる。
この瞬間。離れていてもココロが繋がる瞬間を味わいました。












IMG_0651.JPG

そのミモザのお着物に纏われているのは、
昨年春の作品、金華山 黒のmatoi-coat。
そして蔦屋様に出品した金華山の資料格の生地で創ったfukuro。
なんともココロの奥で喜びの涙が溢れました。

「良くお似合いで」「ありがとうございます」「こんなに着て下さって」

「皆様に褒められます」「便利に使っています」「ミモザの時期は短いので今日着て来れて良かった」

と。玄関先でトップバッターにしてやられた一幕。
2の顧客様は最高でしょー。皆様は私の自慢です。
















そして中へ。

IMG_0195.JPG

IMG_0177.JPG

IMG_0178.JPG

光溢れる午後。
作品達とのご対面。














真っ先に手にして下さったのは、やはり、、。

IMG_0110.JPG

ミモザガーデンと名付けたこのシリーズを。

IMG_0112.JPG

まあ。良くお似合いでした。

しかし乍ら、ミモザのお着物を着る時期が少ないとさっき伺ったばかり、
今日のお着物に左右されず、普段のワードローブに添うモノをと。

IMG_9022.JPG

ねずの大島や、マニッシュな洋服にも似合うように。
上級編ではありましたがこの逸品を。

後から”2の専属モデル?”ちゃんがこの着こなしで紹介。

IMG_0126.JPG

大判の上質matoiはしなやかに小さくまとまるので、
このようにカジュアルにも使えます。の図。
お手本を見せて貰い、気に入って頂いた納得のひとときでした。

IMG_0546.JPG

豆乳尽くしの差し入れ、美味しく頂きました。
緑豆の豆乳は写真を撮り忘れてしまいましたが臭みのない今まで飲んだ中で一番おいしい豆乳でした。
いつもいつも応援して下さり心からお礼申し上げます。

よくお似合いでした。
どうぞお愉しみ下さいませ。













個展で繋がるご縁もあり、

IMG_0120.JPG

お話に花が咲きますが、、初日はどんどん人が増えてまして、、

IMG_0655.JPG

高価な品々を秒殺で決めて頂き嬉しい限りでございました。

IMG_9622.JPG

(決められた作品で撮りそびれておりますが、、ごめんなさい)
ウォーキングの先生なのでポージングが素敵すぎます。

皆様、早々にお席を空けて頂き、本当にありがとうございました。












そして専属モデル?ちゃんは、、、。

IMG_0664.JPG

まとう、、、

IMG_0665.JPG

まとう、、、

あのDMのブルーのmatoiをGETしてくれた彼女に、
「ブルーを超えるmatoiを創ったよ」と話して見に来てくれた。
これまた、上手に着こなし上下裏表、、本当にいつもお見事。
matoiを活かしてくれる一番の人。
私もスタッフも翌日から上手に巻けるようになりましたっ。笑。


毎年お母様が手創りされるこの桜餅。

IMG_0222.JPG

この日はお客様にもと沢さーんの春が参りました。
塩みの利いた美味しい春のサクラでした。ありがとう。














そして次のお時間。初日は1時間を待たずに次の方が入られます。
皆様、お席を順に譲って帰って下さり本当に申し訳なく、、感謝でした。

IMG_0672.JPG

なんと!
私の一回目の個展作品を着て来て下さった。
正確には、初日に完売し二日目以降は全てオーダーを承った。
その時の誂えの品。

IMG_0674.JPG

「ここにクリスマスビーズを刺したね」「この生地が見つからず時間をかけたのだったね」と、
先の方には第一回目のDM商品を買って頂いているので、この時間は盛り上がりましたー。

accoさん。
思わず再会。

IMG_0675.JPG

「大判は洋服なのだよなー」と。
この頃はまだ正方形に近い長方形を創っていた。
顔を覆ってもお尻までくる程の幅に拘って創っていた頃。














そして、、また、、

IMG_0686.JPG

まとわす、、、

IMG_0685.JPG

まとわす、、、

IMG_0688.JPG

説明する、、、。はい。すみません。












IMG_0130.JPG

そしてお似合いのブルー。












IMG_0699.JPG

そして器のお時間へ。

IMG_0003.JPG

IMG_0002.JPG

IMG_0001.JPG

IMG_9999.JPG

この初日の室礼は、
永年、ホテルのインショップのディスプレイワーク等を一緒にして来た、
ディスプレイの相棒Haruがしてくれたものでした。

IMG_0006.JPG

素晴らしかったけれど、初日の買上数が多く、二日目には違うセッティングに。
美しかったですね。










ここも、

IMG_0007.JPG

ここも、

IMG_9998.JPG

この足元も、

IMG_9992.JPG






そして3年間仕上がらなかったここも。

IMG_9991.JPG

IMG_9990.JPG

彼女に託してやっと腑に落ち、やっと好きなショーケースになりました。












そんなこんなの愉しい時間もつかの間、、

IMG_0135.JPG

IMG_0132.JPG

渾身の胡桃のクッキーを皆様もれなく購入して下さり記念写真。
ありがとうね。楽しかったー。

IMG_0154.JPG

春のラングドシャも皆で美味しく頂きました。












IMG_0137.JPG

あれ?いつのまに???
というか、S-chanはいつも、
「こんにちはー」と登場してから、約数時間、
座る事無く皆様を記録してくれる。

IMG_0695.JPG

IMG_0717.JPG

ちょっと彼女にも纏って頂ける時間がありました。
こちらでお写真をあまり撮ってなくて残念です。
仕上がりを楽しみにしています。
いつも本当にありがとう!

IMG_0140.JPG

相変わらず美人さんでしたー。












そして初日、夕方。

IMG_0701.JPG

IMG_0700.JPG

お着物を探求なさるお二人が。

IMG_0703.JPG

お着物は奥深く、精神論にまで話が及び、
楽しいお話を伺う事が出来ました。














そして、そして、19時半の初日特別枠。

IMG_0141.JPG

お仕事終わりのお疲れのところ、初日にと。
アシスタントとも久しぶりの再会で、テンション高まるの図。

IMG_0143.JPG

即決。

IMG_0149.JPG

即決。

IMG_0145.JPG

即決。

彼女は私の創るアクセサリーを丁寧に見てくれて愉しんでくれるので、
この日は彼女の好きなフランスのアンティークブレードで創ったシリーズをご用意。
翌日からのご旅行のお伴に。
お役に立てて何よりでした。










そして相棒さんは、、、

IMG_0151.JPG

いいですねー。春色!

IMG_0732.JPG

しかしこちらのマゼンダにぞっこん、、。
お顔が華やかに。なんと数年前に選んで頂いた作品を同じプリントメーカーの品。
ブレないお好みにビックリしました。

IMG_0280.JPG

手創りの品、美味しく頂きました。

IMG_0153.JPG

気心知れたお二人なので、私の好物をご存知で、、笑。
ねんりんやのバームクーヘンは初めて!
もっちもっちで大好きでしたー。ありがとう!












という大盛況の初日も21時で終了。
お疲れのお時間に、初日に来て頂きありがとうございました。

IMG_9640.JPG

IMG_9642.JPG

IMG_9846.JPG

IMG_0416.JPG

嬉しい事に、象徴的な作品からお嫁に出た為、
毎回恒例ですが、この後、明け方まで掛けて一人でレイアウトやディスプレイ替えを。
個展中はこのように、、連日アトリエを出る時間がないので夕食を食べる事が出来ません。
皆様からの差し入れで体が成長してゆきます。笑。
どうぞこれからは手ぶらでお願い致します。

さあ、、最後の日まで無事に終わるのでしょうか、、、、。






と言うより、このペースで書いていては1週間かかりそうですね。
明日からスピードアップします。











最後に。

IMG_0156.JPG

今回、緑ヶ丘のレストラン「ポムドテール」様とのコラボで創って頂いた、
胡桃のキャラメリゼクッキーはほぼ全員の方に1個、2個と買って頂き、
初日限定の黒缶は初日で完売。

IMG_0092.JPG

赤缶も会期中、完売となりました。

IMG_9326.JPG

8枚入り3000円と高価なお菓子でしたが、
菓子の質は当然のことながら、パッケージにも手を抜かず、
高価になっても、、と創って良かったなと実感致しました。

お菓子の企画は両者が大変な思いをする利のないアイテムなのですが、
毎回、皆様にその夢を買って頂いているように思います。
「本当に美味しいのでまたやって下さいね」とお声を掛けて頂く事も多く、
喜んで頂けたならと、嬉しく思います。

もうすぐ桜が咲くと、桜並木沿いにある「ポムドテール」への道は天国です。
自由が丘から歩く道は10分。緑ヶ丘からは30秒。
土日は混み合いますが平日はいい風が通ります。
一年で一番いい季節となりますので、皆様是非お出掛け下さい。
勿論、2のオリジナル菓子はありませんが、ママさんの美味しい旬のお料理と、
ポムドテールのオリジナル菓子がデザートで付きます。

私が27年通っている、素敵なママさん一人が切り盛りなさる、
ココロとカラダに優しいお任せのテーブルです。

ランチは1500円。
夜は2500円。
どちらもワンメニューです。







それでは、また明日。二日目以降の記録日記を書きます。
長々と、ありがとうございました。
















*今回は、お写真のお顔を載せております。
もしNGの方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。
残念ですが写真を削除させて頂きます。勝手に載せてごめんなさい。